Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

オランダから!CB1100R Part‐26

皆さん こんにちは!  サンクチュアリー本店 代表の中村です・・

オランダCMSの CB1100RC、シリアルナンバー RCM-282 Part‐26です!

 

Hello, there! I’m Nakamura (President and Representative Director of AC

Sanctuary) posting this article from the Head Office… This is Part 26 of a

series of articles on Restomod Project for CB1100RC (with the serial number

RCM-282) commissioned by the Dutch company CMS!

 

CIMG9296.JPG

 

いよいよ 外装を ペイントするべく、細部の状態を チェック・・

良く見れば、あちこちに 修正の痕が あり、外装の形が ひどく歪です・・

 

We checked details in order to paint exterior….

Many repair marks here and there, The exterior has quite a bit of

deformation. 

 

CIMG9343.JPG

 

最も 状態が悪かった、テールカウル・・  そこら中、パテの修復痕が 見られました

The worst part was the tail cowl…..

There were so many spots that were puttied.

 

CIMG9339.JPG

 

せっかく 綺麗なペイントを 施すのですから、 なるべく形を 整えてあげたい・・

As it will be beautifully painted, we want to cooper it up…

 

CIMG9642.JPG

CIMG9641.JPG

 

一方で 車体の 作業の方は、ついに全て 終わろうとしています

Meanwhile, the bodywork is about to be completed finally. 

 

CIMG9334.JPG

 

クラッチワイヤーの エンジン側 ブラケットも、単品製作 致しました

We have produced the crutch wire bracket on the engine side, too. 

 

CIMG9658.JPG

 

そして 外装部品を、YF-DESIGN さんに 持ち込みます

Then, we brought the exterior to YF-DESIGN.

 

CIMG9660.JPG

 

この YF-DESIGN さんとは、もう かなり 古くからの お付き合いで、

長年に 渡り RCM のペイントを 担当して 貰って来ました・・

 

We have long time cooperation with YF-DESIGN,

and they have been taken care of RCM’s painting.

 

CIMG9663.JPG

 

代表の 深澤氏・・    いつもは明るい 同氏ですが、

ひとたび仕事に 向き合えば、笑顔はなし・・    信頼できる 人物です

 

The president Fukazawa…  He is always cheerful,

but once he is at work, his smile disappears. Trustworthy person, he is. 

 

DSCF7580.JPG

 

ある程度 修復しては 来たものの、いざ本格的に 下地作業に 入ってみれば

そこかしこに 問題発生・・

 

We have been repairing quite a bit, but once we start working on the base

coat, so many problematic parts show up…

 

DSCF7582.JPG

 

外装部品 殆どの 箇所に、補修作業を 施す事になりました・・

今回 ペイントよりも、むしろ この 外装 補修作業の方が 大変だった様です

 

Most of the exterior parts required repairs. This time, we have strove more

on repairing the exterior parts than painting them.

 

CIMG9667.JPG

CIMG9668.JPG

 

そして、ペイントが完成っ!・・

ついに これを組み付ければ、RCM-282 CB1100RC の 完成ですっ!・・

オランダCMS社の Mike さ~んっ!

この RCMー282 製作記も、いよいよ終わりが 近ずいて参りました!・・

次回、完成したマシン お見せ致しますんで、どうか楽しみに お待ち下さいね~っ!

 

Painting job, done! Once we mount them, RCM-282CB1100 will be

completed… Say, Mike at CMS of Netherland, we are finally getting close to

the end of this production report! Next time, we will show you the completed

machine. Please look forward to it!  

 

To Be Continued

RCM-304 KZ1000MK‐Ⅱ

こんばんは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

アビリティの 菅原が、何やら 深刻そうな 言葉を、ブログに 書いておりました・・

気持ちは わかりますが、まだ 仕事中に 書けるだけ、い~じゃないっ!!・・

って、感じですね・・     中村とて、ホントは テレビ見ながら 晩酌を しつつ

そのまま すぐ 寝たいんですが、ある方との 約束があり、奮起しておる 次第!

 

そんな訳で、深夜の 中村劇場  本日も 完成したばかりの RCMを 一台・・

宮城県在住 Y・O さんの、RCM-304 KZ1000Mk‐Ⅱ です!

 

_TOG1401.JPG

 

元々は 本店の HPにて ご紹介してました、RCM クラフトマンシップ 車輌の

RCM-304・・    担当は、中村 & シンゴの コンビにて 製作しました・・

その後 Y・O さんの 目に留まり、ご成約 頂いたんですが、更に その後は

Y・O さんからの 強烈な リクエストにて、現在の仕様に 至った経緯です・・

 

_TOG8921.JPG

 

良く見れば、かなりの 変更・・  アップグレード化が 成されています・・

それでも 一番最初の イメージは、消えておりません・・

角Zの 不器用な 雰囲気と、最新パーツとの 組み合わせに おいて、不自然な

融合を 感じさせない・・   これこそが この、RCM-304 の コンセプトでした

 

_TOG8789.JPG

 

半ツヤ消し黒の 中心 鋳造部に、ツヤ消し黒の カバー類を 纏った エンジン・・

Zレーサー 1号機にも 使用していた、深いバンク角に 対応する ポイントカバー・・

ちなみに この位 強いテーパーを 付けてないと、1号機は 擦って しまったんです

 

見た目は地味でも、アイドリングの 安定感と 回転の戻りに 優れた TMRキャブ・・

見た目の アピールより 実用性に ウエイトを置いて、造り込みしました

 

_TOG8794.JPG

 

唯一の 遊び心が、これ・・  OHLINS 倒立エクスモード パッケージ です・・

FG424を 用いて、フォーク側 & キャリパー側 共に、フル ラジアルマウント。

フロントアクスルも、倒立エクスモードに 付属される 専用 クロモリ中空シャフトで

キャリパーの マウント構造も 手伝って、高い フロント剛性を 確保しています

 

_TOG8867.JPG

 

NITRO RACING製 チタンサイレンサーの、ヒートポリツシュ バージョン・・

焼け色が ミーハーだ!・・  なんて、言わないで 下さいよっ・・ (^_^;)

車体全体を 敢えて リベラルな ダークトーンに 統一しているので、マフラーは

ワンポイントで、光ものを 採用したんです・・     似合うと 思います!・・

 

_TOG8938.JPG

 

RCMは、常に 進化しています・・

ここ最近 造られた RCM は、どれも皆 すごく 良く出来ていて、ロードテストで

走っていても 本当に 乗り易く、また 良く出来てる!・・  と 感じさせられます

調子の良い 状態にまで きっちり 仕上げ、納車してるのも ありますが、他にも

実に シャシーの ジオメトリーが、そつなく・・   17インチに マッチングしてます

速度域を 選ばず、良く 走るんで、これならオーナーも 喜んでくれる 事でしょう!

