Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

RCM‐155・Z1000Rプロジェクト 第19回   

J・IさんのRCM-155も、ついに第19回目を向かえてしまいました・・。いよいよ完成です!。

「次でブログ最終回だねぇ」とJ・Iさんに話したら、「もっと続けて下さい!」と言われました(笑)

 CIMG3058.JPG

このRCM-155、一見普通のZ1000Rカスタムに見られガチなんですが、いえいえどうして

ちょっと中々見る事の出来ない、個性的マシンなんですよ!。RCM-156・CB1100R同様

このRCM-155も、わざわざ見に来られる方がいました・・。見る人皆、唸って帰ってます・・。

中村もこのRCM-155は、すごい一台になったと言う実感があります・・。来年発売予定の

写真集、”RCMーTHE・BEST”(仮名)の、間違いなく上位ランキング車だと思いますよっ!

CIMG2999.JPG

電装系の配線処理を仕上げます。いろいろ流用してるので、全然合いません(笑)・・大変です

 CIMG3041.JPG

新品TMRキャブレターがようやく入荷したので、クロが本組みしています・・。前回のブログで

”さらばクロメカ”のネタがわからないと、社員の一人から言われてしまいました(笑)・・あれは

確かに我々世代じゃないと、ピンと来ないかもですね・・。世界大会ギリシャ戦ですから(笑)・・

 CIMG3057.JPG

これはハンドルを左に切っているトコロ・・当たり前ですがカウルは前を向いたままです・・(笑)

ハンドルを切って各部の干渉具合をチェックします・・アッパーカウルがフレームマウント式に

なった為、左右マスターレバーと、フロントカウルのクリアランスが、ギリギリ目一杯なんです。

CIMG3056.JPG

カウルはあまり前に出っ張らしたくない・・でもハンドル実用切れ角は、しっかり確保したい・・

ステアリングストッパーを溶接で2ミリ程に肉盛りし、ハンドル切れ角を出来るだけ犠牲にせず

フレームマウントのカウル位置も、絶妙なところに設定しました・・。もちろん、コレに合わせて

ハンドルロックがきちんと掛かる様、フレーム加工段階から計算して、作業をしてあるんです。 

CIMG3060.JPG

ナイトロ・レーシング製の新作マフラー、”RCMコンセプト・3DチタンEX”です!。これはまだ

プロトタイプで、近々量産品をお見せしますが、まぁ量産品と言っても、一つ一つ手作業で、

製作されるマフラーなので、当面の間、RCM限定のスペシャル品として、販売させて頂ます。

 CIMG3059.JPG

サイレンサーは、ナイトロ”コニカル”シリーズの異端児、グレネードチタン!。いつもだったら

取り付けるのに悩むサイレンサーなんですが、このRCM・3Dチタンには、似合います(笑)。

CIMG3062.JPG

拘りの、クリアースクリーン!しかも中村好みに勝手にカット!(笑)・・。やっぱりレーシーさなら

クリアーですよ! スモークはいかにも公道って感じが出ちゃうので、採用しませんでした・・。 

 CIMG3064.JPG

ダメ出ししてたシートも、出来上がって来てます・・。先程から非常に辛口な事を言ってますが

それだけこのRCM-155に、のめり込んでるんです・・。完全に中村の勝手な好みですが・・

 CIMG3044.JPG

完成したRCM-155を、トランポに積み込みます・・。恒例のスタジオ撮影をする為です・・。

次回、RCM-155・Z1000R・・。全てお見せ致しますので、お楽しみにっ!・・。

 

RCM‐168 その3(さらばクロメカ・・)

先日発売のロードライダー誌・・。CB-F特集で、ウチのクロと藤本が、でっかく出てました・・。

しかも編集の方達が直接やって来て、今号を手売りしてました。この日お店は人だらけ!(笑)

 CIMG3038.JPG

随分でっかく出ておりますね・・。中村もチーム・マネジメントの立場から、チラっと出てます・・。

確かにこの二人・・随分とウデが達つ様になりましたわ・・。クロはエンジンをベースに、周辺の

吸排気系と点火系の、コーディネートが上手くなったし、藤本は、フレームや足回りの加工を

中心に、溶接・板金と中々の腕前です・・。耳ひっぱられる様な事を、やる男ですが・・(笑)。

日々の業務・・どっちか?って言えば、藤本よりクロの方が、順調だったりする事が多いかな?

CIMG2950.JPG

で、そんなクロがこちら・・RCM-168のエンジン組みに入ろうとしております・・。エンジンは

先日すでに、東京ウエスト店からガンコート仕上げされて来ており、非常に美しい状態です・・。

この東京ウエスト店でのガンコート、何が良いかって、鋳造内部をウエット・ブラスト処理して

くれるのが魅力!(喜)。左が未処理のケースで、右がウエット・ブラスト処理されたケース・・。

写真でもこれだけハッキリわかる位、キレイになって返って来るので、気持ちイイですわ!。

 CIMG2951.JPG

外観もご覧のとうり・・熱に強く、摩擦や傷にも強いってんですから、すばらしいの一語です・・。

担当している当のアベは、何だかやたらと暑そうですが、ガンバってる様ですし・・むむぅ~・・

ウチのクロと藤本も、もうチョイ鍛え直さにゃイカンかなぁ・・?。新入りメカの、大地&ツバサ 

コンビも連日ガンバってますしねぇ・・。まぁみんな、すごく忙しそうなんで、何よりです・・。♪

CIMG2952.JPG

RCM-168のミッションです・・。Z系はミッションパーツの殆どが、メーカー欠品してるので、

毎回いろいろ苦労があります・・。状態の良い中古のギアを探し出して、うまくシャッフルさせて

組み上げたり、とにかく部品入手レベルの段階で、大変な労力を要するケースが多いんです。

 CIMG2953.JPG

このギアも、案の定ドック部ナメナメです・・。RCM用にストックしてる、中古ミッション在庫から

探して来ないとダメですなぁ・・。まぁそんな事もあろうかと、最近倉庫整理したんだからなっ!

CIMG2964.JPG

何とか状態の良いパーツが揃った様なので、一旦クランクケースに、ミッションASSYをセットし

スライド・ギアの位置を確認しながら、各ドックの噛み合い具合を、シム調整して行きます・・。

 CIMG2963.JPG

ドック・クリアランスのシム調整が出来たら、芯出し済みのクランクシャフトもセットし、一度

ケースを仮り組みして、クランキングの状態をチェックします・・。ウチでは本組みする前に、

必ず仮り組みクランキング・テストをするのですが、何とこの時!クランクの不具合を発見!。

クランク・ホルダーやケースに、規定のトルクが掛けられた時点で、ベアリングの動きがシブく

なる事がわかりました・・。ここまで非常に順調だったクロ・・ショック状態です!(笑)・・。 

 CIMG3037.JPG

おちました・・(笑)。

 CIMG3039.JPG

   畔柳翔一  東京都出身    平成元年生まれ   身長171cm 体重56 kg    

   フィニッシュ・ブロー クロ・スペシャル      さらばクロメカ エンジン番長・・。 

 CIMG2972.JPG

一方こちらは藤本・・いやがる研磨担当の菊地にムリ言って、表面処理を特急で頼んでます。 

菊地「しょーがねぇなぁー・・」 さすが藤本!自らは手を下さない、他力本願流発揮です(笑)。

                          ps  T・Yさんっ、スペシャルクランクお楽しみにっ!

