Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

空冷GPz1100で RCM (その8)

皆さん こんにちは・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

日々工場で 作業をしてると、基本 肉体労働と言う事も あるせいか、体の節々が

痛くなります・・ 歳のせいじゃん~?・・ なんて声も 聞こえて来ますが・・ (^_^;)

 

も~ かれこれ、30年も メカニック生活を して来たんで、今更とは 思うんですが

少しは、ペース配分を 考えて やらんとなぁ・・ などと、考える様に なりました・・

継続こそは 真の 実力なり!の 諺通り・・  現役で力を 発揮し続けて行くのは

容易じゃ ありません・・ (楽な事ばかりで いいトコ 取り・・) なんて キャラでなく

これからも、自ら現場で 汗する・・ そんなリーダーで ありたいもんです・・ (-_-;)

 

さて、そんな汗する 毎日の中・・  急ピッチで 製作が進む、RCM-248・・

CIMG4172.JPG-2

ツバサが 手にしているのは、今回 使用する、英国 コスワース社製 ピストン・・

CIMG4175.JPG

WPC処理 工程から 上がって来ました・・    い~い質感 ですねぇ・・ (^ ^♪

何も 摺動する 部位だけでなく、燃焼室側 ピストンヘッドに 施すのも 効果あり!

高圧縮比エンジンでは、デトネーションによる ピストンブロー対策にも なります・・

CIMG4174.JPG

シリンダーライナーには、ボーリング後に パルフォスM処理を 施しました・・

WPC処理を した ピストンに、この パルフォスM処理を 施した シリンダーを

組み付けると、ホントに滑らかで スルスルと ストローク してくれるから、驚き!・・

もちろん、RCM-240 Zレーサー NEW1号機や、我が愛機 RCM-001も

この 組み合わせ!・・  機械的限界点を 高めてくれる、素晴らしい 手法です・・

CIMG4189.JPG

少しばかり コスト高に なる 表面処理ですが、ツバサは 嬉しそう・・ (^_^;)

CIMG4192.JPG-2

S山さんが、こいつを ノーマルで 乗っていた時とは、別モンに してやるっ!・・

メカニックと して、純粋に モチベーションが 上がっている様ですな・・ (・_・;)

CIMG4193.JPG

キッチり きれいに 収まりました・・  何度見ても ここは、気持ちがいい・・ (^ ^♪

CIMG4221.JPG

空冷Z 最強の このエンジン・・  今回は、排気量&圧縮比アップと 言う事からも

シリンダースタッドは 45N/mmで、締め込みます・・   熱膨張で シリンダーや

ヘッドと言った 鋳造部品が 大きく 膨らんでも、歪ませない為の 処置なんです・・

 

ここで、オーナーの S山 さんが 登場!・・

CIMG4227.JPG-3

S山 さ~んっ・・  どーっスかぁ~?・・  かなりイケてる 感じでしょ~っ!?・・

あくまで 中村流だけど、こいつの 手の入れ方は、わかってる つもりですぜっ!・・

CIMG4228.JPG-1

実は 最初に、S山 さんが 依頼して来た仕様から、だいぶ かけ離れた 仕様に

なっているんでは ないか?と、思います・・  オーナーの意向は 出来るだけ

汲み取って 行くんですが、それでも 想いが入って、のめり込んで 来てしまうと

ついつい中村は、 「こー したらっ?・・」 とか、 「あー しましょうよっ!・・」 とか

色々 提案したくなる 性癖が・・ (-_-;)   (S山さーん・・ すんませ~んっ!)

 

それでも S山さん・・ なかなか 気に入って お帰りになられた ご様子・・ (^_^;)

 

CIMG4273.JPG

バックステップは、現在 廃盤となって しまっている、懐かしの ナイトロ製・・

わずかですが、在庫で 残っていたものを 引っ張り出して来ました・・ (^ ^♪

CIMG4274.JPG-2

専用の、機械式ブレーキスイッチが 付くトコ なんかは、ありがたいです・・♪

CIMG4277.JPG

で もって 今回、いよいよ 最も しんどい造り物・・  リアフェンダーレスに 着手・・

今まで 使用していたモノでも、特に 問題ないんですが、ここまで 熱くなって来れば

やりたくなると 言うもの・・   (とことん 付き合いますぜっ・・)

 

空冷 GPz用、中村流 リアフェンダーレスっ!・・   造りますかぁぁぁーっ!!・・

 

(ふぁぁ~・・  めんどくせーぞ、こりゃ・・) (^_^;)

RCM-256 CB1100RD

こんにちは 皆さん・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

皆さん、RCM-156 CB1100RD を、憶えておられますでしょうか?・・

 

あのマシンは、RCM クラフトマンシップ として 製作され、撮影や 雑誌取材等を

終えた後に、販売・・  晴れて 現在のオーナー K さんに ご購入を頂いたもの・・

当時 RCM-156は、その 洗練されたフォルムが、結構 話題にも上がったらしく

その後も、ひっきりなしに 問い合わせが 続いていると 言う、凄い 一台でした・・

CIMG4376.JPG-1

それでも、コスト面から なかなか実現 出来ないケースが 多く、沢山の方達に

あきらめて 頂いてたんですが、実は 一台だけ、製作が 決まっておりました・・

CIMG4378.JPG

仙台在住の J・I さんから 依頼を頂いた、RCM-256・・  このマシンこそは

歴代 2台目となる CB1100Rでの、RCMなんです!・・  しかも オーナーの

J・I さんは、RCM-238 MK‐Ⅱの オーナーでもあり、今回の RCM-256は

2台目となる RCM・・   (大変 高評価 頂いてる様で、ありがたい事です・・)

