Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

今年も一年 ありがとう御座いました!

本店では 2011年の営業も 本日で終わり・・。 想えば今年は いろんな事が ありました・・。

中でも3月の震災は 人生最大の経験?・・。忘れられない出来事だったと 痛感しています・・。

あの震災から もう9ヶ月も経つんですねぇ・・つくずく時の流れは早いモンだなぁと思います・・。

苦しい事が多かった年でしたが、それでも負けじと 毎日ガンバるしかありませんでしたね!。

バイク業界も多くの予想通り、年々着実に衰退して行っており、「こりゃ~イカーんっ!」状態に

陥ってます・・。先行き暗い業界ではありますが、今までやって来た事を ヤメたくはないので、

希望を捨てず前に進みます!・・。今はまだ ナンだカンだ言っても、忙しさに追われる毎日が

ありますから、贅沢は言えません!・・。そんな訳で 来年早々始まるであろう?新たな2台の

Z系 RCM!・・。ヘビーな内容ですが、例によって 中村チームでこなしたいと思いますっ!♪ 。

DSCN0374.JPG

まずは メモリアルシリアル、RCM-200 Z1‐Rです!。オーナーは常連の今井さん!。今回

すでに所有されていた車両を お持込みにて めでたく RCM 化する事に!・・。しかも凄いのが

このマシン・・何と ターボなんですよっ!ターボっ!。Z1‐Rターボの RCM は、本店はもとより

サンクチュアリー至上 初!・・故にここは一番!とばかり、中村チームご使命となりました・・♪。

 DSCN0379.JPG

「おめーよ~ 何ウカれてんだよぉ~・・ こんな大変なの ホントにやれると思ってんのかよぉ~」

 DSCN0381.JPG

そしてこちらが2台目、シリアルナンバー RCM-201 Y・Yさんの KZ1000MK‐Ⅱです!

この RCM-201 も 先程の RCM-200 同様、かなりヘビーなメニューで 近年の RCM の

中では、相当凄い仕様のマシンになりそう!・・。今から完成が 楽しみな一台ですっ!♪ ・・。

 DSCN0383.JPG

「ふざけんじゃねーぞ!おめーよぉっ!  マジでこんな沢山 できる気でいんのかよぉぉーっ!」

とまぁ、冗談はさておき・・来年この2台が、中村チームにとって 大きな挑戦になりそうです・・。

シャレにしてますが、3人共マジメに ヤレる自信がありません・・(笑)。クロは うつむいてるし

トランスフレーマーも 笑っちゃってます・・(笑)。 まぁ~それでもヤリますけどねっ!(笑)・・。

 DSCN0348.JPG

そして先日・・待望の逸品が ついに出来上がりました!♪ ・・。 中を見てみると・・・。

 DSCN0342.JPG

ジャーン!♪ ・・これこそ以前より進行していた、RCM専用 スペシャルチタンマフラーですっ!

 DSCN0182.JPG

Zレーサー2号機にも 採用されていた、ウエルドクラフトの チタン3Dエキゾースト!・・。

 DSCN0183.JPG

J・I さんの RCM-155 や、CB‐F系 RCM など、最近の RCM にも、多く採用され始めた

このマフラー!・・。一つ一つ丹念に 手造りされる逸品で、残念ながら 大量生産が出来ない為

当面しばらくの間は、RCM専用品としての リリースで、来年1月からの発売となります・・♪ 。

DSCN0343.JPG

エキパイの取り付け方法は ジョイント式としました・・♪ 。脱着整備性も グンとUPです!♪ ・・。

 DSCN0341.JPG

ん~・・イイですねぇ~・・(笑) メチャメチャ 中村好みですわ~♪ 。 「これぞ RCM!」と言った

雰囲気があります!・・。今まで通りの 手曲げマフラーも捨てがたいですが、このNEW EXは

正に RCM らしさの、象徴的存在となりそう!♪ ・・。早く実車に 取り付けしてみたいです ♪ 。

 DSCN0347.JPG

むぅ~ とりあえず来年は、我が愛機 RCM-001 のエンジンを、早々に完成させるかなぁ・・

それでこのマフラー付けて・・ でも・・お客さん達の作業が 優先だしなぁ~・・ ぶつぶつ・・(笑)

自分のバイクを イジる為に、カスタム屋になったのに、気が付けば 意のままにならず?(笑)

来年こそは 「 RCM-001 Z1‐R ふっかーつ!」って、言える年にしたいですねぇ~・・(涙)。

ちなみに本店では、年始5日(木)まで お休みを頂き、6日(金)より 通常営業となります・・。 

何はともあれ、皆さん今年も一年 大変お世話になりました・・♪ 。 サンクチュアリーは 今後も

東京本店 はもちろん、東京ウエスト店 横浜ヤマト店 名古屋アビリティー店 滋賀コウガ店

福島いわきレッドイーグル店と、グループ全店 みな、精力的に ガンバって参る所存ですので、

来年もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます・・。

 

                        それでは良いお年を・・・。

 

                                      サンクチュアリー代表 中村 博行

 