18インチだってやりますよ!その7

現在製作中のRCM-173・Z1-R・・。このところ順調なピッチで作業進行しております・・。

CIMG2976.JPG

先日、製作依頼者であるS・Hさんから、アイスクリームの差し入れが届いたのですが・・・

 CIMG2977.JPG

中村が休みの日に届いた為、既に最後の1個を残すのみ・・。社長がいない日の会社状況は

以前から何人かのお客さん達に、情報提供いただいており、なるほどね!って感じなんですが

この手の差し入れも、中村不在日は当然この様な状況と化します・・まぁ、ひとつ残しておいた

だけでも、一応は気を使ったんでしょうから、許してあげる事にします・・。(明日食べますよ。♪)

 CIMG3014.JPG

ところが次の日・・これだよ・・ないじゃん・・・。

 CIMG3016.JPG

むぅ~・・・あやしい男がいるうぅ~・・・。

 CIMG3020.JPG

皆さんは悪さをしたばっかりに、耳を引っ張られた事がありますか?・・・中村は遠い遠い昔、

まだ小学1年生位の頃・・学校帰りに駄菓子屋に寄り道してるトコを、親に見つかってしまい、

耳を引っ張られて家に連れ帰られ、そのまま押入れに、半日閉じ込められた事があります(笑)

 CIMG3008.JPG

S・Hさんからの差し入れを食べちゃったので、S・Hさんのマシンを一生懸命やらせます!・・。

こちらは、アルマイト処理やクロームメッキから仕上がって来た、フロントアクスルパーツです。

今回、使用したダイマグ・ホイールが、KZ用ではないので、アタッチメントを造ったのです・・。 

 CIMG3009.JPG

これで数日間ジャッキ・アップされてた、RCM-173のフロント回りを、本組みさせられます。

「ハイ!ちゃっちゃとやるー!・・白くま一人で食べたんでしょ!・・ウソつくと耳引っ張るよー!」

 CIMG3007.JPG

車両が動かせる様になったので、作業場所をかえ、今度はリア回りのセットを進めます・・。

スイングアームは研磨部門担当の菊地に、急ぎ頼んでヘアーライン仕上げしてもらったモノ。

このヘアーライン仕上げ、鏡面仕上げとまた趣が異なり、中々質感があってカッコいいです!

 CIMG3025.JPG

SCULPTURE18インチ専用スイングアーム、本組みです!遅ればせながら順調です(笑)

 CIMG3028.JPG

あらかじめ製作しておいた、左右ホイール・カラーを組み付け、リアホイールも組み付けます。 

 CIMG3032.JPG

前後足回り、8割方完成っ!・・あとはチェーンラインの微調整と、ブレーキ回りを仕上げれば 

足回りセクションは終わりですね♪ いやぁ~このRCM-173も、何気に時間かかってるので

ボチボチ加速させたいトコロです・・。今年の東京本社は、例年にも増して重作業系が多く、

とにかく忙しくて、中々思う様に進行しません・・。S・Hさんにも御迷惑おかけしてます・・。(謝)

この夏一杯での完成を目指して、ガンバっておりますので、もう少しお待ち下さいね! 

 

もうすぐ鈴鹿8耐です・・。

今年の鈴鹿8時間耐久レースは、7月30日(土)~31日(日)にかけて、開催されます・・。

以前にも書きましたが、”震災被災地に向けた応援エール!”を掲げ、16年ぶりに復活した

”チーム紳助”に私達ノーブレストも、O・Zホイールをサポートする形で、参加しております・・。

CIMG2985.JPG

使用するホイールの寸法などが決まったのが、6月中旬で、そこからのオーダーだった為、

非常に時間がなく、私達もすんごく焦りましたが、イタリア・OZMB社スタッフ達のおかげで、

何とか納品する事が出来ました・・。ホイールはレース専用アルミ鍛造”PIEGA‐R”です!

 CIMG2986.JPG

パッと見、ストリート用との違いですぐわかるのが、スポークに設けられた、この肉抜きの穴・・

何でもこの肉抜き穴、軽量化だけが狙いじゃないみたい・・。現在は全日本選手権ライダーで、

以前、世界選手権でも活躍していた、Y・Uさんが、「レース用ホイールは、この穴が無いと逆に

クラックが入っちゃったりすんだよ・・」と、言ってました・・穴がある方が強いって、不思議です。

 CIMG2988.JPG

リア・ホイールには、先日中村がイタリア出張に行った祭、アンドレアが一生懸命走り回って

処理してくれた、アンチ・スリップが施されています・・。アンドレア、お疲れさんでした!(謝)

 CIMG2995.JPG

今回、チーム紳助で使用される、O・Zホイールは合計6セットなんですが、諸事情ありまして

まずは先に4セットだけ納品し、残り2セットは、これから納品される運びとなっています・・。

ヨーロッパからの輸入製品は、送ってもらうだけでも、相当な労力がかかるんですわ・・・(疲)。

 CIMG2987.JPG

石田課長が念入りに製品チェックし、組み付けをしております・・最近の彼は、毎日O・Z三昧の

日々をすごしており、たぶんそのうち彼にも、イタリアに行ってもらう日が来る事でしょう・・。

 CIMG2990.JPG

今回のホイールは、センターのスリーブや左右ホイール・カラーに、一工夫がされております・・

チーム紳助サイドのスタッフの方から、リクエストして頂いた、独特の形状を採用しました・・。

 CIMG2991.JPG

ホイールカラーも耐久仕様のスペシャルに変更です・・。現場で担当されている、メカの方達も

いろいろ考えて、レースを円滑に進める為の配慮をしてるのですが、何せ時間が足りなそう・・

 CIMG2993.JPG

今回、チーム紳助の活動は、テレビ番組で取り扱われると言う事で、業界では賛否両論的な

意見が飛んでるみたいですが、中村としてはすごく良い企画だな!と、素直に感じてます・・。

今の低迷する二輪業界において、今回の様な企画を、良い事として受け止めるのは、至って

普通な考え方じゃないでしょうか?。紳助さんを始め、関係者の皆さんに感謝したい位です。

ただし、メジャータレントさん達が活躍する華やかな舞台の裏では、今回の企画を影で支える

方達も沢山います・・その方達の苦労を想うと、何も出来ない自分達が恥ずかしいですわ・・。

 CIMG2992.JPG

あまりお役にたてない分、応援だけでもガンバってしたいと思います♪  7月30日~31日の

2日間は、中村と店長☆の2名は、レーシングサービス業務もかねて、夏の鈴鹿に入ります。

店長☆もスケジュール調整に追われ、何やら一生懸命仕事を片付けてるみたいですね(笑)。

 CIMG2994.JPG

チーム紳助分のO・Zレーシングホイール。本日も1セット出荷です!(活躍して来いよーっ!)

