Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

台湾へ! RCM-313 Z‐1 (PART‐4)

こんばんは! サンクチュアリー本店 代表の 中村です・・

台湾への RCM 第2弾!   RCM-313 Z‐1 Part‐4です!

 

大家好! 我是SANCTUARY總公司的 代表取締役社長 中村!

將向台灣出口的 RCM 第二彈!  這是 RCM-313 Z‐1的 Part‐4 !

 

CIMG8762.JPG

 

前回から 引き続き・・   フレーム編を 進行中

上一次的繼續・・   車架篇進行中

 

CIMG8970.JPG

 

Z系フレーム、最大の 泣き所である ステアリングヘッド下部に、パイプ状の補強を

施しました。 なるべく フロントエンジンマウント 近くまで パイプを 伸ばしてやるのが

より 効果的な レイアウトです

 

Z系列車架, 最大的弱點就是龍頭頭部的下方, 已進行管狀的加強。

管子延伸到越靠近前引擎吊架附近效果就更佳

 

CIMG8975.JPG

 

続いては ドライブチェーンライン 軌道を 確保する為の、インライン処理・・

接下來是確保鏈條的軌道, 內鏈條的處理・・

 

CIMG8972.JPG

 

リアアームの スイングを イメージして、カットラインを 決めて行きます

根據後搖臂搖擺的形狀, 再決定切割線。

 

CIMG8979.JPG

 

カット加工に 入りましょう・・

開始切割的加工吧・・

 

CIMG8981.JPG

 

シビアさが 要求される 部分ですので、慎重に・・ 正確に 進めます

這是要求很嚴格的部分, 所以需要慎重・・ 正確的進行

 

CIMG8994.JPG

 

はめ込む部材も 製作・・ SS400材の 2mmプレートを、曲げ加工しました

嵌入的零件做好了・・  將SS400材料的2mm板進行彎曲加工

 

CIMG9008.JPG

 

とにかく 隙間なく ピッタリしたものを 造り、溶接してやらないと ダメ・・

沒有縫隙完全一致, 要焊接起來才行・・

 

CIMG9009.JPG

 

カットラインや はめ込み部材の 精度は 絶対重要・・

その上で 専用の固定治具を 噛ませて 溶接して行きます

 

切割線和零件的準確度是絕對重要的・・   在其上將夾具咬合後進行焊接

 

CIMG9011.JPG

 

出来ました!・・

 

精度は もちろん、 強度だって レースに 使用出来る 十分な ものです

台湾 CHMOTO の 陳さ~ん、カレンさ~んっ!

RCM-313  Z‐1、順調なスタートを 切ってますんで、ご安心下さいね~っ!

 

完成了!・・

 

不管是準確度, 還是強度都是完全可以搆得上賽車時使用的。 

台湾 CHMOTO 的  陳先生,Karen小姐!

RCM-313  Z‐1, 進展順利,請放心吧~! 

 

 

オランダから!CB1100R Part‐23

皆さん こんにちは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

オランダCMSの CB1100RC、シリアルナンバー RCM-282 Part‐23です!

 

Hello, there! I’m Nakamura (President and Representative Director of AC

Sanctuary) posting this article from the Head Office… This is Part 23 of a

series of articles on Restomod Project for CB1100RC (with the serial number

RCM-282) commissioned by the Dutch company CMS!

 

CIMG8237.JPG

 

車体を 構成する部品を、取り付けて行きます・・

Installing parts that make up the body…

 

CIMG8243.JPG

 

マフラーを 取り付ける 為の、専用スタッドボルトを 取り付けます

A special stud bolt is used to fasten the muffler. 

 

CIMG8244.JPG

 

そこに エキゾーストパイプを 差し込む為の、フランジ部品を 取り付けて・・

Installing a flange where the exhaust pipe will be inserted…

 

CIMG8245.JPG

 

NITRO RACING製の マフラー・・     細かく輪切りした チタンパイプを

一つ一つ 溶接して 造り上げる、ウェルドクラフト 3D チタンマフラーです!

A muffler made by Nitro Racing… Finely cut sectional titanium pipes are

welded one by one to create a Weldcraft 3D titanium exhaust muffler!

 

CIMG8247.JPG

 

先ほど 取り付けておいた フランジに、エキゾーストパイプを 組み付けて行きます

The exhaust pipe is assembled on the flange that was previously attached.

 

CIMG8248.JPG

 

エンジン4気筒、全て エキゾーストパイプが 付きました。

溶接の美しさ、ウェルドクラフトならではの 複雑なラインが、厳つさを 醸し出してます

The 4 cylinder engine, with all exhaust pipes attached. The beauty of

welding, the complex lines specific to Weldcraft creates ruggedness.

 

CIMG8674.JPG

CIMG8414.JPG

 

先に アルミプレートで 製作しておりた、リアフェンダーブラケットの 位置を確認・・

Checking the location of the rear fender bracket that was previously created

from aluminum plates.

 

CIMG8673.JPG

 

実際に テールランプを 取り付けて・・

And actually install the tail lamp…

 

CIMG8362.JPG

 

周辺部品との 隙間、取り付け具合など、諸々 合わせの確認を しておきます

Verifying the space between the surrounding parts, the finish of the

assembly, and the way they all fit together. 

 

CIMG9282.JPG

 

外装 ファイバー製品に 一部 痛みがあり、この後の 外装ペイント工程前に、

少し 修正を行っておく 必要が ありそうです

There was exterior surface damage to a section of the fiber component, so

before the exterior painting process, it looks like some minor repairs will be

necessary.

 

CIMG8363.JPG

 

この段階に 来ても 意外に細かい 加工等があり、時間が 掛かるものだと

改めて 感じました・・             オランダ CMS社の Mikeさ~んっ!

RCM-282 CB1100RC、 次回も是非 見て下さいね~っ!

 

Even at this step, there are some very detailed processing procedures, and I

have been reminded once again how this is a time consuming task… Mike-san

from CMS Company in Holland!  RCM-282 CB1100RC, please take another

look next time!

 

To Be Continued

39の挑戦 番外編です・・

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

CIMG9267.JPG

 

今月発売の 月刊ロードライダーは、皆さん もう 見ましたか!?・・

空冷Z特集!    い・ いいですねぇ~・・ (^ ^♪    思わず 唸りますわ!

