Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

中村流Ninjaアップグレード術 その2

前回、カウルステーのマウントボス部強化を終えた所で、一端止まってたS・KさんのNinja。

RCM-156 CB1100Rと同時進行な為、今ひとつ作業スピードが上がりません・・・。

この後まだまだ沢山の作業メニューが控えてますので、ピッチ上げていきたいトコロです!

CIMG0838.JPG

スイングアームの補強用部材を造る為、おなじみの”ガセット”を、専用型から押し抜きます。

CIMG0863.JPG

一通り必要な部材ができたら、本溶接です。今回はS・Kさんの希望でスタビ下付けです。

この辺りの一連作業は、以前のブログでも紹介してますので、今回は簡単にすませます。

CIMG0864.JPG

スタビ形状はご存知”包丁”。 モナカ合わせ部材にスリーブを溶接して強度を上げたモノ。

一風かわったスタビ形状で個性を演出。もちろん肝心のスタビリティー効果だって絶大!

RCMはこんな風に、こだわりのワンオフを駆使します。脱ボルト・オンならではの世界ですね。

CIMG0866.JPG

スタビ加工終了っ!この後スイングアームにまだ一加工あるので、車体にまだ付けません。

残りの加工が終わっても、表面処理に出したりで、なかなか本組みできないんですけどね・・・

 CIMG0875.JPG

と言う訳でまたフロント回りに戻る事に・・・ステムを組み替えるのですが、その前に!

 CIMG0885.JPG

RCMシリアルプレートを打ち付けます。フロント全バラの時しか出来ないので今だけです。

このシリアルナンバープレートがまだ取り付けられてない、初期の頃に製作されたRCMにも、

機会を見て取り付けしてますので、遠慮なく御相談ください。皆さんのシリアルナンバーは

全て東京本社のRCM管理ファイルに、きちんと記載されてますので大丈夫です。

 CIMG0889.JPG

簡単に取れない様リベット留めします。この「シリアルプレートだけが欲しいんですが?・・・」と

言うお問い合わせを結構もらいます・・。こればっかりはRCM専用ですのでゴメンナサイ・・・。

 CIMG0890.JPG

RCM-157 Ninja スポーツパッケージTYPE-R。「S・Kさ~ん!ここまで順調ですよー。」

S・Kさん、お住まいが遠くすぐ来れる距離ではないので、ブログ上でチェックお願いします。

パーツ類の色等、気が変わったら教えて下さい。(ただし取り付ける前に言って下さいネ・・・)

 CIMG0894.JPG

連日続くRCMの製作に追われて少しツカレ気味です・・。RCM-156 CB1100Rもあるし

ここにJ・ⅠさんのZ1000Rプロジェクトが加わるし・・・(J・Iさんのもスゴイ内容なんです・・・)

 CIMG0867.JPG

ところで藤本はと言うと、まだ相羽にセッツカレた、スイングアーム補強をやっておりました・・。

CIMG0868.JPG

溶接の腕前は?まぁまぁですかね・・・。溶け込み具合は良いので後は美しさだけですな・・・。

 CIMG0870.JPG

「藤本ぉ早よ~せいやぁ~」 「スイマセン」 「CBのフレームど~すんだっ!」 「スイマセン・・」

順調でない男の孤独な闘いは続きます・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RCM-156 CB1100RD その3

ついこの前まで、シリアルナンバー140番台だったのに、気が付けばもう150番台も後半・・・

この所以前にも増して、”RCM”のオーダーが増え続けている事に、正直驚きを隠せません。

 CIMG0855.JPG

RCMはオートバイに詳しい人が内容を分析すれば、実は非常にお得(安い)であると言う事が

すぐわかります。ですが一通りパーツ交換や作業をする為、結果的に高価な物になってしまう

そのRCMを購入される皆さん 変な話し、普通に”バイクが大好き”調の感じの人達ばかりで

失礼ながら特別お金持ち?といった風には見えません。それ故に私達も「最高の一台を!」と

言う気持ちが強くなります。(一台造るだけでも大変なので、正直体はキツイですけどね・・・。)