RCM-189 17インチカタナ その2

何故か?この数ヶ月続いている Ninjaブーム?・・。実はZ系も 負ける事のない熱さがあって

相変わらず Z系 RCM の御問い合わせやオーダーが、後を絶ちません・・。Z系とNinja 共に

元気があって とても良い事だと思うんですが、唯一 カタナ だけが ちょっと元気ありません・・。

そんな中、Y・Uさんからオーダー頂いたこの RCM-189 は、久々に気合の入った仕様!・・

カタナが元気ない?今だからこそ、この RCMー189 をガツン!とくるマシンに 仕立てたいと

思います!・・。そんな訳で RCM-189 カタナ、まずはフレーム編 その2で御座います・・♪。

DSCN0213.JPG

ファイナル・エディション MODEL のノーマルフレームに見られる、純正の補強や形状です・・

リアブレーキマスターのブラケット等、不必要となるステー類は 全てきれいに取り除く予定・・。

ピボット上部に入れられた パイプの補強材も、もっと効果的な補強形状に 変更いたします。 

 DSCN0250.JPG

おなじみの インライン処理を施します・・。カタナは リアタイヤを、180サイズに変更する場合

Z系同様に、ドライブチェーンライン・オフセット後の 通過軌道確保が 絶対必要になります・・。

耐久面で信頼ある、530シール入りチェーンを採用する為には、どうしても必要不可欠となる

作業ですので、要注意!・・。後々必ず「やっておいて 良かった ♪ 」って 思える部分です・・。

 DSCN0251.JPG

インライン処理用の部材が 出来ました・・。ハメ込むと わかるのですが、否の打ち所がない位

ピッタリと隙間なく 出来てます♪ ・・。この部材精度が悪いと 溶接後に歪みますからねっ!・・。

 DSCN0293.JPG

インライン処理が終わった所で、いよいよ今回のフレーム加工における、最も大掛かりな所に

手を入れます・・。シートレール全体を レール後端部で35㎜ほど テールUPさせるのです!・・

フレームの一部を 一端切開し、シートレールを付け根の部分から、全体的に上に引き上げて

開いた隙間に 延長パイプ材を入れ溶接。同時に リアサスマウントのボックスも 造り替えると

言う かなり大掛かりな加工!・・。藤本にとっては初めての作業なので、慎重に指示をします。

DSCN0296.JPG

テール後端部で、約35㎜ シートレールが上がった状態・・。開いた隙間に 延長材をはめ込み

溶接するのですが、左右の水平や角度など、ここも高い精度が要求される 重要部位です・・。

DSCN0297.JPG

カタナのフレームを加工していて いつも思うんですが、カワサキ系に比べて、何となく 炭素が

混ざってる感じがします・・。もちろん クロモリなんかじゃない、むしろ柔らかさを感じさせられる

フレーム材質なので、延長パイプ材には STKM13C を用いました。この STKM13C 材は

溶接定着性も良く、他の材質と合わせても 拒絶反応を起こしにくい、大変 起用な性質なので

こういった部位には うってつけ!♪ ・・。加工後の 材質強度バランスも考えて 進めます!・・。

DSCN0300.JPG

出来ました・・。藤本 初めてやったわりには 中々上手ですな・・♪ 。 さすがフレーマーの異名は

ダテじゃあ ありません!(笑)・・。きれいな加工や溶接は、同時に強度も ありますからね!。

 DSCN0301.JPG

”漢”と書いて”おとこ”と読む・・。正にそんな男となった 藤本!。 仕事に挑む 男の姿!・・。

 DSCN0302.JPG

  トランス♪ フレー♪ マーっ♪ !。    ・・・・・・。

 

(株)デイトナ訪問 その2

(株)デイトナ訪問 その2・・。RCM で装着しているシートを、デイトナさんが気に入ってくれて

何とそのシートを、今後 デイトナさんでリリースしてくれる事になり、急遽訪問しております!。

DSCN0311.JPG

デイトナさんの社屋周辺は こんな風景です・・。聞けば何でも、山の一角を切り崩して整地し

そこに社屋を建てたとの事・・。広大な敷地内に、自社のサーキットコースまであります!・・。

 DSCN0317.JPG

屋内では相変わらず、あーでもない こーでもない!と、シートの形状や 質感の打ち合わせを

しております・・。リリース第一弾はとりあえず、Z-1用と Ninja用 の、2種類のみなんですが、

ウレタンのタッチはもちろん、形状、レザーのパターンと革の質感、パイピングラインの位置や

エッジラインに至るまで、細っかく リクエストしてるので大変!・・。他人が考えてるイメージを

具現化するのって 簡単じゃありませんよね・・。でも何と言っても、RCM のシートなんですから

私達の理想とする イメージ通りに仕上げたい!と言う事で、ガンバってもらっております・・!。

 DSCN0325.JPG

そろそろ撮影開始みたい・・まずは外撮りから・・。ついに トランスフレーマーの出番です(笑)。

こういう時の藤本は 非常に頼りになります・・。 GOっ! トランスフレーマーっ!・・(笑)。

 DSCN0327.JPG

撮影してたら、現(株)デイトナの代表取締役 鈴木社長が、ご挨拶しに来てくれました!・・♪。

大勢いる社員達の トップに立っておられる方なのに、大変謙虚な方で、すごく社長さん!って

感じの印象!・・。会社や社員達の未来を守る!と言う、気概も 感じさせてくれる方でしたよ ♪

 DSCN0329.JPG

こちらは屋内に設けられた 簡易スタジオ・・。簡易と言ってもかなり立派なモノで、堀もしっかり

あるし、ライティング設備もバッチリ!(いいなぁ・・中村も欲しい・・スタジオは高いですから・・)

 DSCN0333.JPG

 屋内での撮影中・・ややご年配の方が一人、ふらっと現れました・・?。

 DSCN0332.JPG-1

何とっ!・・創設者の 阿部前社長でしたよっ!・・。現在は 鈴木社長に会社を託し、会長職に

退かれましたが、まだまだこれからっ!とばかりに、遠くを 見ておられる感じを受けました・・。

先程の 鈴木社長もそうですが、戦って来た男の オーラみたいなモノを 感じます・・。お二人共

真剣に 二輪業界の将来を考えてて、それは自分のスタイルやポリシーに、こだわる事の無い

公平さが ありましたね・・。私達メカニックと言う人種は、自分の捉え方を 他人にまで 強く強要

しがち・・ そんな業界なだけに、お二人共とても新鮮でした・・。中村もちょっと 反省です・・(笑)

 DSCN0338.JPG

 全ての撮影が終了・・。 やはり・・夜になってしまいましたわ・・(汗)。

 DSCN0339.JPG

デイトナさんの社屋を出て 通りに出る所に、電飾看板があるのですが、辺り一面 真っ暗な為、

この看板だけが すごく目立ってました・・。たった半日しか 居られませんでしたが、いろいろな

見聞が出来て、なかなか収穫のあった一日でした・・♪。また機会あれば お伺いしたい所です。

さて!・・トランスフレーマーの運転が ちょっと恐いですが(笑)、東京に帰りましょうっ!・・。

デイトナの皆さん、今日はありがとう御座いましたっ!・・。またお会いしましょうねっ!・・。

                      

                      (株)デイトナ訪問 終わり

 

RCM コンセプト COZY シート は、来春発売予定?です・・。RCM でなくてもデイトナさんから

普通に購入が出来ますので、「 いいな ♪ 」と思った方はゼヒ!使ってみて下さいねっ・・!♪ 。

 

(株)デイトナ訪問 その1

いやぁ~最近、ほんっとに寒いですねぇ~(泣)。年末だから 当たり前なんですけどね・・(笑)。

年末なんだから、そろそろ仕事が 一段落したかと思いきや?・・ (うぅ~・・全然ですよ・・(涙)。

何でこんな 沢山やる事があるんでしょう・・?。やっぱダメな社長なんスかね?コレって・・(笑)

大体 ブログ更新が 中3~4日開いたら、パニックになってると 思ってもらってイイです・・(笑)

DSCN0305.JPG-1

そんな中、本日は静岡県にある(株)デイトナさんを ご訪問するべく、朝から旅立ちます!・・。

 DSCN0307.JPG

ドライバー件 助手?と言う、およそ運送業界ではありえない(笑) 一人二役の重責を担うのは

トランスフレーマー藤本!(笑)・・首都高に乗るなり、持参の握りめしを食べ始めました・・(汗)

