Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

中村流 Ninja アップグレード術 ‐Ⅱ(その7)

皆さん こんにちは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

只今 午前0時すぎ・・  いやいや、こんにちは ではなく、こんばんは! ですね・・

何で こんな時間に、ブログ 書いてるかって?・・    そりゃ~ もう・・

昼間、工場作業に 追われていて、まともに 書けないからですっ!・・ (^_^;)

もう軽く 酔っ払ってるし、正直 眠いんスけど、始めた以上は やり遂げますよっ!

RCM-243 Ninja フォーミュラーパッケージ  その7っ!・・

 

CIMG6686.JPG

 

“RR”の ネーミングを 付けたいが為に、シングルシート化を 安易に選択・・

当然・・  専用の シートレールを、ワンオフしなければ なりません

 

CIMG6687.JPG

 

振り向けば、マイペースな ツバサが・・

「社長っ!・・ シートレール、がんばって下さい~ ♪ 」 って、聞こえます・・ (-_-;)

ちなみに ツバサは、シリンダーヘッドへの オイルバイパスを 作業中・・

何でも DAEG用が いけるとか・・  さり気ない 流用系で、シブ目に 行く様です

 

CIMG6688.JPG

 

中村は、シートレールです・・    得てして この手の、難易度高い 造り物は

ほとんど中村の 役回りとなります・・  確かに きらいな作業じゃ ありませんが

正直 (そろそろ お前らも やってよ・・) って、気持ちに ならざる得ませんわ・・

 

CIMG6690.JPG

 

グチっていても、仕方ありません・・      今はコツコツ 進めるのみっ!・・

シートレール 左右の寸法を きっちり同じ物に したいので、併せて溶接します

 

CIMG6692.JPG

 

上のレールが 出来た所で、今度は 下のレールを 造りましょう・・

シングルシートの形状を 生かしつつ、 整備性なんかも 軽視したく ありません

まさしく、形こそは 機能・・   無駄に 意味のないデザインは、不要です・・

 

CIMG6694.JPG

 

旋盤で、マウントカラーを 削り出し・・

 

CIMG6698.JPG

 

左右きっちり、同じ物を 造る・・    性格上 こういうの、大切なんです・・

(よ~っしゃーっ! 左右 同じだぜーっ!・・) などと、心の中で 叫ぶ自分・・(涙)

 

CIMG6700.JPG

 

これでもしも、左右で1mmも ずれようもんなら・・  完璧 今晩、眠れませんっ!

時間は かけたくない!・・ 社長と言う立場の 自分と、メカニックとしての 自分が

常に 問答する・・  結局、両立させる以外、納得できる道は なし!って 感じ・・

 

CIMG6702.JPG

 

と、まぁ・・  独り言を つぶやいてたら、上のレールが 出来ましたっ!・・

なかなか 良い精度で、 今 かなり さわやかですねっ!・・ (^ ^♪

 

CIMG6705.JPG

 

・・・・・・・

まだまだ あります・・ (-_-;)      シートレールって、そういう もんです・・

 

CIMG6706.JPG

 

7N01角パイプを、曲げ込みました・・

この リブ付き角パイプは、ねじれ剛性に 優れているだけでなく、曲げる際に

曲げ部に応力が 集中しにくく、加工性においても 非常に 優秀な材料・・

アルミパイプで 何か 造るんなら、最高の材料を 使うに 越した事、ないですから

 

CIMG6710.JPG

 

下のレールは、現物合わせで 溶接・・

とにかく 精度、精度・・   溶接後に 発生する、冷却工程での 引っ張りなんかも

うまく利用して、精度を 追及します・・    どの位 動くかも、ある程度 予測・・

こういう感覚・・  若手メカ達にも しっかり 教えて行きたいんですが・・

言葉では なかなか上手く 伝えられないんですよねぇ~・・

 

さてさて・・   この先も 造り物作業が、まだまだ沢山 あります・・

あ~・・ 何とか せにゃな~・・    もぉ~ 困ったもんだわ・・ (^_^;)

 

RCM-243 Ninja フォーミュラーパッケージ・・    目標、3月末 完成!・・

 

それでは皆さん、 お休みなさい・・ <(_ _)>

オランダから!CB1100R Part‐9

From the Netherlands! CB1100R Part-9

 

皆さん こんにちは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

オランダCMS社の CB1100RC、シリアルナンバー RCMー282 Part‐9ですっ!

Hello, everyone! I am Nakamura, president and representative director of

Sanctuary head office・・ This is the part 9 of CB1100RC, serial number RCM-

282, ordered by CMS of Holland!

 

CIMG6331.JPG

CIMG6367.JPG

 

シートレール最後端部に かなりの損傷が あった為、新規にブラケット部を 再現・・

Because there was terrible damage at the edge of the seat rail,

we reconstructed the bracket part.