CIMG0779.JPG

さて、RCM-156・CB1100Rの方はどうかと言うと、基礎作業が順調?に進んでおります。

フレームは何と言っても”要”。ここでいい加減な事をしちゃうと、後でかなり後悔します。

 CIMG0780.JPG

補強に入る前の固定冶具が取り付けられ、いよいよこの後、フレーム強化が施されます。

CIMG0784.JPG

エンジンも担当のクロメカが分解を始めてました。クロの[CBスイッチ]が入った様です。

CIMG0785.JPG

ヘッドカバーをはずすと、見慣れたDOHCエンジン特有のレイアウトが・・・きれいです。

CBはタイミングパーツ系統の機械構造が、Zに比べて複雑。いかにもホンダらしいです。

CIMG0829.JPG

クロいわく「カム山もジャーナルもスゴクきれい。もしかしたらホントに距離511キロかも?・・」

CIMG0827.JPG

メーターの表示距離511キロがホントなら、それはかなり良い条件のベース車だと言えます!

いくらオーバーホールをするからと言っても、ベースエンジンが新しいに越した事ありません。 

距離が若い分、鋳造部の熱歪みや消耗が、それだけ進行していないと言う事ですから・・・。

CIMG0835.JPG

「ぬお~っ!笹賀さんの手は借りねえっ!」 毎回苦戦するシリンダーも簡単に抜けました。

CIMG0836.JPG

喜びに満ちあふれています・・・・・。(なんか面白くないな・・・)

CIMG0845.JPG

側面部品をはずしクランクケースを割りに、非常に順調です・・・・・・・かなり面白くありません。

CIMG0854.JPG

ついに到達されてしまいました。 これほど普通に分解ができたCBエンジンもめずらしい!

「ずいぶん嬉しそうだなクロ・・・おまえ勝った気でいねぇかっ?」  「わけわかりませんっ!」

CIMG0840.JPG

クロがあまりにも順調すぎてつまらなく、藤本の様子を見ると、なぜかスタビやってます・・。? 

「藤本フレームは?」  「すいません・・相羽さんからスタビ早くヤレ!と言われたもんで・・・」

CIMG0842.JPG

フッ・・順調でない男、藤本・・・さすがです。 

つづく・・・。 

中村流Ninjaアップグレード術 その1

先日引き上げて来た、S・KさんのNinja。軽い転倒をきっかけにしばらく動かしてないとの事。

これを機に自分好みの”とっておき仕様”にしたいと言う事で、「それじゃ、一丁やりますか!」

と言う訳で、RCM-Ninja スポーツパッケージType-R化が決定いたしました!

 CIMG0812.JPG

うっかり引き上げ時の写真を撮り忘れ、バラシ始めてしまった為、今現在すでにこの状態です

型式はA-12以降で、極々ライトなカスタムが施されてただけの、ノーマルに近い車両でした。

 CIMG0814.JPG

シリアルナンバーは[RCM-157]に決定!綿密な見積もりを立てた後、作業開始します。

今回は高年式車で走行距離も若い事から、エンジンに手を入れずシャシー中心で行く事に。

CIMG0811.JPG

あくまで個人的な意見なのですが、Ninjaのカスタム車は、以外に軽薄な雰囲気になり易く、

気を付けたいトコロ。チューナー自身のセンスや考え方が、完成後に大きく影響します。

中村的には”個性を主張しながらも、ストイックさを失わないNinja”にしたいと考えてます。

 CIMG0813.JPG

で、最初に取り掛かる作業がコレッ! アッパーカウルステーマウントボスの強化です。

Ninjaは昔っからココがよく折れやすく、今までこの作業を、思い出せない位して来ました。

 CIMG0818.JPG

溶接性の良いSS400のスチールプレートで、バッチリ補強してあげます。

 CIMG0821.JPG

できあがり! ちなみにNinjaのファイナルエディションは、新車時からボスが強化されてます。

できればA-1から、ちゃんと対策構造にして欲しかったなぁ・・・。今まで何台やった事か?・・・ 

こう言った作業は、周辺パーツを全部はずした時じゃないと出来ないので、目をつぶらずに

しっかり施しておきたいトコロ! RCMは毎回必ずこういうトコで手を抜く事がありません!