聞けば何でも 毎朝、嫁さんが作ってくれてるらしく、いい嫁さんもらって幸せそうです・・ (笑)。

 DSCN0309.JPG

乗って間もなく・・いきなり首都高の洗礼です・・。「アっチャ~・・メチャクチャ混んでる・・(汗)」。

「藤本ぉーっ!おめーが握りめし食うからだぞーっ!バカーっ!」(笑)・・。  「 ・・・・・・・・・。」

 DSCN0310.JPG

東名の袋井 I・C を降りて しばらく走ると、デイトナさんに到着!・・実は 写真に写りきらない位

社屋が でかいっ!(驚)・・。さすが株式を 店頭公開してる会社さんは 違うわ!って感じです ♪

 DSCN0318.JPG

で今回、何ゆえ デイトナさんを訪問したか?と言うと、実は RCM に採用されている シートを

生産する為なんです!♪ ・・。デイトナさんの方より、ずい分前から頂いてたお話しで、RCM の

クオリティーや シート形状を、かなり高く 評価して頂けてるみたい!(ありがたいっスねぇ~♪ )

 DSCN0320.JPG

生産されるシートは、あくまで デイトナさんのラインナップですが、シートのウレタンやレザーは

COZY製となる為、非常に期待度 大!ですっ ♪。私達 東京本店はもとより、他のグループ店も

RCM製作に、今後このシートを仕入れるだけで、万事良好と言う事になりそう!。値段は少し

だけ高くなりそうだけど、低反発のウレタンや 高品質なレザー処理など、むしろこちらの方が

良いシートになりそう!♪ 。となれば 協力しない手はありませんっ!・・。 RCM は登録商標を

申請済みで、本来 RCM ディーラー店だけのモノなんですが、お名前もお貸し致しますよっ!

 DSCN0322.JPG

 大活躍中の トランスフレーマー・・(笑)。

 DSCN0328.JPG

この日は 出来上がったばかりの、”RCM コンセプト COZY シート”の プロトタイプを、実際に

本物の RCM車両に取り付けて撮影です!・・。この日 被写体として 選抜されたのは I さんの

RCM-076  Z‐1と、最近お問い合わせの多い RCM-184・フォーミュラーパッケージ!・・

2台の 精鋭RCM が揃い踏みにて、デイトナさん 堂々の上陸ですっ!♪ 。

 

RCM-168 その12 (最終回です!)

今年も残すところ あと2週間・・。最近じゃあ寒さもメッキリ 真冬らしくなって、いよいよ布団から

出るのが ツラくなって来ました・・。もぉ~目覚ましなんて5分おきに、何回も叩いてます・・(笑)

完成車両のロードテストをするべく、メカが交代で走りまくるのですが、いやぁ~ 寒いの何の・・

真夏は「あっちぃーあっちぃー」言ってて、冬は冬で「さっぶい!さっぶい!」言ってます・・(笑)

そんな寒い とある日の午後・・。 RCM-168 Z1‐RⅡ のロードテストをしていたら・・・??

DSCN0254.JPG

マシンを勝手にさわってる人が・・?。「何だあの人ぉーっ!勝手にニギニギしてーっ!」(怒)。

 DSCN0257.JPG

と、思ったら  RCM-168 いろは のオーナー、T・Y さんでしたっ!♪ ・・。この T・Y さん・・。

実は兵庫県在住の方で、何でも東京に 仕事の関係で来ていたとの事・・。勝手にイジってる

人がいたので、注意しようとしましたが、何だかちょっと・・恐もて?・・な 感じの人だったので

T・Y さんとわかって ホッとしました・・(笑)。近日納車と言う事で 本店に立ち寄られたとの事。

DSCN0256.JPG

エンジン・吸排気・電装 担当のクロメカ & フレーム・足回り・ボディ系 を担当したフレーマー

藤本の二人が、車両の取り扱いや ちょっとした説明を、ビビリながらしております・・(汗)・・。

( うそです・・♪ (笑) ホントはT・Yさんは やさしい人で、しかもかなりセレブな方ですよ!・・。)

 DSCN0258.JPG

T・Y さん・・メーター廻り 初拝みっ! メインスイッチON!で、油温計のモニターが表れます ♪

タコメーターのみホワイトパネル化で、RCM のロゴプリントが 非常に中村好みですねぇ~ ♪

それでは RCM-168 いろは!・・ 改めてご紹介しましょう!。(あくまで中村目線で・・(笑)。

 _TOG2776.JPG

168番目のシリアルとなったこの イチロクハチ!(通称 いろは)・・(笑) Ⅱ型のZ1‐Rらしさを

残しつつ、前後17インチ・ワイドホイール化をしました・・。Z1‐Rってバイクは、”R”の称号を

付けられてるにも係わらず、その動性能は とてもじゃないけど、スポーツライディングに適した

車両とは言えません・・。むしろ”R”が付いてない Z‐1の方が、良く走ったりする位?・・(笑)。

だから真のR”称号に ふさわしきマシンに、生まれ変わらせてやりたい!と言う気持ちが強く、

それ故 どんどんエスカレートして行った?(笑)って感じ!・・かなり製作時間もかかりました・・

 _TOG2949.JPG

スプリンターとして シャシーを中心に、大きく変貌を遂げた RCM-168 ・・。オンロードを走る

スポーツモデルとしての資質を 追求しました!・・。乗るとわかりますが、ノーマル車とは 全く

異なったマシンと化してます・・。(ノーマルのハンドリングは 中村もよく知ってますから・・(笑)。

エンジンもすっごくイイ!♪ ・・。リビルドクランク 低振動だし なめらか!♪ ・・。ニュートラルで

レスポンスしてる時だけじゃなく、走らせて加速・減速させる時の、アクセレーションが容易で

安定感がいいっ!・・リビルドクランク、今後癖になりそう・・♪ 。(¥高いんですけどね・・(笑)。

_TOG2918.JPG

立ち姿もカッコいいです・・♪ 中村はⅠ型が好きなんですが、Ⅱ型もなかなかイイですねぇ~♪ 

 DSCN0259.JPG

T・Y さん 走る気満々?のご様子・・(笑) それにしても T・Yさん・・何気に似合ってますな・・♪

好きなバイクにまたがると、どんな立派な大人でも はしゃいでしまうモンなんですかね・・(笑)

 DSCN0298.JPG

RCM-168 ・・ 明日は いよいよ納車・・。クロと大地の二人、はるばる兵庫県まで配達です。

大地はもともと 姫路出身の為、地元に強いはず!と言うだけで、今回選抜されました(笑)・・。

配達終了後 次の日は、三重県に 別の車両2台の引き上げがあります・・。 一泊二日の旅・・。

慌ただしい日程ですが、しっかりガンバって来いよぉ~!。(事故だけは 気をつけるんだぞ・・)

