Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

シリアルナンバー RCM-230

連日重なって来た RCM のオーダーに、少々閉口気味の サンクチュアリー本店 中村です・・。

ここ数ヶ月は、オーダーメイド RCM もさながら、クラフトマンシップ RCM を ご購入される方も

かなり多く、特に最近では 企画がスタートしたばかりの クラフトマンシップ車両を、先行にて

ご予約頂く と言うパターンが 増えております・・。フレームの加工や エンジンの分解を 終えた

ばかりの所で ご予約される為、外装のカラーリングや 細部の仕様など、ある程度オーナーの

リクエストを 反映させる事が出来るので、ある意味 お買い物上手!?・・って感じですね・・♪

CIMG0537.JPG-1

こちらのフレームは 東京都在住 K・O さんから オーダーメイドを頂いた、RCMー230 Z‐1の

フレームです・・。フレームは既に単体にて、レーザー測定と ストレッチを 終えております・・♪ 。

担当はもちろん、中村を筆頭に 最近メキメキ腕を上げてる、両角ツバサ!・・。このツバサは

店長☆からも 絶大なる信頼を受けており、まだ若いのに なかなか評価が高い やつです・・♪

CIMG0578.JPG-1

中村も ツバサがパートナーなのは、大変 心強い!・・。 ツバサの事だから、きっと 人一倍

ガンバってくれる事でしょう!♪ ・・。( フレームも かなり手伝って くれそうですねぇ・・♪ 。)

 CIMG0538.JPG-1

まずは中村が 先発を務めます・・。 「 ヨシ!・・めんどうな所から やっといてやるかっ!・・」

 CIMG0540.JPG-1

” サク~っ” この RCM-230 は、もちろん 17インチワイドホイール仕様!・・。そんな訳で

 CIMG0543.JPG

アチッ!・・アチチッ!・・ 例の如く、チェーンライン 23ミリオフセット対応 インライン処理から

手を付け出します・・。(この作業、半袖ツナギでやると 両腕ヤケドしまくるんですよねぇ・・(涙)

 CIMG0557.JPG

続いて ヘッドパイプ・ロアー部・・。実はこの RCM-230、フレーム補強を ST‐ⅡとST‐Ⅲの

中間メニューで 補強しております・・。サンクチュアリーフレーム補強 ST‐2.5 って感じ?・・。

 CIMG0559.JPG

ヘッドパイプ・ロアーの アングル形状や ベンドパイプ補強は、ST‐Ⅲの仕様で仕上げます・・。

 CIMG0562.JPG

「 溶接します・・。」 (・・・・・) え?・・何か他に 言い様ないのかって?・・ 「 じゃあ溶接中・・。」

 CIMG0563.JPG

補強 兼 オイルクーラーのマウントを設けて 完了っ!・・。この ST‐Ⅲ補強の ベンドパイプは

おなじみ高張力管 ” STKM13C ” パイプを使用しております・・。フロントエンジンハンガーの

位置まで、パイプを伸ばして 溶接するのが ポイント!・・。非常に効果の高い 補強です・・♪ 。

 CIMG0565.JPG-1

難易度の高い加工から、順々に 行きましょうっ!・・。続いては、これまたお馴染 レイダウン!

(この辺りを 終わらせれば、ツバサが バトンタッチ してくれるハズっ!♪ ・・。 たぶんっ!♪ ・・)

社長を助ける 社員の鏡っ! イイ男っ!ツバサぁっ!♪ ・・  早く 来てくんないかなぁ~?♪ ・・

 CIMG0586.JPG

アレ?・・ 何か? 忙しそうだね?・・ツバサ・・。(汗)  (ツっ・・ツバサあぁぁぁーっ!!・・(泣)

                 RCM-230 Z‐1 フレーム編 次回に続く・・ 

ゼファー1100で RCM します!(その1)

皆さん こんにちは!・・ 猫の手も借りたい サンクチュアリー東京本店の 中村で御座います・・

この所、RCM のオーダーが 立て続けに入ってしまい、加えて 大地の戦線離脱が ひびいて

工場が 軽~く パニックになっております・・(汗)。 こーなると 中村が、現役メカニックとして

リベロの如く 立ち回るハメに!・・(涙)。 一応、社長業も おろそかに出来ませんので、結局

メチャメチャ!働く事になります・・( それも大半 肉体労働!・・)。 あぁ・・ しかも、しかもですよ

どうやら今年2回目の イタリア出張が来そう・・(汗)。そーなると、もう未知です 未知!・・(笑)