 

からくも、RCM-156から 丁度、100番 後の シリアルとなった RCM-256・・

その 進行状況を、少し お見せ致しましょう・・ (^ ^♪

CIMG3879.JPG

この、赤く ダイヤモンドコーティングされた フレームは、正しく CB1100R・・

 

アッパーカウルブラケットの 取り付け マウント部は、既に 15mm程 ローダウン

加工済み・・  全体のフォルムを、より 攻撃的なものに するべく、RCM として

生まれ変わるからには、計画的に 細っかい部分にまで 拘って、造り込みます。

CIMG3883.JPG

製作担当は、畔柳を主役に 何と、中村が 助手と言う、逆転ペア!・・ (^_^;)

(ん?・・ 逆転ペア・・ 逆さまペア?・・ それとも、新陳代謝促進ペア!!・・)

(あぁ・・   こうして 世代交代は、刻一刻と 進んで行くんですねぇ・・) (-_-;)

ちなみに、クロが 作業しているのは アンダーステム・・   SCULPTURE製の

Z用 “SP” ステムKITを ベースに、ステムシャフトを 単品製作したものです。

CIMG3880.JPG

ジュラルミン A2017S材から 削り出した、ステアリングストッパーの ピース・・

CIMG4356.JPG

アルマイト処理され、こんな感じで ボルトオン!・・ なかなか便利な 構造です・・

もちろん、重要な ステアリングロック機能も、バッチリ 掛かるんで 大丈夫っ!

CIMG4346.JPG

リアフェンダーレスKITは、一般市販されている CB‐F用を 流用・・

これをベースに、いくつか 造り物を用いて、細かく 仕上げて行きます・・ (^ ^♪

CIMG4357.JPG

ステップは、ナイトロレーシング製 CB‐F用 バックステップKITを、応用・・ 

CIMG4360.JPG-1

フレームには 要所に のみ、補強が 施されております・・

シンプルで 効果的な 補強を、厳選した材料を 用いて、高い精度で 施す・・

しなやかさと 箱剛性の 両面性を追及し、辿り着いた 感覚でもあるんです。

 

CIMG4361.JPG-1

実はこの RCM-256・・  昨年 オーダーを 頂いたものなんですが、すぐに良い

ベースマシンが 見つからなかった 事もあって、だいぶ納期が 遅れております・・

具体的に スピードアップして 進んだのは、何と つい、ひと月ほど 前・・ (・_・;)

完成目標は お盆!と言う 「 む・ むりっス!!」 的 コンセプトで、只今 進行中!

 

CIMG4363.JPG

もちろん、RCM クオリティーは 犠牲にしたく ありませんので、 そこは冷静に・・

 

シリアルナンバー RCM-256 CB1100RD・・

初代 RCM-156 を凌駕する、真の “R称号” を 胸に、今正に 生誕の育み・・

何やら、かなり イカしたマシンに なりそうで、かなり 楽しみに なって来ました ♪

 

J・I さ~んっ!・・ だいぶ 遅くなっちゃいまして、ホントに すみませんです~っ!

こっから 猛攻 行っきますんで、楽しみに 待ってて下さいねーっ!・・ (^ ^♪

 

 

ちなみに 今、もう一台・・ CB1100RDでの RCM 製作依頼が、来ています・・

そちらは ちょっと、大変な一台に なりそうなんで、改めて ご紹介しましょう・・♪

RCM 沖縄へ・・ PART‐Ⅱ

こんにちは 皆さん・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

先日、当店 ☆ブログでも ご紹介されておりましたが、沖縄在住の Hさんから

オーダメイド式で 製作依頼を頂いた、RCM-265 MK‐Ⅱが、先日 無事に

納車の為、配送されました・・    Hさ~んっ!・・ 大変 お待たせしましたが

明日には、沖縄本島に 上陸すると 思いますんで、よろしくです~・・ (^ ^♪

 

そして・・  もう一台の RCM・・

CIMG4311.JPG

RCM-132 KZ1000MK‐Ⅱ・・   この車両も、沖縄に 上陸予定です・・

 

この RCM-132は、RCM クラフトマンシップ車両として、本店ホームページで

ご紹介した 一台・・  それが、沖縄在住 Y・M さんの 目に 留まったと言うもの・・

ところが、いざ ロードテストを 開始してみれば、小トラブルが ちょこちょこ 現れ

その 対策作業に追われて、予定より 一月ほど、納車が 遅れてしまいました・・

 

Y・M さ~んっ!・・    ホント、 申し訳ありませんでした~・・ (-_-;)

CIMG4294.JPG

小トラブルの ひとつ・・ メーター誤作動を 直すべく、モディファイ品が 到着・・

Y・M さんの 希望で、永井電子製の 電気式タコメーターを、加工して内蔵・・

スピードメーター側も 同様風の文字盤に、書き換えを 施しました・・

d.jpg

配線を きれいに 収束しながら、慎重に 取り付けて行きます・・

CIMG4303.JPG

大地が 横から出て来て、何やら メーターのリモートを 調整しておりました・・

タコメーターの レッドゾーン シグナルを、任意に設定 できると言う 訳ですな・・

CIMG4307.JPG

デジタルテンプメーターも 設定し、作動させます・・       (う~・・む・・)