 CIMG0822.JPG

続いてはスイングアームです。本来なら”TYPE-R”はノーマルスイングアームをベースに

スタビを追加したモノを使うのですが、このマシンでは”スカルプチュアー”を採用しました。

 CIMG0823.JPG

タイプはもちろん[RCM専用スペシャル]! これにモナカ合わせのスタビを、下付けします。

おおよそ完成後のシルエットは、イメージが見えてます・・・。妥協なき、Ninjaを造りますよー!

CIMG0824.JPG

あーしっかし、凄い作業量だなこりゃ・・RCM-156 CB1100Rもあるし、この後J・Iさんの

RCM-155 Z1000Rプロジェクトもあるし、みんな「一番スゴくて走るマシンをっ!」って、

ニコニコしてるし、私のRCM-001は、いつ仕上がる事やら・・・・「はぁ~やらんとなぁ・・・。」

と、まぁ軽く弱音をはきましたが、出来上がって納車する時見せる、お客さんの満面の笑顔を

思い出しながら、ガンバリますわ!!

 

 

 

 

 

さらば、Zレーサー2号機

11月22日、本日。Zレーサー2号機が搬送される為、朝から少しだけバタバタしております。

 CIMG0787.JPG

「サンクチュアリーはレース活動を撤退しました!」の宣言通り、レースはしておりません。

先日行われたT・O・Tでもブース出展こそしてましたが、基本的には”遊び”の延長であって

いわゆる”業務”として認めてない為、チームサポート的活動も、事実上停止と命じてます。

(ホントは私自身、レースに未練タラタラなんですが・・・) かなり自分に言い聞かせギミです。

 CIMG0788.JPG

そんな訳で走る出番のなくなったこのマシン。お出かけ先がサーキットでないのは確かです。

CIMG0796.JPG

今年O・Zホイールのレーシングサポート活動で、日本中を走り回った石田課長の運転の下

CIMG0793.JPG

首都高環状線から5号線へ。まだお昼なのに、やたら曇ってて暗いです。てゆーか青い?・・

CIMG0804.JPG

本日の目的地”ナップス埼玉店”さんに到着! いやーでっかいですなー・・・(いいなぁー・・)

何でも今月の27日より”年末の大セール”をされるとの事。 こちらのナップス埼玉店さんは

ハードパーツに強い!ナイトロ製品やO・Zホイールなども、沢山ご購入いただいてます。

日頃の感謝として、貸し出し展示車両用にと Zレーサー2号機を持ってきたわけでした。

CIMG0801.JPG

担当の野村さんです。何気にCATTIVAをヒョイと持って「か、軽っ!」と、つぶやいてました。

O・Zホイールを始めて手に持った人は、必ずと言ってイイ位、このセリフを口走られます。

「野村さん!O・Zは軽いだけじゃなく、強いホイールでもあるんですヨー!」

年末・年始はハードパーツに強く、在庫豊富な”ナップス埼玉店”にぜひ!行ってみて下さい。

SANCTUARY Zレーサー2号機が展示してありますので、皆さんよろしくお願いします。

CIMG0803.JPG

うぅ・・・さ、さらばZレーサー2号機よ・・・。(タイトルに引っかかった方、スミマセン。)

CIMG0808.JPG

*PS 仙台のI さ~ん!コレ他に欲しい人が出てきたら譲っちゃってイイですかー!