 

CIMG9271.JPG

 

中を見れば、各ショップさんの マシンと 共に、RCM も 紹介されております・・

 

CIMG9268.JPG

 

でも 一番良かったのは (個人的に・・) 何と言っても 巻頭特集の インプレ!

 

実は、尊敬する ライダーの 和歌山さんに、一度 乗ってもらいたかったんです

ノーマルフレームベースの 空冷Z で 59秒台に 入った、Zレーサー NEW1号機・・

評価は かなり 良かった様で、チューナー冥利に 尽きると 言うものでした

 

CIMG9270.JPG

 

この Zレーサー NEW1号機は、保安部品を 全て外した RCM ・・

もちろん、正真正銘の シリアルナンバー RCM-240 が、冠されております。

今現在、サンクチュアリー本店の 持ち得る 技術で、最高状態に 仕上げた一台

新メンバー体制で 6年振りに 復帰し、短期間で よく結果を 残しました・・

 

 

CIMG9269.JPG

 

いかに レーサーとて、乗り易さ・扱い易さが なければ、ライダーへの負担は 大きく

結果、タイムアップには 繋がりません・・  只でさえ、40年以上も 昔に 生産された

古いバイク ですから、1分切りを 狙うとなると、様々な完成度が 求められる訳です

 

とは言え・・  素性の良さや メンテナンスだけでは、届かない道程でも ありました・・

 

_TOG2058.JPG-2

 

何度 アタックしても、 Zレーサー 2号機の ベストタイムを、越える事が 出来ず

バランスこそは 最大の武器! と、信念を持って 望むも、壁 高し・・

細かな 仕様変更は もちろん、コンマ1秒を 詰める為に、試行錯誤を 連発・・

 

_MG_0004.JPG-2

 

39の挑戦 再び・・ から  Round‐2 Round‐3 と 通じて、痛感したのは

Z系マシン、ノーマルフレーム ディメンションの 限界・・  と言う、結論・・

大会当日 「曲がり方が 一台だけ 違うね~」 と、色んな 人達から 言われました

 

やはり 車格が大きい・・  前後アクスルの 軸間も そうですが、ステムヘッドを

はじめ、車体を構成する 重要部位が、いちいち全部 遠い位置に あるんです・・

 

_MG_0145.JPG-1

 

ドカーん!と 加速して、フルブレーキング!・・ フロントタイヤを 潰した 反力と

倒立フォークの 剛性で クルッ!と 回頭し、あふれるパワーで また 立ち上がる・・

あの 最強・最速・・ 最凶クラスの マシン達と、同じ様に 走れなかったんです・・

だから ライダー上田には 苦労を掛けました・・  さぞかし シンドかった事でしょう

 

2014_05_11_TOT_39R_ueda7.jpg-1

 

終わり よければ、全て良しっ!・・

ノーマルフレームベースの 空冷Zで 見事! 59秒台 達成したんですから・・

 

_MG_9751.JPG

 

みんな よく ガンバりました・・       上田にも 感謝しています・・

もちろん、応援してくれた 企業や ショップの 皆さんにも、改めて 感謝を伝えたい

 

7年間も 掛けて、どうしても 1分切りが 出来なかった、Zレーサー 2号機を・・

たった 1年半で 越えたんですから・・   大したもんですわ・・

 

3蜿キ讖溘う繝。繝シ繧キ繧兔IMG_4992.JPG

 

サンクチュアリー本店の レース活動は、ひとまず休止と なりましたが

気掛かりな事が、ひとつ・・

オリジナルフレームを 駆使し、58秒台を 狙う 空冷Zが、いると言う事・・

それは もはや、 誰も 勝つ事が出来ない、クレイジーな 領域・・

今 こうしている 間も、虎視眈々と 闘志を むき出しに している事でしょう・・

 

_MG_9680.JPG-1

 

ならば!     39の挑戦も、 また ふたたび・・

新たな オリジナルフレームに 身を 纏った、39番で 立ち向かうのみ・・

 

今は 力を 付けよう・・    体制を 万全とし、全てを ぶつけられる 時を待つ・・

 

伝説第三章・・

ZレーサーⅢの 咆哮が、 筑波を震撼 させる日まで・・

 

ZZ‐Rの RCM、登場です!(その4)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

いやいや・・     ほんとに 困った 人達って、いるもんです・・

 

本店、 敗れたり~っ! とか・・      ベルトサンダーは 退職金! とか・・

そんな事 書かれちゃったら、世間様に 何て思われるか・・    ねぇっ!・・

 

本店勤務 時代も 「やれやれ・・ 困ったやつらだ・・」 と、思ってましたが

独立して 立派に 代表職に就いても、 相変わらず 困ったやつらです・・

 

「 私は 誰の挑戦でも、受けるっ!・・ 」

 

笹賀、   あの画像 撮ったの・・   一週間前だから・・

立入~!・・    ベルトサンダー 返せーっ!

 

と・・   いつまでも 本題に 入れないので、この辺で・・ (^_^;)

北海道 T・M さんの、RCM-290 ZZ‐R1100 その4ですっ!・・

 

CIMG8914.JPG

 

ステンレス材から 切り出した このプレートが、何かと 言いますと・・

 

CIMG9198.JPG

 

チョークノブを 取り付ける 為の、ステーでした・・

チョークノブ 本体は、ホンダ純正部品を 流用したもの・・  これで 便利です・・♪

 

CIMG9092.JPG

 

普通・・  スピードメーターって 言ったら、ワイヤーでしょ! ワイヤー!

なのに、スピードメーター 作業すんのに、テスター 使いまくっております・・

 

CIMG9086.JPG

 

前にも お見せした、スピードメーターの 速度を拾う ピックアップローターです・・

実は・・  造るのは これで 3個目・・  直径や 厚みなど、相性が 微妙なんです

 

CIMG9093.JPG

 

3度目の 正直・・   上手く 行きますように・・

 

そして   この メーター 作動テストを 行うべく、選ばれしもの!・・

 

CIMG9090.JPG

 

こいつです、こいつっ!・・     昔は なかったけど、今は あるものっ・・

Zレーサー用の エンジンスターター ですっ!