こういうのを、ちゃっちゃか ヤル所なんかは、平成の若者っ!って感じ・・ (^_^;)

CIMG4306.JPG

まるで、スマホでも いじくるかの如く 終了です・・

CIMG4325.JPG-1

 

オイルクーラーの レイアウトも、Y・M さんからの リクエストで、こんな感じに・・

コアを 少しだけ ローダウンさせ、上から入り 上から抜ける の、配管に変更・・

クーラーコア本体の 体積を 最大限に利用する、効率的 レイアウトですね!・・

 

CIMG4312.JPG

さぁ~・・ これで全て 完了っ!・・  それでも 念の為、ロードテストは 行います・・

サンクチュアリー本店では、この ロードテストを 非常に 重要視しております・・

RCM は もちろん、 他の 一般作業車でも 必ず、念入りな ロードテストを 行って

トラブルシューティングを しているんです・・ 多い時では、200km~300km 位

走り込むなんてのも、ザラ!・・ 結構 大変な事ですが、こうして 入念なチェックを

する事で、少しでも 問題を解決させた 状態で、納車を 目指すと言う 訳なんです・・

実際 「こんなに 乗るんだっ!・・」 と、驚く人が 居たりしますけどね・・ (^_^;)

 

CIMG4326.JPG-1

さぁっ!・・  RCM-132 KZ1000MK‐Ⅱ!・・

いざ 沖縄上陸に 向け、カウントダウン!・・    もう少しで 配送ですっ!・・

 

Y・M さ~んっ!   大変 お待たせしましたが、今度こそ 行きますよーっ!・・

 

沖縄の皆さん!・・  もしも RCMを 見かけたら、私達が施してる、その 造りを

ゼヒ! 見て見て下さいね~っ!    これぞ RCMっ!と、言うのが たぶん・・

一発でわかる!・・  そんな 特別なマシンですよ~っ・・ (^ ^♪

シリアルナンバー RCM-200 (その15)

こんにちは 皆さん・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

ホントなら、毎週 火曜日は 交代の定休日にて お休みを 頂いてるんですが

今週は、別の日に休みを 振り替えた為、急遽本日 出勤をしております・・

「連休 とっちゃえば、いいじゃ~んっ!・・」 と、言った声が 聞こえて来そうですが

なかなか そーも 行かないんス・・ (-_-;)   今現在 中村が担当する 製作中の

RCM で、進行状況が 滞ってるものを、何としても 仕上げたいと 思っているので

毎日 全力投球っ!・・ 日々8時間 使い切り!・・で、奮闘しておる次第・・ (^_^;)

 

そんな訳で、しばらく ご無沙汰しちゃってた RCM-200 ターボ の、その15を

お見せ致しますっ!・・   (ちなみに・・ RCM-201も、あんだけどね・・ (-_-;)

CIMG2903.JPG

少し前の事・・  畔柳 本店工場長が、必死に ガスケットを 切り抜いておりました・・

CIMG3521.JPG

中村も、ヘッドライトのブラケットを 八割方完成・・  ジュラルミン A2017S 材から

総削り出しにて、ワンオフ致しました・・ 特徴としては、今回 採用した LEDライトに

左右の 光軸調整機能が なかった為、ブラケット側に その機能を 持たせております。

CIMG3522.JPG

畔栁 本店工場長は、造ったガスケットを 用いて 早速、タービンの取り付けに・・

「あぁ~・・」 とか 「うぅ~・・」 とか、何やら 唸り声を、出してますけど・・ (・_・;)

CIMG3523.JPG

畔栁 本店 工場長へっ・・!  大変 恐縮ですが、自分っ!・・

めんどくさいんで 今後は  “クロ!” と、敬意を込めて 省略させて頂きますっ!・・

CIMG4207.JPG

オーナーの 今井さんです・・            ・・・・・・・・・・。

 

一刻でも早く、この人に バイク 返さないと、大変な事 起こるな・・ (・_・;)

 

CIMG4284.JPG

すっ・・ 進みましょうっ!・・ (;゚Д゚)

まずは、アッパーカウルの LOWERステーを造り、先にカウルを 固定します・・

CIMG4289.JPG

今回この RCM-200 では、扱い易さを重視して ハンドルの切れ角を なるべく

確保した構造に しています・・ その為、アッパーカウルが いつもより 前に出ると

言う、デメリットも 予想済み・・  見た目を取るか、機能を取るか、難しいところ・・

中村自身、もう 30年近くも、この Z1‐Rと言う バイクに 魅せられて来ただけに

この辺の フォルムには、強い拘りがあります・・  それだけに、他のメカニック達が

やってる仕事を 見て、「も~ちょっと ココ・・ 何とか ならんもんかねー・・?」 とか

ついつい 口を出して来ました・・ 中村にとって Z1‐Rとは、特別な存在なんです・・

 

CIMG4293.JPG

すると クロ が・・・

「な~んか・・  前、出すぎじゃ ないスかぁ~・・」 などと、言い出しやがりました・・

 

・・・・・・・・・・・・・。

 

CIMG4291.JPG

(くそーっ!   実は ちょっと 気にしてた トコ、ついて来やがったーっ!・・ (゚Д゚;)

 

「もう少し 中、入らないもんスかねぇ~?・・  すごい出っ張って 見えるんスよ・・」

 