CIMG0524.JPG

この先 訪れるであろう イヤ~な 予想は忘れて、ひたすら 今を生きるしかないっ!・・(苦笑)。

てな訳で、先日はるばる 大分県から送られて来た、K・K さんの車両を 分解する事に!・・。

実はこの車両、久々のゼファー1100で、この度 ” RCM ” として 生まれ変わりますっ!♪ ・・ 

 CIMG0526.JPG

担当はもちろん、中村を筆頭に 寺門を 助手に付けました・・。( K・Kさん お見知りおきをっ!)

 CIMG0525.JPG

九州は 福岡県出身の 寺門 ・・。ウチの息子と 5歳しか 歳が違わない為、やったらと子供に

見えてしまい ( いっやぁ~・・歳 とったんだわ~・・(汗) と、実感させられてしまいます・・(涙)。

 CIMG0528.JPG

( むうぅ~・・ 手づかみで捕まえた 魚 みたいに、ピッチピチ! してやがりますよ・・(苦笑)。

 CIMG0530.JPG

演技ではありません・・。渾身の力を込めて、ホンキモードで エンジン 降ろしました・・(冷汗)。

「 こ・これーっ!・・ Z のエンジンより 重くないっスかぁ~っ!」 っと、叫んでます・・(笑)。

 CIMG0533.JPG

無事 全分解完了っ!・・。フレームはこの後、ダイヤモンドコーティング工程に 行きます・・。

高年式の ゼファーなので、フレームの程度はキレイだったんですが、ど・ど~も 色が ・・(汗)。

と言う訳で せっかくなんだから、艶のある ブラック粉黛塗装を 施してあげる事にしました!♪

 CIMG0572.JPG

真の RCM たる証明 ・・ シリアルプレートを、ナンバーポンチで 打ち込み致します・・。

 CIMG0573.JPG

記念すべき 3台目となる ゼファー1100の RCM 。 [ シリアルナンバー  RCM-231 ]

これは K・K さんだけの ナンバーですよっ!♪ ・・。 これからも末永く お付き合い下さいね!。

来週後半くらいには、フレームが 戻って来るでしょうから、そしたら作業を 開始致しますんで

中村流 ゼファー1100 アップグレード術!・・ その妙技!(笑) ゼヒ!お見せしますよっ!・・

K・K さんっ! お楽しみにっ ♪ ・・。 ( ふ~・・出来る範囲ですが・・(汗)・・(笑)。

本店の大地メカ 撃沈・・

サンクチュアリー東京本店、と ある日の 午後 ・・ 何やら シンミリした空気が 漂ってます・・?

CIMG0547.JPG

 さみしそうな 背中が ・・(汗)・・。

 CIMG0545.JPG

正体は 大地でした・・♪ 。 見れば右手に 包帯が? ・・グルっグル巻きですなぁ・・(汗)。

実は先日、バイクの試乗中に 貰い事故に逢い、右手を負傷! 仕事が出来ない状態です・・。

 CIMG0544.JPG

逆光で よく見えませんが、店長☆に かなり絞られておりますな・・(汗)。 大地にしては 珍しく

シュン・・と してます・・(苦笑)。 「勤務中の貰い事故とは言え、不注意だぞっ!」と ばかりに

店長、野獣系?に変貌!・・(笑)。(えっ?・・何?・・ 逆に 誤ってるように 見えるって?・・(笑)

いやいや とんでもない!・・今にも 飛び付いて、噛みつき出しそうな 所なんですよっ!・・(笑)

 CIMG0553.JPG

右手の指爪が 2本剥けて、内一本 粉砕骨折 ・・。 と~ぶん 現場復帰 出来ないでしょうから

覚悟を決めさせ、休職手続きを ふませました・・。 大地が 現場から抜ける事で、しわ寄せが

ドッ!と 他のメカに 回って来ます・・(汗)。( ふぅ~ ・・よりによって この忙しい 今時か ・・(涙)

 CIMG0550.JPG

工場では ライバルのツバサに、作業の引継ぎを 説明中・・。普段は 仕事で競い合う 二人・・。

 CIMG0551.JPG

この日ばかりは、ツバサも快く 引き受けた様です・・(えっ?・・全然そんな事ねぇって?・・(汗)

 CIMG0555.JPG

 え~・・皆さん、そんな訳で 大地メカは、しばらくお休みを させて頂く事になりました・・。

大地が担当をしていた お客さまの作業は、本店メカ全員で 振り分け、少しでも バックアップ

出来る様、努力致しますんで 少し お時間頂けると助かります・・。また RCM のお客様たち

M・H さんはもちろん、他のお客さまも この場を借りて、改めて お詫びさせて頂きます・・(謝)

                ( ホレっ!お前も 謝れっつーのっ!)