 

CIMG9097.JPG

 

全開で 回し切った際の タイヤ回転から、速度を 読み込ませようと 言う 試みで

既に 他の車輌で、全開時 何キロ 出てるのかは 調べ済みです・・

 

CIMG9103.JPG

 

・・・・・・・・・

 

CIMG9102.JPG

 

たぶん・・     いけてると 思います・・ (汗)

 

前回は 誤作動から、ピクッ・・ とか 変な動きが 入りましたが、今回は 大丈夫!

ピックアップローターを 3回 造り直し、それだけで 3週間以上を 費やしましたが

ようやく ゴールイン! した様です・・     (よかった よかった・・♪ (苦笑)・・

 

CIMG9110.JPG

 

ひとまず 外装で、癒されましょう・・ (笑)

 

スピードメーターは クリアー したものの、タコメーターは まだ 解決してません・・

あと もう少し、 なんだけどな~・・ (^_^;)

 

北海道の T・M さ~んっ!・・

だいぶ 時間 掛かっちゃってますが、いよいよ ラストスパートに 入りましたんで

もう少し、お待ち下さいね~っ!

あ それと、納税証明書&完済証明、無事 届いております・・

所有権解除、只今 進めておりますんで、ご安心下さいねっ!・・

 

それでは 皆さん、おやすみなさい・・

あくまで中村流で、RCM (その7)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

ふっ・・   夜中って ホント・・     落ち着きますよねぇ・・

 

なんて! 言いたいんスが、 別に 夜中に書く事 ねーじゃんっ!・・   みたいな

 

そ!・・    何も こんな時間に ねぇ!・・    なんて・・

キーボードに、八つ当たり してみても 仕方ないか・・

 

よく見りゃ、菅原も 道岡も、似たような時間に 更新 してたしな~・・

あいつらと 違って 若くないから、12時過ぎると 眠いんだ これが・・ (^_^;)

 

と まぁ、 グチばかり 書いてても 始まりませんっ!

遠い 南の方に 住んでらっしゃる、Y さんの RCM-307 Z1‐R・・

あくまで 中村流で、RCM その7ですっ!・・

 

CIMG8649.JPG

 

トルクロッドを 介さない 構造の、リジットマウント・・

専用の ボスブラケットを、削り出しで 単品製作 いたしました

 

CIMG8664.JPG-1

 

ドライブチェーンの 引きしろで、最も前に 来る位置と、最も後ろに 来る位置の

どちらでも 問題の無い 所に、ボスブラケットを 固定し 溶接してやります・・

 

CIMG8670.JPG

 

溶接 完了・・      これで トルクロッドは、不要になりました・・

この手の 固定法は、量産性のある 部品では、どうしても 企画的に 入りにくく

つい簡単な ピロボール採用式の トルクロッドに、頼りがちです。

ピロボールジョイントは、制動時の ブラケット捻じれが 起こる、原因の一つ・・

パッド編摩耗を 起こしやすいから、この構造の方が 大きく 利点がありますね

 

 

リアキャリパーブラケットの 固定方法が 決まった 所で、 続いては・・

 

CIMG9117.JPG

 

ドライブチェーンスライダーの 取り付け部を、造ります・・

少し前に、車体に 仮組みして 罫書いておいた 部位を、切り取ります・・

 

CIMG9119.JPG

 

アルミプレートを 曲げ加工&溶接で、こんな感じに 仕上げてやり・・

 

CIMG9123.JPG

 

先ほど 切り取った 部位に はめ込み、溶接してやります・・

 

CIMG9126.JPG

 

出来ました ♪ ・・

ドライブチェーンラインと、ほぼ平行に 加工された レール・・

ここに 専用の スライダーが、収納されます・・

 

CIMG9127.JPG

 

パシッ!・・     ぴったし・・♪       気持ちが いいです・・ (^ ^♪

 

うーむ・・  これ、完璧に ピッタシだから 良かったですが、これが 万がいち

ガタが あったり 斜めだったり したら、 も~・・ その フラストレーション たるや

考えるだけで、恐ろしいです・・ (苦笑)

 

CIMG9129.JPG

 

この チェーンスライダーは、実際の 取り付けに あたり、下に ベースとなる

シムプレートを 挟んで、取り付けを いたします・・

シムプレート式を 用いたのは、チェーンスライダーの フロント側、強度不足が

あり得る為、強度ブレースを 必要とした事が、本来の 目的ですが、それ以外にも

ドライブチェーンの 摺動に対し、スライダーのテンションを シムで 微調整すると

言うのが、狙いの ひとつでも ありました・・

 

この手の部品に 調整機能を 持たせられるのは、大変 良い事だと 感じます・・

 

 

遠い 南の方に 住んでらっしゃる、Y さ~んっ!・・

RCM-307 Z1‐R・・    ま~だ 時間、 掛かりそうですわ~っ!・・

 

最近の 近況報告です!(8月18日)

皆さん こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

今年は ” 展 ” の年!・・

そう定めて 臨んだ 年頭でしたが、一年も 真ん中あたりを 過ぎ、あらためて

(おいおい・・  ここまで 展 かいっ!・・) と、自分でも ビックリしてます・・

と 言うのも、ここまで 速度感のある 様々な 流れや出来事が、あったもんで・・

 

いやいや・・   もぉ~ 充分ですわ!と、言う感じ・・ (^_^;)

 

今年 吹いた風・・  もちろん、良い話が ほとんどですが

皆さんにも いずれ その内、 こんなんでした!と・・  お話し致しますね・・

 

では、大変 お待たせしてます 最近の近況 シリーズ 8月18日編・・

本日は いつもより 画像多く しかも 眠いので、コメント控え目にて 行きますっ!

 

CIMG9161.JPG

 

長野県在住 M・M さんの、カタナ・・

 

CIMG9162.JPG-1

 

パッ と見 わかりずらいですが、シートレールを、大幅に 造り直した 一台・・

わかりずらく 仕上がってるのは、その分 良い仕事が出来た 証でもあります・・

 

CIMG9163.JPG

 

担当メカの 小針・・    板金や 溶接のセンスが、非常に良い 男です・・♪

小針っ!・・  いつまでも 初心 忘れず、自らに厳しく  いてくれよぉ~っ!