T・Y さ~ん! 明日予定通りお伺いしますんで、この二人 かわいがってやって下さいね~ ♪ 。

きちんと御挨拶できなかったり、失礼な事言ったりしたら、グーで殴っていいですわ!・・(笑)。

     

       RCM-168 いろは 明日の納車で 無事任務完了で御座いますっ!。

昨日の東京本店です・・。

昨日の15日・・本店では 恒例の大ゴミ捨てが行われました・・。何だかんだで 半年分ほどの

ゴミが溜まってましたんで、案の定 裏のゴミ捨て場は グッチャグチャのテンコ盛りでした!・・。

本店では スタッフ数が多いのもあって、ゴミの出る量が ハンパじゃないんスよねぇ~(泣)。

DSCN0266.JPG

ゴミーっ!って感じです・・(笑)。 主に金属系のゴミなんですが、鉄・アルミ・プラスチックなど

いろんなモノが 無造作に混ざり捨てられており、こんな箱がまだ 他にも4~5箱あります・・。

 DSCN0265.JPG

すごいっ!・・ゴミが輝いてる様です・・(笑)。どうやらこのゴミ山を、これから材料別に仕分けを

して行くみたいです・・。ときどき 見た事もない生き物がいたりして、かなり恐ろしいです・・(笑)

 DSCN0267.JPG

いや ・・ 菊地さん ・・ そんなに 引かなくても ・・(笑)。  2階も結構 ゴミがある様です ・・。

 DSCN0268.JPG

おぉーっ!(汗)て・て・店長が掃除をしてるーっ!(笑)。こりゃ来年は 何かありますよーっ(笑)

 DSCN0282.JPG

工場は整理してると、何かしら?部品が出てきたりするんですわ・・。捨てるのが もったいない

部品をみんなでチェックしてます・・。(それ・・あげるからさ・・早いトコやっちゃってくれる?(笑)

 DSCN0283.JPG

12月15日のサンクチュアリー東京本店・・こうしてゴミ捨てのみの一日が 過ぎて行きます・・。

 DSCN0287.JPG

夜は西船橋の焼き鳥屋で、こちらのおふた方と 一杯やっております・・。右はいつもお世話に

なってる、ジャーナリストの 寿さん!・・。そして左が、この日初めて お会いさせて頂きました

全日本ロードレース選手権で活躍されてる、国際レーシングライダーの 野田弘樹選手です!

野田選手と言えば、あの RACING TEAM ハニービー で、永年活躍されたライダーですね ♪

 DSCN0288.JPG

かんぱ~いっ ♪ ・・って すでに飲んでますが・・(笑)。まぁこんな風に、今年は全日本の関係者

さん達と、とにかく色んな”縁”が出来た年でしたね・・♪。 Zや Ninja カタナと言った、いわゆる

旧車をメインとする カスタム屋さんだけに、全日本選手権からみの”縁”って 意外と薄かったり

してたんです・・。仕事上の関係での お付き合いではあるけど、サーキットで活躍してる人達は

みんな何らかの看板しょって レースを支えてるんで、看板だの肩書きだの が、ちゃんとあって

当たり前!・・逆にないと 「あんたダレ?」状態になる事もあります(笑)。レーシングサービスを

この2年間やってみて、わからない事・なれない事だらけでしたが、少しずつ いろんな人達と

知り合いになれ やっと楽しくなって来た感じ ・・♪ (みなさん来年も よろしくお願いしますね ♪ )

 DSCN0290.JPG

店長☆も 以下同文・・(笑)。ここにはおりませんが、石田課長も一年間 オツカレさんでした!♪

それにしても店長・・(汗)・・そんなに食べて平気なの?・・(笑)。(結構食ってますよ・・(笑)。

 DSCN0291.JPG

来季の全日本、今季同様 JGP‐2クラス を戦うとの事・・。野田さんガンバって下さいねっ!

私達ノーブレストも、縁の下の力持ち的存在で 応援して行きますからねっ!・・。あと使用する

O・Zホイールの各部寸法・・早目に教えて下さいっ・・毎年シーズンの入り口では、イタリアの

O・Z側が、世界選手権にエントリーしている 沢山のチームからの、ホイールオーダーが集中し

しっちゃかめっちゃか に なっちゃうんで、レース専用ホイールは お早めにお願いしますねっ!

さぁ~ 店長に送ってもらい、帰りましょう・・。 店長よろしく~・・(笑)。 

RCM-186 Z‐1です ♪ (その1)

最近本店では Ninja三昧!が続きすぎ?・・。しかもかなりヘビーな内容のモノばかり・・ (汗)

新しい製品を造ったとか、特に何かした訳じゃあないのに?、この2ヶ月間位は Ninja一色!

お客さん達から預かったバイクを、毎日出し入れしてても、圧倒的に Ninjaの比率が多いです

巷では Ninjaが流行ってるんでしょうかね?♪ ・・ウチはここ数年、どっちかってゆーと、Z系の

方がメイン?な感じが強かっただけに、この Ninjaブーム・・?正直わかりませんです・・(笑)。

そんな訳で ちょっとしばらくの間は、Z系のご紹介を しっかりやって行こうかと思います・・♪ 。

DSCN0223.JPG

笹賀工場長が担当している Z1‐RⅡ・・。常連Nさんのオーダーメイド車で、実はこのマシン

メモリアルナンバーの RCM-100 なんですっ!・・。(なぜ今 100番なのかって?・・(汗)。

そこは・・え~・・いろいろと事情がありまして・・まぁ、あんまり聞かんといて下さいっ!(笑)・・。

DSCN0224.JPG

ただ 仕様がハンパじゃなく個性的で、超ヘビーなのには間違いありません・・。ここに至るまで

相当アレやコレやと、拘りの作業や加工がありました・・。そしてそれはまだ続いてます・・(笑)

この RCM-100 ・・もう お気づきの方もいると思いますが、サンクチュアリーの Zレーサーが

モデルになっております!・・。(それも懐かしい あの Zレーサー1号機 がモデルですっ!♪ )

1号機・・。ん~・・テイストを思い出しますねぇ・・(懐)。 立入・川浪・裕也・道岡・菅原 と言った

現在はグループ店独立した 各店長連中と共に、筑波で熱くなった頃の事を 思い出しますわ・・

笹賀なんて、ホントに病院に 担ぎ込まれましたからねぇ・・(笑) (あ!笑っちゃイカンですな )

Zレーサーとしては、2号機の方が レーシング・ポテンシャルは上だったけど、ビジュアル的な

見た目は 1号機の方が人気ありました!・・だからこの RCM-100 の完成が、今からすごく

楽しみです ♪ ・・。拘りのZ系 RCM ・・今後も沢山予定してますので、乞うご期待下さいねっ!

