Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

ZRX DAEG PROJECT (PART‐4)

DAEG RCM Project (Part 4)

 

こんにちは 皆さん・・ サンクチュアリー本店の 中村です・・

Hi, everyone! Nakamura here,

the president of AC Sanctuary, posting from the Tokyo Head Office…

 

CIMG5814.JPG

 

DAEG RCM化 計画(その4)ですが、ここに来て 工場の作業が 非常に忙しく

なかなかDAEGに 集中する事が 出来てません・・

微妙な進行遅れを 感じつつ、何とかせねば!と 奮起しております

 

This is supposed to be the 4th entry of DAEG RCM project,

but recent progress has been sluggish due to other works we are

currently engaged in… Being aware of our delay,

we are trying our best to catch up with our initial timeline.

 

CIMG5734.JPG

 

あれもこれも・・と 欲張っても、うまく 行かないでしょうから、とにかくは

スイングアームを、完成させる事にしました

But trying to take everything we can lay our hands on would not do

any good. Therefore, we started from completing the swing arms.

 

CIMG5735.JPG

 

この DAEGでは、スイングアームの下側に 補強用の スタビ材を 追加する事に

決めていました。 外装のパーツ類が ボリュームある デザインなので、スタビ材も

存在感ある物に したいと思います

For this DAEG, we have decided to add stabilizing material under

the swing arms for reinforcement.

As the exterior parts boast a quite voluminous appearance,

we want to use something stout as the stabilizer that matches the design.

 

CIMG5736.JPG

 

そんな訳で、プレスで押し出し成形した おなじみ、ガセット材を用いた TYPEに・・

We settled for the popular gusset type extruded and molded

with the press.

 

CIMG5738.JPG

 

専用の型に アルミプレートを 置いて、油圧プレスで 押して行きます

We use an original mold, on which we lay an aluminum plate and press

it out with the oil hydraulic press.

 

CIMG5744.JPG

 

押し切って 変形した アルミプレート材を抜けば、ガセット材の 出来上がり・・

We just need to press out completely and remove the shaped plate

material to get a finished gusset.

 

CIMG5747.JPG

 

続いて、軽量化と強度アップを 兼ねた めくり穴加工、バーリングを 施しましょう

Next step is barring, or hole punching and turning-up process,

which makes the material lighter and stronger.

 

CIMG5748.JPG

 

CIMG5750.JPG

 

まずは下穴を開け、そこへ専用の めくり型をあてて、プレスで 押して行きます

First, we punch holes, then we apply an original turn-up mold

against the hole and use the press to raise the edge of the holes.

 

CIMG5752.JPG

 

開けた穴を 全て めくり上げたら、ガセット材を 向かい合わせで 溶接して行きます

When all holes are “turned up”, the gussets are then welded together,

face to face.

 

CIMG5755.JPG

 

まずは、ブラケット部分の 完成ですっ! この後は アルミの曲げ角パイプを 用いて

このブラケットと 共に スイングアーム本体側に 溶接するのですが、その模様は

また次回、お見せいたしますね・・

The bracket part is now complete!

The next step is to weld the bracket and the aluminum bend angle pipe

to the swing arms on the main body side,

which I hope can show you next time.

 

CIMG5757.JPG

 

サンクチュアリー本店で 始まった この DAEG RCM 計画・・

Mr.Denisonさん、見てらっしゃいますか~? 少し進行が 遅れ気味ですが

ガンバりますんで 楽しみにしていて下さいね~♪

DAEG RCM Project team is hailing to you from here at Sanctuary head office,

Mr. Denison!Although we are experiencing a slight delay in our project,

we are doing our best to bring the excitement you are exactly looking for!

 

 

To Be Continued

 

RCM-277 & RCM-279

皆さん こんにちは・・  サンクチュアリー本店の 中村です・・

何か・・  少し ご無沙汰しちゃってまして、すみませんでした・・ <(_ _)>

 

BIBLE-6 に だいぶ時間を 費やし、工場業務が 滞って ドタバタ・・ (-_-;)

中村が、メカ担当する RCMオーナーの 皆さん・・  ホント、申し訳ないです・・

毎日毎日、その日 一日の内容が、やったら濃くって・・ (◎_◎;)

ようやく BIBLE-6も 終了しましたんで、これから 飛ばしますよ~っ!・・

 

さて・・ 最近 出来上がったばかりの RCMを 2台、ご紹介 致しましょう・・

 

_TOG1415.JPG

 

三重県在住の T・S さんが オーナーの、RCM-277

元々 RCM クラフトマンシップとして、製作を スタートさせた ばかりの時に

T・S さんから 先行にて、ご予約を頂きました・・

まだフレームと エンジンしか、出来上がってない 状態での ご予約だったんで

その後は もう、やりたい放題!・・ (-_-;)

 

_TOG1448.JPG

 

T・S さん こだわりの、NITRO RACING ウェルドクラフト 3DチタンEX・・

曲げパイプでは どうしても難しい、エキパイ真円形状を 実現できるのが 利点!

Zレーサー1号機でも 使ってますが、バンク角・ロードクリアランス 共に良好!

T・S さん・・  ど~しても コレに こだわりましたよねぇ・・ (^_^;)

 

_TOG1501.JPG

 

メーターは もちろん、左右共に 純正品を フルリビルドしたものです・・

画像では まだ、走行距離が 0kmに なってますが、今現在は ロードテストが

順調に進み、既に 100km以上を 指してます・・  担当メカの、大地 いわく

200km 近くまで、しっかり テスト走行を しますよ!・・  との事でした・・

 

_TOG1520.JPG

 

T・S さーんっ!・・     RCMー277・・  どうですかぁ~っ!?・・

前後輪の 荷重配分から成る 車体シルエットも、非常に バランスが良さそう ♪

立ち姿が とても カッコいいですねぇ・・ (^ ^♪

来週は いよいよ、納車の段取り・・     T・S さんっ、 お楽しみに~!・・

 

 

そして、もう一台・・

_TOG1323.JPG

メーカーイメージ色の 強い カラーリングに、RCMの タンクステッカー・・

こちらも、Z-1ベース・・    RCM-279 ですっ!・・

 