 

            あぁ ・・ 猫の手も借りたい 東京本店でした ・・(笑)

 

シリアルナンバー RCM-200 (その6)

RCM を筆頭に 重作業物が重なって、酷い忙しさの(笑) サンクチュアリー東京本店です・・。

バイクの台数も 日に日に増えており、毎朝毎晩 出し入れだけで もぉ~・・ヘッ トヘト!・・(疲)

とにかく、進行中の RCM を 何とかせにゃ!とばかりに、相変わらず 現役メカ全開モードで

毎日 取っ組み合い?みたいに 生きてますわ・・(笑)。 (もぉ~・・何年も こうですよ・・(苦笑)。

CIMG0436.JPG

シリアルナンバー RCM-200 Z1‐R ターボ ・・。 インライン処理の 続きで御座います・・。

これまで 何十台~と こなして来た作業ですが、いつやっても 板金力を問われる仕事です・・。

ドライブチェーンラインの 23ミリオフセットに対応した、チェーンライン軌道の 加工なんですが

「当たんなきゃ いい!」って レベルの 仕上げではありません・・。車体の垂直線に 合わせて

インライン処理部位面も ” ピシッ!” と、真っ直ぐ合わせる精度に 断固!こだわります・・(笑)

 CIMG0437.JPG

もちろん強度だって こだわります!・・。( バカだ!バカだっ!バカになるんだぁーっ!・・(笑)。

 CIMG0438.JPG-1

出来ましたっ!・・中々よい出来栄えに 満足 ♪ ・・。(これで今日も ゆっくり 安眠できます・・♪ )