(こ・・ このやろぉ~・・っ!  工場長になってから、うるさくなりやがってぇ~!・・)

(歴代、川浪も 笹賀も、そこまで 出しゃばんなかったぞぉぉーっ!・・ (;゚Д゚)

 

 

・・・・・・・・・。

CIMG4208.JPG-1

(さ~て・・     グーで 殴っかな・・)

 

RCM-200 ターボ・・ この秋中には、何とか 完成させたいと 思っています・・

今井さんっ・・   すみませーんっ!・・ (~_~;)

 

次回より、カウル UPPERブラケット&ミラーに、入りたいと思います・・ (^ ^♪

7月21日 サンクチュアリー 本店です・・

こんにちは 皆さん・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

最近 少し涼しい おかげで、作業が サクサク進む サンクチュアリー本店・・ (^^♪

CIMG4261.JPG

それでも 重作業軍団が 一杯で、出し入れだけは ヒーヒー 言ってます・・ (-_-;)

本店は現在、中村自身も 含めて メカニック 7名体制で、取り組んでおります・・

連日 工場は フル回転ですが、作業が 途切れる事はなく、忙しさは 切れません・・

お店を ウロつき、自分で 「すんげ~ 台数だ・・」 などと 呟いたりして・・ (^_^;)

 

忙しいのは ありがたい事・・  これも 常日頃からの、皆さんの おかげです・・

今日は そんな 本店を、ウロつきながら、適当に お見せいたします・・ (^^♪

 

CIMG4259.JPG-1

RCM-166 Z‐1です・・    先日、晴れて 納車となった、RCM-266

NINJA スポーツパッケージ TYPE‐Rの オーナー、E・A さんの もう一台の

RCMです・・  最近、RCM 2台持ちの お客さんが、増えましたな・・ (^_^;)

 

CIMG4252.JPG

凛々しい 立ち姿の このNINJAは、RCM-187 スポパケ TYPE‐R!・・

T・A さんが オーナーの この RCM・・  今回 点火系を 強化された 模様・・

この段階からだと、UPグレードを 楽しんで行ける所が、良い点です・・ (^^♪

 

CIMG4250.JPG

RCM ザ・グレイテスト シリアルで、名誉ある 表紙に輝いた、RCM-186 Z‐1・・

オーナーは、埼玉県所沢市 在住の、J・N さん・・  何でも先日、東北 一気走りで

青森まで 往復して 来たとの事・・  マイRCM を、すごく 気に入っておりました・・

CIMG4251.JPG

今回は、更なる 快走感を求めつつ、軽合金ホイール化で UPグレード!・・

世界選手権 採用率 ダントツ ナンバー1の、O・Zレーシングを チョイス・・

この オレンジ リム・ステッカーは、O・Z ならでわで、もちろん 全日本チームが

使用してる リムにも、この O・Zの オレンジ トレードマークが 入っております・・

J・N さんっ・・  近く お渡し 出来そうなんで、また ご連絡しますね~っ!・・

 

CIMG4249.JPG

こちらは、沖縄県在住の Y・M さんに ご購入頂いた、RCM-132 MK‐Ⅱ・・

仕様変更も 一通り 終わり、ロードテストを していた所、例によって メーターの

誤作動を 発見!・・ (あぁ・・ メーター ダメなの、これで何台目か・・ (-_-;)

Y・M さんの ご理解を 得て、純正リビルドメーターに 戻そうと 致しましたが

今回これも UPグレードで、永井電子製を ビルトインさせる事に なりましたっ!

Y・M さんっ!・・ 只今 ガンバっておりますんで、もう少し お待ち下さいねっ・・

 

CIMG4262.JPG

製作進行中の RCM 群達・・    ここ最近の 一番人気は、何と言っても

スポーツパッケージ!・・ 特に TYPE‐Rの 勢いが、止まりません・・ (・_・;)

 

 

さて・・  今度は工場に、場所を 移してみましょう・・

 

CIMG4256.JPG

M・K さんの、RCM-257 Z‐1・・    ちょっと チラ見?・・ してみました・・

ブルー系のタイガー・・ (いいっスねえぇ~・・)  これは 初ものですっ!!・・

 

CIMG4264.JPG

大地が 取り組んでるのは、H・K さんの RCM-085 750カタナの エンジン・・

だいぶ お時間 かかってしまいましたが、どうやら 近日完成が 見えて参りました。

ずい分昔に 製作された RCM で、最近になって 更なる UPグレードを 楽しむ人が

増えた様に 思います・・  サンクチュアリー本店では、こう言った リメイクなどにも

パワフルに 対応 しておりますので、何なりと ご相談下さいねっ!・・ (^^♪

CIMG4263.JPG

一方 こちらは、同じく 大地が 作業担当している、Mさんの ZZ‐R1100D・・

このマシンは、遠く 北海道から 送られて来た車両で、今現在 至極のパーツを

納品待ち状態・・  北は 北海道・・ 南は 沖縄・・  最近は 車両の配送費が

かなり 良心的な価格で 送れる様に なり、本店では 日本全国からの 受付が

幅広く 入って来ております・・ メールでも お問い合わせを、受けておりますんで

皆さん 気軽に、ご利用下さい・・ (^^♪

 

CIMG4254.JPG

RCM-066 フォーミュラーパッケージ が登場・・  オイル交換に 来た様です・・

CIMG4266.JPG

存在感ある 066の オーナーは、2階で 店長☆と 盛り上がっておりました・・

CIMG4267.JPG

真剣に 見積もり中・・ まるで、プロジェクトに挑む 男の姿の 様です・・ (^_^;)