 

M・M さ~んっ!・・  予定通り 明日 配送手続き、行きますからね~っ!

 

CIMG9170.JPG

 

神奈川県 C・O さんの、RCM-298 Z‐1・・

 

CIMG9173.JPG

 

欠品 続きだった、NITRO製 ウェルドクラフト マフラーが 到着しました・・

何度 経験しても マフラーを 変えるって、ワクワク しますな・・ (^ ^♪

 

CIMG9174.JPG

 

現在 左右のメーターは、スペシャル仕様に するべく モディファイ中・・

 

C・O さ~んっ!・・   そろそろ 受け取り準備、 始めといて 下さいよーっ!!

 

CIMG9133.JPG

 

広島県 E・M さんの、RCM-116 Ninja スポーツパッケージ TYPE‐R・・

 

CIMG9149.JPG

 

この RCM-116も 晴れて 明日、車輌配送の 手続きを いたします・・

 

CIMG9150.JPG

 

アンダーカウルの ロゴ ステッカーも、クリアー処理 済みにて バッチリ!・・

 

E・M さ~んっ!・・   この RCM-116 TYPE‐R、 もうすぐ 届きますんで

永く たくさん 楽しんで、乗って下さいね~っ!・・♪

 

CIMG9164.JPG

 

新潟県 T・S さんの、RCM-302 Z‐1・・

現在 ロードテスト 最終段階で もう少しで 納車 と、言うところまで 来てます

 

CIMG9165.JPG

 

只今 112km・・    これでは まだ 足りません・・

キャブ ・ サス ・ ブレーキ・・  オイル漏れの チェックや、ポジションの 状態など

徹底的に、ネガな部分を 探しては 作業を施すの、繰り返し・・

製作プロセスよりも、この 最後工程 テストの方が なんぼか キツいですな・・

 

CIMG9166.JPG

 

担当メカの シンゴ・・    怠ける事を 知らない、ストイックな 男です・・

 

T・S さ~んっ!・・   いよいよ納車も、近くなって 来ましたが・・

何か ミラーが ですね・・    見えないみたいっスよ~っ!・・ (^_^;)

 

CIMG9184.JPG

 

川崎市 J・E さんの、RCM-308 Z1‐R・・

サンクチュアリー メカ ブランド製の アイドラーパーツが、丁度 欠品しており

少し作業が 止まっておりましたが・・

 

CIMG9179.JPG

 

ようやく 納品され、ふたたび 作業再開・・

 

CIMG9182.JPG

 

きっちり、オーバーホールを 施した シリンダーヘッドも、この通り!・・

肝心要な バルブ廻りの シール性も、バッチリ・・

各部 数値の バラつきも、もちろん 最小値に 仕上てあります・・

 

J・E さ~んっ!・・  予定通りに 進行してますんで、ご安心 下さいね~っ!

 

 

最後に、RCM-303 カタナ FINAL EDITION 兵庫県の H・Y さんっ!

かなり時間 掛かりましたが、ようやく 終わりましたよ~っ!・・

いやぁ~ 今回ばかりは・・  中村も大地も マジで、大変でしたわ・・ (^_^;)

近く RCMギャラリーにも アップする 予定ですので、お楽しみにっ!・・

 

今月中に 納車 できればと 思ってますんで、よろしく お願いしますね~っ!

 

台湾へ! RCM-313 Z‐1 (PART‐3)

こんにちは! サンクチュアリー本店 代表の中村です。

台湾への RCM 第2弾!  RCM-313 Z‐1 Part‐3です!

 

大家好!我是SANCTUARY總公司的代表取締役社長 中村!

將向台灣出口的 RCM第二彈! 這是 RCM-313 Z‐1的 Part‐3 !

 

CIMG8693.JPG

 

フレーム補強用のパイプは 基本、一つ一つ 手作業にて 製作しています

框架強化所用管材基本上每一個都是由手工進行製作

 

CIMG8695.JPG

 

手間は掛かりますが 材質に こだわり、形状や寸法、また 溶接部の 合い口精度に

こだわれば、今の所 手作業で造るのが 最良なんです

 

雖然耗費時間,但是為了保證材質、提高形狀、尺寸及焊接部位的精度,

目前手工製作可說是最佳選擇

 

CIMG8697.JPG

 

パイプ補強材は、ある程度 テンションが掛かる 状態にまで 打ち込みます。

どの位?かと 聞かれれば、体で覚えた 感覚なので 上手く 伝えられませんが・・

 

管材強化材料必須要施加一定程度的張力,

如果要問施加多少?只能說全憑個人自身感覺而無法給出準確的資料了・・

 

CIMG8702.JPG

 

続いては、プレート形状の補強材を 造ります

接下來,我們要製作板形強化材料

 

CIMG8703.JPG

CIMG8704.JPG

 

専用の 型を用いて 1.6mmの 板材を、変形させて行きます

使用專用模具對1.6mm的板材進行變形加工

 

CIMG8705.JPG

 

フレーム補強を 行う上で 最も 気に掛けている事は、

何と言っても 重さを 増やさない事・・

在框架強化過程中最重要的就是,儘量不要增加框架的重量・・

 

CIMG8706.JPG

 

たかが 補強材如き などと、あなどっては いけません・・

肉厚は 1.5mm または 1.6mmまでの 厚みに こだわらないと、たちまち

全体では 重くなってしまいます

 

千萬不要因為是強化材料而產生輕視・・

如果不能保證厚度在1.5mm或1.6mm以下,就會導致整體重量的增加

 

CIMG8711.JPG

 

だからこそ、なるべく薄くて 強い物を造る為の 工夫を、凝らすんです

正因為如此,我們必須為製作既薄又強的材料而想方設法

 

CIMG9132.JPG

 

例えば この、ガセットプレートなんかも その一つ・・

1.6mm材でも 2mm以上の 厚みを持つ補強材より、強くする為の 工夫です

 

比如說,這個角撐板的加工方法就是其中之一・・

通過加工使1.6mm的板材比起厚度為2mm以上的板材強度還要高

 

CIMG8712.JPG

 

一度 溶接してしまったら、中々 直す機会が持てない フレーム補強な だけに

より 効率的で かつ 効果的な補強を 施す事!・・

この一点に 尽きる!と 言っても、過言ではありません・・

台湾 CHMOTOの 陳さん、カレンさ~んっ! またメール お待ちしてますね~!