 

_TOG8761.JPG

 

ビジュアルも、どうです?・・     中村は とても カッコいい! と、感じます

完成したての この マシンは、今はまだ ピカピカの フレッシュな 状態ですが

これから オーナーと 共に 沢山の ロードを走り、少しづつですが 痛みも 現れ出し

このマシンだけの 歴史を、刻んで行く 事でしょう・・

 

_TOG1426.JPG

 

残念な事に 今、空冷Zは 全般的に 枯渇しようと しています・・

Z‐1も 凄い勢いで 減少してますが、この MK‐Ⅱなどは、手に追えない 状況で

もう 近い将来、手に 入れるだけでも 必死・・  みたいに なりつつあります・・

 

中村は 初めて買った バイクが Z系 だったし、 カワサキに 拘り、 Z系に 拘って

今日まで来た 人間です・・   だから、今の時代・・  これほどまでに 空冷Zが

なくなって しまうなんて、少し前までは 思いも しませんでした・・

 

Y・O さんっ!・・     貴重な KZ1000Mk‐Ⅱでの、RCM・・

大切に乗られて 下さいね~っ!・・

積年!ゼファー1100、RCM化 計画 (その1)

こんばんは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

中村 深夜劇場 新シリーズは、地元 江戸川区 T・S さんの ゼファー1100です・・

 

CIMG9669.JPG

 

元々は 当 本店で、何年か カスタムを進めて来た T・S さんの ゼファーでしたが

ある日突然、 愛機 ゼファー1100で 日本一周の 旅に出てしまいました・・

「戻ったら 念願の RCM やるよーっ!」 的、捨てゼリフを 残して 行ったんですが

帰って来て、ホントに車両を 置いて行かれ、ついに 計画スタートに 至った次第・・

 

CIMG9532.JPG

 

T・S さん、実は 建築会社の 社長さん なんですが、何でも これから 忙しくなるんで

全然 乗れなくなるから、今の内に 走りまわっとく!・・  とか、言っておりました・・

恐るべし、東京オリンピック フィーバー・・    何か ホントに 忙しそうです・・

まぁ よ~するに・・  これから すごく 景気がいい! って、事ですかね!・・ (^_^;)

 

CIMG9671.JPG

 

既に アチコチ 部品は 交換されており、かなりの カスタムマシンっぷり、なんですが

微妙な部分も 多く、今回 本格的に RCM として、生まれ変わります!・・

 

CIMG9672.JPG

 

担当メカは 中村&シンゴの 「ま~た この 二人かよっ!・・」 コンビです

シンゴは、ゼファーを みっちり イジった事が ないので、ワクワク してるみたい・・

 

そんな訳で 早速、全分解に 入ったんですが・・

 

CIMG9674.JPG

 

シ、 シンゴぉっ!・・      大丈夫かぁーっ!・・

めずらしく 険しい 顔つきとなった、シンゴ・・     原因はと 言うと・・

 

CIMG9675.JPG

 

・・・・・・・・・・・

 

CIMG9676.JPG

 

(き、 きたな・・ ^^;)      いえっ! 失礼っ!・・

そこら中 アチコチが、経年劣化で かなり 傷んでおり、頭痛い 状態・・

 

CIMG9684.JPG

 

進めば 進むほど、壊れて行ってる 気がする、不思議な バイクです・・ (^_^;)

 

CIMG9678.JPG

 

鉄の意志を 持つ男 シンゴも、 さすがに疲労を 隠せない様子・・

 

CIMG9685.JPG

 

と、まぁ、 冗談は さておき・・   ようするに 走ったマシンだと 言う事です・・

これまでも 良く 走って来たのに、最後に とどめの 日本一周で ガンガン・・

そりゃ~ アチコチ、痛みだらけに なりますわ・・

でも、これだけ走った マシンと 言うのは、何か 貫禄が あるもんだと 感じますね

 

CIMG9688.JPG

 

だが、 しか~しっ!・・      予想より 大変なのも、確か!・・

なるべく 再利用したい 部品は、徹底的に 洗浄し、キッチリ点検が 必要です

それはそれで、簡単じゃ~ ありません・・ (-_-;)

 

T・S さんの、ゼファー1100・・

積年の RCM化を 前に、難題山積では ありますが、ここは 腕の見せ所っ!

シリアルナンバーも、T・S さんの 奥様に ちなんで、RCM-321に 決定っ!・・

 

これから時々 お見せ致しますんで、よろしく お願い致しますっ!

 

ZZ‐Rの RCM、登場です!(最終回)

こんばんは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

只今 軽~く 酔いが 回っており、先程から キーボードの 押し間違いを してますが

この所 続く RCMの 完成&納車の ラッシュに、ブログを更新 しない訳にも いかず

おそらくは 明日も、勤務時間内に 書くのは 至難の業で あろうと 思いますので

眠気に負けじと・・  (やるぞぉーっ!) っと、自分に 言い聞かせて おりますっ!

 

実際 この所、何台もの RCMが 続々 完成しており、その勇姿を リアルタイムで

毎回 見せたいんですが、ブログ&フェイスブックの 方が、間に合って おりません・・

この後も 何台かの RCMを 引き続き ご紹介して 行きますので、オーナーの皆様

しばし お時間、頂ければと思います・・ <(_ _)>

 

それでは 本日の車輌・・    RCM-290 ZZ‐R1100 ですっ!

_TOG1644.JPG

 

かれこれ 一年越しの 製作と なった、RCM-290 ZZ‐R1100・・

オーナーは 北海道在住の、T・M さんで ございます・・

 

_TOG1599.JPG-1

 

RCM 初となる、ZZ‐R1100・・

正直、当初は どうなるのか 良く 見えず・・   困惑を 致しました・・

 

_TOG1560.JPG-1

 

でも、どうです?  この凛々しさ・・      カッコ良く ないですかっ!・・

オーナーの T・M さんから 「こんな風に したい!」 と 言う リクエストを 受けて

メールを やり取りし、見事に 仕上がりましたっ!・・

中村は、空冷Zや Ninjaで 育った 人間なんで、フルフェアリングの マシンに

多少なりとも 抵抗感が あったんですが、このマシンだけは 別っ!・・

お世辞抜き・・   魅かれますっ!・・

 

_TOG1620.JPG

 

フロントフォークは、スウェーデン OHLINS製 倒立フォーク FGRT・・

ホイールは、イタリア O・Z レーシング製 アルミ鍛造 PIEGA ネロテクノ・・

採用した パーツメーカー、ひとつ ひとつに 妥協なしっ!・・

予算優先の 微妙な選択 ではなく、 丁寧に 最高峰ブランドを チョイスしてます・・

 

_TOG1638.JPG

 

マフラーは この RCM-290用に 単品製作した、NITRO RACING製の チタン・・

一部 ウェルドクラフト工法で 造られた、マニホールドを 見せられないのが 残念!