 CIMG3002.JPG

台風一過で、清清しい青空が戻って来ました・・。当日もこんな青空に恵まれたいですねぇ・・。

沢山の想いと願いが込められた、鈴鹿8時間耐久レース・・。今から楽しみです!♪

 

RCM‐155・Z1000Rプロジェクト 第18回(連続です)   

RCM-155・Z1000Rも、ファイナルシーズンに入り、作業はいよいよ大詰めを迎えてます。

おそらくは後、一週間前後で無事完成する事でしょう!(ふぅ~、永かったなぁ・・RCM-155)

CIMG2922.JPG

先日電着処理から仕上がって来た、リアマスターリザーバータンクステーを、取り付けてみます

なかなかイイ感じ・・。この辺の構造は、整備性なんかも考慮に入れて造っているんですよ。♪

CIMG2941.JPG

OHLINS・エクスモード・パッケージでおなじみの、天吊りフロントフェンダーを取り付けましょう

ちょっと旧めのスーパーバイク風を意識して、フェンダー形状は、TYPE・ネイキッドをチョイス。

CIMG2943.JPG

J・Iさんのリクエストでタンクには、RCM認定ステッカーと、AMAスーパーバイク・チャンピオン

ステッカーの2枚を貼っております・・。もちろん盗難対策にクリアー処理済みです!(笑)・・。

 CIMG2959.JPG

スクリーンは拘りのクリアー! 実は中村は、クリアースクリーン絶対支持者なんです!(笑)。

スモークの方がイイ!って方も多いでしょうけど、レーシーなイメージを演出するなら、中村は

クリアーの方だと思いますよ♪ スモークスクリーンのレーサーなんて、あんまり無いでしょ!?

 CIMG2960.JPG

ところがいざ付けて見ると、 か、形が・・(汗)・・どーしてもスクリーン形状が気に入りません・・

そんな訳で、J・Iさんに許可も取らず切っちゃいます(笑)。今から20年も昔に、中村の愛機、

RCM-001・Z1-Rのスクリーンも当時、こんな風に切っちゃったんです(笑)・・。回りにいた

中村のバイクチームメンバー達も、その光景をあんぐりして見ていた事を想い出しますわ(笑)

 CIMG2961.JPG

カット後はこんな感じです!♪ ん~・・中村的には80点?位な、仕上がりと思ったのですが、

回りの連中は「すごくカッコイイ!」って言ってるので、良しとしましょう!(笑)・・。 J・Iさ~ん、

見てダメなら言って下さいねぇ~! 多分、気に入ってもらえると思うんですけどね!♪ 

 CIMG2979.JPG

マフラーーステーが、即席で適当なモノを合わせていただけだったので、造らないと・・(慌)。

肉厚2mmの7N01パイプを、加熱してキューッっと曲げます・・。曲がり具合はカンです(笑)

 CIMG2982.JPG

上下の丸ボス部も、旋盤でチョチョイっと削り出し、合わせて溶接すればアッと言う間に完成!

 CIMG2984.JPG

急ぎでブラックアルマイト処理してもらい、取り付けたのがコレ・・。いいんじゃないでしょうか♪

さて後残る作業は、チョットした所の仕上げと、電装系の一部を残すのみ!・・。ここまでくれば

もう安心!と思いたいのですが、早速来週に撮影予定を入れてるので、慢心は出来ません。

RCM-155 ついに次回完成で御座います!

                    PS  J・Iさ~ん、そろそろどっかで見に来なよー?・・・。 

 

RCM‐155・Z1000Rプロジェクト 第17回   

本社二階ではこの夏、自らの意図とは別に、節電モード気温が永続的に続いております(笑)

 CIMG2973.JPG-2

お前達!この夏は節電に貢献せねばならんから、我が社もクールビズを導入する事にした!

しかしながら予算がないので、気の効いたシャツとかは買ってやれん!そこで我が社特有の

実に画期的なクールビズ手法を伝授してやろう!今から教えておくから、よーっく見ておけっ!

 CIMG2974.JPG

そう!それが我が社のクールビズだっ!これからもそれでガンバってくれたまえ!「ハイっ!」

低予算型クールビズ導入で、この夏も乗り切ります(笑)・・ RCM-155・第16回の始まり!

 CIMG2904.JPG

RCMシリアルプレート専用のアルミホルダーが、アルマイト処理から仕上がって来ました・・。

少し前に完成した、RCMー156・CB1100RD同様の、削り出し型ブラケットタイプです・・♪

CIMG2907.JPG

早速、155のナンバーを打ち込んだシリアルプレートを、リベットで取り付け致します・・。

 CIMG2909.JPG

で、アッセンブリーにした状態がコレっ!なかなかゴージャスな存在感で、カッコいいです!♪ 

最近、この独立したシリアルプレート・ホルダー式がイイ!って言う人が、ちょっと増えましたね

確かにこれなら、アッパーカウル等で、フレーム・ヘッドパイプが、隠れてしまう車種なんかでも

問題なく好きな位置に、取り付けできます・・。中村のRCM-001も、これで行きますわ!♪

CIMG2926.JPG

メーターも加工から戻って来ました・・。スピードは240㎞/hフルスケールに!タコメーターは

ホワイトパネル化し、レッドゾーンラインも、Z1000Rに合わせました・・。下の小型メーターは

もともと水温系だったモノを、燃料系に加工したモノ・・。もちろん全てちゃんと機能しますよっ!

 CIMG2955.JPG

メーターを組み付けてみました・・。先日取り付け位置や角度を修正した、メーターブラケットに

バッチリいい感じで付きました♪ 視認性もすごく良好。ハンドルを切っても干渉はありません。

メーター自体は、信頼性の高いカワサキ純正部品だし、重量もモノすごく軽くなりましたよっ!

何かデザイン的にも、この辺の年式車には結構似合うし、先鋭的な感じが、とてもGOOD!♪

 CIMG2956.JPG

RCM・シリアルプレートもご覧の通り・・もちろんシリアルプレートは、正真正銘本物です(笑)

い~ですねぇ・・♪ 中村はコックピット回りに、やたらといろんな後付けアイテムを、ゴチャっと

取り付けるのが、好きじゃないのですが、このRCM-155は、何だか統一感があります!。

何でもカンでも付けて行くと、にぎやかにはなりますが、ヤリすぎると汚く見えて来ちゃう・・・。

RCMは、にぎやかさよりも高級感を重視してるので、そう言う意味でもこの155車は良ろし!

J・Iさん、このバイクは楽しいと思いますよ~!造り手側から見てもワクワクしますからねぇ。♪ 

 CIMG2948.JPG

フロントのウインカーステーも、チョイと加工してあげます・・。そのまま付けても、別に問題は

ないんですが 、裏側に余分に出っ張る部分を、落としてあげる事に・・。不必要だし、これでも

若干の軽量化にはなりますからね! ちょっとした細部作業の積み重ねが、大事だと思います

 CIMG2957.JPG

スピードメーターワイヤーには、角度が付いたモノをチョイスしてあげましょうっ!・・この辺の

パーツ形状なんかも、選んで拘り、より機能的にするのが、RCMならではの製作工程です・・。

 CIMG2937.JPG

そしてついに外装が届きました・・ドキドキしながら開封致します・・。さんざんJ・Iさんと悩んだ

あげくに決めた色、イエローベースですっ!・・次回、取り付けたトコロをお見せしたいですね!

J・Iさ~ん、外装来たよ~!もう一足先に外装付けたけど、見る人みんな唸ってるよ~(驚)!

他のRCMオーナー達全員の、注目の的になっている、RCM-155でしたっ! 

 

RCM‐168 その2(スイングアーム補強です!)