 

一旦進行焊接 ,框架強化就不容易再次修改,

所以必須要進行更高效、更有效的強化!・・

必須要全力以赴!就是這樣說也不言過其實・・

臺灣CHMOTO的陳先生、Karen小姐! 我期待再次收到你們的來信哦~! 

 

オランダから!CB1100R Part‐22

皆さん こんにちは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

オランダCMSの CB1100RC、シリアルナンバー RCMー282  Part‐22です!

 

Hello, there! I’m Nakamura (President and Representative Director of AC

Sanctuary) posting this article from the Head Office… This is Part 22 of a

series of articles on Restomod Project for CB1100RC (with the serial number

RCM-282) commissioned by the Dutch company CMS!

 

CIMG8169.JPG

 

車体に装備する 細かい部品を、取り付けて行きます

We are installing fine parts that will be equipped on the body.

 

CIMG8176.JPG

 

バッテリーケースなど、当時の部品は 痛みが 激しかったので、

粉黛塗装を施すなど 綺麗に仕上げて 取り付けました

The battery case was heavily damaged at the time, so powered paint was

applied for a clean finish, and then attached.

 

CIMG8179.JPG

 

先日 試作しておいた アルミ製 リアインナーフェンダーの、取り付け具合も 確認

The mounting was verified for the aluminum rear inner fender that was made

on a trial basis the other day.

 

CIMG8196.JPG

 

メーターが、専門の業者さんから 仕上がって来ました・・

The meter is being finished by the specialized vendor...

 

CIMG8195.JPG

 

中央に位置される タコメーターのみ、ホワイトパネル仕様に・・

日本でも リクエストの多い RCM のロゴを、メーターパネルに プリント致しました

 

Only the tachometer located in the center has been specified for the white

panel. The RCM logo, which is also frequently requested for in Japan, has

been printed on the meter panel.

 

CIMG8203.JPG

 

3つのメーターを 組み付けて、アッセンブリーだと こんな感じ!・・

カッコ いいです・・♪

Upon installing the 3 meters, this is how it looks like when assembled!  

..It’s cool...♪

 

CIMG8070.JPG

 

メインキースイッチを 取り付ける為の ブラケット、アルミ削り出しの 単品製作物

The bracket used to mount the main key switch, is one of a kind made to

order item that is carved from aluminum.

 

CIMG8206.JPG

 

早速 ブラケットを、取り付けて・・

And then mount the brackets immediately ...

 

CIMG8208.JPG

CIMG8209.JPG

 

この RCM-282 CB1100RCに 最初から 付いていた メインキースイッチは、

故障していたので 急遽 代替え品を用意・・

新品が入手 出来ないので、状態の良い中古を 用意しました

 

The main key switch that was installed on the RCM-282 CB1100RC from the

beginning was not functioning, so a substitute product was quickly

prepared.  Since new parts could not be obtained, used parts in good

condition were used. 

 

CIMG8235.JPG

 

続いては 点火系部品・・   日本の ASウオタニ製 SP-Ⅱを 採用!

Next comes the ignition system parts, using SP-II made by AS Uotani in

Japan. 

 

CIMG8234.JPG

CIMG8745.JPG

 

SP-Ⅱを 組み付けて行きます・・

オランダ CMS社の Mikeさ~んっ! RCM-282 CB1100RC、

細かい作業 中心ですが、順調です! 次回も是非、楽しみにされて下さいね~っ!

 

So we continue with installing the SP-II. Mike-san of CMS Company in the

Netherlands -! RCM-282 CB1100RC involves detailed procedures, but things

are proceeding on track! Please definitely look forward to next time!

 

To Be Continued

 

サンクチュアリー本店 業務連絡

明日 8月10日(日)に 筑波サーキット コース1000で 開催予定でした

ロードライダーフェスタ ですが、残念ながら 悪天候の為 中止となりました

急な展開ではありましたが、10日(日)は 通常通り 営業致しますので

よろしくお願い致します

 

サンクチュアリー本店  (株)ノーブレスト  代表取締役 中村 博行

最近の 近況報告です!(スポパケ編)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

今日は 何故か、  やたら 眠い・・

眠いが故に、淡白な内容に なるかもしれませんが、ど~か お見逃し下さい・・

 

明日は いよいよ、ロードライダー フェスタ・・

会場が 筑波の ショートコースと 言う 事で、T ・O ・T で 活躍してる マシンが

何台か、デモランする 予定なんですが・・    どうにも 空模様が・・

 

天気さえ 良ければ、RCM-240 Zレーサー NEW1号機の、引退走行に

なるはず なんですが・・    どうやら台風に、阻止されそうな 気がします・・

 

ノーマルフレームベースの Zで、筑波サーキット 59秒台を 達成した 1号機・・

今回のデモランが 中止に なったら、引退しそびれ?・・ と 言う事に・・

それはそれで・・    複雑な心境だな~・・ (^_^;)

 

奇跡が起きて 走れる コース状況 だったら、デモランは 午後からですので

もしも 来れそうな人は、是非 見て下さいね!・・

 

お待たせの 近況報告シリーズ、 今回は 2台の スポパケ TYPE‐R ですっ!・・

 

CIMG9002.JPG

 

一台目は 東京都在住 H・N さんの、RCM-305 スポパケ TYPE‐R・・

構成する パーツ群は、おおよそ 取り付けられて いるんですが・・・

 

CIMG9003.JPG

 

ホイール ・ タイヤ ・ ディスクが、何故か?  こんなん・・

車輌を 立ち上げた 際の 転がし用ホイールを 組み付けていましたが・・

 

CIMG8992.JPG

 

ようやく到着した 待望のホイール・・   O・Z レーシング製 PIEGA!