DSCN0049.JPG-2

こちらのフレームは、埼玉県在住 J・Nさんの RCM-186 Z-1のモノ!・・。実はもう かなり

前に、フレームの補強やレイダウン等 終わっており、ご覧の様に ダイヤモンド・コーティングで

仕上げられておりました・・。連日の過密業務におされ、ようやく最近 立ち上げが出来ました・・

 DSCN0050.JPG

前後17インチ・ワイドホイール仕様ですから、おなじみの チェーンライン 23㎜オフセット軌道

対策、インライン処理も ご覧の様にバッチリ!。これでリア180タイヤが きちんと収まります♪ 

 DSCN0080.JPG

まず手始めに スイングアームを取り付けし、左右リアサスマウントを 位置決め溶接します・・。

 DSCN0212.JPG

RCM専用スイングアームですので、リア・アクスルシャフトの アタッチメントを選択します・・。

今回使用するホイールは、XJR1200純正ホイールですので、シャフト径 φ20用となります。

 DSCN0215.JPG

先程のアタッチメントが ブラックでしたので、チェーン引きのブラケットは シルバーに!♪ ・・。

 DSCN0150.JPG

バッテリーケース廻り・・。全てダイヤモンドコートで レストア処理されてます・・。電装系部品も

再販新品部品に変更してる為、パッと見ただけで、すごくキレイになってるのが わかります ♪

 DSCN0211.JPG

フロントフォークは当初、ホイール同様 XJR1200純正流用の予定でしたが、ここは奮発して

OHLINSの正立にっ!・・。もちろん おなじみの エクスモード・パッケージ ですよっ!・・♪

 DSCN0219.JPG

OHLINSフォークは、本来 XJR1200用の設定がありません・・。(1300用は ありますが・・)

ですがこの エクスモード・パッケージでは、XJR1200用がある為、非常にありがたいです ♪ 

フォークの左右取り付けスパンが、XJR1200と同じ 210㎜であれば、このエクス・モードを

使う事で XJR1200のフロントホイールが、同じく 1200のアクスルシャフトやメーターギヤ

ホイールカラー等を使い、そのまま取り付けられるので、ウチでは大変重宝しております・・♪。

さて、この RCM-186 Z‐1 は、すでにシャシーを中心に ある程度進んでおり、完成予想は

おそらく、年明け1月の後半あたりでしょうかね?・・。短い期間での ブログ紹介となりますが、

オーナーの J・Nさん 共々、みなさんどうぞ よろしくお願い致しますね・・♪

フォーミュラーパッケージを造ろう ♪ その11(最終回)

10数年前に製作された Ninjaのカスタム車両を、現代の手法とセンスで リメイクすると言う

事で始まったこの ”フォーミュラーパッケージを造ろう ♪” も、一応今回で最終回となります・・。

 DSCN0193.JPG

先日行われた、ロードライダー誌による取材風景です・・。工場業務を 丸1日止めて行うと言う

大掛かりな内容でした・・(汗)。撮影現場は、ベテランメカの笹賀工場長と 誠太郎メカに任せ

進行中・・。前後17インチ化された RCM・Ninja と、ノーマル車両を 徹底比較しております。

 DSCN0196.JPG

店長の☆も 言っておりましたが、ここ2ヶ月くらいの間 「な、なんでっ!?」って言いたくなる程

Ninja のお客さん達が多く、毎日 電話やメールの問い合わせが、絶えない状態でした・・(汗)

スポパケ TYPE‐S&R の御問い合わせも すごくて、只今本店では Ninjaブームです?(笑)

何でこう 極端なんでしょね?・・(汗)。 (ふぅーっ・・もう中村は これ以上造れませんよ・・(笑)。

まぁそれでも、ここ数ヶ月続けた RCM-184・Fパケ のリメイクが、ようやく終わりそうなので

まずは一安心?かな・・。 そんな訳で ”フォーミュラーパッケージを造ろう ♪” 最終回ですっ!

CIMG3866.JPG

これは、スターター・マグネチック・スイッチ等の リレー類をマウントしていた 電装プレート・・。

かなり昔に造ったんですが、大分痛んでます・・(汗)。表面処理も施されてない為、全体に渡り

腐食が出ております・・。当時はまだ こう言った部品を最終仕上げ工程として、アルマイト処理

する!って言う、知識や習慣がなかったんですね・・ 私達も日々進化しているんですわ ♪ (謝)

 DSCN0110.JPG

今造ると こんな感じ・・。ベースのプレートは、A5052材から切り出し 折り込み加工。 リレーを

固定する小ブラケットは、強度が必要と判断し スチール製で造り直しました・・。もちろんこの後

アルミは アルマイト処理に、スチールは 電着処理に、それぞれ出され フィニッシュされます ♪

 CIMG4407.JPG

こちらでは 店長☆が、何やらゴソゴソと 探し物をしておりますな・・?