 

_TOG1674.JPG

 

苦労した メーター廻り・・     ZX‐12R 純正品を 流用・・

電気式作動の タコ&スピードメーター・・   微小な 誤作動に 手を焼きました・・

問題点を クリアーし、仕上がった この メーターの存在感と 視認性は 格別!

中村は、かなり 好みです・・ ♪

 

_TOG1623.JPG

 

外装の カラーリングも T・M さんと 一緒に どうしようか? だいぶ 悩みました・・

これだけ 面積があると、ついつい グラデーションを 多用した 重厚ハデ系に

こてこて ペイント したくなるのが 普通と 言うもの・・

でも それじゃ~ 外装カラーで 魅了する、ありがちな カスタム車に なってしまう・・

RCMで あるなら、もうひとつ・・   本質的な凄みが 欲しいですから

シンプルな この カラーリングに なったのは、クロウト的な センスだと 感じますね・・

 

_TOG1680.JPG

 

ZZ‐R1100が、こんなに ブコツになるとは 予想もせず・・

何か、 もっと手を 入れたい!・・   最後には そう 思わされる マシンでした・・

 

_TOG1593.JPG

 

この RCM-290 ZZ‐R1100は、恒例の ロードテストを 終え、先日 無事

オーナーの 元へと、旅立ちました・・

 

中村も 試乗していて、懐かしく・・  同時に、このマシンの 高い ポテンシャル・・

動性能の 凄さを 改めて実感 させられました・・

 

そして この車輌の 登場は、今後の RCM製作に おいて、新世代の マシンを

意識させる、記念すべき 一台に なったのかも 知れません・・

 

T・M さ~んっ!・・    思えばここまで、紆余曲折 あり・・

色々と ご迷惑も お掛けしたかと 思います・・   申し訳ありませんでした・・

それでも今は、大変 良い経験を させて頂いたと、感じておりますっ!

完成した この RCM-290 で、北の大地を 疾走して 下さいねーっ!・・

 

RCM-308 Z1‐R です!

こんばんは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

季節はすっかり 秋めいて、ずい分と 過ごしやすく なりました・・

 

サンクチュアリー 本店は、相変わらずの 忙しさ・・   この秋 何台かの RCMが

完成し、晴れて納車の 運びとなる 予定・・    いわゆる 納車ラッシュ ですね・・

本日 お見せする マシンも、そんな中の 一台・・  RCM-308 Z1‐R です!・・

 

_TOG7415.JPG

 

オーナーは、川崎市在住の J・E さん・・

RCMでは 希少派とも 言える、前後18インチ ホイールシャシーの 仕様です・・

 

_TOG7469.JPG

 

ホイールは、モーリス製 マグ・・

どうせ 18インチで 行くなら、当時もので キッチリ 行きましょう!・・ と、決まり

本店に 1SETだけ あった、下取り品を 上手く活用 しました・・

 

_TOG7475.JPG

 

スイングアームは、ゼファー純正を 流用・・  エキセントリック式 アジャスターの

構造を利用し、リア車高を 極力 高くしない様 設定・・    これが 意外にも・・

理想的な ディメンションに 設定する事が 出来て、結構良い 相性でした・・

 

_TOG7430.JPG

 

前後 18インチ車は、後軸 荷重配分が 大事・・

17インチホイール車とは 全く 別モノと して、造り込むのが RCM流・・

車体姿勢は いつもと かなり 違いますが、狙って 造り込んだ 産物です

 

_TOG7487.JPG

 

ノスタルジックな 雰囲気を 重視 しながらも、あくまで 抑える部分は 柔軟に・・

キャブレターは TMRを 選択し、回転の 戻りの良さや、アイドリングの 安定感を

追求・・  マフラーは 手曲げに 拘った、NITRO RACING製 スチールメガホン・・

機能と ビジュアルを 両立するべく、さり気ない ハイブリッド感覚で 決めました

 

_TOG7463.JPG

 

経年変化により 劣化が著しい 純正 4連メーターは、KZ系の 2連に 変更・・

ノーマルメーターは 予想以上に 重く、ハンドリングへの 悪影響 大! なので

動性能に 効果あり!の、チョイスだと 思います・・

 

_TOG7457.JPG

 

この画像だけ 見れば、Z250FTと 見間違えそうな、Z1‐R・・

中村自身の 永年の 愛機も、Z1‐Rです・・     まぁ こう 言っちゃあ 何ですが、

Z1‐Rを 選ぶ人は 基本、へそ曲がりな 人が 多いんじゃあ ないですかね・・ (笑)

 

_TOG7508.JPG

 

ここ1~2年の Z系車輌 枯渇問題で、Z1‐Rも かなり 減って来ております・・

MK‐Ⅱほど 深刻では ありませんが、数は減るし・・ 値段は 上がるしで

近い将来 Z系は、手に入れるだけで 大変!・・ なんて 事に、なりつつあります

ホント・・  や~な時代に なりました・・ (-_-;)

 

_TOG7400.JPG

 

J・E さんも、この先の Z系車輌 購入を 危惧して、一念発起 された 一人・・

それも RCM と 言う、飛びっきりの 選択を されました・・

もちろん そんな想いに 応えるべく、最高の一台に 仕上げたつもりです・・ ♪

 

ノーマルとは、一味も ふた味も 違う ハンドリング・・

エンジンフィール だって、乗り比べれば ハッキリ 違いが わかるから、是非とも

ノーマル車輌に 出会って、乗り比べて もらいたいですねっ!・・

 

J・E さ~んっ!・・  先日無事 登録完了し、ナンバープレート 来ておりますっ!

既に ロードテスト、開始して おりますんで、納車も近い 事でしょうっ!

 

またご連絡、致しますよ~っ!・・

あくまで中村流で、RCM (その10)

こんばんは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

今夜も 中村深夜劇場の 始まり・・   あくまで 中村流で、RCM (その10)です・・

 

つい先日・・   この 現在製作中の RCM-307 Z1‐Rの ナーナーである、

遠い南の方に 住んでらっしゃる Y さんが ご来店され、 お土産を 頂きました・・

 

CIMG9648.JPG

 

Y さん、ありがとうございます・・    みんなで美味しく いただきましたよ・・♪

 

その後、Y さんと 後半作業の 打ち合わせをし、あらかた マシンの仕様も 決定!

今回は、中村の趣味も かなり取り入れて もらっており、大変 感謝 しております・・

中村自身が 担当メカニックに なると、中村の趣味が 入ってしまう・・  と 言う

オプションが 付いて来て しまうので、今まで 自分が担当した RCMでは 皆さん

ご迷惑な部分も あったかも?・・ (^_^;)

ついつい・・  想い入れが 強いと、のめり込む 悪い癖は、なかなか 治りません・・

その分、 最高に輝く 一台に 仕立てて 見せますんで、 お許しくださいねっ!