 CIMG0439.JPG-1

 SS400 1・6 プレート(通称 テン6 材)から、ガセット部材を 押し出しましょう・・。

 CIMG0440.JPG

こう言う風に 使います・・。ちゃんと内部が 空間状になってる、通称 プチ・モナカですね!・・。

フレームの補強には、通常 分厚い板材は 使ったりしません・・。フレーム側の パイプ肉厚が

1・5~2・0 なのに対し、3~4ミリ厚なんて 材料を溶接するのは、マッチングが悪いし 何より

それだけで 重くなりすぎ!・・。めんど臭い加工でも ” 正統派な作業 ” に こだわります!・・。

 CIMG0442.JPG-1

続いては、リアサスの上部マウントを 設ける加工に入りましょう ・・♪ 。この RCM-200 では

いつも Z系フレームに施している オーソドックスな位置ではなく、より 車体中心部側に 寄った

レイダウンを施します・・。狙いはもちろん マスの集中化で、ロール軸も より 直線的な構造に

する事が出来ます・・。サンクチュアリーの Zレーサー 1号機&2号機が、所謂 この手法で

空冷Zに 17インチホイールを、うまく マッチングさせたんですが、この手の技術と 知識は全て

レース活動から 得たもので、それらは今も 貴重なノウハウとして フィードバックしています・・。

 CIMG0443.JPG-1

 おなじみ レイダウン冶具を用いて、まずは 下穴開け加工から・・

 CIMG0444.JPG-1

レイダウンは 加工後の精度が命!・・。非常に大袈裟な冶具を 使ってますが、左右の位置や

ブッシュの角度など、ホントにしっかり 精度を追求するなら、きちんとした専用冶具は 絶対に

必要!・・。冶具を使用しなければ、まず いい加減な仕上げに なっちゃうでしょう!・・(笑)。

 CIMG0445.JPG-1

開けた下穴に、SMB製の レイダウンマウントブッシュを 挿入するんですが、ここでも また

冶具を用います・・。ブッシュ固定用 のアダプターを使って、ブッシュを外側から ホールドしつつ

このまま溶接を 行います・・。この時、左右のオフセット値に 気を付けるのが ポイント・・♪ 。

 CIMG0446.JPG-1

溶接工程での 歪みや捩れと言った 変形を、冶具固定する事で 最後まで 端正させています。

ここまでやって、始めて 許せる範囲の交差内に 仕上がります・・。レイダウン加工は、一たび

施してしまうと、中々やり直しが ききません・・。やり直そうとするなら フレームの塗装なんかも

もう一回 やり直すハメになるし、相当大変な事は 間違いナシ!・・。フレーム本体に 施された

加工の精度が 低いレベルの仕上がりだと、どーしても 足回りの部品を 組み付けて行く段階で

どっか ”ごまかし” 的な要素が 入り込んで来るもの ・・ それ故 ”フレームは肝心要” なんだと

痛感させられます・・。(意外に この手の不良作業は、実は 結構あったりするんですわ・・(汗)

 

これで RCM-200 の フレームにおける 大掛かりな 加工は終了・・。後は 細部の加工を

施すのみ!・・なんですが、ここからがまた ・・割と 大変なんですわ・・(涙)・・(ふぅ・・)。

すみません・・また「サンクチュアリー本店は 今日も ♪」です・・(涙)

皆さん こんにちはっ!・・ サンクチュアリー東京本店の 中村です・・。

前回、この手のシリーズは 「ど~も グダグダになるから 苦手だ!」と、言ったばかりなのに

また 同じ様な内容での 更新をしております・・(涙)。せめて タイトルだけでも ちょっと!と思い

少し捻った名前に したんですが、だから どーしたっ!って感じですか?♪ (笑)・・(フッ ・・(涙)

CIMG0503.JPG-1

” 本店は今日も ♪ ” ってタイトルの、” 今日も ♪ ” の 意味は、「今日も ガンバってるよ!」って

意味なんですが、最近 また猛烈に忙しく、”今日も・・(汗)” の方が、よいかも?・・(苦笑)。

 CIMG0502.JPG

笹賀工場長は今日も、K さんの Z1‐Rに 付きっ切り ・・。ひっじょ~に細かい 電装系の作業を

コツコツと やっております・・(汗) 笹賀も 中村同様 老眼で、さぞかしツライ事でしょう・・(苦笑)

 CIMG0504.JPG-1

誠太郎です・・。実は先日、メカニックの大地が バイクで軽い 貰い事故をし、少しの間 仕事が

出来ない為、急遽ヘルプで 大地の担当作業を 手伝ってやる事となり、だいぶ忙しい様です・・

 CIMG0520.JPG

忙しいのは 若手勢も一緒・・。 RCM のオーダーメイド と クラフトマンシップ・・ この所 どちらも

大変 建て込んでいて、連日 増え続ける 業務の追加に追われ、必死に対応しております・・。

 CIMG0512.JPG-1

相変わらず 火花まみれ? の クロ ・・。 最近は エンジンより シャシー加工の方が 多い感じ・・

どうやら まだ発表してない、新しい RCM クラフトマンシップ車両の Z‐1を、始めた様です・・。

RCM クラフトマンシップは、皆さん もうご存知な通り、条件の良い 中古パーツなどを 上手に

組み合わせる事で、通常の オーダーメイド RCM よりも、遥かに低コストで 販売できる車両 ♪

製作途中にも 係わらず、売約済み!になる事も しばしばで、中村もクロも へっとへとです・・。

 CIMG0515.JPG-1

こちらは ツバサメカです・・。来週から 中村とコンビで、オーダーメイドの RCM-230 Z‐1を

担当する事になったので、溜まってる作業を 終わらせるべく、毎日 懸命に戦っております・・。

今 一番 成長著しい ツバサではありますが、かなりの仕事量を 抱えており、シンドそう・・(笑)

ひたむきに 仕事に向き合う 男ですが、この先 全日本も来るので、マジ・・ヤバそうです・・(汗)

 CIMG0513.JPG

新入りの江口は フレームを溶接中・・。入社間もない人材でも すぐ基礎から教え、即 実戦から

携わらせるのが 本店のやり方・・。もちろん 傍に付いて、ずぅぅ~・・っと 監視をしながら、逐一

先輩メカの チェックを受ける!と言う流れで、鍛えられて行きます・・。もうかれこれ 10年以上

この伝統を 守って来た本店・・。あと 5~6年もすれば 中々立派なメカに 成る事でしょうけど

鍛える中村の方は とにかく大変っ!・・今までも そうでしたが 今後も・・(涙)・・。 (ふぅ・・(笑)