 

CIMG6369.JPG

CIMG6377.JPG

 

旧い部位を 切り落とし、新らしく造った 部材を あてがいます

After cutting down the old part, we fix up the newly-made member.

 

CIMG6384.JPG

 

実際に シートカウルを仮付けして、ブラケットの位置や幅など、確認・・

We put the seat cowl temporarily and check position or width of the

bracket・・

 

CIMG6452.JPG

 

一方こちらは、フレーム補強材の 1つである、ガセットプレートを押し出す 型のSET・・

In the meantime, this is the mold set to push out the gusset plate which is

one of the reinforcement frames・・

 

CIMG6454.JPG

 

2個の型に、ブランクとなるプレートを 置いて、押しながら 変形させて行きます

We put plates which are to be blanks in two molds and change the shapes

by pushing them.

 

CIMG6455.JPG

CIMG6456.JPG

CIMG6457.JPG

CIMG6459.JPG-1

 

油圧プレスを 使用し、押し切って・・

Using the hydraulic press, we push them to the end・・

 

CIMG6461.JPG

 

材料を 型から抜けば、ガセットプレートの 出来上がり!

Taking out the materials from the molds, here are the gusset plates! 

 

CIMG6485.JPG

 

ガセットを フレームの適所に 合せて加工し、続いては バーリング加工を施します

After processing the gusset plates into the shape fitting right position of the

frame, we go through the burring process.

 

CIMG6486.JPG

 

まずは、下穴を 開けましょう・・

First, let’s drill a pilot hole・・

 

CIMG6488.JPG

 

バーリング専用工具を 用い、下穴を めくり上げて行きます

We pull the pilot hole up, using a specialized tool for burring.

 

CIMG6489.JPG

 

ただ穴を開けた 状態ではなく、 めくり上げてやる事で、立体的な

ねじれに強い、合理的な補強材と なります

Not just drilling the hole but pulling it up makes the intelligent reinforcement

material which is steric and doesn’t twist.

 

CIMG6491.JPG

 

そして、もう一人の担当 畔柳メカニックはと 言うと、

出来上がったばかりの アルミ製 リアフェンダーを確認中・・  従来付いていた 純正の

樹脂製リアフェンダーに 変わって、アルミ製の逸品に 変更するんですが、これを

取り付けする為の ブラケットを 予めフレーム側に 設けておく必要があり、早い段階で

造ったと言う 次第です・・         CMS社 Mr.Mikeさ~んっ!

今現在 フレームへの作業は、7割方終了っ!・・    RCM製作において、

最も重要な フレーム加工なだけに、慎重に やらせてもらって おりますよ~っ!

And one more Kuroyanagi mechanic in charge is checking the aluminum rear

fender that has just been made・・ In order to assemble the fine aluminum

rear fender instead of that of the conventional and genuine plastic, it is

necessary to set up the bracket on the frame in advance, and that is why we

have made it early on・・ Mr. Mike of CMS~! 70% of the frame work has been

done! This frame processing is the most important in creating RCM so we are

doing this very carefully~!

 

To Be Continued

シリアルナンバー RCM-200 (その18)

皆さん こんにちは!  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

本日 中村は、恒例火曜の 定休日ですが、只今自宅にて これを書いています・・

実は スマートホンの テザリングなる 機能を使って、インターネットを 繋げました

 

超アナログ人間の 自分に 取っては (やってやったぜっ!) って感じ・・ (^_^;)

これで日々、ブログを書く為の 時間・・ 少しは有利に なる事でしょうっ!?・・

空いた時間、その分 実務作業に 回しますよぉぉぉ~っ!!!・・

 

シリアルナンバー RCM-200 ターボっ  その18ですっ!・・

 

CIMG6716.JPG

 

先日の日曜日・・

☆と 今井さんが、2階で何やら? 慌ててガサゴソ やっておりました・・

 

CIMG6721.JPG

 

ターボッ!・・

一体どっちに ターボ かかってんのか、わかりません!・・

 

CIMG6720.JPG

 

オーナーの 今井さん・・   久々、ご満悦の 笑顔です・・ (^ ^♪

 

CIMG6719.JPG

 

テールカウルには おなじみ、YFデザインの ロゴです・・

いいですねぇ~・・♪   同じ Z1‐R乗りと して、この カラーチョイス、  ナイスっ!