_TOG1316.JPG

担当は、先程の RCM-277を 手掛けた 大地と、助手メカ 白石のコンビ・・

デイトナから リリースされている、RCMコンセプト COZYシートの フォルムが

いかにも RCMしてますが、サイドカバーエンブレム、何故 Z-Ⅱ?・・ (・_・;)

 

_TOG1370.JPG

 

オーナーは 東京都在住の、M・F さんです・・

実はこの RCM-279も、RCM クラフトマンシップと して、製作 始めた所を

先程の T・S さん 同様、大変 気に入られて、先行予約を 頂いた次第・・

要するに、まだ 始まったばかりなのに、売れたっつー 話し・・ (-_-;)

そして、その後は 当然・・  ものの見事に やりたい放題!・・ \(-o-)/

いやぁ~ それにしても、M・F さん・・  来店される度に、ニヤニヤニヤニヤ・・

あんなに奥さん 放ったらかしてて、い~んスかぁぁぁーっ!?・・ (^_^;)

自分ら 毎回、ドキドキっスよ・・ (大地なんて、冷や汗 かいてましたから・・)

 

_TOG1528.JPG

M・F さんも、大事にしてた ゼファー1100から、ついに憧れの Zに 乗り換えて

さぞかし 嬉しい事でしょう・・ もぉ~ ガマン出来ない 位、いい顔 しますよね・・

RCM-279  こちらは、12月上旬 ~ 中旬に かけて、納車となります・・

 

2台の、RCM Z-1・・  オーナーの元で、元気に 走ってもらいたいですね・・

 

T・S さ~ん M・F さ~ん・・  この年末年始は、RCM Z を 堪能しすぎて

お正月、ご家族 ほったらかしに しない様に、お願いしますよ~っ!・・

でないと こっちに・・  被害、 来ますからぁぁぁーっ!・・

台湾へ! RCM-275 Z‐1 (PART‐7)

前進台灣!RCM-273 Z-1 (PART-1)

To Taiwan! RCM-273 Z-1 (Part 7)

 

皆さん こんにちは!・・ サンクチュアリー本店 の中村です。

 

大家好!我是SANCTUARY總公司的代表取締役社長中村。

在與往常一樣持續炎熱的夏天裡,與海外的郵件來往正頻繁地進行。

 

Hello, everyone! This is Hiroyuki Nakamura, the president of Sanctuary.

We have been busy interacting with our overseas customers by

email during this summer, which has been extremely hot. 

 

CIMG4994.JPG

 

台湾 CHMOTOさんより オーダー頂いた、RCM-275 Z‐1    先日・・

エンジン鋳造部品が、ダイヤモンド・エンジニアリング(内燃機加工屋さん)から

納品されて来ました。エンジン部門は、もう一人の メカニック、畔柳が 担当します。

 

由台灣的CHMOTO訂購的RCM-275 Z‐1・・

前幾天,鑽石工程株式會社(內燃機加工公司)送來了引擎的鑄造零件。

引擎部門,是由另外一個機械師,畔柳(Kuroyanagi)負責。

 

For the RCM-275 Z-1 that was ordered by CHMOTO of Taiwan,

we have received the die-casted engine parts from Diamond Engineering

(an engine manufacturer) the other day. Another mechanic, Kuroyanagi

will be in charge of the engine.

 

CIMG5006.JPG

 

CIMG5004.JPG

 

エンジンは分解後、私達サンクチュアリーのグループである リアライズ店にて、

ガンコート塗装を施したもの。また同時に、内部をウエットブラスト処理しており、

内外共に 大変美しく仕上がってます。

 

引擎分解後,在我們SANCTUARY的夥伴店Realize店,進行Gunkote塗飾。

同時,內部經過了濕式噴砂處理,裡外都加工得非常漂亮。

 

We, Sancturary, had disassembled the engine once, and gun-coated

it at our Realize shop. At the same time, we had wet-blast treated

the interior, so both exterior and interior are beautifully finished. 

 

CIMG4998.JPG

 

このRCM-275には、クランクシャフトも ご覧の通り、特別の逸品を 奢る事に!

相信已經看過RCM-275的曲軸了,成為了獨一無二的傑作。

Take a look at this crankshaft. This RCM-275 will be mounted

with an impeccable part!

 

CIMG5001.JPG

 

CIMG5007.JPG

 

アッパーケースに クランクシャフトをセットし、いよいよ エンジン組み立て スタート!

在曲軸箱裏安裝好曲軸後,馬上就要開始組裝引擎了。

We mount the crankshaft in the upper crankcase, and now,

we are off to build the engine! 

 

CIMG5047.JPG

 

一方、中村は フロントフォークを取り付けておりました。

OHLINSφ43 正立型フロントフォークです。

另外,中村負責安裝前叉。是OHLINSφ43 的正立型前叉。

Meanwhile, Nakamura was mounting the front fork.

It is OHLINSφ43 upright front fork.

 

CIMG5049.JPG

 

ホイールは おなじみ イタリア O・Z レーシング製の、アルミ鍛造ホイール ”PIEGA”

輪圈是大家所熟知的義大利O・Z Racing製造的、鋁鍛造輪圈 ”PIEGA”

As for the wheels, the old faithfuls,

Intalian O.Z Racing’s wrought aluminum alloy wheels, “PIEGA”.

 

CIMG5052.JPG

 

そして フロントディスクローター・・    これは、日本の SUNSTAR社が

RCM専用に 生産してくれた、RCMコンセプト PREMIUM ディスクローター です。

ここまで使用している 部品の仕様や色等は ほとんど CHMOTOさんから リクエストを

頂いたメニュー・・  オーダーメイド ならでは ですねっ!

 

然後是前方迫力碟・・

這是日本的SUNSTAR公司專門為RCM生產的,RCM概念PREMIUM迫力碟。

目前使用的零件的規格和顏色等幾乎都是CHMOTO所要求的・・

這就是量身定做的魅力吧!

 

And for the front disc rotor, we use the RCM Concept Premium Disc Rotor,

especially made for RCM by Sunstar Inc. of Japan. Most of these parts,

specifications, and colors are exactly as ordered by CHMOTO.

It’s got to be a custom made! 