 CIMG4409.JPG

RCM フォーミュラーパッケージの、カバーエンブレムでした!♪ ・・。

 _TOG6227.JPG

エンブレムを貼って、これでこのマシンは 一応完成と言う訳です!♪ ・・。すでに 本店HPにて

一足早く ”RCM クラフトマンシップ”や”ギャラリー”のコーナーでは、画像が更新されてますが

ここでは、中村目線での ご紹介を させて頂こうと思います・・ (あくまで中村目線です・・(笑)。

 _TOG6087.JPG

RCM-184 フォーミュラーパッケージです。 今回 最も大きく仕様変更された 内容の一つが

フレームの交換でした・・。最初のフレームは、補強やその他の加工が 施されておりましたが

それらは、今現在のサンクチュアリーが推奨している ”ST‐Ⅲ補強”ではなかった為、あえて

フレーム交換に至りました・・。現在は確立された 補強メニューに至る前の、過渡期の作業が

施されたフレームだったと言う訳です・・。それなら”ST-Ⅲ補強”すればよかったのでは?と 

思う所ですが、今回はストリート色の強い仕様をコンセプトに、リメイクしたかったので、あえて

”補強レス”に拘ったと言う訳です・・。乗りやすさ 扱い易さに 重点を置きかえたんですね!♪

 _TOG6050.JPG

サーキットランなどを 視野に入れるのであれば、補強の必要性も生まれて来ますが、あくまで

ストリートオンリーで行くなら、ノーマルフレームの特性に 扱い易さを見出したと言う事です・・。

シリンダーヘッドを フレームと連結させる事が出来ない、GPZ1100のエンジン・・。パワーも

上がっており、フレーム自体の剛性が 重要なのは明らかなのですが、そこはあくまで 連結の

状態・・強度の話ですから、ナイトロ製 後期型ダウンチューブで、問題は解決済みと言う訳!。

メインフレームはストックのまま、エンジンのホールドをキッチリとさせる!・・ストリート仕様で

あれば、むしろこの位のフレームバランスの方が、低振動で 乗りやすいかも知れません・・♪

 _TOG6211.JPG

ハンドル回りも いつものFパケらしい、低く構えたセパレートTYPEを捨て、アップハンドルに

致しました・・。この辺もこの RCM-184 のコンセプトに沿った仕様の、一面だと言えます・・

_TOG5976.JPG

今回のリメイク・・総じて言うならば、元々のベースマシンが 経年変化で 旧くなっていたものの

それでも、装備装着されていた 各パーツ等のグレードは 非常に高いレベルにあり、それゆえ

リメイクにかかった総コストも、かなり少ない負担で済んだ!と言う事実があります・・。いつも

私中村の場合、リメイクするにあたって、そのマシンがリメイクに値するかどうか?と言う点を

見極めた上で、作業を開始する様にしてます・・。中にはいくら手を施しても どうにもならない

車両もあったりしますから、そう言う意味からも 今回の車両は、それに値するマシンだったと

今更ながら感じる次第です・・♪ 。ずい分と イメージは変わりましたが、最新の手法とセンスで

新生した、RCM-184 フォーミュラーパッケージ ・・。 再びロードに 還して上げましょう・・    

        

         フォーミュラーパッケージを造ろう ♪  これにて おしまいですっ!

 

 

 

今日のサンクチュアリー本店

ここ数日 名古屋・アビリティー店 菅原のブログがとまっており、しかも電話にも出ないと言う?

「おいおい!大丈夫かよぉ~!?」状態だと、東京ウエスト店 道岡より 連絡がありました・・。

DSCN0221.JPG

本店 店長の☆は「あいつの事だから 風邪でもひいたんでしょー!大丈夫っスよぉ~!」などと

言っておりましたが、中村はちょっと心配をしていた所、東京ウエスト店 道岡より連絡がはいり

「風邪ひいてただけみたいです・・♪ 」との事・・・。(・・・まったく・・ケータイくらい出ろよな・・)

たしかに菅原は そう言うタマ?じゃないので、心配しすぎだったかも知れませんが、それでも

お店から自分のケータイに 転送くらいしてもらいたいモンです!(怒) (菅原バカモンっ!(笑)

そんな訳で、少々くだらない事に振り回されましたが、今日もガンバる東京本店ですっ!♪ ・・。

DSCN0173.JPG

奥多摩で ダイナモカバーをゴリゴリ削りまくって来た、RCM-155 オーナーのJ・I さん・・・。

何かけっこうイケイケ?な走り方してるみたいで・・(汗)。「 この手の空冷車両は 左バンク角

きびしいんですからねーっ!」 ウイリーもほどほどにしないと 動力伝達系いきますよっ!(笑)

 DSCN0172.JPG

もおぉ~・・ノーマルよりも動性能が上がったからって、そんな使い方ばかりしてたら、マシンが

持たないって!・・高速もおとなしくっ!(笑)。 とりあえず ダイナモカバー加工は しとくけど・・

 DSCN0205.JPG

内側に収納される ステーターコイルやフライホイールと、ギリギリのクリアランスで 削りこみ、

プレートを溶接して蓋をします・・。充電系統を そのままに生かすのであれば ここらが限界・・。

ほんの少しですが、今までよりもバンク角がかせげます・・。逆に言えば 限界点が上がるので

あんましチョーシよく走ってると コケますからねっ!そこんとこ J・I さんは要注意ですっ!(笑)

 DSCN0175.JPG

一方こちらは、連日フレームばっかやらされてる藤本・・。今月だけでも 延べ7台分っ!(笑)・・

フレーマーの異名は ダテじゃありませんなっ!(笑)・・。いやあぁ~・・それにしても、Z&Ninja

あわせて、7台分ものフレームフルコースなんて 中村にはとてもじゃないけど 出来ませんっ!

さすが藤本っ!男前っ!。もうこうなると みんなで応援してあげる事くらいしか できねぇっ!

ふーじーもーとっ! が~んばれっ!が~んばれっ!が~んばれっ!が~んばれっ!が~ん

 DSCN0176.JPG

 ・・・・・・・・・・。 (ばれっ・・)。

 DSCN0069.JPG

こちらでは何気ない 先輩・後輩の日常会話が・・。「クロせんぱ~い・・フレーム加工のやり方

教えて下さいよぉ~・・」 「何だおめー・・こんなんデキねぇのかよぉ~たく しょーがねぇなぁ~」

「つーかクロせんぱい・・これ?ムズくないっスかぁ~?」 「つ-か別にムズくねぇーだろよぉ~」

 DSCN0070.JPG

「つーかせんぱい どー覚えたんスかぁ~ 自分的には ハラへって来たって感じなんスけど~」

「ハラへってんじゃねーよ おめーよぉー 全日本行ったら チョコチョコ食えねぇんだかんなぁ~」

「せんぱ~い・・来年自分も全日本行きっスかねぇ~・・自分朝起きんのムリっスよぉ~」 などと

今どきの無気力系会話?を もちろんしてる訳ではありません(笑)・・。つーかロペ!?(笑)。

 DSCN0222.JPG

年末らしく 連日お歳暮が送られて来ます・・送られて来るのは大変ありがたいんですが、店長

☆を筆頭に 片っ端から食われております・・(汗)。ここでは弱肉強食?の掟が はびこっており

知らなかった連中は食えません・・(ホントです)。ハラをへらしたツバサ・・必死?ですな・・(笑)

(ちなみに・・実は中村へと贈られて来たモノも たっくさん!あったハズなんだが・・(笑)。

 DSCN0207.JPG

夜、ひとり・・。残りモノにありつく?笹賀工場長の姿が・・。 この世界は弱肉強食です・・(笑)。

この様に、本店は慣れないと とてもやって行けません・・(笑)。

 

ZEP750で"RCM" その11(最終回)

12月と言えば、大河ドラマ等 いろんなテレビ番組なんかが、最終回を迎える時期と言う訳で

ZEP750で”RCM”も、この回を最終回にしちゃいます。(手ぇ抜いてる訳じゃないスよ・・(笑)

DSCN0184.JPG

先日行われた、ロードライダー誌 取材時のひとコマ・・。右はおなじみ カメラマンの富樫さん・・

左で 「う~ん・・どーすっかなー?」調になってる方が、ロードライダー編集の小原さんです・・。

すでに午前ラウンドを終え これから午後の部に突入するんですが、たぶん閉店時間ギリギリ

イッパイまで、取材撮影に追われそう・・(涙)。この日は RCM-181 ゼファー750の撮影も

無事済ませたのですが、メインの取材は Ninja中心のテーマで、この後まだまだ続きます・・。

 DSCN0189.JPG

中村の新しいカメラが ピンボケしやすいと言ったら、富樫さんが早速 試し撮りしてくれました。

ちなみにこちらは ピントがあってる方・・。(被写体の事は・・き、気にしないで下さいね・・(笑)。

 DSCN0190.JPG

そしてピンボケです・・。カメラの位置は同じでも 無造作にシャッターをきると、こんな風に・・。

何かピンボケ写真って 見てるだけで目が疲れて ムカついて来ます。(笹賀のあほーっ!(笑)