 CIMG0505.JPG-1

さて!一方こちらは、九州は大分県から 送られて来た、K・K さん所有の ゼファー1100 ・・。

実はこの車両、車体 お持込での オーダーメイド RCM として、作業する事となりました・・♪ 。

 CIMG0519.JPG

担当は中村を筆頭に、こちらも新米の 寺門が補佐にて、コンビを結成!・・シリアルナンバーも

” RCM-231” に決まり、いよいよ今日から 作業スタート!・・。中村の目が 光ります・・(笑)

 CIMG0521.JPG

まずは ステップ廻りの操作性を確認 ・・。先程の江口も そうですが、寺門は 九州は福岡県の

出身!・・。サンクチュアリーグループ 全店の中で、最も歳が 若いメカ・・九州男子です!・・。

CIMG0522.JPG

 ( ウッ!・・(汗)  な、何だ お前? 急にっ!・・)。

 

思わず 引いてしまいましたが、この RCM-231 も 製作模様を ブログでお送りしたいなぁ と

思いますので、これから よろしくお願い致します・・。

 

サンクチュアリー本店は 今日も ♪ (その2)

こんにちは!サンクチュアリー本店 中村です・・。 関東もいよいよ 入梅し、毎日 うっとうしい

陽気が 続いてますが、そんな季節の変化なんぞ 相変わらず 何のお構いもナシの 本店!・・

中村も、基本的に”週一回だけの休み”に 徹して 必死に作業をこなすも、ままならず・・(涙)。

RCM を初めとした、渋滞を起こしてる重作業物は 今後も当分 無くなりそうもありません・・。

 CIMG0051.JPG

Y・Y さんの RCM-167 スポパケ TYPE-R ・・ 3回目となる 大幅な仕様変更にて作業中。

 DSCN0936.JPG

実は3度目の正直で、今回晴れて フォーミュラーパッケージ 化を 果たす事になりました・・ ♪ 。

で、このZRX1200は その ドナーとなる車両・・。「もったいない!」と、思われるでしょうけど

最近まで 健康に走っていた ドナー車両じゃないと、結局 後々つまらない事が 起こりがち・・。

 DSCN0937.JPG

普通に、程度の良い中古車を 一台使い切って、フォーミュラーパッケージは 誕生します・・。

 CIMG0055.JPG

エンジン搭載完了!・・。冷却系も、ナイトロ製のアイテムが ほぼ そのまま流用可!♪ です・・

実は ここまでの工程は それ程 大変じゃありません・・。ホントに大変なのは こっから!・・(汗)