 

CIMG5660.JPG

 

CIMG5639.JPG

 

取りあえずは ここまで、順調なペースで 進んでおります。

陳さ~んっ! カレンさ~んっ!  車両は 11月後半には、ある程度 完成形に

なるかと 思いますよ~っ!  次回また、お楽しみに して下さいね~っ!

 

大概就是這些了,目前進展也非常的順利。

陳先生! Karen小姐!  大概在11月的後半段,車子也差不多要完成了喲。

也請繼續期待下一次哦!

 

So far, so good!

Chin-san, Karen-san, we are expecting to have the vehicle pretty much

completed by the latter half of November!

Please look forward to our next report!  

 

To Be Continued

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近の 本店工場です・・

こんにちは 皆さん  サンクチュアリー本店の 中村です・・

CIMG5670.JPG

T・O ・T も 終わり、 予想通りの 激務が始まった、サンクチュアリー本店・・

いやぁぁ・・・  来年4月からの 消費税アップ からみでしょうか・・

最近  やったらと、大掛かりな作業依頼が 増えました・・ ???・・

ありがたいんスけど・・  来年3月までに、全部終るか 心配です・・ (-_-;)

 

CIMG5657.JPG

 

こちらも 駆け込み需要?・・    先日、RCM クラフトマンシップと して

HPに出したら、3日で 売れてしまった、RCM-279 Z‐1!・・ (^_^;)

完成までリーチ・・ と 言う事で、オーナーの M・F さんが 見に来られました・・

 

CIMG5658.JPG

 

フレームが 出来上がり、足回りを 組み始めた所で、ご購入されたので

その他は、もうほとんど オーダーメイドの やり放題・・ \(-o-)/ ・・ (涙)

 

CIMG5656.JPG

 

エ・・ M・F さん・・   いや・・ はやる気持ちは、 わかるんスけどね・・

わかったから、も~ちょっと 待って下さいっ てっ!・・ (^_^;)

 

CIMG5661.JPG

一方、こちらは 加工場・・       (左)佐々木  (右)ツバサです・・

何を しているのか?と、言うと・・

 

CIMG5662.JPG

 

ベルトサンダーの、とり合いでした・・ (-_-;)

やる事が多すぎて、カツコつける 余裕が 全く なくなってる様です・・

 

CIMG5667.JPG

 

・・・・・・・・・・・。

 

CIMG5666.JPG

 

ネコが ケンカ してる様にしか、見えねぇよ・・ (^_^;)

 

CIMG5669.JPG

 

そしてっ!  こちらも 完成目前の RCM-277 Z‐1・・

オーナーは 三重県在住の T・S さまですっ!・・     この RCM-277 も

実は クラフトマンシップ車両と して、スタート したんですが、 アッ!と 言う間に

フル・オーダーメイドと 化しました・・ (^_^;)

 

CIMG5678.JPG

 

既に車両は ほぼ 完成しており、後は 念入りなロードテストを 残すのみ・・

T・S さ~んっ!・・  いよいよ 納車、カウントダウンですよぉーっ!・・ (^ ^♪

 

ちなみに カタナ F/Eの、H・Y さん、  CB1100R 岡山県の、N・T さん

どこかで 車両の進行状況 お見せしますんで、もう少し お待ち下さいね~っ!

 

CIMG5663.JPG

 

ところで、中村は・・ と 言うと・・

コツコツ、オイルパンを 溶接中・・  合間をぬって、RCMの ご相談と お見積り・・

更に 間隙をぬって、現在 製作担当中の RCMを、作業すると言う 状況・・

で・・ お茶 兼ねながら、BIBLE-6 の 内容チェツク、 やっとります・・ (◎_◎;)

 

むぅぅ~・・ RCM-001・・   (自分のが 出来ません・・)

 

あぁ・・   しかも こりゃあ、“スリー” どころじゃ~ ないぞ・・ (-_-;)

 

 

オランダから!CB1100R Part‐1

オランダから!CB1100R Part‐1

From the Netherlands! CB1100R Part-1

DS_13_08_2013IMG__8524.jpg

 

皆さん こんにちは!  サンクチュアリー本店の 中村です・・

少し前の事・・  海外から、ある画像が 届いていました。

Hello, everyone! I am Nakamura,

a president and a representative director at the central office of Sanctuary.

A little while ago・・I got a photo from abroad.

 

DS_13_08_2013IMG__8577.jpg

 

スタジオで、きれいに 撮影された 名車 CB1100R・・

It was a photo of the great motorbike, CB1100R taken beautifully

at a studio・・

 

DS_13_08_2013IMG__8567.jpg

 

実は この画像・・  オランダの CMS さんと言う、オートバイ関連の 会社から

送られて来た 画像なんです。  何故、画像が 送られて来たかと 言うと、

この CB1100Rを RCM化 するべく、依頼を頂いた 為でした・・

To tell the truth, it was・・

sent by the motorbike-related company, CMS in the Netherlands.

They did so to ask me to customize this CB1100R as RCM・・

 

IMG_4086.jpg

この画像は、現地 オランダにて、出港前準備の 積み込みシーン・・

This photo shows the shipping scene for preparation before

sailing out in the Netherlands・・

IMG_4095.jpg

この後 1か月以上もの 永い時間、船上に 置かれますので、しっかり木枠に

梱包され 出港となります・・

The motorbike is to sail out, packed in a strong wooden crate

since it will be in a ship for more than one month・・

 

 

そして・・・

And then・・

 

 

CIMG5465.JPG

時は流れて こちらは 日本!・・

Time has passed and now it is here in Japan!・・

 

CIMG5469.JPG

 

遥か遠き ヨーロッパは オランダから、海を渡って 無事 到着致しましたっ!

It has safely arrived from overseas as far as the Netherlands in Europe!

 

CIMG5472.JPG

 

トラックの ドライバーさんから 「えぇ~っ!フォークリフト、ないんですかーっ!?」と

驚かれ、仕方なく トラックの上で 木枠梱包を 解体するハメに・・

A driver of the truck is surprised and says

“Oh no! You don’t have a forklift?!” and we have no alternative

but to dismantle the wooden crate on the truck・・

 

CIMG5475.JPG

 

全員 一丸となって 挑めば、やれない事は ないハズっ!・・

There is nothing we cannot do when we work together!・・

 

CIMG5488.JPG

 

かなり無茶な 状況ですが、スタッフ一同 ガンバって 降ろしてます。

It is such a crazy situation,

but all the staff are trying hard to unship the motorbike.