 

(ナイスって・・  死語じゃ ないすよね・・)

 

CIMG6722.JPG

 

おおぉ~っ・・   アッパーカウルも、いいじゃないっスかぁ~・・

やっぱり Z1‐Rは、クールトーンの キャンディカラーが、似合いますよねぇ~・・

 

CIMG6724.JPG

 

うぉーっ!・・ タンクも かっこ えーっ!・・ っとか、 やっべーっ!・・ っとか

そーとー テンション、高しです・・ (^_^;)

二人共 廻りの目を 気にせず、かなり 騒いでおりました・・

 

まぁ~・・ この 外装カラーリングが 仕上がって来た、瞬間ってやつはね・・

誰でも 盛り上がりますから、気持ちはわかります・・ (-_-;)

 

今井さんも 長期戦だったから、さぞかし 嬉しい事でしょう・・

 

 

 

そんな 大騒ぎの中・・

 

CIMG6465.JPG

 

薄暗い工場で、黙々と 働く男が 一人 おりました・・

 

 

 

永かった RCM-200 ターボ も、いよいよゴールが 見えて来ました ♪

今井さんっ・・ ホント、お待たせしちゃって 申し訳ないですっ!・・

中村自ら 担当メカであったにも 拘わらず、この体たらく・・ すんませっ!<(_ _)>

まだ少し 難易度高い 作業がありますが、4月~5月には 完成するでしょうっ!

 

RCM-200 ターボ!    リーチまで、あと一歩っ!・・

中村流 Ninja アップグレード術 ‐Ⅱ(その6)

こんにちは 皆さん、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

RCM-243 Ninja フォーミュラーパッケージ 製作、(その6) ですっ!・・

 

CIMG6524.JPG

 

シリンダーライナーの 水圧検査に 時間を取られ、遅れ気味だった エンジン・・

ここに来て 急ピッチに、組み付けが 進みました

 

CIMG6526.JPG

 

エンジンは、特別な ハイスペック仕様では ありませんが、各所 重要部位の

精密測定を行い、本来在るべき 数値に こだわって、組み付けをしてます・・

クランクの 微小な曲がりを 修正、 ジャーナル部 オイルクリアランスも 徹底して

追求、 純正オーバーサイズピストンが 存在しないので、ライナー側にて 対処

その他、より 後続年式モデルの 対策部品を、要所に 組み込んでおります

 

CIMG6571.JPG

 

満足気な 表情・・   ようやくエンジンを 載せる模様・・

 

CIMG6577.JPG

 

シリンダーヘッドが コンパクトに なってる 後期エンジンだから、楽勝でしょう ♪

 

CIMG6578.JPG

 

それでも、ダウンチューブ ないんだから と、油断すんじゃ ね~よっ!・・

 

CIMG6582.JPG

 

無事、エンジン搭載 終了です・・

NITRO RACING製の ダウンチューブKIT‐Ⅲを 用い、ダブルクレードル型で

エンジンを マウントしてあげます・・  だいぶ前の事ですが、某国際ライダーに

このダウンチューブ仕様の チューニングNinjaを、インプレして もらった事が

あるんですが、実用的な剛性感で、フィーリングが とても良質だと 語ってました

 

Nijaは、開発の段階で 元々 ダウンチューブを 装備してたとか してないとか?

諸々の装備を 取り付ける為に、やむなくダウンチューブを 切ったなんて 話を、

まぁ~ 嘘かホントか わかりませんが、 遠い昔に 聞いたことが あります・・

出力アップや 経年変化を 考慮するならば、フロントの ケースマウント部を 持つ

現行SSマシンの エンジン搭載法・・ マウントが、前後上下に 分散していて

一か所だけに ストレスが 集中しないタイプ・・ いいなぁ~と、感じますね (^ ^♪

 

 

一方 こちらは・・

 

CIMG6679.JPG

 

RCM スポーツパッケージ TYPE ‐ RR用の、シングルシートです・・

 

CIMG6681.JPG

 

これから 専用の シートレールを 造るんですが、これがまた 大変なんです・・

ツバサに  「お前 やればっ!」って 言ったら、     「・・・・・・・」 (汗)・・

ふぅぅ~・・ (-_-;)       そんな訳で 結局、中村が 造る事に・・

だいたい この手のは、中村が一人で やるはめに なるんです・・ (^_^;)

 

CIMG6682.JPG

 

ちょっと 見栄えは 悪いですが、テープで 固定してと・・

 

CIMG6683.JPG

 

おなじみ 7N01 リブ付き 角パイプの、登場っ!・・

 

CIMG6685.JPG

 

さあっ!  全体のフォルムが おぼろげながら、見え始めて来ましたっ!

以前製作した、RCM-195 Ninja スポーツパッケージ TYPE‐RR は、

キャンディライムグリーンを主体に、カワサキっぽさを 残した 雰囲気でしたが

今回の RCM-243 は、ブラック&ゴールドの 重厚系カラーも いいかなと

検討してます・・  と 言っても、まだまだ作業は 沢山ありますが・・ (-_-;)

 

RCM-243 Ninja フォーミュラーパッケージ・・

 

果たして・・ 3月末になんて、 完成するものやら・・ (^_^;)

DAEG RCM PROJECT (PART‐8)

DAEG RCM PROJECT (PART‐8)

 

こんにちは 皆さん サンクチュアリー本店の 中村です・・

シンガポールの Mr.Denisonさんに お見せする為に、スタートした この企画・・

DAEG RCM プロジェクト。

Hi, everyone! Nakamura here, the president of AC Sanctuary, posting from

the Tokyo Head Office…

When this DAEG RCM Project was launched, we initially meant to share the

process with Mr. Denison in Singapore through this blog.