 

 

前回からの 続き・・

CIMG9453.JPG

 

ここまで だいぶ 時間を費やした スイングアームを、取り付けました・・

 

CIMG9455.JPG

 

スイングアームの 内幅数値は、254mm・・  片側 127mmの 左右対称型・・

この時点で 既に、ホイールディスタンスの 採寸測定は 完了しており、もちろん

左右 ホイールカラーは、アルマイト処理まで 含めて、出来上がってます・・

 

CIMG9456.JPG

 

だから、ボルトオンっ!・・        早いっ!  気持ちいい~・・♪ (笑)

 

CIMG9457.JPG

 

EK 530 RCM ドライブチェーン・・     ここで本組み 致しましょう

このドライブチェーンは、同じ 530サイズでも ほんの少し 幅が薄い 製品・・

520よりも はるかに 高い強度と 耐性を持ち、かつ 薄くて軽い 優れもの!

エヌマチェーンさんが 「RCMの 名称こそ 相応しい・・」 と、名付けてくれて

世に出た 逸品なんですが、実は 販売元は ワイケイ商事さんと 言う 会社で、

ウチじゃ~ ありません・・  (ウチらも 買ってる方で、重宝してます・・ (^_^;)

 

CIMG9459.JPG

 

エッジを 滑らかに 加工した スライダーに、ドライブチェーンが まるで 滑る様に

乗りました・・  チェーンに対して 真っ直ぐ センターに 来てるのも、GOOD!・・

 

CIMG9458.JPG

 

長く時間の 掛かった リア廻りが、完成 致しました・・

スイングアーム 本体は FZR1000の デルタ BOX・・

ピボットと チェーン引きは、SCULPTURE 製の RCM 専用 SPECIAL・・

スタビは、プレス造形で 押し出した 軽くて 強い バーリング モナカ仕様・・

フっ・・     完璧、 中村好みです・・

 

CIMG9414.JPG

 

続いては、アッパーカウルを 仮留め 致しましょう・・

純正は重すぎて、ハンドリング低下の 原因になるとの 判断から、社外製に 変更・・

もちろん 形状や寸法に 定評のある、TOMO‐FRP製を チョイス!・・

 

で・・   この アッパーカウルを 注文したら・・

 

CIMG9429.JPG

 

こんな おまけが、付いて来ました・・???

すぐ 隣にいた 石塚に 見せたら 「ジェイソン ですねっ!」 と、元気良く 言われ・・

 

(えっ・・・?) (・_・;)

 

中村が すぐ 連想したのは、マッドマックス・・   だったので・・

(そうか・・  これは ジェイソン なのか・・) と、心の中で 反省しました・・

 

で、先日・・     TOMO‐FRPの 森屋さんと、話してたら・・

 

CIMG9430.JPG

 

もぉ~・・     やっぱ、マッドマックス だったじゃ~ん!・・

 

石塚ぁ~っ!・・

森屋さんと 話さなかったら、中村も ジェイソン だった トコだぞーっ!!・・ (笑)

 

あぶない あぶない・・

何か・・  年々 ジェネレーション ギャップ、 深まりつつ あるなぁ・・ (^_^;)

 

遠い 南の方に 住んでらっしゃる、Y さ~んっ!・・

RCM オーナーズキーホルダーと 一緒に、これも お付け  しますからね~っ!・・

 

台湾へ!RCM-313 Z‐1 (PART‐6)

こんにちは! サンクチュアリー本店 代表の中村です。

台湾への RCM 第2弾!  RCM-313 Z‐1 Part‐6です!

 

你們好!我是 Sanctuary本社的 代表取締役社長中村

將向台灣出口的RCM第二彈!  這是RCM-313 Z‐1的 Part‐6 !

 

CIMG9060.JPG

 

専用治具を 用いて リアサスペンション 取り付け位置を 変更する、レイダウン・・

利用專門的工具,進行修改後懸架裝置安裝位置的加工程序,降低其高度。

 

CIMG9061.JPG

 

補強プレートも 追加し、完成です!

要追加的補強片也已經裝上了!

 

CIMG9063.JPG

 

これにて、フレームへの 補強と加工は 終了っ!

この後、粉黛塗装工程へと 移ります

這樣一來車架的補強和加工就全部完成!接下來要開始進行粉體塗裝工程了。

 

CIMG9289.JPG

 

一方 エンジンはと 言うと、かなり順調に 組み上がって来ています

另一方面,引擎這邊也非常順利地組裝著。

 

CIMG9286.JPG

 

ガンコート塗装で 美しく 塗りあげられた 質感が、実に 良いですねぇ・・

經過Gunkote塗裝後營造出的美麗質感,真的是很不錯・・

 

CIMG9294.JPG

CIMG9295.JPG

 

数日後、フレームの方も 粉黛塗装が 仕上がって参りました!

幾天後車架部分的粉體塗裝也完成了!

 

CIMG9308.JPG

 

まずは ステアリングヘッドの ベアリングレースを、圧入するんですが・・

接著要先將龍頭軸承的滑軌壓進去…

 

CIMG9310.JPG-1

 

ベアリングレースを 圧入する 座面が 荒れていた 為、手作業で バリを

きれいに 致します。

但由於要壓入軸承滑軌的地方太過於粗糙,我們用手工將多餘的邊緣磨掉。

 

CIMG9306.JPG

 

ここの状態が 悪いと、上のベアリングと 下のベアリング位置に ズレが発生し、

そのまま 気づかず 締め付けると、ステアリングの回頭性が 渋くなる為、

軽視 できないんです・・

 

如果這裡沒有仔細做好,上面的軸承和下面的軸承位置會產生些許差異,

若沒加以注意就鎖緊的話,將會影響龍頭回轉時的順暢度,千萬不可小覷。

 

CIMG9313.JPG

 

ここで お待ちかね! RCMの魂 注入、 シリアルプレート 行ってみましょう!

接著就要為車子注入期待已久的RCM靈魂-裝上序號銘牌!

 

CIMG9324.JPG

 

台湾 CHMOTO の 陳さ~ん、カレンさ~んっ!

RCM-313 Z-1、 思ったよりも 早いペースで 進行してますからね~っ! 

 

台灣CHMOTO的陳先生,Karen小姐!

RCM ―313 Z-1正以比預期中還要快的速度進行作業中喔~!

 

オランダから!CB1100R Part‐25

皆さん こんばんは!  サンクチュアリー本店 代表の 中村です・・

オランダCMSの CB1100RC、シリアルナンバー RCM-282 Part‐25です!

 

Hello, there! I’m Nakamura (President and Representative Director of AC

Sanctuary) posting this article from the Head Office… This is Part 25 of a

series of articles on Restomod Project for CB1100RC (with the serial number

RCM-282) commissioned by the Dutch company CMS!

 

CIMG9078.JPG

 

前回 加工した アッパーカウル ブラケットが、粉黛塗装工程から 塗り上がって

来ましたので、早速 取り付けを致します

The upper cowl bracket that was processed last time has been painted by

powder coating. So, we are going to install that immediately.