 

CIMG5491.JPG

よいしょ! よいしょ! よいしょ! よいしょ! よいしょ!

Okay・・one, two, three・・here we go!

CIMG5492.JPG

 

よいしょ! よいしょ! よいしょ! よいしょ! よいしょ!

Okay・・one, two, three・・here we go!

 

CIMG5493.JPG

 

よいしょ! よいしょ! よいしょ! よいしょ! よいしょ!

Okay・・one, two, three・・here we go!

 

CIMG5494.JPG

よいしょ! よいしょ! よいしょ! よいしょ! よいしょ!

Okay・・one, two, three・・here we go!

 

CIMG5495.JPG

ふぅ~っ・・

Whew・・

 

 

CIMG5502.JPG

 

オランダから来た CB1100R!・・ 海外から受注頂いた 2台目の RCM です。

メニューは、かなりハードな 内用なので、製作時間は 結構 かかりそうです・・

CMSの Mikeさ~んっ!・・ これからの 展開を 是非、楽しみにして下さいね~!

 

CB1100R from the Netherlands!・・

This is the second RCM which was ordered by other countries.

Since the order details include very challenging contents,

it will take some time to complete it・・

Please look forward to seeing how it will be processed, Mike at CMS!

 

To Be Continued

 

39の挑戦 Round‐2 (最終回)

レースが終わり、翌日から いつもの日常が 始まった・・

 

CIMG5625.JPG

 

師走を意識させる 季節の・・   いつも通りの 日常である・・

 

CIMG5624.JPG

 

闘いが終わって、静かに ショールームに 佇む、Zレーサー NEW1号機・・

ノーマルフレームの ディメンションで、よく 戦ってくれた・・   そして、

練習用エンジンで、よく あのタイムを 出したと・・   称賛してやりたい・・

 

_TOG7815.JPG

目を 閉じれば、かけ離れた この 世界観が・・

 

_TOG7873.JPG

苦しくて、逃げ出したいのに・・  忘れられない 記憶が、鮮明に よみがえる・・

 

_MG_1006.JPG

だが・・   レースは、終わったのだ・・

 

_MG_0499.JPG

また 次に向かって・・  心を、リセットせねば ならない・・

 

悔しさを、胸に残しても・・     普段の仕事に 勤しむ・・

また メカニックとして・・

 

 

 

CIMG5615.JPG

 

帰り際・・  工場から 明かりが、漏れていた・・    誰か 残業するのだろう・・

レースの疲れが 取れていないだろうに・・    感心だな・・

 

CIMG5618.JPG

 

いや・・   これは、違う・・

 

CIMG5620.JPG

 

そうか・・    そう言う 事か・・

 

CIMG5623.JPG

 

レースの 翌日だと言うのに・・       ついに、ここまで来たか・・

まるで、ファースト世代の連中が・・  今 ここに いる様だ・・

 

 

CIMG5627.JPG

ならば・・   中村も 動こう・・

 

CIMG5630.JPG

 

1年も前に 造って、そのままに なっていた、こいつ・・

 

CIMG5634.JPG

久々に見るが、オイルづけに していたから、至って状態 よし・・

まだまだ 先の事だとばかり、思っていたが・・   どうやら 必要なようだ・・

CIMG5637.JPG

 

過酷な世界に 今また・・     ふたたび 挑戦する・・

 

構想は あったのだ・・    必要ならば、新たな扉を 開こうでは ないか・・

 

スリーへの 道に・・・

 

 

【39の挑戦 Round-2  終幕】

39の挑戦 Round‐2 (その9)

ハーキュリーズ & スーパー モンスターEVO 両クラスの、決勝時間・・

 

_MG_0442.JPG

今回は、3列目からの スタートポジションを、確保した・・

3列目と言っても、水冷最速 ハーキュリーズマシンに 囲まれての 位置だから

実は そう悪くは ない・・  何よりも 前回と比べれば、飛躍的に 良い位置だ・・

_OT_6520.JPG

 

そんな事よりも、ずっと 気になっている存在の マシンが、目に入って来る・・

空冷最速 スーパー モンスターEVO クラスでの 一番手ポジション・・

そう かつて、Zレーサー 2号機と 熾烈なバトルを 繰り広げた あのマシン・・

ラッシュディール Z である・・  今回は 装いも新たに、イエローコーンとして

参戦・・ セカンド世代達は、このマシンの 真の怖さを 経験していない 訳だが

中村にとっては、脅威・・ あの頃の 記憶が 今でも鮮明に よみがえって来る・・

 

_MG_0457.JPG

 

我々は、オリジナルフレームの レーサー、2号機 ではない・・  1号機だ・・

ノーマルフレームベースの Zで、敢えて挑んだ 道だから、四の五の 言っても

始まらない・・      今 この瞬間を、1号機で戦うと 決めたのだから・・

 

_OT_6572.JPG

 

逼迫した 緊張の中、最強・最速クラスの マシンが 全車スタート・・

 

_MG_0965.JPG

まずまずなスタートポジションで、1コーナーに進入・・  どうだろうか?・・

変更した キャブレターセットが ドンピシャなら、まだタイムは 伸びるはず・・

0秒 フラット近くまで 上がってくれれば・・ と 期待を 込めたのだが・・

ストレートでは・・  いきなり序盤から、伸びに 精彩を欠いていた・・

_TOG8042.JPG

 

どうやら、予想よりも 気温低下が激しく、絞った事が 仇に なってしまった様だ

それでも上田は、諦めていない・・ 先行する トップグループを、追いかけている・・

 

_OT_6667.JPG-1

 

0秒台 後半で、走っている・・    明らかに、予選の時よりも タイムは悪い・・

燃調が、裏目に 出たのだから 当然な事・・ だが、レースとは そう言う もの・・

 

そして レース中盤・・  徐々に トップ集団との 距離が、開き始めて来ていた・・

 