 

CIMG6666.JPG

 

気が付けば、日本の DAEG乗りの皆さんにも ブログを 見て頂けており、嬉しい限り!

その後、本店では現在 他にも2台の RCM DAEGを 製作する事になりましたので、

そちらのDAEGも いずれ ご紹介したいと思います。

Now, we are very happy to see our updates attracting many DAEG lovers

across the country! Following this project, we have received orders for two

other RCM DAEG remodeling. I’m planning to separately introduce their

processes as well.

 

CIMG6482.JPG

 

さて・・ RCM-276 DAEGの方ですが、アッパーカウルを ローダウンさせる為の

LOWERブラケットが 出来上がり、更に、ここに追加装着する 部品も製作・・

Now, back to the RCM-276 DAEG; the lower bracket designed to lower the

upper cowl is ready. Now I’m working on the additional part that goes with it.

 

CIMG6593.JPG

 

こちらが その部品・・

RCM DAEG専用の フロントブレーキホース アルミ削り出し 3Wayジョイントです!

This is the “additional” part…

the custom RCM DAEG cut-out aluminum three-way joint front brake hose!

 

CIMG6418.JPG

 

後は、メインスイッチや メーター廻りのブラケット等を 新規製作すれば、

アッパーカウル廻りの 固定は 完了っ ♪

Once I’m done with a bracket around the main switch and meters,

the upper cowl fixtures will be complete ♪

 

CIMG6484.JPG

 

ドライブスプロケットは 定評ある SUNSTAR製を 用い、530サイズに 変更

For the drive sprocket, I replaced it with the trusted SUNSTAR, size 530.

 

CIMG6483.JPG

 

ここでようやく、ドライブチェーンが 取り付けられます

Finally, the machine is mounted with a drive chain.

 

CIMG6665.JPG

 

この RCM-276 には、NITRO RACING製の ウェルドクラフトチタンマフラーが

取り付けられており、サイレンサーも、排気ガス検査をクリアーした 車検対応品が、

取り付けられる 予定ですが・・

The RCM-276 is equipped with Weldcraft Titan muffler by NITRO RACING,

which will be later combined with an inspection-compliant silencer that passed

emission inspection. But…

 

CIMG6520.JPG

 

遊び心で、レース専用の NITRO RACING製サイレンサーを、仮り組み合わせ

してみたいと 思います

Being a bit playful should make no harm, should it? So, I am combining it

with NITRO RACING’s racing model silencer.

 

CIMG6521.JPG

 

これは、DAEG専用に アルミプレートを 曲げ加工して造った、サイレンサーステー

This is an original DAEG silencer stay made of bent aluminum plate.

 

CIMG6522.JPG

 

同じく、DAEG専用に 製作した タンデムステップKITで、サイレンサーステーと

共締めにする 構造です

The silencer stay is designed to be jointly fixed with another original DAEG

tandem step kit.

 

CIMG6525.JPG

 

こんな感じ!・・ レース専用と なりますが、やはりルックスは かなりGood!です ♪

Voila! …  It has turned out as a racing model, but doesn’t it look good! Yes,

it indeed does!

 

CIMG6668.JPG

 

RCM-276 DAEG・・  だいぶ形になり、中村自身 お気に入りのマシンに なって

来ました・・  実は こうなると、いつもの自分の悪い癖で、色々 欲張ったアイデアが

妄想の如く 勝手に 湧き上がります     何か・・  本気になって来ました・・(笑)

まずは 標準TYPE‐Rとして 完成させ、その後 UPグレードメニューを 開発予定・・

既に (これだっ!)と言う 構想(妄想)が 具体的にイメージ 出来てますんで、

開発を 乞うご期待 下さいねっ!

Now our RCM-276 DAEG is transforming into something solid, something I

myself can be proud of… As usual, around this stage of the remodeling work,

the devil mechanic within me starts to buzz and fills my head with crazy

ideas. Yes, it’s coming… I’m getting serious about it… First, I am finishing it

as a standard Type-R, and then later develop a suite of upgrade menus.

The one-and-only design (or illusion) is already on its way with details,

so just wait and see!

 

To Be Continued

 

オランダから!CB1100R Part‐8

From the Netherlands! CB1100R Part-8

 

CIMG6372.JPG

 

皆さん こんにちは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

オランダCMS社の CB1100RC、シリアルナンバー RCMー282 の Part‐8

ここからは いよいよ フレーム作業です!

Hello, everyone! I am Nakamura, president and representative director of

Sanctuary head office・・

This is the part 8 on producing CB1100RC, serial number RCM-282,

ordered by CMS of Holland, and now we start the frame work!