撮り方の問題であって、決して 笹賀がだんだん ボヤけつつある訳ではありませんが・・(汗)。

それとも何だ?笹賀ぁ!お前ボヤけちまったんかいっ!(笑)・・。(うぅ・・あんまり笑えない・・。)

 DSCN0202.JPG

まぁ 冗談はさておき・・。撮影した RCM-181 は、現在すでに店頭に並び 販売中です・・。

価格は¥248万円(税抜き)!・・。この RCM-181 の姿、改めてお見せ致しましょうっ ♪

 _TOG5582.JPG

前後17インチホイール仕様・・。ホイールは 純正の鋳造品流用ではなく、贅沢にも ”O・Z” の

アルミ鍛造ホイール ”PIEGA” をチョイス!・・。前後サスも”OHLINS”に変更・・。 もちろん

ステム&スイングアームは、RCM専用シャシーパーツ ”SCULPTURE” で構成されてます。

 _TOG5814.JPG

エンジンは、ガンコートでブラックアウトしたいが為に、全分解(笑)・・。よい機会なので 各部の

消耗部品を交換・・。その際、スターターのワンウェイクラッチ等、旧タイプの部品を、対策品に

交換・・。キャブレターは ミクニのTMRφ32、マフラーは ナイトロレーシングの新作!チタンの

手曲げEX!・・。このマフラーだけでも「 久々いいねぇ~ ♪ ・・」と思える 中々の逸品です・・。

 _TOG5825.JPG

タンク・シート・サイドカバー・テールカウルと言った、一連の外装パーツは、ゼファー750純正

オリジナルに 拘りました!・・。カラーリングこそ、Z‐1をモチーフとしたデザインに してますが

”ゼファーはあくまでゼファー!”と言う 信条を基にしてます・・。この辺は あくまで中村個人の

感覚なんですが、Z‐1のモノまね?をして行く事に チョッピリ抵抗感があるんですよねぇ・・。

何か?”ゼファーは Z‐1を目指す事でカッコ良くなる!”みたいなところに、何となく空しさ?を

感じてしまって・・。そんな想いから、ゼファーはゼファーとして 主張してあげたかったんです・・

あくまで個人感覚の話しですが、ウチのスタッフ連中も、結構こういった傾向かも?ですね・・。

 _TOG5801.JPG

立ち姿・・できるだけ大きく見せたい!・・。 もちろん実際に 大きくなってる訳じゃありません・・。

パッと見、長く 大きく見えるフォルムを、デザイン的な要素で 追及しました・・。デザイン優先で

実際にホイールベ-スが、極端に長くなってしまったり、エンジンの位置が 高くなってしまって

重心が上がったりしたら、動性能に悪影響が出ちゃって、それじゃあ 本末転倒ですからね・・。

 _TOG5764.JPG

ゼファー750が 元々持っていた本質・・。コンパクトな車体に軽量な車重・・そこから生まれる

軽快な操縦性と言った、良質面をスポイルする事なく、大型バイクらしい 風格・貫禄と言った 

部分を強調したあげただけ!なんですわ ♪ ・・。全体的な仕上がり感は、RCM が重要視する

リベラルなセンスを 全面に出しました・・。グラデーションを多用した 「これでもかーっ!」 的な

色使いは 意識的にさけてます・・。カスタムですから、様々な個性の演出があって 然るべきで

あまり固定観念で、縛りたくないのは やまやまなんですが、ここでは RCM 特有の世界観を

皆さんにお伝えしたく、語らせて頂きましたっ ♪ ・・ (中村の偏見?(笑)すいませんです・・(謝)

まぁ とにかくも完成しました、RCM-181 ゼファー750!・・。現在本店にて展示中ですので

気になる方はゼヒ!見に来てくださいねっ!・・。

 

本店では スポパケ勢が元気です!

このところ連日に渡り、RCM などの 車両オーダーが重なって、工場は軽いパニック状態?・・

クロ&藤本は、以前からスケジュールは パンパンでしたが(笑)、ここに来て 大地&ツバサの

二人もグロッキー気味?・・。 メカ全員が店長☆に 「この店 何でこんなに 忙しいんスか?・・」

と、しきりに聞いておりました・・(笑)。(店長ぉ~ほどほどにせんと・・みんなくたばるよ・・(汗)。

まぁ~いずれにしても、これだけ重作業が重なると、もう「マネージメントが大事!」と言う事で

ほぼ毎日 開店直後の時間を使って、マジメな?(笑)ミーティングをやる習慣が出来ました・・。

DSCN0145.JPG

元々は中村が、自分のチームもの仕事の 打ち合わせをするのに、クロと藤本の二人を対象に

やってたのですが、今年になって 店長☆を中心に、若手メカ全員が召集されるハメに!(笑)

みんな朝の休憩時間をツブし参加してるので、「えらいよなぁ・・」と、つくづく感じさせられます。

 DSCN0148.JPG

真剣なミーティングなだけに、険悪なムードになる事もしばしば・・。ほら!マジメでしょ?(笑)

 DSCN0149.JPG

近ずく年末に向けて この日も、店長☆の怒号?が飛び交います・・。中村ももちろん 参加して

いるのですが、あえて口を出さない様にしています・・。あくまで ”東京本店内での課題” と言う

定義でのミーティングですので、店長☆をはじめ、みんなに任せていると言う訳ですわ・・♪ 。

で、ここ数ヶ月、ずい分と問い合わせ多かったのが、Ninjaの スポーツパッケージ・シリーズ!

程度の良いNinjaが、めっきり減った事もあって、スポパケ・ブームが来たんですかねぇ?(笑)

 DSCN0045.JPG

こちらは 長野県在住のお客様、K・FさんのTYPE‐S!・・。たまたま店頭在庫で おいてあった

状態の良い A-12 をベースに作業中!ここ数週間は 急ピッチで、変貌しつつあります!・・。

 DSCN0044.JPG

K・Fさんの A-12 は距離もまだ若いです ♪ 。程度の良いベース車は、担当メカにも優しい!