_MG_0954.JPG

先行する このマシンは、安定感ある 走りで 59秒台を キープ・・

それでも、トップを走る ハーキュリーズマシンからは、引き離されて 行くのだから

驚愕な 光景だ・・   空冷Zの、限界を 見る様で・・ 虚無感が 隠せない・・

_OT_6786.JPG

 

それは、こちらとて 同じ事・・   空冷Zで、しかも ノーマルフレームベースで

どこまで 行けるかに 挑戦しているが、0秒台では 話に ならないのだから・・

 

_TOG7868.JPG

このレースは・・    このレースは、一体 何なんだ???・・

セカンド世代達の 顔にも、焦燥感が 色濃い・・  信じがたい 光景である・・

そして、水冷車両の 次元の違いも さながら、あの 黄色いマシンも、脅威だ・・

今、まざまざと・・ この 最強・最速クラスの 恐ろしさを、感じ取るかの 如く・・

 

_TOG8164.JPG

全力で走る 上田・・   これまでだって 諦めた事は、一度だって ない・・

事実・・ 後続グループに、強豪水冷マシンを 数台 従えて、走っているのだから

この男とて 称賛に価する・・    空冷Z・・ 1号機に だって 感謝している・・

_OT_6821.JPG

 

終盤・・   唯一、0秒台で走る 上田だけが、孤独な ランデブーとなった・・

だが、最後まで 諦める事無く 走った その姿を・・  皆、忘れやしないだろう・・

 

_TOG8360.JPG

こうして、この日 最大の祭典・・   最強・最速クラスの 決勝は、終わった・・

 

_OT_6884.JPG

今は無事・・   生還した事が 何よりである・・

 

_MG_0471.JPG

 

クラス優勝は、TEAM イエローコーンの、HAM STEAK-Ⅱ・・

上田と Zレーサー NEW1号機は、今回も 2位である・・

 

_KT17812.JPG

上田は、やるだけの仕事を こなしてくれた・・   全力感は 得られている・・

むしろ 悔しいのは、我々 本店レーシングの スタッフ・・ セカンド世代達だろう・・

この日 来場した者達 全てに、本来 持ちうるものを 見せられなかったのだから・・

 

_OT_7003.JPG

 

2013年 テイストオブツクバ 神楽月の陣は、こうして 終わった・・

タイムアップは 果たしたし・・  表彰台に 上がれる事は、大変 うれしい事・・

だが・・  心に 引っ掛かる、しこりは 隠せない・・

完敗だと 感じた・・

 

 

今年5月の 復帰 デビュー戦・・   そして、この 11月の大会と・・

実際には 順調な進歩を 歩んでいるはず・・  だが、どこかで何かが 引っ掛かる・・

 

こんなものじゃあ~ ないぞっ!と・・   心の中に 叫びが あるのだ・・

 

振り返れば、これまで見た事が ない・・   セカンド世代達の 悔しい顔・・

こいつらに、この顔を させる事が 出来ただけでも・・   今は 良しとしよう・・

 

 

ゼッケン39の 挑戦は・・   まだ、始まった ばかりなのだから・・

 

 

 

39の挑戦 Round‐2 (その8)

39の挑戦  Round-2・・

 

紆余曲折 ありながらも、やって来た 大会当日・・

この時期に 相応しい 寒さを伴った、早朝の 筑波サーキットであった・・

_MG_0278.JPG

 

もはや疲れは、ピーク・・   だが、その時は 刻一刻と 近づいてくるのだから

やれる事を やろう・・ やるだけの事を しよう・・   そう 決めた様である・・

 

_MG_0285.JPG

 

5月のデビュー戦に 比べれば、彼ら セカンド世代も ずい分 らしくなって来た・・

わずか 半年ほどで、ここまで 変わるのだから、若さは 武器だなと・・ 感じる

 

_MG_0316.JPG

 

最後の練習走行で 出ていた、オイル漏れを チェツク・・   問題はなし・・

 

CIMG5594.JPG

 

それでも、ボルト ねじ穴に トラブルが出たりと、直前で何かと あるものだ・・

 

CIMG5599.JPG

 

そして・・ ハーキュリーズと スーパーモンスターEVO クラスの、予選が始まる・・

(練習用エンジンに おいての、ベストと 出来れば・・)  いや、溜息は 出すまい・・

そんな 期待と不安を 胸に・・  いざ ピットロードへと 向かった・・

 

CIMG5605.JPG

 

走りを イメージしているのか・・   ざわめきの 中で、上田も 静かであった・・

 

_TOG7839.JPG

予選開始・・   今 この瞬間の、ベストを 尽くすのみ!・・

 

_KT17620.JPG

全開で ホームストレートを 駆け抜けて来る、上田と Zレーサー NEW1号機・・

早い段階から、タイムアタック している様で、早々に 0秒台後半をマーク・・

 

_TOG7872.JPG

そして!・・  0秒3が 出る・・

練習用 126馬力エンジンで ある事を、考慮したなら、驚きのタイムだ・・

_OT_5942.JPG

バランスで 走る・・  バランスで 戦う・・     何とか して見せる!・・

ノーマルフレームベースの Z でも、59秒台に 届くはず と、 言わんばかりに・・

 

_TOG6779.JPG

予選が終了・・       上田が 無事、ピットロードに 戻って来た・・

_TOG7901.JPG

ところが、状況は 極めて 厳しいと、言う・・

どうやら 天候が 著しく変わった 為に、キャブセットに、変化が 出ている様である

ここは 決勝までに、何とか 対応せねば ならないだろう・・

_MG_0350.JPG

 

アキオも やって来た・・  全員で、プラグと ピストンヘッドを チェツクする・・

練習用エンジンは、ここまで 何度も 使われて来ており、老朽化は 避けられない

それでも ここに来て、0秒台前半に 入って 来たのだから、何とかしたい・・

それは アキオとて・・  同じ気持ちで あったのだろう・・

 

_MG_0353.JPG

 

決勝は 午後3時以降・・ 気温も下がるが、降り出した 小雨の影響で 湿度もある

絞りたい・・  どうするか・・     悩んだ末に、2.5番 絞ると 決定・・

方向性が あたっていれば、タイムは 伸びる・・    逆ならば、 失敗だ・・

 