 

 

 

 

 

 

 

 

RCM-156 CB1100RD その2

稀代の名車CB1100R。当時の姿を維持しながら楽しむ、と言う感覚が全くない私達!(笑)

全分解前に、どーしても気になってしょうが無いアッパーカウル位置を、少々移動させます。

CIMG0755.JPG

カウルステー側を加工し、フレーム側マウントボスも新規に造り直して、位置を動かします。

CIMG0761.JPG

18mmほど下にさげ、攻撃的フォルムにする為、カウルの角度も若干下向きに設定します。

CIMG0762.JPG

簡単な冶具を用いて水平を決め、点付け溶接します。微妙にカウルが横向いたりするのは

イヤなので、溶接後に発生する歪みも考慮した、器用さが必要な作業になります。

CIMG0764.JPG

とりあえずマウントボスの移動終了。この後ボスに少補強を追加し、強度を上げる予定です。

CIMG0759.JPG

トップバッターの役目を終えた、藤本の背中がもの悲しそうです・・・・・ン?・・・・

CIMG0760.JPG

・・・・・・・・。

 CIMG0767.JPG

さぁ~気を取り直して作業再開っ!どうです?少し位置と角度が変わったのがわかります?

フロントは17インチホイール化しますので、フェンダーとカウルのすき間もイケルと判断!

これより全バラです。使用しない貴重?なノーマルパーツをかなり粗末に外し出します。(笑)

CIMG0771.JPG

担当は2番手、クロメカにバトンタッチ。 そばに居た萩原も手伝い始めました。

CIMG0774.JPG

クロのCBに対する想いはちょっと異常です・・。ビョーキ的・リョーキ的と言ってもいいでしょう・・

クロはそのうちグンになる予定らしく・・・ときどきガードレールをじーっと見てます・・・。

CIMG0777.JPG

ちょっと目を離した隙に、アッと言う間に構成パーツが全てはずれており、すでにエンジンが

降ろされていた為、車体分解工程がほとんど写真に撮れてません。 さすがグンです。

CIMG0775.JPG

ふと目をはなし振り返ると、グンではなく、鬼太郎に出てきそうなキャラの顔でした・・・。

CIMG0778.JPG

何はともあれ、いよいよフレーム加工編に入ります!

その3に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RCM-156 CB1100RD その1

先日ひょんな事から、買取りとなったCB1100RD。 しばらく動かされず、保管されていた

完全フルノーマル車で、小錆びがあったり埃こそかぶっている物の、程度はバツグンに良好!

このままオークションに出そうか?とも思ったのですが、それじゃあまりにもツマラない!と

言う訳で、なんと”RCM”化する事に決定!これからしばらくの間、このCB1100RDでの

RCM製作工程をレポートして行きますので、みなさんよろしくお願いします。

 CIMG0729.JPG-2

担当メカはおなじみクロメカとフレーマー藤本。RCMにふさわしい車体とエンジンにするべく、

細かい打ち合わせが始まります。もちろん私・中村も製作チームの統括で参加いたします。

 CIMG0749.JPG

ここまでノーマル完品車だと「カスタムするのはもったいない」と、言う方もおられるでしょうが

何故かぜんぜん抵抗感がありません・・(笑)。発売当時は先鋭的で”R”の称号を与えられた

CB1100Rも今では絶版旧車の内の一台。現代の”R”称号にふさわしきマシンにしたい!

 CIMG0731.JPG

それにこの辺の車種なんかだと、マニアの方達がノーマル系を維持しながら所有されている

ケースの方が多数派でしょうから、逆にしっかり造り込まれたRCMの方が面白い!てな訳で

まったく後ろ髪引かれる事なく、CB1100RD・RCM-156 プロジェクト。スタートです!