実は ガンメタに アルマイト処理を 施しており、少し時間が 掛かってました・・

 

CIMG9004.JPG

 

早速、SUNSTAR製 RCMコンセプト PREMIUMディスクを 取り付け

フロントから 組み付けて行きましょう・・

 

CIMG9033.JPG

 

H・N さんっ・・    これ、 どうですかっ?・・

スピードメーターは マイル計 だったものを、km計に 変更しました

 

CIMG9018.JPG

 

メーターの組み換えが 終了した 所で、エンジンオイルと 冷却水を 補充・・

無事、エンジンに 火が 入りました!・・

後は 細部を 仕上つつ、最後は 外装ペイント 待ちとなります・・

 

H・N さ~んっ!      ここまで 順調ですんで、 ご安心をーっ!・・

 

 

CIMG8997.JPG

 

続いては、広島県 E・M さんの、RCM-116 スポパケ TYPE‐R・・

登録も終わり、この 1~2週間 ロードテストを 繰り返して おりましたが

キャブレターの パイロット領域から スロットル 1/8 開度付近の 調子が悪く

(こ・・  これは いかん・・ (汗)  と、はまりかけて いたのですが・・

 

CIMG9087.JPG

 

E・M さんの ご理解を 頂き、思い切って キャブ本体を 別のものに チェンジ!

結果、全くの 別モンに なりました!・・

 

CIMG9088.JPG

 

担当メカは 中村&小針 ですが、急遽 畔柳も ヘルプで 調整に参加・・

3人で セッテイングを 検証しつつ、乗り込んでおります・・

 

CIMG9112.JPG

 

何回かの セッテイングを 試み、気が付けば 日が 暮れて来ております・・

どんなに綺麗で カッコ良く 出来てる バイクでも、ロードテストは 絶対必須!

乗り込んで、変えて・・  その繰り返しで 良い所を 見つけて行きます・・

 

費やす時間は 膨大・・     忍耐力は 絶対に 必要ですね・・

 

CIMG9113.JPG

 

・・・・・・・・・・

蚊がブンブン 飛んでるのに、 まだ何か 言い合ってます・・

 

「あ・・ あのさ・・    も~ いいから・・」

「気持ちいい位、調子良く なったんだから、 も~ いいからっ!・・ (汗)」

 

まだ 先があるかも?・・   そう 考えると、終わらないんだよな・・ (^_^;)

 

E・M さ~んっ!・・   メール 送りましたんで、見て下さいねーっ!

いよいよ納車、 カウントダウンですよーっ!・・

 

 

= サンクチュアリー本店 業務連絡 =

8月10日 日曜日は、茨城県 筑波サーキット コース1000で、開催される

ロードライダーフェスタ 開催の為、終日 お休みとなります。

当日は午後より、Zレーサー NEW1号機の デモランが 予定されていますが

雨天の場合は、残念ながら デモランは 中止となりますので、ご了承下さい。

11日 月曜日からは、通常営業 しておりますので、よろしく お願い致します。

RCM-302 Z‐1 完成です!

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

昨日~今日に かけての、この暑さ・・     凄まじいです・・

これだけ暑いと、マジメに 空冷マシンには ダメージが 出そう・・ (汗)

ビッグボア&ハイコンプの 空冷エンジンは、要注意!・・ って 感じですね

 

ARA‐BULL 店の ブログ   久しぶりに 見ましたな・・

最初に 思い浮かんだのは (い・・ 生きてたぁっ!・・) でしたが・・ (^_^;)

笹賀らしい 面白いブログ でしたが、ヤツも完全 オーバーヒート気味 でしょう・・

笹賀ぁーっ!   自分にも いいオイル 入れんと、 熱ダレ すんぞ~っ!

 

ちなみに 私は 既に、タレて来て おります・・

 

CIMG9079.JPG

 

人は タレても、 店は タレずっ!・・ (笑)

新潟県 T・S さんの RCM-302 Z‐1が 完成しましたので、お見せしましょう!

 

CIMG9081.JPG

 

この猛暑の中、撮影に 行って来た 二人・・    大地と シンゴです・・

最近でこそ 行かなくなりましたが、中村も よく 撮影現場に 自ら 行きました・・

管理者として 自分を棚に 上げず、自ら 先陣を切り、体を 酷使してこそ はじめて

回りが 付いて来るっ!・・  と、思い・・  ず~っと  ガンバって 来ましたが・・

 

ごめん・・   も~  ムリっ・・ (-_-;)

 

最近じゃ 社員達に 任せっぱなしで、頭 上がりません・・ (苦笑)

そんな訳で、ウチの社員達が 酷暑の中 撮って来た 画像を、お見せ致します

 

_TOG4096.JPG-1

 

RCM-302 Z‐1です・・

 

_TOG4129.JPG

 

丸Zに セパハン・・     この 組み合わせは 今も尚、色あせません・・

Z‐1に KZ系のラインが 斬新だし、カラーチョイスも 実に 中村好み・・♪

 

_TOG4108.JPG

 

この RCM-302・・  実は RCM クラフトマンシップ として、製作していた所

T・S さんから 先行予約を 頂き、途中から オーダーメイド式に なったもの・・

既に フレームが 出来あがって、足回りを 取り付けかけた 辺りでの 事だったんで

もう 殆どと 言って良い くらい、T・S さんの 好みで 仕上られております・・

 

_TOG4050.JPG

 

よくよく 考えると、シリアルナンバーが 300番台の RCMを ご紹介するのは

この RCM-302 が 始めて ですかね?・・

T・S さんっ!・・  300番台の 一発目!       見事先陣、切りました!・・

 

_TOG4035.JPG

 

いつもの事では ありますが、 扱い易く 乗り易く・・  永く 乗り続けられる事・・

月並みなコンセプトに 思えるかも 知れませんが、40年以上も 昔の 空冷Zで

このテーマを 実現させるのは、決して 容易な事では ありません・・

 

_TOG4166.JPG

 

この後、車検を取得し ナンバー登録 するのですが、まだ 終わりじゃ ありません

現在積算計は 0kmですが、ロードテストを 施すべく、距離を 伸ばします・・

少なくとも 200km~ 300km・・   「T・S さんっ、 乗らせてもらいますねっ!」

 

乗り込んで セットし、 乗り込んで トラブルシューティングを 繰り返す・・

季節がら かなりキツい 仕事なんですが、RCMでは 欠かせない事の ひとつ・・

旧車系の コンプリートマシンなら、絶対必要な プロセスだと 言えるでしょう・・

 

_TOG4026.JPG

 

T・S さ~んっ!     そんな訳で、もう少し お待ち下さいね~っ!・・

 

日に日に 空冷Z系車輌は、数が 減って来ております・・

実際 この1~2年・・   値段の 上がり方が ハンパじゃ ありません

中村の 心情としては 「いきなりかいっ!」 って 感じで、腹すら 立ちます

 

あと何年、何台・・   空冷Zでの RCMを 造り出せるか、わかりませんが

こんな時代に なってしまったからこそ、 より一層 大事にされて 下さいね・・

 

近日、 本店 RCMギャラリー の方でも 登場させますので、お楽しみに!