_MG_0371.JPG

とにかくも、選択はした・・       後は 上田に、託すだけである・・

 

_MG_0417.JPG

そして、各クラスの レースが 進み・・  いよいよ この日、最強・最速のクラス

ハーキュリーズ & スーパー モンスターEVO 混走による、決勝時間が 来る・・

 

来場者の足並みが、緊張感を伴って レース観戦に 回るのを、感じた・・

 

_MG_0436.JPG

 

T・O ・T 最強・最速の祭典が、今 始まる・・

 

39の挑戦 Round‐2 (その7)

新たに モディファイされた 入魂の 決勝用エンジンは、壊れてしまった・・

好調な タイムアップを していただけに、気持ちの 落ち込みは、隠せない・・

それでも 何とか・・  レースを 成り立たせなければ・・

CIMG5546.JPG

想いは 複雑だが、こうなった以上 仕方がない・・

練習用ユニットを 搭載し、ふたたび 早朝の筑波で パドック入りしていた・・

 

CIMG5548.JPG

 

疲れが・・    溜まりすぎている・・

ここまでは、モディファイド 決勝用エンジンに、期待を 込めて来た・・

そこに モチベーションが・・  あったのだ・・

 

CIMG5550.JPG

 

ここ数日は、ほとんど まともに 寝る事も 出来ていない・・

レースが・・ 辛くて 苦しい・・  逃げ出したい気持ちを 抑え、立っている・・

 

CIMG5552.JPG

 

残念な気持ちは、上田とて 同じ事・・   それでも 上田は、諦めていない・・

むしろ・・ ライダーとして、自らが 何とかしなければ!・・ と 言う 気概に・・

静かな 闘志の炎を・・  燃やしていた・・

 

CIMG5551.JPG

レースは、粘りでも あるのだと・・   まだ 若き彼らに、教えるかの 如く・・

 

CIMG5560.JPG

上田は、ライディングスタイルの 変更で、タイムアップを 試みていた・・

パワーだけに 頼らない・・  乗り手のスキルで、勝負を する気なのだ・・

CIMG5559.JPG

 

眉間に しわ寄せている クルー達の姿を 見て、RASHの清水氏が 現れた・・

ご存じ、この 清水氏・・ カッパさんが 率いた、TEAM‐RASH は 以前、

CB1100Rを 駆る上田の ライディングで 見事、Sモンスター EVO クラス

優勝を 果たしたのは、まだ 記憶に新しい 所だろう・・

 

CIMG5555.JPG

 

毎回・・ 彼らが、一生懸命に 押しがけしている 姿を、見たからなのか・・

スターターを 貸してくれ、使い方のコツまで、教授を してくれていた・・

 

CIMG5566.JPG

 

走行が 開始される・・  前回、苦戦を 強いられた 練習用エンジンな だけに

どんなものか・・  ダメなものでも・・ 少しは 何とか、良くしたいところだ・・

 

CIMG5568.JPG

 

ここまで 来たのだから・・  やれる事を やる!・・

少しでも上田を 支える・・  レースメカと して 成すべき事を、全うすべき・・

彼ら セカンド世代に とっては、まだ 始まったばかりの、レースなのだから・・

 

CIMG5581.JPG

 

これまでも・・   幾たびもの 厳しい戦いを 連戦し、乗り越えて来た・・

強敵と 対峙するたびに、奇跡を 起こしてこれたのは・・  諦めない 心・・

その事を・・  上田自信 彼らに、見せたいのかも 知れない・・

 

CIMG5570.JPG

 

バランスで 戦う!    パワーだけに 頼らず、戦う事が 出来るはず・・

マシンの完成度・・ 上田のライディング・・  ハイレベル域で シンクロすれば

面白い事が、起こるかも 知れないのだ・・

 

CIMG5571.JPG

 

フィーリングとしては、まずまずだった 様である・・

だが 2本目の走行中、夥しい オイル漏れを 確認・・  あり得ない 事ではない・・

思えば この 練習用エンジンも・・  老朽化 著しいのだから・・

 

CIMG5587.JPG

サンクチュアリー リアライズ 道岡まで、気にして 乗り出してきた・・

かつては、ファーストジェネレーション メンバーとして、活躍をした 道岡・・

彼とて、ゼッケン“39” の マシンは・・  決して 他人事では ないのだろう・・

CIMG5590.JPG

問題は山積・・   それでも、奇妙な モチベーションが 生まれて来ていた・・

この パドックにいる者が・・ 若い世代の メカ達を、気に 掛けてくれている・・

 

まるで、 レースは 辛いものだが、 甲斐も あるのだ・・  と、伝えるが 如く・・

 

続いて来る 者達に・・     次の世代に・・

 

 

 

果たして、最後に笑う者は 誰なのか・・

波乱含みの、ゼッケン39 サンクチュアリー 本店レーシング TEAM・・

大会決勝まで 残す所、あと 2日である・・。

 

 

= 業務連絡 =

11月10日(日)は、テイストオブツクバ 参戦の為、終日 お休みとなります

11日以降は、通常通りの営業と なりますので、よろしく お願い致します。

 

39の挑戦 Round‐2 (その6)

10月も 終わりに近づいた、ある日・  果敢に セットを試みる、ゼッケン39番・・

 

20131023-20.JPG

上田隆仁と セカンドジェネレーションズ、 サンクチュアリー 本店レーシング・・

その 第2ラウンド活動が、繰り返し 行われていた・・

 

20131023-16.JPG

“ひょっ子” 呼ばわり されていた、平成生まれの 若手メカニック達・・

レース 1年生として デビュー戦を果たした 彼らも、一枚皮が 剥けた様に想う・・

一人前とは 言えないまでも・・   それなりに、様になりつつは あるなと・・

中村自身は、そう 感じていた・・

 

_MG_0004.JPG-1

 

前回、126馬力と言う 非力なパワーで、Sモンスター EVO クラスを 走らせ

結果・・ 大変な苦戦を 強いられた 事は、反省点であり 課題ともなった・・

 

CIMG5185.JPG-1

 

そして・・   新たに 仕様変更を受けた、モディファイド 決勝用エンジン・・

後軸出力 136馬力  最大トルク 11.7キロ と言う 所までは、来た!