 CIMG0735.JPG

メーターの積算は511キロ。ホントがどうかわかりませんが、ホントだったらスゴイですね~。

メーターはチョットやぼったい気がするので、より現代的で先鋭なモノに変える予定です。

 CIMG0737.JPG

ホイールは17インチ化するのですが、シャシーのジオメトリーが、かなり大きく変わるので

分解前に各部の測定をします。ノーマルのディメンション数値を控えておく大事な作業です。 

この辺りのデーターをとらず、やみくもにパーツ交換だけして行くと、走らないバイクになります

 CIMG0739.JPG

ステムヘッド・ホイールベース・etc。 直立させ、空車1G状態での数値を記録しておきます。

 CIMG0743.JPG

テールも1番高いとこで測定。このあたりは完成後、シャシーセットの基準参考値になります。

CIMG0744.JPG

CB1100Rの車体数値は、以外にも平凡な数値でした。「こりゃ~良いマシンになるかも!」

フレームは少補強にとどめ、前後サス強化と、最新ハイスペック・ラジアルタイヤを履かす為

17インチホイール化します。ノーマルとは一味違ったグレードアップを、体感できるハズ!

 CIMG0746.JPG-2

でもって、全分解に入る前に、もう1つだけやっときたい作業が・・・どーしても気になる、この・・

アッパーカウルの位置と角度!・・・なんか気になります!・・・どーしてもチョットいじりたい・・・

 CIMG0748.JPG

てな訳で分解前にもうひと作業。カウルステーとマウント側を加工し、少し移動させる事に!

先にバラバラにしてしまうと、全体のシルエットが確認できなくなるので、最初に手をつけます。

CIMG0756.JPG

カウルが無いとまるで”でっかいCBX400”です・・。個人的には何となく懐かしいですわ・・・

 CIMG0753.JPG

藤本ハリキッテます。「藤本ォ~くれぐれもホンノちょっとの加工でイイんだからなぁ~・・・・」

ほんの数ミリ単位で、わずかに位置を変えたいだけですから、こーゆうのはやりすぎ禁物! 

CIMG0757.JPG

チョットだけ心配です・・・。  

その2に続く・・。 

 

 

 

 

鈴鹿と滋賀に行って来ました。その2

コウガ店のあまりの汚さに閉口?「もーちょっと掃除したら!?」と、忠告するも聞き入れず・・・

CIMG0717.JPG-1

こんなんです・・・。全く反省しておりません。「まぁ立入の店なんだから、いーんだけどネ!」と、

まるで子供みたいな捨て台詞しか言えませんでした・・・。全くもって困った”元弟子”です。

CIMG0729.JPG

気を取り直し、最近の業界話しや、新しい技術の話しをしばし・・。マジメな一面もある男です。

Zレーサー1号機時代に、エンジン担当していたのは伊達ではありません。 ふむ・ふむ・・・

 CIMG0730.JPG

ふと、トイレに行きたくなったので借りる事に・・内カギをかけ、すませて表に出ようとしましたが

「あ、開かない・・・」何度ガチャ・ガチャやっても出れません・・・「なんて店だっ!」と困り果て

しかたなく携帯で呼ぶと、外からモノスゴイ笑い声が・・・「くっそ~石田まで笑っとんなぁ・・・」

 CIMG0725.JPG

前言撤回!店も店主もロクなもんじゃない!と、不信感をあらわにしていると、気にしたのか

「久々だから飲み行きまっか~」と言う事になり、向かいの日本料理屋へいく事に・・・。

 CIMG0721.JPG

お魚がイケスで泳いでます。 思わず自分もこの中で「お、泳ぎたい」と思ってしまいました。

 CIMG0718.JPG-1

魚料理をツマミに話しがはずみます! しっかしなんで変な顔してんだ?コイツは・・・

CIMG0719.JPG-1

3ショットをお店の店員さんに撮ってもらいました。さすがに立入も変な顔できません。

めずらしく石田も飲んでおり、3人共ゴキゲンです。たまにはこういうのもイイもんですネェ~!