マフラーのフィッティング加工、チェーンラインの整列、サーモスタットの装備を絡めた 水廻り

バイパスの製作、フューエルコック位置変更における タンクの溶接、電装系の設置を終わらせ

最終的にはもちろん キッチリ公認車検取得!と、もう既に 担当のクロ、放心状態です・・(笑)。

 CIMG0490.JPG

一方こちらは、Y・T さんの RCM-182 Z1-R・・ 人呼んで?その名も ”イッパツ号”!(笑)。

CIMG0488.JPG

この イッパツ号、元々は RCMクラフトマンシップ車両として 製作を始め、フレームが仕上がり

さぁ これからっ!と言う段階で、本店のHP上に 紹介したところ、Y・T さんに 気に入って頂き

先行にて ご予約を頂いたと言う 次第です・・。まだ ほとんど 手を付け始めたばかりの 段階で

ご購入頂いたんですが、最初の仕様を大きく離れ、今では完全に フルオーダーRCM と 何ら

遜色のない 一台と 化しました!(笑)・・。 Y・U さ~んっ!今月 完成しますからねーっ!♪ ・・

 CIMG0492.JPG

そしてこちら! RCM-227 Z‐1も 完成間近で 御座います!・・。オーナーとなる Y・H さん、

実は Y・H さんも、クラフトマンシップの RCM Z‐1 購入をご検討されていたのですが、僅差で

売れてしまい、まだ完全に これから!と言う 企画段階のクラフト車両、RCM-227 Z‐1 を

これまた先行にて ご予約頂きました!・・。Y・H さ~んっ!こちらも今月 完成ですよ~っ!♪

 CIMG0496.JPG

若手勢も連日、ガンバっております・・。みんな 中々のタフネスぶりを 発揮してる?感じ・・。

 CIMG0497.JPG-1

中村と同なじ 40代に入った(笑)笹賀工場長!・・ブルーのZ1‐Rですが、先程の Y・Tさんの

RCM-182 ではありません。こちらは Kさん号 です・・。RCM ではない物の、重作業である

事には 変わりません・・。(笹賀あ~っ・・ 若いの育てんの、もうチョイ 手伝えやぁ~!・・(汗)。

 CIMG0498.JPG-1

と、まぁ ”サンクチュアリー本店は 今日も ♪ (その2)” でしたが、 ど~も この手のシリーズは

シャキッ!としなくて、いかんです・・(汗)。 テーマが絞れない!っつーか? ランダムな流れが

苦手って言うか?・・とにかく ハチャメチャした話しに なりがち?・・。よくよく 振り返って見れば

大事な情報を 全然 伝えておらず、書き終わって 軽~く 自己嫌悪?入ってたりして・・(苦笑)

しかもシメの写真 ・・よく見りゃ クロの” 放心顔 ” っスよっ!(笑)・・。(すんませんっ!・・(謝)

          

                         おしまい ・・      ( えぇーっ!・・(汗)

サンクチュアリー本店は 今日も ♪

皆さん こんにちは!・・。サンクチュアリー東京本店の 中村です・・。

CIMG0482.JPG

今日 6月10日は、筑波サーキットで TO T が開催されてます・・。 私達 サンクチュアリーでは

レッドイーグル店と 東京ウエスト店の チームが、それぞれ エントリーしており、チームブースも

一緒に出しております・・♪ 。それと ・・店長☆ブログにも 書いてありましたが、え~ ・・ ウチの

笹賀が 何と言いましょうか?・・ 実はライダーで 参加をしております・・(汗)。こちらはあくまで

プライベート事?なんですが、怪我もなく、一日無事で終わる事を 願っておりますわ・・(苦笑)

CIMG0475.JPG

我が TEAM、 ” サンクチュアリー 本店 RACING ” はと言えば、残念ながら 今大会も 全く

もって 関与せず・・。 今日もショールームで たたずむ、Z レーサー2号機でありました・・(静)。

 CIMG0483.JPG-1

更に その隣で たたずむ ・・ いやっ!(汗) たたずみまくってる  RCM-001・・。 (ヤバっ!)

CIMG0424.JPG-1

Zレーサー2号機が 引退して、早 4年の歳月が 流れようとしてます・・。(早いもんですねぇ・・)

そろそろ 空冷四気筒 最速クラス、”スーパー MONSTAR‐EVO” で、凄い記録が出そう?・・

ふぅ~・・ 何やら非常に 後ろ髪 引かれる 想いですが、今は着々と 進むしかありませんな・・。

いつに日か また、”ゼッケン 39” の 走りを、お見せする事が出来る様、ガンバりますよっ!・・

 CIMG0460.JPG

 と ある日の、本店工場内・・。 作業場を仕切る 納戸が 閉じております?・・。

 CIMG0461.JPG

 ギャギャギャギャギャー!・・(?)・・

 CIMG0462.JPG

 納戸を開けて見ると、そこには フレーム加工に勤しむ クロの姿が ありました・・。

 CIMG0457.JPG

大地も やってます・・。どうやら二人とも、それぞれ担当する 車両のフレーム加工を、一生懸命

進めている様で、黙々と集中しておりました・・(汗)。 毎日毎日 来る日も来る日も 坦々とした

作業を続けており、時々(よくガンバってるよなぁ・・)と、感心させられてしまう事があります・・。

私が言うのも何ですが、今現在の 本店メカニック達は、ホントに ”カスタム好き!”って言うか

とにかく 仕事熱心!・・。(中村は、こんなに一生懸命じゃ なかったから、胸が痛いわ・・(笑)。 

 CIMG0481.JPG-1

フレームも この通り、毎日 順番待ち状態!。しかもここにあるので 全部じゃありません・・(汗)

 CIMG0477.JPG-1

今年入社したばかりの 寺門メカ ・・。 先輩メカ達の 厳しいチェックを 受けております・・。

みんな 自分の作業が 忙しいのにも係わらず、結構 めんどー見が いいんですわ・・。(感心)