何より、納車の日を・・   心待ちに されて下さい・・♪

 

では、 おやすみなさい・・ <(_ _)>

ZZ‐Rの RCM、登場です!(その3)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

いやいや・・    おんなじ事 ばっか 書きますが、毎日 暑すぎです・・

昨日まで Z-1の フレーム補強・レイダウン・インライン処理を、やってたんですが

いつもなら 2~3日で 終わる所を、4~5日 掛かってしまいました・・

(う~む・・  歳かな?) って 思ったんですが、どうも 暑くて バテてるみたいで・・

昔なら 暑かろうが 寒かろうが、ガンガン やれてた事が、ど~も  最近は出来ず・・

チラッっと 横目で 社員達を見れば、それほど 気合いが 入ってないにも 関わらず

それでも 仕事は、しっかり こなしてたりして・・

 

気合いは 充分あるけど、仕事が あんまり 出来ていない人と

やる気は 見えないけど、丸一日中 きちんと仕事を している人・・

果たしてどちらが 良いものか・・ (^_^;)

その内 この手の 話題なんかも、ブログで 触れて見たいと 思います・・

 

北海道 T・M さんの RCM-290 ZZ-R1100の RCM、 その3ですっ!

 

CIMG8943.JPG

 

前回に 引き続き、ZX-12Rの メーターを 連動させる為に、試行を 錯誤中・・

今回は タコメーターでは なく、スピードメーターの 方に トライしています

 

CIMG8945.JPG

 

スチールの ムク棒・・    これを使って、これから ある物を 造ります・・

 

CIMG8942.JPG

 

旋盤で 適切な寸法に 削り出し、ダイスで ネジ山を 立てます・・

 

CIMG8944.JPG

 

こんな感じ・・    こんなのは、一般企画では 売ってない ネジです・・

このネジ山・・  実は ミッション、アウトプットシャフトの ネジと 同じ寸法で

DAEG用 ドライブ スプロケットナットに ネジ込ませる 為、造りました

 

CIMG8946.JPG

 

立てたネジ山の 具合を 見るべく、DAEG用ナットを 掛けて見ました・・

なかなか 良い具合で、出来ております・・

 

CIMG8947.JPG

 

DAEG用ナットも、適切な寸法に 加工し、先ほど造った ネジと  DAEG用ナットを

締め込んで 溶接し、一体型に します・・

 

CIMG8950.JPG

 

溶接で 一体型になった ナットを、今度は旋盤で 削り加工・・

旋盤に チャックする為、実際に アウトプットシャフトを 用いて 固定しました

 

CIMG8954.JPG

 

加工が終了し、出来上がった 部品が コレ!・・

スピードセンサーの ピックアップローターを 取り付ける為の、スプロケナットです

 

CIMG9076.JPG

 

この歯車は、スプロケットでは ありません・・   前にも お見せしましたが

スピードメーターの パルスを 拾う為に 造った、ピックアップロ-ターです

ハンドドリルに チャックし 回転させ、ピックアップコイルを 近くに 持って行き

スピードメーターが 正しく 反応するか どうか、 テストを 試みます・・

 

CIMG9074.JPG

 

ピクピク・・   おぉ~っ!・・  う・動いたぁ~っ!・・  (当たり前か・・ (^_^;)

 

ところが この後、 動いたり 動かなかったり・・・ ???

どうやら ピックアップローターとの クリアランスや、ローターの位置 厚さなど

意外に シビアな様です・・    つまり・・  まだ 終わってないと 言う事・・

 

CIMG9077.JPG

 

はぁ~っ・・       前途多難だわ・・ (-_-;)

 

失敗は 成功の基! なんて・・    言ってる 場合じゃ~ ありませんっ!・・

ちょっと 先行き 不透明な、や~な感じに なって来たんで、ここらで 楽しい事に

逃げましょうっ!・・(笑)     外装部品を、取り付けちゃいますっ!・・

何度見ても、カッコいいよ コレ・・♪

 

北海道の T・M さ~んっ!   予想外に 悪戦苦闘し、はまって来て おりますが

何とか ガンバって、素晴らしい マシンにしたいと 思い、奮闘して おりますんで

今しばらく お時間・・     お待ち下さいね~っ!・・

 

それでは 皆さん  寝ます・・    おやすみなさい・・ <(_ _)>

あくまで中村流で、RCM (その6)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

いやいや・・   毎日 暑いわ 忙しいわ で、心身共に バテ気味です・・

独立開業した 頃の 若さとパワーは ありませんが、経験値を 生かし切って

一日中 全力疾走してる トコなんかは、シンドイと言う 点で 何ら 変わりません

 

家に帰り ふと (最近、何やってんだかな・・) と、想いに 耽ったりする事も・・

かと 思えば、結局・・    夜中に ブログを書きだす この始末・・

も~・・  自分でも 救いようが ね~な・・  なんて、感じてますわ・・ (^_^;)

 

「昼間は 無理っ!・・   夜に 書くーっ!」 っと・・

あくまで中村流で、RCM その6・・  開き直って ガンガン! 行きますよ~っ!