CIMG0723.JPG

翌日の午前中、もう一度コウガ店に立ち寄ります。この後はいよいよ東京に帰るだけ。

ふと、トイレだけ借りて帰ろうとしたその時、再びあの悪夢が・・・何度ガチャ・ガチャやっても

外にでれません。ガチャ・ガチャ・ガチャ・ガチャ! 「くっそ~なんて店だっ!」とさわいでたら

 CIMG0745.JPG

写真とってやがりました・・・。それも真剣に・・・。 (PHOTO提供パパラッチ石田)

CIMG0725.JPG-1

「ど~なの、こーゆうのって・・・マズくない?てゆーかマズイよね!・・やっぱヨクないよね!」

「カギかけんですりゃええんとちゃいます?」・・・・・カギかけんで〇◇△できるかいっ!!

CIMG0746.JPG

現在は学生、来春メカニックで内定している遠藤くん(左)が、ドアノブを直してくれた様です。

遠藤くんはとても真っ直ぐでマジメなイイ青年です。「遠藤くん!立入には気を付けるんだヨ!」

皆さんもコウガ店ではくれぐれも気を付けて下さいね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴鹿と滋賀に行って来ました。その1

12日~13日にかけての2日間で関西方面に出張となり、朝早くから東名高速を走ってます。

 CIMG0701.JPG-1

由比P・Aで一休み。 バイクでここに落っこちたら大変だよなぁ・・・などと瞑想に耽っとります。

CIMG0703.JPG

同行してくれた石田課長。全日本のサポートで日本中を走り回っているタフ?なヤツです。

 CIMG0702.JPG

午後1時すぎ、無事鈴鹿インターを降り、そのまま休まず鈴鹿サーキット方面を目指します!

 CIMG0708.JPG-1

しばらく走って、本日の目的地へようやく到着しました。

[全日本ロードレース選手権]や[鈴鹿8耐]で活躍されてる名門中の名門、”TSR”さんです!

CIMG0706.JPG

今シーズン、日本最高峰クラス「JSB1000」を見事!制した秋吉選手のチームで、今年から

世界選手権「MOTO-2」クラスに、マシン供給もしていると言う、かなりスゴイところです。

何ゆえTSRさんを尋ねたかと言うと、O・Zレーシングホイールがらみのお話で伺った訳です。

 CIMG0705.JPG

担当の山下さん。低迷する二輪業界の将来について真剣に悩み、考えている人でした。

ちなみにO・Zホイールはすでにテスト済みで、非常に好評価をしてくれており、来シーズンの

[MOTO-2]や[MOTO-3]マシンに、採用が決まっていました・・・。 ありがたい事です。

私なりのスタイルと力を持ってロードレースの盛り上げに、少しでも貢献したいと思います。

 CIMG0709.JPG

だいぶ陽も落ち始めたので、名残惜しくもTSRさんを後に、今度は一路、滋賀を目指します。

せっかくココまで来たんですから、久々に”サンクチュアリーKOUGA”を訪問しましょう!

 CIMG0712.JPG-1

鈴鹿から下道で約1時間。コウガ店に着きました。実は白状しますが、かれこれ5年ぶりです。

CIMG0713.JPG-1

笑顔が爽やか?店主の立入です。「立入マ、マッハかよ・・」相変わらずエンスーなヤツです。

この立入率いるコウガ店は、記念すべきサンクチュアリーの、グループ第1号店でもあります。

 CIMG0734.JPG

先ほどと打って変わって、いつも見慣れた系統のマシンがいっぱい! どうもTSRさんでは

世界選手権用のマシンやらに囲まれて、キンチョーしまくってたようで、「ホッと一息・・」

 CIMG0715.JPG

それにしても散らかってます。「もー少し整理しなよ!これじゃあウチの店長☆よりヒドイよ・・・」

 CIMG0716.JPG-1

「・・・・・・何コレ?・・・」  ど、どぉやら今度はキンチョー感ゼロな様です。ヤレヤレ。

その2に続く・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンクチュアリーのR・C・M その3

最近ブログで”おふざけネタ”をやると「面白かったです!」と、いろんな人から言われるため

ちょっと調子にのりすぎた?様で、ある日ウチの店長☆から「社長!やめて下さいっ!自分と

かぶりすぎっス!」と言われました。・・・「もぉ~ウルサイやつだなぁ~少しくらいイイじゃん・・」

 CIMG0718.JPG

と言うわけで、いくらかマジメ?なシリーズを増やす事に致しました。 好評のRCM話しです!