時間が空いてしまい久しいT・Yさんの、RCM-168・Z1-Rですが、作業の段取りなどは、

水面下でキッチリと進行中!・・。先日出したフレームが、キレイにダイヤモンド・コートされて

送られて来たので、「待ってましたっ!」とばかりに、早速足回り関係から作業開始ですっ・・。♪

 CIMG2944.JPG

高荷重型であるテーパーローラーベアリングに、グリスをギッシリ詰め込んで、圧入します・・。

ステムはもちろん、RCM用に設計された、SCULPTURE製φ43フォーク対応ステムKIT。

CIMG2945.JPG

新品ベアリングレースを打ち込み済みの、フレームヘッドパイプに、ステムを組み付けます・・。

CIMG2946.JPG

ステムナットを適正トルクで締め付け後、ハンドル・ロックがきちんと掛かるか?点検致します。

たまにフロント回りをカスタムしてる車両で、ハンドルロック機能が無いバイクを見かけますが

RCMで、ハンドルロックが効かないなんて絶対NG!ですっ!・・しかもロックを掛けた後に、 

ステムが何となくガタガタ遊びが多いなんてのもペケ!。こーゆうトコはバッチリ仕上げます!

 CIMG2923.JPG

一方こちらは、RCM専用スイングアーム。ブロックピース型のブラケットで、リブ角スタビ材を

溶接する様です・・。藤本班長いよいよ本領発揮ってトコですか!?・・さすがですねぇ・・(笑) 

CIMG2947.JPG

ところが突然これです・・。どーやら私に、スタビ加工をやって欲しい様です・・。て、ゆーかさ・・

社員に土下座されても困るんだよね・・(汗)。よーするに俺にヤレと・・そーゆう事だよね!? 

また一人・・社長よりも汗をかかず、働かず、稼ぎも悪い社員が、ここに誕生しました・・(笑)。

CIMG2925.JPG

しょーがねぇなぁ~・・。(T・Yさんのだからやるけど・・そうじゃなかったら受けてないぞ・・)

CIMG2928.JPG

ブロックピースとリブ角パイプは、きつく差し込まれて連結し、しっかり強度を稼ぐ構造です・・。

左右の平行なども伴う為、緩いハメ合いにしちゃいたいのですが、きついハメ合わせでないと

剛性が犠牲になるので、ここは丹念に寸法すり合わせを詰めて進めます・・。地味です・・(笑)

CIMG2930.JPG

スタビを点付け溶接し、角度や張り出し具合などをチェックします・・。この辺はうっかり付けると

スタビに、払ったサイドスタンドが干渉したり、トルクロッドとスタビ内側があたってしまったりと

車両立ち上げ後に、「あぁーっ!・・」みたいな事が起こるので、厳重注意ポイントなんです・・。

 CIMG2932.JPG

リブ・ストレート材の補強部材を造りましょう・・。合計6箇所の支柱を、追加溶接いたします・・。

 CIMG2935.JPG

スイングアームに溶接・・もうすぐ完成です・・。ここまでにかかった所用時間は、約5時間・・。

この手の作業は、全てフィニッシュしようとすると、中村でも丸一日は必要・・・。藤本はそこを

わかっていたのです(笑)・・。 さすが藤本・・頭下げてでも、何とかする男です(笑)・・。

CIMG2889.JPG

リアサスマウントもSCULPTURE製・・。この何の変哲もないマウント・・リアサス・エンドアイと

スイングアームまでの距離が少なく設定されており、17インチシャシーを造る祭に、アームの

たれ角が抑え目に出来る、中々の優れモノだと言う事を、知ってる人は意外に少ない(笑)・・。

RCM-168では、ワンポイント・デザインで、丸肉抜き穴を開けてみました・・。(カッコいい♪)

 CIMG2966.JPG

リア・ブレーキのトルクロッドを固定する、マウントも溶接します・・。この手法はもう定番と言って

よい位です・・。一昔前までなら、ネコも杓子もみんな、フレーム側にトルクロッドを連結させる

フローティング式を使ってましたが、ここ数年はみんな、スイングアームからロッドを引っ張る

リジットマウント式に変わりました・・リジット式の方が、よりリア・ブレーキの制動フィーリングを 

捉えやすく、効き方もダイレクトで、リッターバイクの様な重量車向き!扱い易いですからね!

 CIMG2967.JPG

トルクロッド・マウントの溶接にも、注意を払います・・。マウントから、前に向かって伸びている

2本の溶接ビートは、接合強度を上げる為の一工夫です。建築などでも用いられてる手法で、

これにより、マウントが剥がれてしまったりする事が防げます・・。何せブレーキですからねっ!

CIMG2971.JPG

スイングアーム完成しましたっ! いい感じです!この後はバフ研磨担当の、菊地に託します。

T・Yさ~んっ!ヘアーライン処理行きますよ~っ!アルマイト処理するか、決まりましたかぁ?

中村は、ヘアーライン仕上げのままでも、似合うと思いますけどねっ!♪ 

 

RCM‐155・Z1000Rプロジェクト 第16回   

夏本番到来で、毎日暑い日が続いております・・。今年は節電もからんでるから、大変ですわ。

しばらくご無沙汰してましたJ・Iさんの、RCM-155・Z1000Rプロジェクト。第16回です・・。

CIMG2890.JPG

前回までに段取りをしていた、各ワンオフ・パーツ類の、表面処理が出来上がって来ました・・。

これは、ステンレス・プレートから製作した、カウル・ロアーブラケットと、メーターブラケット・・。

手前の小さいのは、リアマスター・リザーバータンクのステーです。ステンレスは、アルミの様な

アルマイト処理が出来ないので、特殊な電着処理で、ブラック・アウトを施しました・・。

CIMG2891.JPG

こちらは、アッパーカウル上側ブラケット・・。溶接性の良いジュラルミン、A5052と7N01材を

用いて、ワンオフしたパイプワーク・ステー・・。光沢シルバー色に、アルマイト処理済みです。

 CIMG2892.JPG

こちらは全て、削り出しの逸品ばかり・・。ジュラルミンA2017S材から、贅沢にもワンオフした

フレームマウント式専用の、メイン・ブラケット&ヘッドライト・ステーです。 RCM-155だけの

為に造った特別な部品なので、当たり前な話しですが、どこにも売ってませんよ・・。♪

 CIMG2897.JPG

でもって、今のを全部組み立てた、アッセンブリー状態がコレっ! みんなに見せたんですが、

「す、すんごい形ですね・・(汗)。」とか、言ってました・・・。 (何か・・面白くないな・・。)

CIMG2894.JPG

カウル本体ごと位置を微調整できる様、上下のスライド機能とは別に、角度調整が可能な

機構を持たせました・・。今この状態が、一番下向きの状態で、こっからグイ~ンっと動かせば

CIMG2895.JPG

一番上向きにした状態に!♪  アッパーカウル自体の角度なんかを、好みにイジレるのは

結構イイと思って、この機構を持たせました・・。何かメカニカルな感じが、GOODですわ。♪ 

CIMG2902.JPG

どうですJ・Iさんっ!イイ感じでしょ!♪ いやぁ~こいつ、捕まえるの大変でしたけどね~(笑)

て、冗談です!でも何か生き物的形に見えます・・。バイク部品ってそういうトコありますよね。

昔後輩が、トキコの6ポット・キャリパーを外の水道でゴシゴシ洗ってたら、近所のおじいさんが

ふとやって来て、「ほぉ~・・立派なカニだねぇ?・・」って、言われてました(笑)・・(実話です)

 CIMG2915.JPG

生きのイイ内に(笑)、早速取り付けてみましょう!ワクワクしますねぇ・・楽しみな瞬間です。♪ 

 CIMG2919.JPG

付きました。イイ感じです!。中村は、ギョーギョーしいアルミ削り出し部品が、あまり好きじゃ

ないんですが、こういうワンオフ逸品物に関しては例外です・・。何がイヤかって?・・たぶん、

市販されてる同じアルミ削り出しパーツを、みんなでこぞって取り付けて、ドレスアップしてる

感じがイヤなんだと思います。あくまで捉え方の違いなんでしょうが、逆に特別感や高級感が

無くなって行ってる様に感じちゃいます・・。でもワンオフ物だったら、そんな事はありません・・。

贅沢にも専用設計で製造され、販売店で手に入らない逸品であれば、中村も大歓迎です!