 

CIMG8456.JPG

 

遠い 南の方に 住んでらっしゃる Y さんの、RCM-307 Z1-R・・

シンゴと ペアで 取り組んでいる このマシン、 今年一番の RCMに するべく

お店の 範疇を越え、中村個人の 想いも 重ねて、製作に 臨んでおりますが・・

 

CIMG8403.JPG

 

リアフェンダーレスは、特に何ら 変わりません・・

いつもの如く・・  ナンバーステーを 溶接補強し、アルマイト処理 したもの・・

 

CIMG8409.JPG

 

リアキャリパーブラケットの 図面を、書きました・・

より 制動感と コントロール性を 感じられる、ブラケット 完全リジット TYPEに

致します・・  ストリートでは、リアブレーキは ある程度 制動感が あった方が

扱い易くて、マシンを上手く 操縦 出来たりすると、考えているからです

 

CIMG8457.JPG

 

AP社製の リアキャリパー、CP4226-2SO・・

キャリパー本体 取り付け部側に ネジ穴が 設けられている 為、ブラケットとの

オフセットが 大きく、ベアリング圧入式 だと、捻じれが 発生し易く なるが故

完全リジット式の 方が 良いと言う 判断も、ありました・・

 

CIMG8610.JPG

 

結果、ブラケット本体部材が 厚くなる 傾向で、スイングアーム間に 収納する

ホイール ディスタンス系 パーツの トータルハイト値が、気になる ところ・・

 

CIMG8458.JPG

 

ホイールリム ÷ 2 の 数値に、計測している 片側の ハイト値を プラスすれば

ホイールセンターからの 左右 各々、数値が わかります・・

 

CIMG8616.JPG

 

造るべき部品の 数値が わかれば、後は 削り出してやるだけ・・

 

CIMG8617.JPG

 

ブラケットに 軽圧入する 形での カラーを、単品製作 いたしました

既に この状態で ホイール右側ハイトは、スイングアーム間に ボルトオン・・

この後の作業が 終わり 次第、アルマイト処理で 腐食対策を 施しますが

一端、センターが出た リアホイールを、スイングアームに 組み付けて・・

 

CIMG8634.JPG

 

ドライブチェーンを、ダミーで 掛けます・・

 

CIMG8637.JPG

 

こちらも、少し前に 造っておいた、チェーンスライダー・・

普段 SCULPTUREで 使ってるものよりも、だいぶ長く 出来ています

 

CIMG8641.JPG

 

実際に ドライブチェーンを 所定の位置に 張り、その軌道上に スライダーを

置いて、前後方向や 角度・・ また 高さなど、最も 適した位置を 探します

 

CIMG8643.JPG

 

スライダーの 取り付け方が 決まったので、スイングアームを 取り外しましょう・・

加工後は、また もう一度 取り付けして、他にも 確認すべき 所が 出て来るので

またまた 外して、取り付け・・   これが所謂、 複数回 分解脱着 って やつ・・

 

正直・・  かなり 気の長い事、やってんなぁ~・・  って、思いますわ・・ (笑)

 

遠い 南の方に 住んでらっしゃる、Y さ~んっ!・・

マフラー 決まりましたか~っ!?・・       また連絡、 下さいねーっ!・・

 

それでは 皆さん・・   おやすみなさい・・ <(_ _)>

台湾へ! RCM-313 Z‐1 (PART‐2)

こんにちは! サンクチュアリー本店 代表の中村です。

台湾への RCM 第2弾!  RCM-313 Z‐1 Part‐2 です!

 

你們好!我是 Sanctuary本社的代表取締役社長中村

將向台灣出口的 RCM第二彈! 這是 RCM-313 Z‐1的 Part‐2 !

 

CIMG8601.JPG

 

ベースとなる エンジンを 分解・・

作業してるのは 前回も ご紹介しました 佐々木真悟 メカ・・ 通称 ”シンゴ” です

受付窓口の 佐藤も そうですが、常日頃 決して スタンドプレーなく、忠義に あつい

中村にとって、本当に 信頼出来る 存在です

 

分解作為基礎的引擎・・

正在作業的是上次介紹過的 佐佐木真悟技師,通稱“SHINGO”

接待窗口的佐藤也同樣,平日里 從來不嘩眾取寵,確實是一位可以信賴的對象

 

CIMG8603.JPG

 

単に 分解すると言う 行為だけではなく、故障個所など 問題が ないかどうか

確認しながら 作業を 進めて行きます

 

並不是單純的分解行為,而是一邊確認是否存在故障等問題,一邊進行作業 

 

CIMG8604.JPG

CIMG8605.JPG

 

シリンダーヘッドを 外し、ピストン径を 測ります。  時々 大きなサイズの ピストンに

既に 変更されているものが あったりしますんで、要注意な 所・・

 

摘除汽缸蓋,測量活塞直徑。有時會出現被變更為大號活塞的,需要注意・・

 

CIMG8608.JPG

 

着実に 一つ一つ、分解を こなして行きます

一個個切實分解開來

 

CIMG8629.JPG

 

古いガスケットや カーボン等を 取り除き、梱包の準備・・

取出古舊墊圈和碳素纖維等,并準備包裝・・

 

CIMG8630.JPG

 

配送中に 破損する様な トラブルが ない様、 しっかり丁寧に 梱包します

為了不在運送過程中破損,我們會認真包裝牢靠

 

CIMG8631.JPG

 

この後 エンジン鋳造部は、ガンコート塗装工程へと 向かいます

少しの間、エンジン関係の作業は お預けですね・・

 

之後引擎鑄造部分將進入Gun-Kote塗裝工序  與引擎相關的作業將休息一小會兒・・

 

CIMG8687.JPG

 

中村は フレーム作業に 取り掛かりました

まずは 溶接する部部の、旧い塗装や 錆などを 取り除いて行きます

 

中村開始進行框架作業。首先是去除焊接部位的古舊塗装和 生鏽等

 

CIMG8692.JPG

 

フレーム補強に 使用する部材、”STKM13C” パイプを 使用・・

Z‐1のフレーム材質に 近く、かつ 溶接性と強度に 優れた部材で、ウチではもっぱら

この材料を 使っています。       次回より 加工をスタート しましょう!

台湾 CHMOTOの 陳さんっ・カレンさ~んっ!  今後の展開、見て下さいねーっ!

 

用於補強框架的部材,我們使用“STKM13C”管。 由於材質接近Z‐1框架,

還是一種具有高焊接性和強度的部材,我們一直 使用這種材料。從下次開始加工吧。

台灣 CHMOTO的陳先生、Karen女士!敬請期待今後的進展哦! 

 

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.