 _TOG5051.JPG

これはRCM-126。カタナのデモ車として製作され、クラフトマンシップ車両として販売し

すぐ売約が決まったRCM。その時、お客さんから下取りした車両もカタナでしたけど(笑)。

 _TOG1956.JPG-1

コチラはRCM-117。めずらしいCB-FのRCMです。CBをRCM化すると「こんな感じ!」

といった例で、コチラは従来式のオーダーメイドRCMです。2台とも”走り”にウエイトを置いた

造りで、どちらも現在、書店にて発売中の[バイブル-5]にグラビアにて掲載されてます。

 CIMG0714.JPG

この所人気の高いRCMクラフトマンシップ!すでに完成し、店頭で現車を見れるのが魅力。

価格も通常のRCMに比べて、すごくリーズナブル!「オーダーメイドRCMは手が出ない・・」と

言う人にはオススメです。このクラフトをベースに自分仕様にして行くのもアリ!だと思います。

CIMG0716.JPG

このRCM-047・Z1-Rなんかはメチャメチャお得! 一から造ったら大変な車両です。

ある日突然フラッと立ち寄った人なんかが、思わず衝動買いしたくなる内容のお値段です。

 CIMG0719.JPG

RCMに採用されているパーツは様々です。基本的にはお客さんのリクエストを重視しますが、

時々、パーツ単体の性質や機能を軽視して、値段優先でパーツ選びされるお客さんも多く

そんな時は「一生物になるかもしれないから、もう少し慎重に決めましょう」とアドバイスします

CIMG0717.JPG

一番人気のブレンボラジアルマスター。この操作性は一度知ってしまうと忘れられません。・・

NISSINのレバー式だって、油圧レシオがマッチングしていれば、中々悪くないですけどネ。

 CIMG0720.JPG

ホイールは純正流用の場合、重量こそ重いですがエンケイ製だけに、さすがに丈夫な構造で

以外に悪くありません。でも更なるグレードUPを図るなら、やはりレーシングホイールです!

 _TOG5111.JPG

RCMとしてよく採用するのは、何と言っても[マル〇ジーニ]と[マグ〇ン] 最近ではご存知

[O・Z]が選択肢に増え、あえてこの三社ホイールメーカーだけに限定し、推奨しています。

この三社、性能はもちろん貫禄というか、一流メーカーならではの高級感と存在感があります。

採用パーツがはなつ独特の雰囲気なしで、RCMの目に映るあの印象は成り立ちません。

 _TOG5015.JPG

ブレーキ系にも言えますが、ホイールなんかは、そう簡単に変えられるモンじゃないですから、

この辺りの選択は重要で、オーダーメイドRCMクラスの場合、まず妥協したくないトコロです。

 CIMG0713.JPG

相変わらず海外からのRCM問い合わせが切れません。文字バケして不明なのもありますが

フランス・イタリア・ドイツ・アメリカといろいろで、何故か?特にフランスが多い様です。

言葉の壁、輸出知識の乏しさ等から、具体的に進展せず、我ながら情けない話しですが・・・。

 CIMG0728.JPG

[O・Z]の祖国、イタリアにRCMが上陸すれば、ホイールは逆輸入って事になりますか?・・・

夢はふくらみますが、海外のマシン・シリアルナンバーまで、管理するのはシンドそうです。

まぁとにかく今は、現在バックオーダーになっているRCMを、楽しみに待っているお客さん達に

最高のマシンを無事、納車する事が一番の優先課題ですネ! ガンバリます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.