CIMG4268.JPG-1

こっちも、盛り上がっとりますなぁ~・・   楽しんだ者勝ち だけどねっ!・・ (^^♪

 

と、まぁ・・ こんな感じです・・     実は 他にも沢山、いろんな 人達が来て

やんや 盛り上がってたんですが、写真 撮り切れず 申し訳ありません・・ (-_-;)

 

あ~ なぜか・・ すごい 長いブログに なってしまったので、終わりに しよう・・

 

ご紹介出来なかった 製作進行中 RCM の 皆さん、いずれまた お見せしたいと

思ってますんで、お待ち下さいねっ!・・  (約束は 出来ませんが・・ (^_^;)

RCM-269 Z‐1 製作中!・・(その2)

こんにちは 皆さん・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

RCM-269 Z‐1 製作記、 前回より 引き続きにて ご紹介させて頂きます・・。

 

この RCM-269 を 製作するに あたり、中村の 助手メカとして 選ばれたのは

新米メカの 白石です・・  実はこの 白石、 まだ若干 19才と言う 若さ・・ (・_・;)

CIMG4080.JPG

てな訳で、畔柳が ベッタリ張り付き 指導中・・ サンクチュアリー本店の 伝統です・・

いやいや・・ 時の経つのは、ホントに 早いもんです・・   (歳取る わけだよ・・)

一昔前までは 今、白石が いるトコに、クロが いましたからな~・・ (^_^;)

CIMG4144.JPG-1

白石です・・ ウチの息子と、三つしか 歳が違いません・・   やばすぎっ!(-_-;)

 

さて!・・  まずは ここで、エンジン搭載を する事にっ!・・

CIMG4146.JPG-1

お決まりの パターン・・  もう一人の 新米メカ、石塚と共に エンジン移動です・・

CIMG4147.JPG

サンクチュアリー本店では、新人が率先して エンジンを載せる、伝統があります・・

かつての 弟子達も、みんなこうして 育ちました・・  だからガンバれ~・・ (^_^;)

CIMG4148.JPG-1

ふーふー 言ってる 二人を横目に、 大地が その様子を、ジーっ・・・ と 見てます。

CIMG4149.JPG

白石 「 いっ、石塚さぁ~んっ!・・ そっち、持って下さいよぉ~っ・・ (;゚Д゚) 」

石塚 「ちょ・・ ちょっと 待って下さい!・・ 何かコレ、持ちにくくって・・ (゚Д゚;) 」

大地 「・・・・・・・・・」  ジー・・っ

 

CIMG4153.JPG-1

ホレ、来た 来た 来たぁぁぁー・・っ!   教えたるわ~! みたいなっ・・ (^_^;)

CIMG4154.JPG-1

大地 「こんなん、ヘッド 載ってないんだから、簡単でしょ~・・  こーやってっ!」

白石&石塚 「はぁ~・・・・」      大地 「楽しょー 楽しょー・・ ♪ 」

CIMG4155.JPG-1

大地 「あ いててててて~っ!!・・」

白石&石塚 「だ、大丈夫っスか? 大地さん・・ (・_・;) 」

CIMG4157.JPG-1

ツバサ 「おい、大地ぃ~・・ おめー 大丈夫なのかよ~・・ (・_・;) 」

大地 「だいじょぶ!だいじょぶ!・・ つか 白石、そっち 持ち上げすぎだって・・」

石塚 「あううぅ~っ・・ (◎_◎;) 」

 

はーい!・・ どーでも いーけど、そんなに 楽しーんなら、笑って 笑ってぇー!・・

 

CIMG4158.JPG

じ ・自分ら・・ (はぁ~ はぁ~) さ・サイコーに、 た・ 楽しいっスぅぅー・・っ!!

 

中村 「よかったな~ お前達・・  ホント、 楽しそうだよね~・・」 (^^♪

 

 

CIMG4159.JPG

やめた やめた・・      仕事しよっ・・

 

RCM-269 Z‐1・・   順調に 進行中です・・ (^^♪

 

RCM-269 Z‐1 製作中!・・

皆さん こんにちは・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

今回 ひさびさに、Z‐1の RCMを 製作担当する事と なりましたので、ご紹介を

させて頂きます・・。 ここ数年で 角Z・・ 特に MK‐Ⅱと Z1‐Rは、すごく玉数が

減ったため、ひどい状態の車両が 増える一方・・  しかも値段が べっらぼーに

高くなってしまい、も~ 手に 追えません・・ (-_-;)  いやな時代に なりました・・

丸Zとて、同じ・・  ホント、えっ!(・_・;)? って 言うくらい、高くなりましたわ・・

 

これから 空冷Zを 購入するとなると、結構 高い 買い物になるのは、否めぬ事・・

 

海外の 空冷Z車両が 枯渇しつつありますが、RCMを これまで同様、出来る限り

供給するべく、日々 努力奮闘して 参りますので、どーぞ よろしく お願いしますっ!