圧倒的な 数値ではないが、戦えるパワーの 範囲には、入ったと 思える・・

故に、これまでとは 明らかに違う タイムが・・ 変化が 現れ始めたのだ・・

 

_MG_0193.JPG

 

一周、0秒台の 中盤タイムを、連発!・・

1秒台前半で 止まり、そこから 伸び悩んでいた事が まるで 嘘の様である・・

 

IMG_0442.JPG

 

少しづつ、タイムが 上がって行く・・   この日のベストは、0秒 325・・

ノーマルフレームベースでの タイムで、ここまで 来れたのも、嬉しい事だ・・

何と言っても 旧1号機ですら、ベストタイムは・・ 1秒台 だったのだから・・

 

IMG_1069.JPG-1

 

皆 表情に、笑顔が戻って来た・・  これなら、更なる上のタイムも 狙える・・

今回も グリッド数の都合上、水冷最速 ハーキュリーズクラスと、混走になったが

0秒台前半で 周れれば、例え 空冷車輛でも、まずまずの走りが 見せられる・・

カワサキ 空冷Zが 今一度・・ 主役に 返り咲けるのかも 知れない・・ と、

そんな 切望とも言える 想いが・・  皆の胸に 込み上げて来ていた・・

 

IMG_0477.JPG

 

2回目の 走行終了後に、シリンダー廻りから オイル漏れを 確認・・

ここまで 良い状態を キープして来ただけに、 ここは手堅く 行こう・・

 

 

意気揚々とした 気分のまま、 一路 本店へと戻った 矢先・・

 

それは 発覚した・・

 

CIMG5521.JPG

 

オイル漏れが 進行すれば、出走中止も 有り得るだけに、早々に 直してしまおうと

早速作業に 取り掛かった・・

 

と・・  その時である・・

 

正直・・ 予想していなかった 事態が・・

CIMG5526.JPG

 

 

 

CIMG5527.JPG

 

ピストンが・・  欠損 していたのだ・・

 

 

CIMG5528.JPG

 

全員・・  言葉が出てこない・・

起こっている事を すぐに・・   受け入れられないで いたのである・・

 

CIMG5529.JPG

 

(くそっ!・・  やってしまった・・    デトネーションだっ!・・)

何故?・・  そこまで 高圧縮化、してない ハズっ!・・   一体 何が!?・・

点火時期?・・  燃調?・・   それとも?・・・

どうする!?・・    このピストンは もう、すぐには 入手出来ないぞっ!・・

 

CIMG5531.JPG

 

考えていても・・  起こってしまった事は 戻せやしないが、好調な状態を

継続していただけに、悔しさが ジワッ・・ と、浮き上がって来る・・

 

CIMG5530.JPG

 

ピストンだけでなく シリンダーヘッド側にも、ダメージは 現れていた・・

 

誰かがつぶやく・・     練習用の ユニットか・・  と・・

 

CIMG5537.JPG

大会まで、 あと 1週間たらずと 言う時に 起こった、今回のトラブル・・

セカンド世代 3名に とっても、初めて経験する 山場と なってしまった・・

 

 

ゼッケン39の 挑戦・・      波乱の 展開の中で、どう 戦う・・

ZRX DAEG PROJECT (PART‐3)

こんにちは 皆さん・・ サンクチュアリー本社 代表取締役社長の 中村です・・
(1) DAEG RCM化 計画、その3・・ マフラーの排気ガスや音量の規制を、クリアー出来てるかどうか?・・
事前テストを行い、車両が戻って来ました。 結果はOK!・・ 何とか基準値内に収まった様で、一安心。
(2) マフラーの 検査結果がわかった所で、お次は ステップ交換です。
(3) NITRO RACING製の新作、ZRX用 ステップKITを 取り付けましょう。
(4) 作業は もう一人の担当メカニック、大地(おおち)です・・
(5) 交換後の位置や操作性など、フィーリングをチェック・・ なかなか良い感じですっ!・・
(6) 続いては、リアスイングアームの全長を測定し、 取り外します。
(7) この RCM-276 DAEG に使用する、スイングアーム・・ RCM専用TYPEの SCULPTURE製です!
元々、ZEPHYR1100用に ラインナップしていた物なんですが、加工して 応用出来そうです。
(8) スイングアームのピボット幅を 併せるべく、旋盤でスペーサーを 単品製作して行きます・・
この時の注意点としては、スイングアームが車体の中心から、左右に ずれてしまわない様にする事!
コンマ単位の数値で、センターの精度を追及して行きます・・
(9) 寸法が合った所で、実際に 車体に取り付けし・・
(10) リアサスペンションの取り付けブラケットを 適正な位置に合わせ、溶接して行きます!
(11) サンクチュアリー本店で始まった この DAEG RCM 計画・・ Mr.Denisonさん、見てらっしゃいますか~?
少しづつですが、段々 面白くなって行くと思いますんで、楽しみにされて下さいね~っ

こんにちは 皆さん・・ サンクチュアリー本店の 中村です・・

Hi, everyone! Nakamura here,

the president of AC Sanctuary, posting from the Tokyo Head Office…

 

CIMG5031.JPG

 

DAEG RCM化 計画、その3・・

マフラーの 排気ガスや音量の 規制を、クリアー 出来てるかどうか?・・

事前テストを 行い、車両が 戻って来ました。  結果はOK!・・

何とか 基準値内に 収まった様で、一安心。

 

This is Part 3 of the Project to make DAEG a Real Complete Machine (RCM)

Would the muffler be able to pass the regulation in terms of exhaust gas

and sound-level?・・

After the completion of initial testing, the machine came back.

The result was OK!・・

The test results apparently fell within the range of acceptable standard

values somehow, and we were relieved.

 

CIMG5266.JPG

 

マフラーの 検査結果が わかった所で、お次は ステップ交換です。

Now that we know about the muffler inspection result,

we will move on to change the steps next.

 

_TOG4809.JPG

NITRO RACING製の 新作、ZRX用 ステップKITを 取り付けましょう。

Let’s make the installation by using the ZRX steps kit,

a new product of NITRO RACING.