 CIMG0479.JPG

寺門です・・(汗)。 たぶん今現在の サンクチュアリーグループ全店で、一番年が 若い!・・。

まだ 遊びたい盛りなんでしょうけど、毎日 朝から晩まで 休む事なく 一生懸命やってます!。

CIMG0474.JPG

 顔は こんな感じですが ・・♪ 。

 

  まぁ とにかく、サンクチュアリー本店は、みんな毎日 ガンバっておりますねぇ・・。

  いずれみんな ご褒美に、レース活動を 経験させてやりたい ・・なんて 思ってます・・。

   いつの日かっ!・・ その日が来るまで  「ガンバレ 本店っ!ガンバレ ゼッケン39!」

RCM-189 17インチカタナ その9

皆さん こんにちは!。 東京本店 中村です・・。毎日作業に忙しく 追われておりますが、これも

皆さんのおかげですっ!(笑)・・。 何と 言いましょうか ・・ 長期化しがちな 重作業もの車両が

やったら多くて、ヒッチャキになってる 感じ?・・。 この RCM-189 カタナ も、ロングスパンな

工程になってしまい、パートナーメカの 畔柳も、しわ寄せで ヒーヒー言っておりますわ!(笑)。

CIMG0328.JPG

このクロこと 畔柳 ・・今から4年程前に 本店に入社致しました・・。クロは当時 まだ整備学校に

通う学生だったんですが、ある日 学校の先生から「会社見学希望の子が居るんですが・・」と

言われ、先生と一緒に本店に来た所を、そのまま 内定!と言う 極めて軽い ノリでした・・(笑)

 CIMG0407.JPG-1

あれから4年・・どさくさに紛れた様に 入社したクロも、今ではすっかり 先輩メカの 仲間入り?

 CIMG0408.JPG

 寝ぐせも みごと ・・ 先輩メカの 仲間入りです・・。

 CIMG0343.JPG

さて! RCM-189 カタナ の 方はと言うと、少しずつではありますが、着々と進んでいます。

フロントウインカーレイアウトは、散々悩んだ挙句 こんな感じに・・。アッパーカウルブラケットに

ウインカーステーのマウントを溶接し、カウルに穴を開け、そこにウインカーを取り付けました。

 CIMG0371.JPG

フロントのディスクローターは、先日 サンスターさんから 発売になったばかりの、新製品!

” RCM コンセプト PREMIUM ディスク ” をチョイス!・・。 さり気なく イケてます!・・♪ 。

 CIMG0377.JPG

リアウインカーも、フロント同様 ひとひねり加えた 取り付けにしましょう!・・。只単に そのまま

付ける事も出来るんですが、それじゃあ ”RCMクオリティー”とは 呼べないし、つまんないっ!

良~く見ると、こんなトコまで 位置や角度に こだわってる!的、付け方をいたしますよっ!・・。

 CIMG0382.JPG

ここで、外装部品が 無事ペイント工程に 旅立ったので、お次は メーター廻りを着手します・・。

今回使用するメ-ターは、スタック製を中心に それぞれ別体の インジケーター等を使用・・。

 CIMG0431.JPG

大体のレイアウトを決め、取りあえず メーターパネルを 拵えたのですが、何かイマイチ?・・・

クロも 「うぅ~・・ん・・」と 悩んでおります・・。「たぶん それじゃーダメっ!・・やり直しね~!」と

一蹴しました・・(笑)。(え? 何がダメかって?・・そりゃ~ 何だか カッコ悪いからですっ!(笑)

 CIMG0432.JPG-1

新たに 図面作成をさせました・・。今度は イイ感じです・・♪ 。 装備される インジケーター類の

配置や見易さ、また パッと見のまとまり感や カッコ良さなど、諸々の要素が 絡んで来る上で

全てを 成り立たせなければ なりませんから、簡単そうでいて 実は 難しいトコでもあります・・。

さて、この RCM-189 カタナ も だいぶ進んで来たので、完成の見通しが 見えて来ました。

このまま順調に行けば 7月前半には マシンは完成し、その後、車検&登録 → ロードテストと

言う運びに なりそうです・・♪。 (ふぅ・・)

 

オーナーになられる、Y・U さんっ!・・。 だいぶ時間かかってしまって、申し訳ないです・・(謝)

RCM-189、かなり見えて来ましたんで、もうすぐですからねっ!♪ ・・。

シリアルナンバー RCM-200 (その5)