 

CIMG6320.JPG
CIMG6324.JPG

 

リアショックや ステッププレート等の ノーマル取り付け部で、不要部を 取り除きます

Let’s remove unnecessary parts from the normal mounting area of Rear

Shock and Step Plate etc.

 

CIMG6326.JPG

 

使用しないステー等、こんなに沢山 ありました・・ 意外と軽量化にも なってます

There were many unused stays and so on・・This can be surprisingly lighter.

 

CIMG6327.JPG
CIMG6329.JPG

 

取り除いた部分は、きれいに慣らして 仕上げておきます

We clean it up by making the removed parts smooth.

 

CIMG6319.JPG
CIMG6325.JPG

 

フレームの所々に 痛みが・・  出来るだけ きれいに 修正して行きたいですね

Some damage can be seen in the frame・・

We want to make it as clean as possible.

 

CIMG6332.JPG

 

スチール製の高張力菅を 加工し、フレームの補強材を 造って行きます

We process the tube of high tensile strength steel and make reinforcement

materials of the frame.

 

CIMG6468.JPG

 

エンジン搭載部 寸法幅が 溶接で 狂ってしまわない様、専用固定治具を 用います

We use the special fixture so that width of mounted engine won’t vary when

welding.

 

CIMG6470.JPG

 

補強パイプは、とにかく寸法精度を きっちり!・・ 平行度も 測定して合わせます

The reinforcing pipe is made with high dimensional accuracy!・・

Its parallelism is also measured.

 

CIMG6503.JPG

 

溶接して 行きましょう!

Now we start welding!

 

CIMG6459.JPG

 

続いては ガセット補強材、いわゆる 立体的な形に 変形させた 補強板の製作です

CMS社 Mr.Mikeさ~んっ! エンジンも そうでしたが フレームにも あちこちに

痛みがあって、それを治しつつ 作業しております・・

少し時間が 掛かってますが、ガンバっておりますんで お待ち下さいね~っ!

Next time, we begin to make the reinforcing gusset, or what is called a three-

dimensional reinforcing plate.

Mr. Mike of CMS~! The frame had some damage in places as the engine did,

which we have been repairing・・

It has taken a little bit of time but we are trying so hard, so please look

forward to it~!

 

 

To Be Continued

中村流 Ninja アップグレード術 ‐Ⅱ(その6)

こんにちは 皆さん  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

雪の日以来、大渋滞が 連日続いて、出勤するのにも 一苦労な 毎日です・・

気のせいか、朝 少し早く 起きて、行動する様に なりましたかね・・

“早起きは 三文の得”・・ なんて 言うので、このまま習慣化 すればいいんですが

たぶん・・  そうは ならないでしょう・・         自信アリ!・・ (^_^;)

 

雪にも 負けず!・・    RCM-243 Fパケ (その6)ですっ!・・

 

CIMG6463.JPG

 

外装部品を 試し着けした、RCM-243・・     ここまでは 大変順調・・

 

CIMG6478.JPG

 

前回 組み付けをした、倒立エクスモードパッケージ・・

GPz900Rに ボルトオンで 装着できる、OHLINS 倒立フォークKIT です

 

CIMG6449.JPG

 

これは、倒立エクスモードパッケージに 付属されている、専用のアクスル・・

専用設計で 生産された、クロモリ鋼製 中空 フロントアクスルシャフトです

SCM435H 材から 総削り出し・・  ガンドリル加工で 中空仕上げ した後

熱処理と 調質を施して 靭性を持たせた、手間暇かかってる 逸品・・

クロモリ鋼は とても硬いけど、その分 割れたり折れたり し易いので、熱処理で

性質を コントロールしてやらないと、かなり 危険な材質でも ある訳なんです

 

CIMG6476.JPG

 

続いては、冷却系統を 仮付け・・

 

CIMG6474.JPG

 

NITRO RACING製の、ワイドラジエータ&ハイマウントオイルクーラーです・・

まだエンジンを 搭載していませんが、この RCM-243は、アッパーカウルを

ブラケットごと 若干 ローダウンさせており、念の為 この段階での 確認作業です

 

CIMG6440.JPG

 

メーターは おなじみ、90年代の レーサーレプリカものを 流用・・

単品製作した アルミの ブラケットで、レイアウトを 確認いたします

 

CIMG6497.JPG

 

中身はこちら!・・   3連全て リビルド&オーバーホールを 施し済み!