 

CIMG5270.JPG

 

作業は もう一人の 担当メカニック、大地です・・

The work is handled by another mechanic of ours, Oochi・・

 

CIMG5269.JPG

 

交換後の位置や 操作性など、フィーリングを チェック・・ なかなか良い感じっ!・・

Following the installation, let’s check the feel of the step positioning

and operability・・  It feels really nice!・・

 

CIMG5308.JPG

 

続いては、リア スイングアームの全長を 測定し、 取り外します。

The next work involves measuring the length of the rear swing arm

and dismantling it.

 

CIMG5309.JPG

 

この RCM-276 DAEG に使用する、スイングアーム・・

RCM 専用TYPEの SCULPTURE製です!

元々、ZEPHYR1100用に ラインナップしていた 物なんですが、加工して

応用 出来そうです。

 

The swing arm we have chosen for this RCM-276 DAEG is・・

the one specially made for the RCMs by SCULPTURE!

It was initially included in our product line-up for ZEPHYR 1100,

which might be applied to DAEG with some modification.

 

CIMG5312.JPG
CIMG5310.JPG

 

スイングアームの ピボット幅を 併せるべく、旋盤で スペーサーを 単品製作します・・

この時の 注意点としては、スイングアームが 車体の中心線から、左右に ずれて

しまわない様に する事! コンマ単位の 数値で、センター精度を 追及して行きます・・

 

The one-off spacer is being crafted using the lathe,

in order to make the pivot width uniform.

The critical point for this particular process is to ensure that the

swing arm is positioned in the center of the chassis,

without being offset to either side!

The precision of centering is pursued, on the order of values below

the decimal point・・

 

CIMG5313.JPG

 

寸法が 合った所で、実際に 車体に取り付けし・・

Once the measurements are achieved,

it will be actually mounted onto the chassis・・

 

CIMG5314.JPG

 

リアサスペンションの 取り付けブラケットを 適正な位置に 合わせ、溶接します!

Set the bracket for the rear suspension in its proper position,

and we begin the welding work!

 

 

CIMG5517.JPG

 

サンクチュアリー本店で 始まった この DAEG RCM 計画・・

Mr.Denisonさん、見てらっしゃいますか~っ?・・   少しづつですが、段々

面白くなって行くと 思いますんで、楽しみに されて下さいね~っ!

 

This has been the up-to-date report

on the project to make DAEG an RCM at Sanctuary’s main shop・・

Are you watching this Mr. Denison~?   Slowly but surely,

this will get more interesting. Please stay tuned~!

 

To Be Continued

 

2013年下半期 イタリア出張 (後編)

イタリア ミラノ 出張編  後編です・・

 

CIMG5422.JPG

 

おなじみ O・Z MB社にて ミーティング中・・

何となく 笑いを 交えながら、やってる様にも 見えるかも しれませんが

意外に ガッツリ!・・ 真剣に 議題と向き合って、討論しているんです・・

O・Z レーシング ホイールは、世界選手権で 使用率 65%と 言う、今や

トップレースの中で、世界一 使用されている メーカーと、なりましたから

自ずと 仕事に対し、情熱を持って 接している と、言う訳なんです・・

 

CIMG5429.JPG

 

ふと・・  目についた、使用済みの ホイール・・    CATTIVA ですね・・

よく見れば、何やらサインが 書いてあります・・ ???・・

 

CIMG5420.JPG

 

何と!・・  今年 Moto‐GPクラスに 昇格した、マルク・マルケス選手が

昨年まで Moto‐2クラスで 愛用していた、O・Z ホイールでしたっ!・・

マルケス選手の 粋な 計らいで、ここ 古巣に、還って来たんでしょう (^ ^♪

 

CIMG5423.JPG

 

休憩中・・  フェリーチェと アンドレアが、ボガーニから 何か もらってます・・

 

CIMG5424.JPG

 

日本から 持ってきた 和菓子を、食べてました・・ (^_^;)

うまいっ! うま~い! なんて・・ 言ってたけど・・     絶対 うそだな・・

 

CIMG5431.JPG

 

今夜も 会食!・・ (^_^;)

イタリアに来ると 必ず 立ち寄っている、レストラン “ラ・ルオータ” ・・

 

CIMG5435.JPG

 

中村さんは ビール党だ!・・ と、ビッグサイズを 頼まれてしまいました・・

これ・・   今の自分の 体調には、結構・・  こたえますぜ・・ (-_-;)

 

CIMG5436.JPG

 

これは、イカわたの 包みパスタ・・  実は中村 これが、超 お気に入りっ!・・

ラ・ルオータに 来ると、必ず 頼んでます・・  うまいんスよ、これが・・ (^ ^♪

 

CIMG5443.JPG

 

翌朝・・    イタリアに来て、久々 お日様を見ました・・

今日は 何の予定も ないので、唯一 のんびり出来る、一日です・・

 

CIMG5444.JPG

 

ホテルのロビーに 置いてあった、新聞らしき?もの・・

 

CIMG5448.JPG

 

読めも しないのに、何気に 見てみれば・・

 

CIMG5446.JPG

 

すっ、 すげぇぇ~・・っ!・・ (・_・;)

先日 開催された、世界選手権 Moto‐GP 日本グランプリ の、記事が・・

新聞の 見開き一面 記事になるなんて、やっぱり イタリアは、凄いっスねぇ~・・

日本じゃあ~ ありえないっ!・・ (-_-;)

 

CIMG5450.JPG

 

ひと通り、全ての業務を こなし終え、やっと 帰国です・・

 

CIMG5449.JPG

 

結構 ボロボロです・・       身心共に 疲れ果てました・・ (~_~;)

風邪、めっちゃ・・  悪化してますわ~・・

 

CIMG5451.JPG

 

まぁ~・・  とにかくも 帰りますっ!・・

日本に帰ったら、カレーライスと たぬきそばを 食べる!と、心に 誓いました・・

 

仕事で なければ、こんなにイタリアに 来る事なんて、なかったと 思います・・

 

さぁーっ!帰るぞぉぉ~っ!・・   仕事 山積みの 日本へ~っ!・・ (^_^;)

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.