まぁあくまで、私個人の感覚なんですが、ちょっと、ひねくれスギでしょうかねぇ?(笑)・・。

 CIMG2920.JPG

一方こちらが新たに製作された、ナイトロ・レーシング製、NEWチタン・FULL・エキゾースト。

まだプロト・タイプですが、かなりイカしてます!これも、RCM専用に造られた逸品ですので、

市販化は現在検討中・・。非常に手のこんだ造りで、RCMらしさを強く感じるフォルムですよ!

今回チョイ見せですが、次回その全てを、お見せ致します!・・。J・Iさ~んっ!ついにここまで

来ましたよーっ! RCM-155 いよいよファイナル・シーズン突入ですっ! 

 

18インチだってやりますよ!その6

S・Hさんの、RCM-173・Z1-Rは、ウチでは比較的少数派の、18インチホイール仕様・・。

もちろん17インチ仕様車とは、造り方が結構違って来るんですが、殊エンジンに関して言えば

17インチ仕様と18インチ仕様で、それほど大きな違いはありません・・。まぁ、しいて言うなら

18インチ仕様車の方が、マイルドなエンジン特性を、選択しがちってトコくらいですかねぇ・・。

CIMG2655.JPG

これは、中村がイタリア出張に行く前のシーンです・・。すでに腰下が組みあがっています・・。

CIMG2658.JPG

シリンダーライナーには、”パルフォスM処理”を施しました・・。写真では、わかりづらいですが

ライナーが黒ずんでるでしょ!・・燐酸マンガン系の不溶解性皮膜を、定着させた色なんです。

耐摩耗性に優れており、摩擦抵抗をも軽減させる効果を、発揮するんですよっ!♪  実際に

潤滑油をつけてピストンを動かしてみると、抵抗の少ない感じが、すぐにわかる位です・・。

 CIMG2659.JPG

シリンダースタッドを植え込み、ピストンを組み付けます・・スタッドボルトは、サンクチュアリー 

オリジナルのクロモリ製・・。ネジ切りされていないシャフト部径が、φ10の設定になっている為

ケースにネジ込んで行く祭、潜り込んで行ってしまう事がなく、全スタッドボルトの有効長が、

きちんと整列してくれる良品!・・長すぎず、短かすぎず、ウチではみんなコレを使ってます!♪

CIMG2661.JPG

ピストンは純正オーバーサイズ・・。一昔前ならネコも杓子も、社外のチューニング・ピストンを

こぞって使いたがったんですが、今では純正を指定して来る人の方が、多くなりました・・。

ご存知、RCMライフパッケージ・エンジン・・。みんなツカレちゃったんでしょうかね?(笑)・・。

 CIMG2664.JPG

キャブレターは、ミクニのTMRφ36にする為、キャブレターホルダーを、ラージサイズに変更。

それに伴いできてしまう、吸気側ポートの段差を、無くす加工を施しました・・。ポート径自体は

大きくせず、緩やかな絞り形状にしてあります・・。扱い易さとバランスを重視した仕様ですね。

 CIMG2681.JPG

シリンダーヘッドを組む前に、エンジンを載せてました・・。クロはこの手順が好きみたい(笑)。

とまぁ、ここまでが、中村がイタリア出張する前日までの状態・・・。 で、帰って来てみると・・・

CIMG2872.JPG

おーっ!エンジンほぼ終わってるじゃなーいっ!・・。さすがクロ!・・サボらなかったんだ(笑)。

よーっしゃあ!車体はどうよ?・・どこまで進んだのっ?・・・あれ、車体担当どこ行った?・・・

 CIMG2879.JPG

しゃ、車体・・・・・(汗)。

 CIMG2873.JPG

車体担当者オーバーフローの為・・・私・自ら作業を施します・・。 エンジンが搭載されたので

ステップを取り付けましょう・・。ナイトロ・レーシング製の、Z用です。ナイトロのバックステップは

マスターシリンダーが前方に向いてますが、それには意味があります・・・。後ろ側に向けると、

後付けのタンデムステップKITと、マスターシリンダーの先端部が、重なってしまう為です・・。

CIMG2877.JPG

リア・フェンダーレスも、振動対策・補強溶接を施し、ブラックにアルマイト処理済みです・・。

 CIMG2878.JPG

ヘッドライト・リムは錆がひどかった為、再メッキ処理を施しました・・。メッキ処理は、そのまま

ただ単にのせている訳ではなく、きちんと下地研磨を施した後にのせています・・。この辺りの

ノウハウは、ウチのバフ研磨担当・菊地が、プロの知識と技術で作業してくれる為、安心!・・。

下地処理せずにメッキした物と、きちんと下地処理後にメッキした物とでは、その仕上がりが

全然違います・・。こう言った加工・工程も、RCMは、徹底した姿勢で仕上げてる訳なんです。

RCM-173・Z1-R・・。車体担当者・不在のまま進んでおります(笑)・・。

 

イタリア出張 その5 (最終回) 

本日も午前中から、OZMBとのミーティング・・。そしてイタリア出張の最終日でもあります・・。

CIMG2835.JPG

今日も朝からシモンチェリ! みんなで踏みまくりです(笑)・・。大半が一般大衆車なんですが

相手がフェラーリだろうと何だろうと、見境いナシに、平気で仕掛けて行きますからね(笑)・・。

CIMG2805.JPG

本日も無事、OZMBに到着(笑)・・。

CIMG2841.JPG

すると昨日アンドレアが自ら運んでくれた、”チーム紳助”のホイールが、届いておりました!

昨日の午後の予定を全てツブして、わざわざ遠く取りに行ってくれたアンドレアに、感謝です。

 CIMG2842.JPG

ボガーニが、ホイールを見せてくれました!♪  レース専用”PIEGA-R”。 アルミですが凄く

軽いです!。 ところで当のアンドレアの姿が見えないので、聞いてみたら、リアホイールに

最後の加工、アンチ・スリップ処理を施しに行ってるとの事・・。リムの内側にあるザラザラした

特殊な処理で、タイヤが回って行くのを防ぐ為のモノです・・。近年のレーサーはハイパワーで

走行中にタイヤが少しずつ動いちゃうんですから、スゴい話しです・・。Z系じゃありえません。

アンチ・スリップ加工場も、結構遠くにあるらしく、どうやらアンドレアとは、もう逢えないかな・・。

昨日・今日とドタバタで大変だった事でしょう・・とても感謝です・・。 グラッツェ、アンドレア!