 

 

CIMG9263.JPG

 

ヘッドライトも 取り付けしましょう・・

We will also install the headlight...

 

CIMG9264.JPG

ヘッドライトは、レンズカットが 中の反射板に 施してある、アルチリフレクター・・

The headlight is the multi-reflector type. The lens cut is applied to the inside

of the reflecting plate. 

 

CIMG9136.JPG

 

ここで オイルクーラーも 装備・・

An oil cooler is also equipped...

 

CIMG9139.JPG

 

市販品を そのまま 取り付けするのでは なく、専用ブラケットを 製作して、

オリジナルの位置に 取り付けました

Rather than attaching the commercial product as it is, we made a special

bracket and attached it in the original position.

 

CIMG9141.JPG

 

続いては、ブレーキホース 製作です

Subsequently, we will make a brake hose.

 

CIMG9135.JPG

 

ステアリングステムに、ブレーキホースの 3WAYジョイントを 取り付けて・・

We will attach a 3-way joint of the brake to the steering stem...

 

CIMG9143.JPG

 

フロントサスペンションの 上下ストロークを 考慮しながら、組み立てて行きます。

While considering the upper and lower strokes of the front suspension, we

are going to assemble it.

 

CIMG9147.JPG

 

出来ました! ブレーキホースの 形や 取り回しなど、こういう部分の フォルムは

意外に 重要!   一本一本 こだわって 取り組んでいます

 

It's done! This part's form, such as the shape and processing of the brake

hose, is unexpectedly important.  We are working on them one by one

particularly.

 

CIMG9292.JPG

 

そしてっ!・・    ここで RCMの 証明たる、シリアルプレートの 取り付け!

Then! ...   Here, we have attached a serial plate as a proof of RCM!

 

CIMG9293.JPG

 

メーター周辺の 作業も 全て終わり、いよいよ最後の 大物セクション・・

外装カラーリング ペイントに 移ります!  オランダCMS社の Mr.Mikeさ~んっ!

長く 時間が掛かった この RCM-282 CB1100RCも、ようやく ゴールが

見えて参りました! 後 残り2~3回の 更新で、フィニッシュ 迎えるかと思います・・

もう少し ですよ~っ!!・・

 

The work around the meter is completely finished. At last, we will move to

the last big item - exterior coloring paint!  Mike at CMS Corporation in

Holland!! The RCM-282 and CB1100RC have both taken a long time. Finally,

we could see the goal! We will renew this page two or three more times.

Then we will complete the work... 

 

CIMG9300.JPG

 

To Be Continued

RCM-305 Ninja スポパケ TYPE-R

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

深夜の 中村劇場・・

 

只今 相当 眠たく、脱線する可能性 大!ですが、最後まで、お付き合い下さい・・

 

_TOG7523.JPG

 

RCM-305 Ninja スポーツパッケージ TYPE-R です

通常の TYPE-Rパッケージを 網羅し、かつ アップグレードも プラスした 仕様・・

オーナーは、東京都在住の H・N さんです

 

_TOG7592.JPG

 

NITRO コンビネーションKIT-Ⅲを 主体に、ワイドラジエータや オイルクーラー等

全て ブラックトーンで 統一・・      そして、特筆すべきは フルEX・・

新たに ラインナップに 加わった、ウェルドクラフト 3D チタンマフラーです・・

 

_TOG7631.JPG

 

前々から リクエストの あった、NITRO RACING製 ウェルドクラフト マフラー・・

曲げ加工 パイプだと、どうしても そこが わずかに楕円状に なってしまう もの。

この ウェルドクラフトでは、限りなく 真円を キープしたまま、マニホールドを形成、

排気ガスが 通過する パイプ内の 圧力変化が 少ない、排気菅と言う 訳です

 

_TOG7526.JPG

 

では、車体の方は いかほどか・・

 

_TOG7643.JPG

 

スイングアームは 純正アームを ベースに、補強と表面処理を 施したもの・・

今回 モナカ合わせの 補強部には、3ヵ所の バーリングホールを 施しました

イタリア O・Z レーシングホイール・・  日本特有の ガラパゴス ホイールでは

ありません・・  世界選手権で 生まれ育った、生粋の レーシングホイールです

 

_TOG7613.JPG

外装カラーリングは、オーナー H・N さんからの アイディア・・

重厚な カラートーンが、ビックバイクの オーラを 醸し出していますね・・

 

_TOG7664.JPG

 

低めの パイプハンドル・・   ふんぞり返った、年寄り型の ポジションでは なく

少し 前かがみで、ストイックな・・  攻めのスタイルを 物語っています・・

ハーレーじゃ ありません・・  GLでも ありません・・  ましてや トライク?・・

いえいえ Ninja ですよ!   ハイスピード領域でしか 生きる事が 出来ない・・

不器用だけど、誰よりも 速く走る為に 在る・・   そんなマシンで ありたい・・

いつまでも・・    あくまでも こいつは、 レーシング なんです・・

 

_TOG7547.JPG

 

凛々しく たたずむ、立ち姿・・

こうして見てると、Ninja って まだまだ 魅力ある マシンだな・・ と 思わされます

 

現行 SSマシン達に 押されながらも、それでも 速さに 勝負を賭ける・・

いつもは 流れる景色に 目を やりながらも、ひとたび 牙を剥いたなら、

その走りは、純粋な ロードスポーツマシンだけに 与えられし もの ・・

自分の愛機には、常に そんな馬で 在って欲しい・・

 

楽な姿勢で のけぞって 乗るのでは なく、 低く 身構えた 姿勢で 風を切る・・

傷を負う事に 抵抗がある 現代だからこそ、 バイクとは こういう ものなのだと

中村は、想いたいですね・・

 

RCM-305 Ninja スポーツパッケージ TYPE-R・・

ロードテストを 経て 近日、 オーナーの 元へと 旅立ちます

 

 

ZZ‐Rの RCM、登場です!(その6)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

RCM-290 ZZ-R1100、 その6 ですっ!・・

 

CIMG9627.JPG

 

日が暮れても 続く、テスト走行・・

ここ1~2年、サンクチュアリー本店が 最も 力と時間を 注いでいる 工程です・・

RCM 製作工程の 中で、最も重要 かつ 最も地味な プロセスかも 知れません。

 

何と言っても RCM 初となる ZZ-R1100 だし、 ここは中村も 乗り込みます・・

 

 

2~3日 前の事・・

 

CIMG9399.JPG

 

外装パーツを 全て 取り付けました・・

大地と一緒に 「上手く いくかな・・?」 と、心配していた エンブレムの ペイント・・

ツヤ消し黒で 正解!・・   まるで、ある年式車に 採用されたかの 如くです・・

 

CIMG9566.JPG

 

T・M さんとも 相談し 決めた、 RCM シリアルプレートの 取り付け位置・・

290 と言う 数字の羅列は、日本で・・  いや 世界で一台 このマシン のみ!