レッドゾーンエリアも、水冷GPZ1100の 回転レンジに 変更しました・・

タコメーターのみ ホワイトパネルを 採用、 RCMロゴ 入れましたよっ!♪

 

CIMG6515.JPG

 

アナログと 呼ばれても、中村は この手の 90年代風が 好きなんですよねぇ・・

特に、タコメーターが 真ん中にあるやつ・・    カッコいいです・・ (^ ^♪

 

CIMG6493.JPG

 

続いては、バッテリーケースの ワンオフに 入りましょう・・

曲げ加工性 ・ 溶接性 ・ 酸化処理性に 優れた、A5052 板材から製作・・

 

CIMG6494.JPG

 

溶接で 箱にして行きます・・  板厚は 2mm、 母材温度は 上げやすいけど

ツバサぁーっ!    ここは腕の 見せ所だぞーっ!・・

 

CIMG6400.JPG

 

何故 バッテリーケースを 造っているかと 言うと、このバッテリーを 使用する為・・

SHORAI リチウムバッテリー専用の、ケースと なる訳なんです・・

軽くて コンパクト!・・   中村も 愛機 RCM-001に、ゼヒ 積みたい・・

 

CIMG6498.JPG

 

どうやら 出来た模様・・  この手の薄物を きれいに 溶接出来たら、もう合格!

最初は 定電流で流して、後半は クレーター電流の ビートを、刻んで行く・・

(波紋法の 話しでは、ありません・・)

 

CIMG6517.JPG

 

ここでようやく、シリンダーが 戻って来ました・・

ウォータージャケットの ライナーOリングを 新品に 入れ替え、最小値面研・・

その後、圧力検査を 確認して、無事 戻って参りました・・

 

いやぁ~・・   これで エンジンを完成させ、搭載する事が 出来る~!・・

 

エンジンが 搭載されたら、続いて 更なるNewアイテムが 登場する 予定っ!

昨年より 考えていた、Ninja用 ウェルドクラフト チタンEXを お披露目します

 

もう少し お待ち下さいっ!・・

辿り着きました・・

こんにちは 皆さん  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

この雪は 一体、 何なんでしょう・・

 

昨日は、何とか出勤しようと 試み、車で家を 出たのですが、 途中で挫折・・

お店は 普通に 営業していただけに、不本意な休日と なってしまいました (-_-;)

 

あけて、2月9日 日曜日・・

CIMG6588.JPG

 

東京で、これだけ雪が 積もってるのは、記憶にないかも・・

 

CIMG6585.JPG

2日連続では 休めないと 思い、出て来てみれば、みんな普通に 出勤しており

当たり前の様に、雪かき してました・・       (完敗です・・ (^_^;)

 

CIMG6584.JPG

 

少し 遅刻しちゃいましたが 何とか 辿り着き、安心・・

 

CIMG6586.JPG

近くの連中は ともかく・・    石塚が 普通に来ていた 事に、ビックリ!・・

中村も、朝7時に 起きて 何とか 来ましたが、久々 しんどい 徒歩でしたわ・・

 

CIMG6589.JPG

 

JR瑞江駅で 降りて、この 新中川沿いを ひたすら 歩いて来たんですが、

雪で足は 取られるし、めちゃくちゃ 遠いし・・  何度も 挫折 しかけてます・・

☆から 連絡があり、どうやら 中村の後ろに 続いて、歩いているとの事・・

 

中村は世代的に、角川映画で 育ったくちで “野生の証明” や “戦国自衛隊” など

夢中で見たんですが、今日 歩いていて、思わず “復活の日” を 思い出しました・・

う~ん・・   これって ヨシズミ状態?・・   みたいな・・ (^_^;)

 

 

 

少し 時間が経ち、着替えて表に 出て見ると、

 

CIMG6590.JPG

 

あ、 あれは・・

 

 

 

CIMG6591.JPG

だ、 大丈夫かっ?   ヨシズミー・・っ!!!

 

 

 

サンクチュアリー本店   本日 何とか 営業しております・・

オランダから!CB1100R Part‐7

CB1100R coming from Netherlands!  Part 7

 

皆さん こんにちは! サンクチュアリー本店 中村です・・

オランダCMS社 CB1100RC、シリアルナンバー RCMー282の製作 Part‐7です!

Hello, everyone! I am Nakamura, president and representative director of

Sanctuary head office・・ This is the part 7 on producing CB1100RC ordered by

CMS in Holland, whose serial number is RCM-282!

 

CIMG6153.JPG

全分解された エンジンは、各部の破損状態を チェックし 修復作業中・・

画像は シリンダーヘッドの吸気ポート

The engine wholly disassembled is checked for each part’s broken condition and

being repaired・・・  The picture shows the intake port of the cylinder head.

 

CIMG6156.JPG

理由は わかりませんが、吸気ポート内が 非常に 荒れておりました

I don’t know the cause but inside of the intake port was in a very bad condition.

 

CIMG6158.JPG

CIMG6162.JPG

 

燃焼室に こびりついた カーボン・・   まずは このカーボンを 落とします

The combustion chamber smeared with carbon・・

First, we make this carbon go away.