 

CIMG4106.JPG

さて・・   先日届いた この、でかい箱・・

CIMG4108.JPG

西村コーティングさんから ダイヤモンドコートされ、戻って来た フレームです・・

CIMG4109.JPG

フレーム補強は ご存じ、サンクチュアリー オリジナルの、ステージ‐Ⅱ!・・

靭性と 溶接性に優れた、おなじみ STKM13C 材を 用いて、施しました・・。

補強の模様を はぶいたのは、これまでさんざ やり尽したと言う面も ありますが

思いっきし、写真 撮り忘れたと 言うのが、真実です!・・ (^_^;)

CIMG4111.JPG

スイングアームの、ピボット寸法を 確認・・  基本、ボルトオン構造の 部分ですが

フレーム 一つ一つの 個体差に合わせて、ピボットフィッティングを 微調整します・・

コンマ単位の 差異ですが、せっかくの RCM ですので、キッチリ詰めた 精度に

拘って 進めて行くんです・・   (だから 時間・・ かかるんスよ~・・ (-_-;)

CIMG4112.JPG

リアサスは、コストパフォーマンスに 優れた、OHLINS レジェンドツイン・・

CIMG4115.JPG

まずは、リア廻りを 組み立てて、マシンをしっかり 固定させます・・

CIMG4116.JPG

アタッチメントは φ20用の コマ・・  チェーン引きと、エンデュランスTYPEの

レーシングスタンドフックを 取り付け、これでリアに スタンドを 掛けられます・・

CIMG4120.JPG

後ろが 安定した所で、“魂入れ”!・・  シリアルプレートの 取り付けです・・

 

現在、海外から頂いている RCMも 含め、この シリアルプレートは 世界共通・・

おっと・・ 海外の話は また今度、 きちんと ご紹介させて 頂きますね・・ (^^♪

 

CIMG4121.JPG

まずは 第一段階・・      らしくなって 来ましたでしょ!?・・ (^_^;)

ベース車両の 分解に始まり、フレーム単体での レーザー測定 ・ストレッチ

そこから、フレーム補強 ステージ‐Ⅱ、ワイドスパン・レイダウン加工、 そして

ドライブチェーンライン 108mm 対応 インライン処理 工程を 施し、最後に

ダイヤモンドコーティング・・    長い道のりを 経て、 ここに 至りました・・

 

そしてっ!・・

CIMG4123.JPG

ここで、 倒立エクスモード!・・      真打の登場です・・

 

はい・・ サンクチュアリー本店 フェイスブックで、大地が さわってたヤツ・・ (-_-;)

 

実はこの RCM-269 Z‐1は、オーナー様からの リクエストで、現在進行中の

OHLINS 倒立フォーク FG424 を、取り付ける 予定に なっておりました・・

まだ、ラインナップされた 訳ではないんですが、NEWパーツ 装着 1号車として

この RCM-269 に、取り付ける事と なりました・・

 

さて・・ この、倒立エクスモード・・   各パーツにおける 寸法的な 問題点や

機能性など、いろいろ慎重に 検討しなければならない 点が、沢山あります・・

ルックスだって 重要だしね・・  見てよし! 乗ってよし!・・ を、目指します・・

 

どうぞ、乞う ご期待下さいっ・・ (^^♪     たぶん・・ その2に 続きます・・

 

空冷GPz1100で RCM (その7)

こんにちは 皆さん・・   サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

猛暑っスねぇ~・・    これじゃ 空冷マシンは、たまったもんじゃ ないですな・・

こう暑いと、人間も 熱ダレして来ます・・ (^_^;)   マンパワーが 頭打ちギミで

仕事に支障、きたしまくりですわ・・  中村は、これまで培ってきた キャリアに加え

段取りを うまくやる事で、ギリギリ 流れを切らさず 乗り越えておりますが、それでも

BIBLE-6 だけは、別っ!・・   これだけは、そびえ立つ 高~い 壁!って感じ・・

大変きびしい 時間との 戦いとなっており、見も 心も 軽~く パンク気味です・・

 

CIMG3874.JPG

それでも やらにゃ~ ならん事は、やりますよぉっ!・・ (◎_◎;)

この 空冷GPz1100 RCM-248 も、だいぶ先が 見えて参りましたしねっ!・・

CIMG3903.JPG

恒例の ハンドルバー加工・・ ネジ穴を切った、アルミの凸型スリーブを 削り出し

軽圧入で挿入・・   この時の 注意点としては、ビシビシの圧入に しない事・・

きつい圧入に してしまうと、ハンドルバーが 膨らんでしまい スロットルの動きに

悪影響が 出たりします・・     ホント・・ 意外にシビアな ものなんですよねぇ・・

CIMG3904.JPG

数か所の 点付けでも 問題ないと 思いますが、何となく性分で 、毎回 全周溶接を

してしまいます・・ (-_-;)  SSイトウの アキオくんにも、笑われました・・ (^_^;)

CIMG4096.JPG-1

今回は より 振動対策となる様、GSX-R1100用の 純正バーエンドを 流用!・・

 

流用・・  流用って 言えば・・    そーいえば 最近、メッキリ 減りました・・

昔は、こんなんばっか だったけどねぇ~・・ 時代は 変わったもんですな・・ (^^♪

CIMG4101.JPG

サンクチュアリー リアライズ店から、オイルクーラーコアが 送られて来ました・・

もともとの コアが だいぶ 汚れていたのと、色をブラックに 変えたかった 事から

ガンコートする事に しました・・ 非常に きれいに 仕上がっております・・ (^^♪

CIMG4103.JPG

古い塗装を 落とし、新たに ガンコートするのですが、ガンコートは、塗装皮膜が

薄い特性の 為、この手のコアでは 放熱性が良くなる!と言う、優れものです・・

同じ寸法 同じ油質で、放熱性が良くなるなら、こんないい話 ないです・・ (^^♪

 