CIMG2843.JPG

午前の部が終わり、昨日に引き続き、今日も昼食を一緒にとります・・とにかくヤレる事は全て

やったので、少し気持ちが楽になったのか?みんな表情が明るくなった様な気がしますわ。♪

CIMG2844.JPG

今回は車でしばらく走り、バレーゼまで行く事に・・。気に入ったピザ屋さんが、あるみたい・・。

 CIMG2846.JPG

イタリアでは、ホントに昼間っからみんなよく飲みます。特にビールなんかは、ジュース感覚で

飲んでる人が多いみたい・・もちろん中村もツキ合いました。♪ 夕方からジュリオとボガーニの

二人が出張する為、午後の部は短いし、も~う自分にもご褒美、イイでしょーっ!って感じ♪

 CIMG2847.JPG

何を注文しようか?少しやな予感がしたので、どうしようか迷ったのですが、結局ピザを注文。

で、来たのがコレ・・左上の塩ビンと比べてもらえば、わかると思うのですが、デカイでしょ・・。

4種チーズのピザ・・本場イタリアのピザは、みんなこんな感じのシンプルなモノが多いです・・

日本だったらこのサイズは、2~3人でシェアする感じ・・。う~・・食べるの大変でした(笑)・・。

CIMG2836.JPG

再びOZMBのオフィス・・。数時間後には、ジュリオとボガーニの二人は、出発する様です・・。

 CIMG2837.JPG

実は明後日から、トスカーナ地方のフィレンツェにある、ムジェッロ・サーキットで開催される、

世界選手権moto‐GPに、レーシング・サービスとして出向くんです・・今やO・Zホイールは

全クラスで採用されており、ほぼ毎回、moto‐GPには行かなくてはならない様ですね・・・。

 CIMG2840.JPG

名残り惜しいですが、そろそろ時間が来ました・・。中村もいい加減、日本食が恋しくなったし、 

こうしてる間もアンドレアは一人で、”チーム紳助”のホイールを、少しでも早く日本に送ろうと

ガンバってくれてるので、何だか申し訳ないですが、 あとは彼に任せるしかありません・・。

OZMBスタッフのみんな、また明日からも一緒にガンバりましょう!  近年、世界選手権では

多種多様なレーシング・ホイールを、全く見掛けなくなっただけに、O・Zホイールの存在は

そう言う意味でも、貴重! 採用するチームは日々増え続けてるし、中村もウレしいです!♪

 CIMG2858.JPG

みんなと別れて、一路マルペンサ空港を目指します・・。いよいよ日本に帰りますよっ!♪ 

今回の訪伊・・中村にとっては、中々の手ごたえと収穫だった!と、感じさせられました・・。

特に来年以降から始まる、新しい企画には、思わず唸りましたからね・・・。来年の今頃からは 

更に忙しさが苛烈化しそう・・(汗)。 早いとこ日本に戻って、ウチの連中にも伝えなくちゃ! 

そう!帰ったらテレビでmoto‐GPも見ないと!全日本もそうだけど、レース面白いですよっ!

 CIMG2862.JPG

あぁ・・その前に、エコノミークラス12時間耐久がありましたわ・・ ふぅ(笑)・・・。 

さあーっ、出発しましょうっ!       グラッツェ・イタリア!  アルベデールチ・イタリア! 

 

イタリア出張 その4 (OZMBへ) 

本日より2日間、いよいよOZMBとのミーティング・・。 ってゆーか!やっと仕事です(笑)・・。

CIMG2803.JPG

一日みっちり行うので、午前中の早い時間から動きます・・。OZMBの社屋は、ミラノ市街から

少し離れた所にある為、高速で移動するんですが、これがまた・・朝っぱらから恐いんだわ!

みんな相変わらずの飛ばしっぷり。ちなみに本日のシモンチェリは、私の乗るこの車です(笑)

CIMG2804.JPG

O・Z MOTOR BIKE SRLに無事到着!(笑)。 前回以来、実に一年ぶりの訪問です・・。

CIMG2814.JPG

一階・工場の扉が開いてます・・。ここでは出荷されるホイールが、組み立てられてるのですが

誰かいるかな?・・・。恐る恐る声を掛けます。・・・「ボンジョールノ!」・・・ダレもいないかな?

CIMG2806.JPG

・・っと!工場を任されている、アンドレア・ロッツアが出て来ましたっ! 彼は二輪用ホイール

組み立てのエキスパートで、OZMBメンバー編成前は、某一流ホイールメーカーの、最前線で

セットアップを担当していた男・・イイ仕事しますよっ!。相変わらずイイ笑顔ですが・・♪。

CIMG2807.JPG

続いて出迎えてくれたのは、テクニカル・マネージャーの、マッシミリアーノ・ボガーニ!。

彼、ボガーニこそは、ホイールの企画・設計・デザインを行っている、事実上の中核人物!。

OZMBメンバー編成以前に、彼が生み出したレーシング・ホイールが、実は結構沢山あって、

「エエッ?このホイールもっ!・・これもなのーっ!」みたいのが一杯あり、驚ろかされました・・。

それらのホイールが何かは言えませんが、知ったらまずビックリする事、間違いナシですよ!。

 CIMG2811.JPG

社屋の二階に上がりましょう・・。ウチと違って、細かいモノがチョコマカと無く、キレイです(笑)

 CIMG2808.JPG

こちらはPCエンジニアの、フェリーチェ・パジネッティ。 彼もまた、ホイールCAD図面における

エキスパートで、やたらとスゴい”3Dシュミレーション”を、PC上で見せてくれた事があります。

まるでアニメの様なそのシュミレーションを見ると、ホイールの強度や性能と言う物が、いかに

その形状で左右されるかと言うのが、よーっくわかります・・ホントすごい!ため息モノです・・。

CIMG2809.JPG

ミーティングが始まりました・・彼がO・Z MOTOR BIKE SRLのマネージング・ディレクタ

ジュリオ・アルゼンツィアーノです!OZMB編成以前は、ホイールだけでなく、シャシー全般に

渡って、moto‐GP・ワールド・スーパーバイク等、世界中のサーキットで活躍して来た人物・・。

OZMBはみんな全員、GP500時代から一線で活躍して来た、エキスパート集団と言う訳・・。

そんなすごい経歴の持ち主達なのに、おごったトコが全然ない、とても気持ちのイイ連中です

CIMG2815.JPG

時間を忘れてミーティングに夢中になり、気が付けば午後の2時・・。昼食をとりに外へ出ます。

こうしてる合間にも彼らの携帯に、世界中のレーシングチームから、電話がかかって来ており

スペイン・オランダ・フランス・ドイツと言った、様々な国のチームと、何やら楽しそうに仕事の

話しをしておりました・・。 いやぁ~・・中村立場ありませ~ん!って感じ?(笑)でしたよ・・。 

CIMG2816.JPG

本日の昼食はこちらのお店、パニーニ屋さんです・・。パニーニ・・パニーニかぁ・・・うぅ(涙)・・。

CIMG2818.JPG

パニーニ屋さんにあったお菓子?です。イタリア中いろんなトコで、バイクレース物のグッズを

見る事ができます・・。こーゆうの、いいですねぇ・・日本じゃありえない光景ですモンねぇ・・・。

 CIMG2810.JPG

昼食後もミーティングは続きます・・。 中村は今回、いろんな議題を用意して来たのですが、 

ここで鈴鹿8耐にエントリーする”チーム紳助”のホイールはどうなっているのか?を聞いた所

どうやら昨日出来上がったとの事・・しかしながらホイール自体は、パドヴァのOZ本社工場に

ある為、今日中にこちらに届かないみたい・・すると何やら、アンドレアが名乗り出てくれて、

直接彼がこの後すぐ、はるばる本社工場まで、これから取りに行ってくれる事になりました!