いいですねぇ・・♪     これぞ 正真正銘!  本物の RCM ですよ・・

 

後は ロードで 乗り込んで、トラブルシューティング するだけ! なんですが・・

 

CIMG9567.JPG

 

さすがに 燃調が合わず、キャブレターセッティングを 煮詰める事に・・

エンジン フルオーバーホール後 の為、どうしても 高速域は 確認できませんが

低・中速域は、結構 煮詰められるハズ・・

 

CIMG9465.JPG-1

 

ラムエアー圧が 掛かる バイクなので、繰り返しセットを 試みるのですが

キャブに 辿り着くまで、タンク以外にも 外す部品が 多くって・・ (-_-;)

 

CIMG9466.JPG

 

マフラー容量は そこそこ 確保 出来てるし、インナーサイズも いたずらに 大きく

していないので、極端な セット変更は ないだろう・・ と、踏んでおりましたが、

予想以上に オーバーサイズの ジェットが、要求される 傾向でした・・

 

CIMG9468.JPG

 

ケーヒンの セッティングパーツ群・・

ありがたい・・    沢山 あったので、助かりましたわ・・ (^_^;)

 

CIMG9467.JPG

 

スロー系は、#38 → #40→ #42 と 変更・・

えっ!・・  でも まだ足りない?・・    いやいや、そんな大きく なるかっ!?

一番 良い所を探した 結果なら、 固定概念は 捨てて 試すしかありません・・

ニードル領域も、濃い方向に 作用するべく 手を加え、メインも 番手をアップ。

全開域だけが 感覚的なセットでは ありますが、トルク感は 確実に 増すハズ・・

 

CIMG9398.JPG

 

試行錯誤 しましたが、かなり良い フィーリングに なって来てます!・・

 

CIMG9413.JPG

 

最大の 難関だった メーターの 誤作動も、最終チェック・・

RCフィルターを 追加後は、タコメーターの ピクピクも 完璧に 解消!・・

実は、チラッ・・ と 頭に 浮かんでいた 速度誤差も、大地が手早く 計算をし、

実走で 確認してみると、思わず その 速度表示の 正確さに、ビックリ!!!

ピックアップローターの 外径精度が 良~く 出来てて、ひと安心しました・・

 

 

こうして、ほぼ 全ての作業が 完了した、RCM-290 ZZ-R1100・・

ここからは ひたすら 乗り込んで、仕上げる のみです!・・

 

CIMG9623.JPG

 

手元の チョ-クスターターが、使いやすくて GOOD だな・・♪

キャブセッティング 変更後、エンジンレスポンス・・  明らかに 違うし・・

 

CIMG9631.JPG

 

ZZ-R1100に 乗るなんて、結構 久しぶりの 事かも・・

大柄な 車格の割に、クイックな 動きをする マシンだった 記憶が ありますねぇ・・

 

北海道の T・M さ~んっ!

最後の ロードテスト こそは、RCM製作に おける 最たる 部分・・

もう少しだけ、 お待ち下さいっ!

 

RCM-290 ZZ-R1100D・・    次回 マシンの全貌、お見せ致します。

あくまで中村流で、RCM (その9)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

今年一番!の RCMを 目指して、現在奮闘中の RCM-307 Z1‐R・・

担当 中村&シンゴの コンビで 臨んでますが、かなりの 作業ボリュ-ムを 前に

悪戦苦闘中・・  このクラスは 得てして、 こういう流れに なりますねぇ・・

 

今年一番!と 言えば、もう一台・・  RCM-300 Z1000Rが 気になる所・・

何たって 向こうは、 ☆ ・ クロ ・ ツバサ の スリーマンセル!

むぅ~・・  あの アントニオ猪木 だって、さすがに 3人目には 手こずった 程・・

3人掛かり・・    ずるくねーか・・ (^_^;)

 

RCM-300に ぴったり スリップ 張り付かれ、やばい状況では ありますが

あくまで マイペース・・     あくまで 中村流で、RCM  その9 ですっ!

CIMG9424.JPG

 

スイングアームが 粉黛塗装を 施され、帰って来ました・・

ここまで スイングアームの作業に かなり時間を 費やしてるんで、さすがに そろそろ

終わりに したい所・・      今回で フィニッシュするべく、 臨みますよっ!

 

CIMG9427.JPG

 

ピボット部に、三個の 配列ニードルローラー & 一個の LLU ボールベアリングを

圧入して 行きます・・         気持ちの良い 瞬間でも ありますね・・♪

 

CIMG9431.JPG

 

前回まで 加工していた、ドライブチェーンの スライダー部を、本組み しましょう

シムプレートも ブラックアルマイトに、表面処理済み・・

 

で、 その前に・・

CIMG9436.JPG

 

POM製の スライダーを、ベルトサンダーで 軽く形を 仕上てやります・・

急がば回れ・・      ひとつ ひとつ・・  丁寧に・・

 

CIMG9439.JPG

 

ろくに 考えもせず、さっさと 只 取り付ける訳では なく、ちょっとした 加工や工夫が

後々役に 立ったりするもの・・  ドライブチェーンが 回転していく 様を、イメージし

やさしく加工を 施してやります

 

CIMG9441.JPG

 

こんな感じ・・    段差のエッジが 取れて、やわらかい Rが 付きました・・

ドライブチェーンが、スライダーの エッジに 引っ掛かりながら 回ると、どうしても

細かな振動や ノイズが、発生してしまいます・・    それらは、これで完璧に

消える訳では ありませんが、やっとくのと やらないのでは、大違い!・・

こういう ストレスの 軽減作業なんかは、RCM製作に おける 必須科目です

 

次に 進みましょう・・

 

CIMG9442.JPG

 

シャフトサイズの 変換機能を持った、SCULPTURE製 RCM専用 スイングアーム

アクスルシャフトの 直径は、やたらと 太ければ良い と 言うものではありません・・

シャシー全体の 剛性配分・・    一か所だけ、硬く 強い所を 作らない事!

フレーム補強 なんかでも、散らすと 言う 意識が大事・・

バイクって やっぱり バランスが重要・・    なるべく 高い偏差値を 求めます

 

RCM専用 レーシングスタンドフックを、取り付けてやり・・

 

CIMG9446.JPG

 

リア キャリパーブラケットも ご覧の様に セット致しました・・

寸法が ビシッ! と 決まっていて、かなり気持ちが いいです・・ (^ ^♪

 

あえて 笹賀には、ふれないで おきましょう・・ (笑)

 

CIMG9449.JPG

 

オイルキャッチタンク・・

ストリートマシンでも、あると ありがたい 機能かも、知れませんね・・

 

CIMG9451.JPG

 

スイングアーム 完成っ!・・    いやぁ~・・  時間、掛かったな~・・ (^_^;)

 

CIMG9450.JPG

 

板金と溶接で 造られた、ふくみのある ラインワークが いいですねぇ~♪

見る角度に よって、全然 違うものに 見える所も、魅力の ひとつ・・

中村は、やたら カクカク しいのは、ど~にも ダメなんです・・ (苦笑)

 

CIMG9452.JPG

 

よーし!・・    早速 取り付けますぜ~っ! (^ ^♪

 

遠い 南の方に 住んでらっしゃる、Y さ~んっ

本日は 久々 メール頂き、ありがとうございましたーっ!・・

 

RCM-307 Z1‐R・・  今年一番の RCM 目指して、着々と 進行しております

このペースで 行けば、11月末位には 完成するかも・・

 

来年発行、 RCM ザ・グレイテスト シリアル‐Ⅱ・・   間に合わしますよ~っ!