皆さん こんにちは!・・ サンクチュアリー東京本店の 中村です・・。

CIMG0447.JPG-1

少し前に出た”BG”です・・。中を見てる方は、たぶん ピーン!と 来るんじゃないでしょうか・・

Z 生誕40周年の 特集記事の中に、第三京浜 保土ヶ谷P/Aの 写真があり、そこに載ってる

Z1‐Rのライダー ・・ 何を隠そう 実は私 中村です・・(汗)。最初、気が付かずに居たのですが

店長☆から 「懐かしいの 載ってます!」 と 聞かされ、慌ててコンビニで 確認を致しました・・。

CIMG0448.JPG

いっやぁ~・・ もう 20年も前の、在りし日の姿・・。 よ~く こんな画像 残ってたモンだわ・・(汗)

実は、ちょっとだけ 恥ずかしかったんで、ほんとはブログネタにするつもり、無かったんですが

この所、この写真の事で お客さん達が、やたらと さわって来るんで、マジ 困ってますっ!(笑)

みんな何故か? ニヤニヤして 私を見ます・・。(それっ! もぉ~ やめてもらえますっ!(涙)

「す・み・ま・せ・んっ!」 この通り ここで改めて お詫び致しますんでっ! お許しをっ! (陳謝)

 CIMG0284.JPG

ふぅ ・・  気を取り直して、作業に集中 いたしましょう!・・ シリアルナンバー RCM-200 の

フレーム 続きです・・。 リアサス取り付け部 周辺を、より車体中央寄りに マス集中させるべく

シートレールセクションの骨格を 加工中・・。精度を要求される シビアな作業です・・。

 CIMG0313.JPG

サイドカバーが収納される フレームレイアウトは、今回 こんな感じで行きます・・。ウチでは昔

この手のレイダウンを 年中やってたんですが、ここ数年はすっかり数も減り、とんと見かけなく

なってました・・。この RCM-200 では、そんな 懐かしい?手法を 再び 施しているんですが

当時と全く 同じ ってのも ツマらないので、やや現代風に 趣向を変えて トライしております・・。

 CIMG0314.JPG

アセチレンで 炙っているのは、ここの部位から レール後部を、アップ加工させるのが 狙い・・。

よく見ると ほんのチョイ、テールが上がってる?って ヤツです ♪ ・・。最近では このチョイ上げ

意外と人気で、結構やる機会も 増えたんですが、角度の上げすぎだけは 要注意!ですよ・・

 CIMG0317.JPG

ちなみに この指さしてる部分 ・・ ノーマルのアングル材を 剥がしたら、これまた要注意!・・。

かなり昔の事ですが、北海道に愛機 RCM-001 で ツーリングに行った際、荷物が重すぎた

せいか?突然 ここから ボキーっ!って折れてしまい、その後 えらい苦労した事がありました。

当時一緒に 走ってた連中は、「 旧車だかんなっ!仕方ねーぜぇっ!」 的、いわゆる 典型的な

空冷4発乗りタイプが 多かったんで、その後も 笑いながら走ってましたが、今の時代にこんな

ケースの トラブルが出たら、たぶん 大変でしょう!(笑)。あの頃とは 時代が違いますから・・。

 CIMG0319.JPG

てな訳で、シンプルで且つ 効果的な補強を 入れる事に!・・。 オーナーである 今井さんも

ロングツーリング 多いから、やっとかんとね・・。 (悲しいノウハウを 駆使しております・・(笑)。

 CIMG0321.JPG-1

溶接完了っ!出来ました ♪ ・・。 結構 頑丈になってますよ!・・。

 CIMG0325.JPG

ここでいよいよ インライン処理 開始です・・。何つっても この作業が、一番シンドい!・・(笑)。

この作業は、徹底的にキッチリした精度を 追求する割りに、加工は大胆 と言う、矛盾した一面

があります・・。手馴れたメカでも、丸一日かかってしまうので、みんなイヤがってますが・・(笑)

 

さ~て!・・この RCM-200 も、だいぶ長期戦に なりそうな予感!・・。だんだん 今井さんの

表情も 日に日に 険しく?なって来ただけに、ガンガン!進めてかないと ヤバイ!(笑)・・。

 ふ~ ・・  いろいろあって 相変わらず大変で御座います・・(苦笑)・・。

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.