”チーム紳助”が、東北震災のチャリティーに関係している事を、彼らは知っていたので、 随分

頑張ってくれてた様です。事実上ホイールの寸法が決定し、注文したのが6月中旬だったから

相当いつもよりムリしてくれたんだと思います・・。何かホント、ありがたい話しです・・。(謝)♪

 CIMG2826.JPG

結局ミーティングは、夕方遅くまでみっちりかかりました・・。明日もあるので一度ホテルへ戻り

食事をする事に・・今日はこの店。ホテルから車で10分程走った所にある、レストランです・・。

 CIMG2829.JPG

魚介類のリゾット・・。ムチャクチャ大盛り!・・イタリアの人達は、みんなよく食べますわ・・(汗)

さぁ・・明日はいよいよ最終日です・・。このシリーズも、次回で終わりにしますんで(笑)。

 

イタリア出張 その3 

夕方のヴェネツィアは、人ごみでとても騒々しいです・・。中村は人ごみがとても苦手なので、

あっちこっち観光したりせず、ゆっくり時間を過ごす事にしました・・。も~う充分でしょう!(笑)

CIMG2766.JPG

風がとても心地よいので、ホテルの前にあるオープンテーブルで、ビールを頂いております。♪

CIMG2773.JPG

お腹がすいたので、近くのレストランに食事しに行きました・・。中村は炭水化物大好きなので

パスタをチョイス!ヴェネト地方ならではの、ポモドーロ風ボンゴレを頂きました・・。ボンゴレと

言えば普通塩味なんでしょうが、これはトマトソース仕立てで、すごくおいしいんです!♪

 CIMG2768.JPG

ここはヴェネツィアにある、スポーツショップの一角・・。ヴァレンティーノ・ロッシのコーナーが

あります・・イタリアではロッシは超有名で、もうほとんど国民の英雄!ベルルスコーニ首相が

スキャンダルで大騒ぎされても、翌日の新聞一面は、ヴァレンティーノ・ロッシの活躍報道で

イッパイだったりする位!・・イタリアはオートバイレースが、メジャースポーツなんですよねぇ。

 CIMG2772.JPG

明けて次の日・・。朝食はパンです・・・。別にパン、個人的に嫌いじゃあないんですが・・・(涙)

CIMG2763.JPG

部屋に戻ってカップ麺、食しますっ!。本日はペヤング!・・。う、うまい・・・。ホテルのバーで

お湯を入れてもらっていたら、突然どこぞの外国の方に、「それはなんだ?」みたいな事を

聞かれたので、「スペシャル・ジャパニーズ・モーニング!」と自信満々に答えておきました・・。

CIMG2777.JPG

日中はとにかく陽が強くて、やったら眩しい国です・・。サングラス無しだと、目が変になります。

 CIMG2784.JPG

水の都・ヴェネツィア・・。中世ヨーロッパ時代にこんなモノ、人工的に造っちゃうんですから、

大したモンです・・。手前に写ってるボートはタクシー・・。ヴェネツィアには車が一切無いので、

船が唯一の交通機関・・。裏に入ると船の修理工場なんかが結構あって、中には我々の様な

カスタム屋みたいな所もあり、厳つい男達が働いてました・・。最近じゃ温暖化の影響なんかで

アクア・アルタと言う高潮が、年に一度やって来て、街中が水びたしになるそうです・・・。

CIMG2789.JPG

そろそろミラノへ戻る為、再びサンタルチア駅です・・。「さらば愛しきヴェネツィア!」と言うより

どちらかと言うと、「さらば週に一度の、我が愛しき定休日よ!」と言う心境でした(笑)・・。

 CIMG2791.JPG

一路ミラノへ海を横断し列車は走ります!明日からいよいよ、OZMBとの会議が始まりますが

その前にゼヒ!会いたいミラノの友人がいるので、夜、待ち合わせを約束していたのです・・。

 CIMG2795_1.JPG

久々の再開っ!ミラノ在住の日本人、〇〇さんですっ! うわおぉ~メッチャうれしいわぁ~!♪

CIMG2796.JPG

この〇〇さん・・。実は中村が始めてイタリアを訪れた祭、夜レストランで食事をしていた時に

偶然知り合いました・・お互いポツンとテーブルについて食事してた所を、「日本人見~っけ!」

と言う感じで仲良くなったんですが、話しをしていたら二人共、仕事で訪伊していた事がわかり

寄寓にも同じ二輪業界だった事が判明!それ以来ミラノへ行った時は、必ず会っているんです

 CIMG2797.JPG

ここは〇〇さん行き着けのレストラン・・。何でも魚料理が大変おいしいそうです・・。 

 CIMG2799.JPG

再開を祝ってカンパ~イっ!。因みに〇〇さんは何とあの、イタリア・ヤ〇ハのエキスパート!

中村とは立場が違いすぎて少々臆しますが、まぁ仕事上でのツキアイじゃなく、あくまで友人

としての仲なんで、気にしません!お互い同じ業界なので、バイク談義やレース話し何かで

盛り上がります!。 〇〇さ~んっ、またミラノでお会いしましょうねーっ!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア出張 その2 

ミラノ・マルペンサ空港に着いたのは、イタリア時間の午後6時頃・・。日本で朝起床してから

もう何だカンだ19時間近く経っているので、グダグダです・・。早くひとっ風呂浴びて寝たい・・。

CIMG2720.JPG

マルペンサからミラノ市街まで、タクシーで移動なんですが、これがまた毎回恐いんだわ(汗)。

CIMG2722.JPG

以外と距離があるので高速使うんですが、何なんスかねぇ~?みんなやたらトバすんスよ・・。

メチャメチャ踏むし!(笑)。 おいおいおいチョット客乗ってるの忘れてないっ?みたいな・・。

CIMG2725.JPG

バイク乗りは平日にもかかわらず、ロードに沢山いるんですが、こっれがまた、トバすトバす!

しかもものすごく無法!(笑)・・車線無視、割り込み・すり抜け、我がまま運転は当ったり前!

イタリア人はどうやらみんな、シモンチェリ(moto‐GPイタリア人ライダー)の様です・・(笑)。

 CIMG2726.JPG

おかげでホテルにはすぐ着きます(笑)・・。ここはいつもお世話になってる、ホテル・メトロ・・。

仕事上とは言え、すっかり愛着がわいてしまって・・ここに来ると何故か?安心します(笑)・・。

ちなみに今時刻は夜8時過ぎ・・明るいけど夕方じゃありません・・。夏のイタリアは昼が長い

いわゆるサマータイム・・。夜はやたらと短いんです。(もう21時間位起きてます・・ねむっ!)