 

そして、寝るぞぉ~っ!・・ (笑)

最近の 近況報告です!(9月13日)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

我が愛機 RCM-001 Z1‐R を、ここらで一発 ガツン!と 進めとこうと 思い

自分なりに 奮起して、手を付けてる つもりなんですが、相変わらずの 忙しさ・・

気力・体力 共に 疲労しており、 ど~も上手く 進みません・・

 

もう 始まって、何年 経つかな?・・ (-_-;)

皆さん、 決して 調べたりなんか しないで下さいよ・・

 

まぁ~、 今年中には エンジンが 完成して 搭載されそうなんで、いくらかは

見通し 明るしっ!・・ って、感じです・・

愛機 RCM-001 再生計画は、月刊 ロードライダー誌 にて 毎月? 連載して

おりますんで、ゼヒ 皆さん 見てやって下さいね!・・

 

それでは 最近の 近況報告、9月13日編!

 

トップバッターは 宮城県 Y・O さんの、RCM-304 KZ1000MK‐Ⅱ・・

CIMG9557.JPG

 

元々は、RCMクラフトマンシップ 新規製作車輌と して 製作された RCM-304・・

OHLINS 倒立エクスモード パッケージの、デモ車輌と しても 造られた一台。

この先、もう なかなか手に 入らないであろう、MK‐Ⅱでの クラフト車輌でしたが・・

Y・O さんの 勢い?(笑)・・ と 気風の良さで、徹底した UPグレードを 敢行中!

 

CIMG9564.JPG

 

これぞ カスタムマシンの 醍醐味よっ!・・ と ばかりに、行っけ 行け です!

 

CIMG9563.JPG

 

レジェンドツインも グランドツインに、変更・・

 

CIMG9558.JPG

 

シリアルナンバー RCM-304 は、このマシンだけよっ!と 誇らしげに・・

こういう ワンポイントな 遊び心も、Y・O さんからの リクエストです

 

CIMG9579.JPG

 

最後に つまづいたのが、この ステンレス製 インナーフェンダー & 小物入れ・・

インナーフェンダーは OK でしたが、小物入れは レギュレーターが 邪魔で

取り付けできず・・   やむなく 電装プレートを、単品製作する事に・・

些細な 問題ですから、それ程 心配はなし!・・   至って順調です・・ (^ ^♪

 

Y・O さ~んっ!    今月末には 完成形、 お見せしますからね~っ!

 

 

RCM-304 MK‐Ⅱに、5カットも 使っちゃったんで

ここからは ワンショット シリーズにて、お許しを・・ (苦笑)

CIMG9531.JPG

 

現在製作中の RCM-278 CB1100RCの オーナー、岡山県 N・T さん・・

中村不在にも 拘わらず、遠く お越し頂き お土産まで 頂いて、ありがとうございます。

だいぶお時間 掛かっており、本当に 申し訳ありません・・ <(_ _)>

近く ブログでも お見せして行く 予定ですので、ど~か 楽しみに お待ち下さいねっ!

 

CIMG9571.JPG

 

こちらは、先日無事 登録が完了した、RCM-305 スポパケ TYPE‐R・・

オーナーは、東京都在住の H・N さんですっ!

 

各部 最終チェックも 終わり、いよいよ近日、ロードテストが 始まる予定・・

H・N さ~んっ!   本日は メールの やり取り、ありがとうございました~っ!

来週位にでも マシンの全貌を、ブログ&フェイスブックで お見せしますんで

楽しみにしてて 下さいね~っ!・・

 

CIMG9570.JPG

 

川崎市在住 J・E さんの、RCM-308 Z1‐R・・   ほぼ完成 してます

こちらも今週、車検&登録を する予定なので、納車まで カウントダウン中・・

こちらも来週、ブログ&フェイスブックで お見せしますんで、お楽しみにっ!

 

CIMG9572.JPG

 

昨日 お預かりした ゼファー1100・・  オーナーは 東京都在住の T・S さん・・

実は T・S さん・・  これまでも コツコツ ゼファーに、手を 入れて来たんですが

今回 晴れて、ついに RCM化 する事が 決定!・・

近く 全分解をし、こちらも また 改めて、ご紹介して 行きたいと 思います

 

CIMG9574.JPG

 

最後に、 RCM-311 Z‐1の オーナー、岩手県の M・T さんっ!

これ ハンドル、ど~スかっ?・・      今 クランプ図面、やっておりますっ!

なかなか ブログで お見せ出来ずに、申し訳ありません・・

近々 登場する 予定ですので、もう少し お待ち下さいねっ・・ <(_ _)>

 

以上、中村 深夜劇場でした・・

 

 

どうでも いいけど、笹賀も 道岡もさ・・   一体何時に 書いてんのよ・・ (汗)

仕事中に 出来ないのは、わかるんだけどさ・・

帰って 寝ろって・・ (^_^;)

台湾へ! RCM-313 Z‐1 (PART‐5)

こんにちは! サンクチュアリー本店 代表の中村です。

台湾への RCM 第2弾!   RCM-313 Z‐1 Part‐5です!

 

你們好!我是 Sanctuary本社的 代表取締役社長中村

將向台灣出口的RCM第二彈!  這是RCM-313 Z‐1的 Part‐5 !

 

CIMG9014.JPG

 

ガセットプレートを 数枚、押し出して 造ります

首先壓制幾張角撐板

 

CIMG8714.JPG

CIMG9019.JPG

 

形を 成形し、向かい合わせに した BOX状の 補強材を、溶接・・

この工程で、フレームへの 補強作業は ほぼ完了です

 

壓製成形之後,把角撐板對接在一起形成BOX狀強化材料,焊接・・

到此車架的強化作業就 大致完成了

 

CIMG9036.JPG

 

リアサスペンションの 取り付け位置を 変更する、レイダウン加工に 入りましょう

接下來將要進入修改後懸架裝置安裝位置,降低高度的工序

 

CIMG9040.JPG

 

おなじみ、レイダウン加工用の 専用治具を 使って、下穴開け加工を します

按老樣子,使用降低高度作業的專用治具,進行鑽孔

 

CIMG9044.JPG

 

一口に、リアサス 取り付け位置を 変えると言っても、簡単な作業では ありません

一句話, 修改後懸架裝置安裝位置可並不是那麼簡單的

 