 

CIMG6366.JPG

 

清掃で 地肌が見えた 燃焼室・・   ここでも 原因不明傷を 多数発見・・

The combustion chamber showing its original surface after cleaning・・

Here again, we found out many damages of unknown cause.

 

CIMG6365.JPG

CIMG6385.JPG

 

研磨担当の菊地に 磨いてもらう事に・・ 磨き上げる事で燃焼室強度も UPするしね ♪

Now Kikuchi in charge of polishing does so・・

The strength of the combustion chamber will be increased by polishing it ♪

 

CIMG6307.JPG-1

CIMG6308.JPG

CIMG6316.JPG

 

右エンジンカバーにも ひびが入っており、ここも溶接で 修復します

There is also a crack in the right engine cover, so we fix it by welding.

 

CIMG6388.JPG

 

その他 小さな傷は、先ほどの研磨担当 菊地に磨いてもらい、修復完了・・

Kikuchi polished other small flaws and the repairs were completed.

 

CIMG6389.JPG

 

右エンジンカバーも ご覧の通り、 きれいに治りました!

As you can see, the right engine cover was beautifully repaired!

 

CIMG6305.JPG

CIMG6306.JPG

 

これにて エンジンの下準備は完了!・・ この後、耐熱の塗装工程に行きます。

塗り上がるまで 少し時間が掛かるので、その間 いよいよフレーム作業に入りましょう!

CMS社 Mr.Mikeさ~んっ! お待たせしましたが 次回より シャシーに入りますよ~っ!

This preparation of the engine has been done!・・

After this, we begin the heat- resistant painting process.

It takes a little bit of time until we finish painting, so let’s begin the frame work!  

We kept you waiting but we will update the information about chassis next time,

Mr. Mike at CMS!

 

To Be Continued

陳さん カレンさん、来日です!

皆さん こんにちは!  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

2月4日 火曜日・・   この日 予報では、雪が 降るとか 降らないとか・・

CIMG6533.JPG

 

既に 霙まじりの 中、JR 錦糸町駅前に 来ております・・

実は、台湾から CHMOTOの 陳さん カレンさん ご夫妻が、来日しており

本日ここで、待ち合わせを してるんですが・・   寒っ!!・・

 

 

そして・・

 

CIMG6534.JPG

 

サンクチュアリー本店に、ようこそっ!・・

台北市の 大型バイクショップ、CHMOTO 代表の 陳さんですっ!・・

昨年6月に 中村が 台北を訪れて以来、 約8ヵ月ぶりの 再会でした・・ (^ ^♪

 

CIMG6537.JPG

 

☆は 陳さんと 会うのは、これが初めて!・・    早速ご挨拶 しとります・・

 

CIMG6538.JPG

 

気になる 工場見学・・  こっちも一同 「ニーハオ!」で、元気よく 挨拶・・

 

CIMG6540.JPG

 

ふと 陳さん・・  たまたま製作中 一台の RCM Z‐1に、くぎ付け・・

このマシンは、徳島県の K・Nさんから オーダー頂いた、RCM-283です!

K・Nさ~んっ!・・  この場で何ですが、ここまで順調に 進んでおり、来週には

完成すると 思いますんで、その時は また お披露目させて 頂きますね~っ!・・

 

CIMG6541.JPG

 

2階では ☆が、カレンさんに 何やら つぶやいております・・

タブレットの 翻訳アプリを使って、何か伝えようと している様なんですが

ど~も・・  セクハラじみた 内容に 聞こえるのは、気のせい・・?

 

CIMG6542.JPG

 

ひかれました・・ (^_^;)

 

CIMG6555.JPG

 

一方 こっちでは、大事な 打ち合わせ中・・

この 打ち合わせこそが、今回の 訪日目的でも あった訳ですから・・

 

そして、その 目的とは・・

CIMG6548.JPG

 

何と!・・   Z系 RCMを 更に3台、オーダーしたいとの 事でした!・・

 

CIMG6544.JPG

 

さ、3台かぁ~・・ (・_・;)      正直 出来っかなぁ~・・ って、感じですが

既に CHMOTO さんの お客さん達から、具体的なリクエストが 来ており

ここは ガンバって、やるしかないです!・・   台湾では今 かなり RCMが

認知されつつあるらしく、これで終わりじゃ ないだろな・・ とは 思ってたけど

まさか こんなに早いとは 思いませんでしたから、正直 ビックリです・・

 

CIMG6558.JPG

 

クロメカ、3台 よろしくねー・・♪        クロ 「は、はいっ!??・・」

 

CIMG6559.JPG

 

今度は 佐藤です・・   今後、台湾に RCMを 輸出して行く上での 法務的な

問題など、色々議論中・・ 一口に 輸出って言っても、ただ 造って送ってなんて

簡単な話じゃありません・・ 今後 目指す方向性が 今、生まれようとしています

 

そんな 真剣な議論も、ひとまず終了・・

CIMG6570.JPG

 

根詰めた 打ち合わせの 後は、お決まりの このパターン・・ (^_^;)

 

CIMG6563.JPG

 

お疲れさまで~すっ!♪ ・・

 

CIMG6564.JPG

 

・・・・・・・・・       いきなりみんな、 フェイスブッカーと 化しました・・

最近・・ どこ行っても こんなんだよ・・ (-_-;)

 

CIMG6567.JPG

 

宴も たけなわ? でしたが、ここらで お開きです・・

明日から、台湾に 向けての 新たな RCM構想、 進めて行きましょうっ!