CIMG2731.JPG

明けて次の日、ミラノは良い天気・・。♪ 大陸の気候はカラッ!としていて気持ちイイですわ。♪

CIMG2734.JPG

朝食を頂いてます・・。うまそうに見えないのは時差の影響で、やたら朝早く目が覚めてしまい

あまり爽やかでないから・・(眠)・・。朝食はパン・ハム・ベーコン・卵で、おいしいんだけど・・・

CIMG2735.JPG

これからしばらくコレばっか・・うぅ・・・牛丼が食いたい(涙)・・。ツユだく・紅生姜大盛り(泣)・・。

CIMG2737.JPG

ガマンできず、日本から持ってきたカップヌードルを食します!(朝から)・・・う・うまい・・(汗)。

CIMG2739.JPG

ミラノ・チェントラーレ(中央駅)に向かいます。実は航空チケットの関係で、滞在期間は一週間

の設定パックなんですが、丸々一週間、会議しっぱなしって訳にも行かないので、日程調整に

中村個人の定休日をあてた小旅行をする事に・・。今回の出張目的であるOZMBとの会議は

彼らのスケジュールの都合で後半に行われる為、小旅行が先になっちゃったと言う訳・・・。

CIMG2741.JPG

ミラノ・チェントラーレ構内です・・これより特急ユーロスターに乗り、ヴェネツィアに向かいます。

何でそんなトコに行くのかと言うと、実はウチの女房も一緒に同行して来ているが故です・・。

年に一回位、こーゆう旅を設けてあげると、日々の生活が大変、円満になる為です(笑)・・。

CIMG2743.JPG

ユーロスターの車内・・なかなか快適です・・。いすに座れる電車ならガマンできます(笑)・・。

CIMG2742.JPG

世界の車窓から・・・。♪ ・・ひまです・・。 

 CIMG2746.JPG

終点サンタルチア駅に到着・・河の向こう側はもうヴェネツィアです・・。ここまでトントン拍子に

来れたのは、ヴェネツィアに来たのがコレが始めてじゃないから・・・。実はO・Zレーシングの

本社がここから割りと近い所にあり、O・Z本社を訪ねて来る、世界中のエージェント法人の

人達がここに招待される事が多く、中村もその絡みで、以前来た事があったと言う訳です・・。

CIMG2747.JPG

ヴェネツィア特有の交通機関ヴァポレットのフェローヴィア駅。ヴェネツィアは水上交通機関

しかないので、これに乗ります。船のバスみたいなモンで、ルートも東京の山の手線みたい!

中村はこのヴァポレット、けっこう好きです・・。めんどくさいんで、グルグルグルグルずぅーっと

乗ったまま、すごしたい位です(笑)・・。ちなみにヴェネツィアはイタリア読みで、英語読みだと

ベニスと呼びます。中村は無知なのか、興味ないからなのか?そんな事知りませんでした・・。

CIMG2750.JPG

しかしながら女房はゴキゲンです!(笑)・・。今なら何をねだっても、許してくれそう(笑)・・。

全国妻帯者ライダーの皆さん!あきらめずにガンバりましょう。旅行は効き目大ですよ!(笑)

お願いですから、お店に奥さん連れてきて、裏でこっそり「女房説得するの手伝って下さい!」

って言うのだけはヤメて下さい(笑)。中村も店長☆も、あの修羅場だけは苦手ですから(笑)。

 CIMG2751.JPG

O・Zレーシングが提携しているホテルがある、サンマルコ寺院が見えて来ました・・日本から 

持参したカップ麺、6個持って堂々の上陸です(笑)・・。

 CIMG2753.JPG

停船駅サン・ザッカーリアの前に、こんな垂れ幕がありました・・。ウレシイ限りですよねぇ・・。

今回訪伊して感じたのですが、何故か?イタリアの人達って、みんな東日本大震災での事を

心配し応援してくれています・・。何でかわかりませんが、ホントありがたいっスね・・。

さて、女房にとっては楽しく、中村には苦しい旅は続きます(笑)・・・。

 

イタリア出張 その1

イタリアO・Zレーシングの、二輪用ホイール日本総輸入元である、我がノーブレスト社では

年1~2回、私がイタリアに赴いて打ち合わせをしたり、或いは彼らが来日した際、ナビゲート

したりと言った事が交わされており、今回は私がイタリアへ1週間、出張する事になりました!

CIMG2692.JPG

いつもならJR総武線で成田まで行くのですが、乗り換えが多く、何か良いルートはないか?と

ウチの佐藤に探してもらったトコロ、良いのがありました!♪ 北総線スカイ・アクセスですっ!

乗り換えは1回だけで、しかも時間も早いっ!(感激っス!)毎回これで行く事に致しますわ。♪

CIMG2693.JPG

正味1時間ちょいで成田に到着・・。中村は朝が苦手なので、非常にありがたいですね・・。♪

イタリアのみんなに持って行く、お土産が大量にあるので、とっとと荷物を預けたいトコです・・

CIMG2694.JPG

行き先はミラノなんですが、何と昨年からJALが直行便を廃止にしてしまった為、今回から

アリタリア航空を使う事にしました・・。(JAL直行便の早期復活を、心より願っております・・。)

CIMG2697.JPG

うぅ・・(涙) あん中にこれから、12時間も拘束されるのかと思うと、マジで泣けて来ます・・・。

大体せまい箱中で、自由度が少ないが故に、四輪でなく二輪に乗ってた様なモンですから・・・

CIMG2696.JPG

出発前にとりあえずカレー食っときます・・・。しばらくこういうの、食べれませんからね・・・。

アレっ?ウチの店長☆っポイ・・(笑)。最近中村ブログが、☆ブログを攻めてるって?・・(笑)。

CIMG2701.JPG

実は中村は高いトコが苦手です・・(汗)。地面から離れて行く事に、とても抵抗があります・・・。

CIMG2702.JPG

JETエンジンがゴォーッとか言っちゃってます・・。浮いちゃってますよコレ・・ああああぁ・・(涙)

CIMG2703.JPG

毎回どーしても思うんですが、よくこんなバカでかい金属の塊が、空中に浮くモンです・・?

眼下を見ると、面白さと恐さ半々・・A-TEAMのコングの気持ちが、よ~くわかりますわ・・(笑)

CIMG2706.JPG

ものすごい雲です・・。子供の頃、雲は綿菓子みたいなモノだと思ってたのに・・水でした(笑)。

 CIMG2707.JPG

メッチャ晴れましたよ~!♪。 

CIMG2708.JPG

ここまで来ると、もう開き直れるので、ビール飲む事にしました・・。銘柄はアサヒです!(喜)

 CIMG2714.JPG

何回もイタリアに行ってるので、飛ぶコースを覚えており、その苦しさを体が覚えてます(笑)。

中村は大体、ハバロフスク上空あたりで少し飽き始め、西シベリアでケツが悲鳴をあげます。 

正に過酷な、エコノミークラス12時間耐久と言えるでしょう(笑)・・(はぁ~笑い事じゃねぇなぁ)

CIMG2717.JPG

途中ウトウト寝たのですが、熟睡ができず、かれこれ11時間以上が経過した頃・・「おぉっ!」

ついにイタリアが見えて来ましたよーっ!♪ ゴールは近し!耐久レースもいよいよ大詰め?

もうこの頃になると遠くに海が見えて来ます(笑)。「受け取れぇーノッポぉー!」って感じです。

CIMG2719.JPG

ミラノ・マルペンサ空港に、無事到着いたしました・・・。速攻で表に飛び出し、まずは一服・・。

イタリアでは屋内での喫煙が、国の法律で一切禁止されており、そのかわりに屋外にやたらと

灰皿が設けられています・・。空港はもちろん、路上にもたくさん灰皿が置いてあると言う訳・・。

「ふぅ~・・」タバコうまいです・・。成田での搭乗手続き時間も含め、長時間吸っていなかった為

サイコーです(笑)・・。真夏に水飲むのを、ガマンしてガマンして、風呂上りにキューッ!と

ビールを一杯やった時の感覚に似てますかねぇ(笑)・・。まぁくだらない話はこの位に、まずは

眠気と体をほぐすのに、ホテルでひとっ風呂浴びたいトコです・・・先を急ぎましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.