この車両は通常のTYPE‐Sよりも、アップグレードな仕様となるので、完成が楽しみです!♪。

K・Fさーんっ!・・いつの日か必ず TYPE‐Rにっ!強力招来から 超力招来ですねっ!(笑)。

 DSCN0136.JPG

一方こちらは 連日八方塞りのクロメカ・・(笑)。Y・Yさんの RCM-167 スポパケ TYPE‐Rを

更にアップグレード化するべく奮闘中!今回この RCM-167 は、セパレートハンドル化して

左右マスターシリンダーを、ブレンボのラジアルTYPEに変更・・。それに伴いアッパーカウルを

シェイプして ペイントも変えるのですが、アッパーカウル本体の位置も 若干下げる仕様となり

ブラケットやフレーム側マウントまで、加工した為、結構ハードな作業と 化しておりました・・。

 DSCN0137.JPG

クロが何やら「あー っもうっ!」とか言ってます・・(笑)どーやらスロットルワイヤーの取り回しが

うまく収まらないらしく、「もぉ~っ だからコレやなんだよなぁー!」とか言っております・・(笑)。

 DSCN0144.JPG

どーにも相性が悪いようで、Y・Yさんに電話し、「 いっそ違うスロットルKITに 変えませんか?」

と奨めておりました・・。(そうそう!お客さんに、何でも相談しちゃう方が早いからねっ!(笑) 

DSCN0163.JPG

そしたら早速 Y・Yさん、御来店され 担当メカのクロと、いろいろ話し込んでおります・・♪ 。

 DSCN0164.JPG

スロットルは ヤマハ純正流用で決まったようです ♪ RCM-167 も、近日完成ですかねっ!

Y・Yさんっ! 今回のリメイクで、結構 雰囲気変わりそうですよねぇ・・♪ うまく機会が造れれば

RCM-167 スポーツパッケージ TYPE‐R アップグレード仕様!再撮影したいトコですねっ 

DSCN0165.JPG

Y・Yさんとの打ち合わせが 終わったと思ったら、今度は RCM-200 を製作される 今井さん

と、盛り上がってました・・♪。 さすがクロっ!すげえっ!もぉ~ヤル気満々じゃねーのっ!(笑)

ん~・・大丈夫かぁ~?・・ RCM-182  Z1‐R も、すでに何件かお話し頂いてんだぞぉ~・・

こんな調子で東京本店に、年末年始休みが来るのか?今から心配になってきましたわ・・(汗)

 

    PS  最近カメラを新調したんですが、これがなぜか?ピンボケしやすくて?(涙)

        ときどきピンボケ写真が入ってしまい、申し訳ないです・・(謝)。

フォーミュラーパッケージを造ろう ♪ その10

ここ数日で 気温がかなり寒くなりました・・(冷)。 どちらかと言えば、中村は暑がりなんですが

最近は「 さむっ!」って感じです・・(笑)。 そんな中、昨日の夜 千葉市まで出向いて来ました。

 DSCN0119.JPG

オートマジックの荒木社長(左)と、ひさびさ一杯やっております・・。 「社長 ご無沙汰でした!」

「ん~・・なっか村くん、全然来ないから (こーゆう しゃべり方する人です・・) も~知らないよっ」

などと脅されつつ (笑) 話しはハズみ?ます(笑)・・。右にいるのは友人でもあり、仕事上でも

付き合いのある、浅井くん・・。実はこの浅井氏・・元は国際ライダーで、アジア選手権シリーズ

チャンピオンを 獲得したほどの男!(すごっ!)・・。あまり当時の事を、しゃべらないのですが

国際レースでの活躍なんて、なかなか経験できるものじゃないんだから、大したモンですわ ♪

 DSCN0121.JPG

最近のカスタム業界や お客さんの事など、社長にいろいろ ご指南いただいております!・・。

ちなみに、3人とも風邪を引いて 具合が悪いのに、ダラダラと飲んでます・・(笑)。 8時頃から

12時すぎまで 飲んでたかな・・? 帰宅時間は1時半でしたので 今日はダルいですわ・・(疲)

社長!お〇な遊びと 飲み歩きは、ほどほどにっ!(笑) また機会つくって 飲みましょうねっ!♪

さて、本題に入りましょう!・・先日開催されたロードライダーフェスタでは、一足早く展示された

RCM-184 Fパケ!・・。その製作工程を、残りあと2回ほど ご紹介したいと思いますっ!♪

 CIMG4395.JPG

マフラーステーを ワンオフする事にしました・・。ボス部をA5052ムク材から、削り出して・・・

 CIMG4400.JPG

7N01パイプを2本、キュキュッと曲げこみ、チャチャッと溶接しちゃいます。(ここまで約30分)

CIMG4404.JPG

溶接終了後・・出来上がったステーを、社内バフ研磨に 急ぎ扱いで出して、出来上がりっ!。

この手の複雑な形状モノは、バフ研担当の菊地に頼んだ方が、早くてキレイに仕上がります ♪

 DSCN0122.JPG

付きましたっ ♪ ・・V字型の強化タイプですっ!・・。通常は 一本のパイプで吊ってるんですが

最高峰グレードの フォーミュラーパッケージですから、ここはアップグレード仕様で 行きます ♪

 CIMG4388.JPG

おなじみ シリアルナンバーを打ちます・・手打ちなんで 真っ直ぐ打つのが難しいんですわ(汗)

 CIMG4390.JPG

今回は、プレートをよく見せたい と言う事もあり、専用のプレートホルダーを 使いましょう!♪

 DSCN0107.JPG

トップブリッジに付きましたっ ♪ ・・Ninjaやカタナなど、アッパーカウル装着車は こんな感じで

取り付けると、MYシリアルが確認できるので、最近このリクエストが 増えて来ております・・♪

 DSCN0108.JPG

ブレーキマスターシリンダーは、ブレンボのラジアル!・・。最初っから付いてたモノですね・・。

リザーバータンクやステー類の処理だけ、中村流にアレンジし直して、再使用いたしました・・。

 DSCN0109.JPG

こちらも同じく、最初から装備されていた ブレンボクラッチマスター・・。先程のブレーキ側 同様

リザーバタンクのレイアウトを 中村流にしただけ!♪ ・・この左右マスターシリンダーなんかは

正直まともに買うと、部品代だけでも かなりイイ金額になりますから、ありがたいですねっ!♪

フォーミュラーパッケージと言う グレードから考えても、見劣りしないマスターシリンダーです!

次回あたりで いよいよこの RCM-184 も完成?でしょうかね・・ 只今 最後の仕上げ工程に

入っておりますので、お楽しみにっ!♪

 

PS RCM-155 の J・Iさん・・結構トバしてるご様子?・・ワインディングでダイナモカバーを

穴が開くほど削って来てます・・(汗)。 気に入って乗ってくれてるのは、すごくうれしいんですが

今メチャメチャ工場が忙しくて (うぅ・・涙)。 何とか作業してますんで、も~ちょっと待ってねっ!

            あっ!・・ J・I さんっ ・・これサービスだかんねっ ♪ (笑) 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.