本店スタッフ 一同、これからも ガンバりますんで、よろしく お願いしますねっ♪

 

 

陳さ~んっ! カレンさ~んっ!  次は台北で また 会いましょう~っ!!・・

 

中村流 Ninja アップグレード術 ‐Ⅱ(その5)

皆さん こんにちは  サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

節分が、近づいて参りました・・

春めいた日も あり、シーズンに向けて 益々 納期に追われる、本店です

断ち切れず 続く 尋常じゃない 忙しさに、RCM-001・・ ちっとも 進まず・・

ROAD RIDER 月岡編集長っ!・・  申し訳 ありませんっ!・・ <(_ _)>

足かけ3年?・・ の 我が愛機 RCM-001 ですが、今は お客さんの車輌に

集中して行かないと 身が回らない 毎日にて、ご迷惑 お掛け致します・・

 

RCM クラフトマンシップ車輌 として 製作している、この RCM-243 も

3月後半には 完成せねば ならず、ひたすらガンバる の~み~ (高野風)

 

中村流 Ninja アップグレード術 (その5)です・・

 

CIMG6339.JPG

 

SCULPTURE RCM専用 スイングアームを、組み付け中・・

ただ、成り行き的に 淡々と 組んで行く訳では ありません

リアに 充分なトラクションが 掛かる様なイメージで、細かく 組み付けます

 

CIMG6410.JPG

 

こちらは、シングルシート化に 伴って 必要となる、シートレールブラケット・・

右側の ブラケットなんですが、今回は ちょっと工夫を 凝らしてみました・・

 

CIMG6411.JPG

 

下側の シートレールを、メインフレームから 伸ばす為の マウントブラケット・・

フレームに マウントを直接 溶接するのではなく、脱着が出来る ブラケットを

ステップメインプレートと 共締めできる構造に しました・・   こうする事で

ノーマルのシートレールに 戻す事が でき、シングルシートと ノーマルシートの

両方を 楽しめる事が 可能な訳です・・ (^ ^♪

 

CIMG6412.JPG

 

ピボットナットには、こだわりの メナカイト チタンナットを 奢りました・・

もちろん、表面仕上げは “ FGチタン”!・・   こいつはホントに、特別・・♪

 

CIMG6404.JPG

 

フロントキャリパーが 到着・・  キャスティングモノを チョイス・・

 

CIMG6407.JPG

 

倒立エクスモード ラジアルマウントキャリパー 仕様です・・

 

CIMG6530.JPG

 

OHLINS 倒立フォーク FG424は、フォーク側ブラケットも ラジアル取り付けの

構造ですから、当然キャリパーも ラジアルに・・  フォーク側が サイドマウントで

キャリパーだけ ラジアルと言う 組み合わせだと、ラジアルの優位性も 半減・・

あくまで 個人的な見解ですが (う~ん・・ 正直 これって・・) と、違和感あったんで

完璧な ラジアル構造に、ちょっと 心 ときめいております・・ (^ ^♪

 

CIMG6441.JPG

 

アッパーカウルが、仮組みされました・・

 

CIMG6439.JPG

 

トップブリッジ上の セパレートハンドルとは 言え、カウルのカットは 必須・・

 

CIMG6443.JPG

でも、なるべく カウルの面積を・・  少なくしたくは ないですよねぇ~・・

ここでも 10mm程 ローダウンした カウルステーが、意外に効果を 発揮です!

CIMG6446.JPG

 

最小限の カット加工で、勝負!・・ (笑)

常日頃 「こういう フォルムは、徹底的に 妥協すんなっ!・・」と、言っております

もちろん センスも必要!・・   機能に直結 してなくとも、すっごく重要!・・

 

そして・・

 

CIMG6462.JPG

 

ツバサ作・・         う~・・ん・・ 上手です・・

中村に 横槍 入れられながら、さぞかし作業 しにくかっただろーなぁ~ (^_^;)

 

RCM-243 Ninja フォーミュラー Package  次回は エンジン搭載です・・

 

 

= 業務連絡 =

突然ですが、明日3日(月) 中村は お休みを頂きます。

4日(火)は 出勤してますが、台湾から CH MOTO の方達が 来日される為

終日 業務対応が できません。 ご迷惑 お掛けしますが よろしくお願いします

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.