この夏 本店メカ 全員、ガンコートすっかなっ!・・  (特に 大地あたり・・ (^_^;)

 

CIMG4105.JPG

ナイトロレーシング製の 天吊り フェンダーは、FRPの レーシングTYPE・・

クランプ&ブレースは、オールブラックにて 統一・・ シブ目路線で 決めてます・・

CIMG4089.JPG

一方 こちらは、90年代の レーサーレプリカ車両に 使用されていた、メーターAssy

RCM-248 には このメーターを、リビルド&オーバーホールして 装着します・・

CIMG4090.JPG

とーぜん・・    ここで トップブリッジ なんかには、付けたりしませんよっ!・・

ステアリングの 重量モーメントを 軽減するべく、アッパーカウルブラケットに 直接

ステーを溶接して、メーター固定を 致します・・  とにかく GPz1100特有の あの

ノーマルの “重ったるさ” を、劇的に 解消するには、あそこで・・ ここでと、色んな

要素を 重ねて行くしか ないですから、こういうトコを 絶対軽視 いたしませんっ!・・

 

CIMG4091.JPG

そんな訳で・・     (ステー ステェ っと・・)

 

S山 さ~んっ!・・   ここ最近は 結構 いいペースで、進んでおりますよ~っ・・

ぼちぼち、外装の カラーリング決め、やりませんかぁ~っ?・・

あっ!・・ あと、 左右マスターねっ ♪ ・・

時間 作れる様なら、近く ご来店、どーすかっ?・・   無理なら、メールでも・・

また ご連絡、お待ちしております です・・♪

 

「 つか、  ツバサ・・   手伝えやぁぁぁ~っ!・・ (;゚Д゚) 」 ・・

今年最大の 大仕事! BIBLE‐6 ・・ (その3)

皆さん こんにちは・・ サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

ちょっと ご無沙汰 しちゃってました・・  いやぁ~ なかなか時間が 作れなくて・・

さすがに そろそろ 更新しとかんとなぁ・・ と 思い、無理やり 書いてます・・ (-_-;)

CIMG4087.JPG

いよいよ 梅雨明け・・    今年は、少し早い 夏本番って、感じがしますな・・

それにしても 暑い!・・  も~ 仕事してる 場合じゃ、ないんじゃ?・・ (^_^;)

CIMG4082.JPG

朝、バイクを出し終え ドッと 出る、汗っ!・・    (エアーガン、解禁っ!・・)

中村は 創業以来、 ず~・・っと この調子で、来ました・・    正直 キツいス・・

ウチの店長 ☆あたりに 言わせりゃ 「社長は 出さなくて イイんスよ~!・・」 と

言った所 なんでしょうけど・・  創業者は、得てして こんなモンです・・ (^_^;)

CIMG4088.JPG

控える RCM 重車輛軍団・・   作業と納車の 繰り返しっ!・・

( フッ・・  沢山 ある・・ (-_-;)     今年の この忙しさは、ちょっと異常?・・

工場は毎日、戦場・・  中村も ほとんど、只の従業員化 しております・・ (・_・;)

 

そして こちらも・・

CIMG4064.JPG-1

BIBLE-6 製作委員会・・ しょっちゅー ミーティング、やってますな・・ (^_^;)

この秋 発行予定の、BIBLE-6・・  かなり 気合いの入った 内容になりそう・・

CIMG4066.JPG

この方も、製作委員会サイドの 人間・・   いつも お疲れ様で ございます・・

新製品 目白押しの中、これからの 3か月間、すんげー迷惑 かけますんでっ!・・

CIMG4070.JPG

自社製品業務の 連中と、工場の メンバー達は、常日頃から 交わった仕事を

しないだけに、この “ BIBLE ” だけは、唯一のコラボと、言えたりするのかも・・

いずれにせよ、スタッフ全員が 同じ方向を 見ているのは、大変良い事っ!・・

中村は 昔っから、こういう協調性を 結構、重んじており、スタッフ 一人 ひとりの

行動や 考え方など、こういう時 どっちなのか、ハッキリ 見えるから、面白い!・・

 

一方、 激戦と化す 工場では・・

CIMG4072.JPG

早速、共同作業が 進行中・・      記念すべき ZRX、RCM-272 の

マフラーステー サンプルが 出来上がったので、装着確認を しております・・

CIMG4074.JPG-1

・・・・・・    何か・・  まぁまぁ なんだけどさ・・     ふぅ ・・ (-_-;)

 

この、ウエルドクラフト 3D チタンマフラー は、ほんの少しの 違和感だけでも

全体の ディテールを、大なし!に しちゃうので、絶対 妥協は 致しませんっ!・・

たぶん、他の 若手メカ達なら 「いいじゃないっスか・・」 で、終わるんでしょうけど

中村は、許せませーんっっっ!・・ (゚Д゚;)

 

5mmほど 変更し、もう一回 作り直します・・ (-_-;)

 

CIMG4075.JPG

ステップの サンプルパーツも、取り付けてみましょう・・

CIMG4076.JPG

くっ! くぅぅ~・・・・っ!   な・な・・ 納得、 できねぇぇぇーっ!!・・ (◎_◎;)

 

サンプルで 装着確認、しといて良かった・・  これは、大幅な変更が 必要です・・

(UPマフラー!って 言ったら、ちゅーとハンパなのは ダメだろよっ!・・)  しかも

(フレームとの すき間が ある位なら、そんなマフラー、付けんのも イヤだぁーっ!・・)

などと、心の中で自分に 怒りを 立てて行き、気に入ったモノを 造るのです・・

 

そして・・

CIMG4081.JPG-1

こちらも 到着!・・       アルカディア 高野さんからの、贈り物・・ (^^♪

CIMG4085.JPG

倒立エクスモードも、順調?・・ に 進んでます・・

この最初の製品は、Tくんの RCM-269 Z-1 に、実際に 取り付ける分です・・

ステアリングの 重量慣性や 切れ角、見た目のルックス等、すんごく 悩みました・・

でも、今回の このパッケージでは、実用性を 一番の 優先順位に、造ってます・・

 

あぁ・・ 中村も、自分の RCM-001 に、これ 組みたかったかも・・ (-_-;)

 

それにしても、BIBLE-6 って・・  ホントに 出来るんでしょうか?・・

何か・・ てんこ盛りすぎて、かなり不安!・・    マジで 大丈夫かな~・・

BIBLE-6 が、幻の 発行となったら、ごめんなさい・・ (^_^;)

 

 

7月1日 サンクチュアリー 本店です・・

こんにちは 皆さん・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

昨日 日曜日は 筑波サーキットで、全日本ロードレース選手権が、開催されました

CIMG3924.JPG

恒例の T・O ・T デモンストレーションランに、NEW1号機も、お呼ばれして 頂き

無事、何事もなく 終了した様・・  と、まぁ・・ 何か 他人事の様な、話し方なのは

実は昨日 中村は、お店で仕事に 勤しんでいたから なんですけどね・・ (^_^;)

デモランも 無事 終了しましたんで、これから エンジンを、開けられます・・

あと 15馬力のせ!・・ を 目標に、また 挑戦の日々が、近く 始まる事でしょう・・

39の挑戦 再び・・ セカンドシーズンに、乞う ご期待下さいね!・・

 

さて・・   本日 7月1日の、サンクチュアリー本店・・

CIMG3930.JPG

んっ!?・・・    ふと 何気に Kさんの RCM-232 に、目を凝らすと・・

CIMG3926.JPG

す・す・す・す・すっ・・    すげぇー・・っ!・・ (・_・;)

CIMG3929.JPG

こーいうのも、あるんだ?・・  知らなかったんで、思わず ビックリ・・ (◎_◎;)

みんな、RCM シリアルプレートの 付け方に、工夫を 凝らしてるんですねぇ・・

 

 

変わって、こちらは 大地・・

CIMG3921.JPG

何か・・ 最近、 北海道の お客さん M氏と、年中連絡 取り合っております・・

現在 新たな製品、OHLINS 倒立 エクスモード・パッケージを、急ピッチにて

開発してるんですが、それに一枚 加わって、オリジナル物を 同時進行中?・・

大地は 今、メチャメチャ 大掛かりな 作業を、抱えておりますわ~・・ (^_^;)

 

CIMG3889.JPG-1

これは、面白いので 思わず 撮った、写真・・

エレベーターで、ホイールと一緒に 降臨した、クロ・・  まだ 覚醒せず・・ ^^;

聞けば、この台数分の RCMを 担当してるらしく、一気に 組み込むとの事・・

すげっ!・・     つか、 恐ぇーよっ!・・ (・ ・;)

 

CIMG3932.JPG

一方 こちらは 石塚メカ・・  懐かしい RCM-037 の、車検整備中です・・

10年近くも 前に 製作された RCMが、今も元気に 走ってるのは うれしい限り!

今や全国に 延べ260台を 超える事になった RCMの オーナーさん方達へ・・

RCMは ホントに 良く 出来てますんで、大事に 乗って下さいねっ・・ (^^♪

 

CIMG3935.JPG

江口です・・  RCM-267 MK-Ⅱの クランクケースを、加工しておりました・・

この RCM-267 KZ1000MK-Ⅱは、RCM クラフトマンシップ 車両として

現在製作が 進行中の車両・・ 中村も、製作に 大きく携わっている 一台です・・

CIMG3937.JPG

前々から その傾向は あったんですが、ホント、MK-Ⅱ・・ 少なくなりました・・

この RCM-267は、クラフト車と しては 少し高めの ¥348万円 (税別)で

販売する予定・・   とにかく、どんどん MK-Ⅱが 買えなくなって 来てるんで

マジメに 困ってますわ・・  そんな訳で、どーか ご容赦 頂ければ・・ (-_-;)

 

 

二階が 騒々しいな~・・    なんて、思ったら・・

CIMG3939.JPG

何か・・    大地が、ヒデを 巻き込んで、えっらい 騒いでました・・ (・_・;)

二人して 廃盤に なってしまった、OHLINS 倒立フォークを、探しまくってます・・

聞き耳を 立ててたら、北海道 M氏の マシンに、使用したい パーツな様・・?

ガンバれぇ~・・ ('◇')ゞ 

 

最後に・・

CIMG3893.JPG-1

現在、中村&助手 白石コンビで 製作中の、RCM-269 Z-1の T氏へ!・・

コレですっ!・・   これが、ヴォスナー製 鍛造ピストン ですよ~・・っ!!

本日、シリンダーボーリング工程に 入りましたんで、お楽しみに~っ!・・ (^^♪

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.