CIMG9045.JPG

 

取り付け ピン部 左右の位置は もちろん、ピンの平行度や 左右 取り付け幅など、

高い精度が 要求される シビアなものです

 

不僅是安裝栓子部位左右的位置,栓子的平行度和左右安裝的寬度等等,

其精度要求都是非常 高非常嚴格的

 

CIMG9047.JPG

 

これは、リアサスペンションの 取り付けピン・・

寸法が 変更出来る様、少し 大き目に出来ている ブランク品です

 

這就是安裝後懸架裝置所用的栓子・・

為了便於修改尺寸, 現在是比實際要求尺寸稍微大 一些的坯料

 

CIMG9050.JPG

 

旋盤で ピンを、加工してやり・・

使用六角車床對栓子進行加工・・

 

CIMG9054.JPG

 

加工したピンを 固定用の治具に 取り付けて、溶接して行きましょう

把加工好的栓子安裝在固定用的治具上進行焊接

 

CIMG9057.JPG

 

台湾 CHMOTOの 陳さ~ん、カレンさ~んっ!

RCM-313  Z‐1、フレーム加工 順調に進んで おりますよ~っ! (^ ^♪

 

臺灣CHMOTO的 陳先生、Karen小姐!

RCM-313 Z-1 車架的加工進展非常順利哦~! (^ ^♪

 

 

最近の 近況報告です!(9月9日)

皆さん こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

本日 交代の定休日では ありますが、ブログ更新を するべく 勤しんどります・・

 

現在 中村が 担当している RCMは、延べ 11台ほど あって、

ここ 1~2カ月で 何台か納車が 進み、かなり 減ったんですが、それでも まだまだ

抱えております・・      RCM 以外の 作業も しかり・・  結構 あります

受付窓口 兼 メカニック と 言う形で やってますんで、仕方ありませんな・・

 

野球の ポジションで 例えるなら、手前味噌では ありますが

4番 ピッチャー、中村っ!・・          いやいや・・

4番 ピッチャー、キャプテンで コーチ 監督兼 球団オーナー、中村! かな?・・(笑)

ちょっと 端折りすぎ ましたが、満更 はずれても ない 気がします・・ (^_^;)

 

サンクチュアリー本店 と 言う名の チーム・・   誰が どんな ポジションなのか・・

 

最近の 近況報告 シリーズ、 9月9日編で ございますっ!・・

 

CIMG8737.JPG

 

佐藤が 何やら 慌ただしく、電話対応 しておりました・・

 

先程の ポジション・・  何の先入観も なく、純粋な イメージだけで 連想するなら

一番 ショート、ツバサ! 2番 セカンド、石田! そして 3番 キャッチャー、佐藤っ!

こんなトコ でしょう・・    たぶん かなり イイ線、 行ってる 気が します・・

 

どうやら 佐藤は、輸入通関の 担当者と 電話していた 様です・・

CIMG9377.JPG

 

遠く 北欧の国 ノルウェーから、大きな箱が 届きました・・

この辺の話は 色々 あるので、また改めて ご紹介したいと 思います

 

CIMG9499.JPG

 

外で ぼそぼそ・・  何やら 話し込んでるのは、時々 見に来る O さん!

担当するは、5番 サード、畔柳っ!・・

クロに 要のサードを、任せる日が 来るとは・・    時の 経つのは 早いなぁ・・

 

CIMG9491.JPG

 

この O さん・・  Z750Dの オーナーで、ずい分と 前から 愛車の カスタムを

進めており、今回は オーバーホールも 兼ねて、エンジンに 手を入れてました

 

CIMG9494.JPG

 

クロと 一緒に、面白いエンジンを 組んだらしいのですが、まだ 終わってもない

最中に、既に 足回りの アップグレード計画を してました・・  (早いって!・・(笑)

 

CIMG9497.JPG

 

ショートストロークに、ビッグボアの 組み合わせ・・

どうですかね~?・・    コンセプトや 理屈は、よ~く わかりますけど・・

完成したら 中村も ゼヒ、乗ってみたいと 思います!

 

CIMG8754.JPG

 

一方 こちらは、 6番 センター、シンゴ!・・

少し前の 画像ですが、岩手県 M・T さんの Z‐1フレームを、作業中・・

 

CIMG8755.JPG

 

この M・T さん・・  バギー系の レース 出身者で、色々 拘りあり! な 方・・

シリアルナンバーは、RCM-311 で、今回 エンジンにも 力を 入れております

この M・T さんの マシンも、改めて 近く、詳しく ご紹介したいと 思います♪

 

CIMG9508.JPG

 

最後に・・   現在 制作中の RCM クラフトマンシップ車輌を、少しだけ・・

 

CIMG9509.JPG

 

シリアルナンバー RCMー310 Z1‐R・・   新規製作車の クラフトです・・

 

CIMG9529.JPG

 

空冷 Z系車が、もの凄い勢いで 日々 どんどん 減って来てしまい、

最近では Z系クラフト車輌も、なかなか ご紹介 出来なくなって 来ました・・

特に 角Z系・・ MK‐Ⅱなんて 「アホかいっ!・・」 って 値段に、なって来てるし

Z1‐Rも、負けじと 高額化の 一途を、グングン 辿っております・・

大袈裟な 話し 抜き・・   Z系マシン・・ 一体 どこに 行くんでしょう?・・ (^_^;)

 

この RCM-310 Z1‐Rは、近日中に RCM クラフトマンシップの コ-ナーで

ご紹介しますんで、興味のある方は ゼヒ 見て下さいね!・・

 

オランダから!CB1100R Part‐24

皆さん こんにちは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

オランダCMSの CB1100RC、シリアルナンバー RCM-282 Part‐24です!

 

Hello, there! I’m Nakamura (President and Representative Director of AC

Sanctuary) posting this article from the Head Office… This is Part 24 of a

series of articles on Restomod Project for CB1100RC (with the serial number

RCM-282) commissioned by the Dutch company CMS!

 

CIMG8675.JPG

 

外装部品を 塗装する 前に、改めて 諸々の作業を 仕上ましょう・・

Before painting the exterior parts, we finish up various other work.

 

CIMG8720.JPG

 

アッパーカウルの ブラケット。   メーターの 取り付け部を 製作してあげます

Upper cowl brackets.  Lastly, we make the installation area of the meter.

 

CIMG8721.JPG

 

視認性や デザイン的な バランスを、考慮した位置に 置き・・

Place it at the position considering visibility and design balance…

 

CIMG8723.JPG

 

畔柳に、点付け溶接 してもらいます・・

Ask Kuroyanagi to spot-weld it.

 

CIMG8724.JPG

 

その間 動く事なく、  じっ~っと ガマンします・・   (早く、早く、早くっ!・・ (笑)

In the meantime, hold still, patiently…  (Hurry, hurry, hurry!  (Laughs)

 

CIMG8726.JPG

 

仮り固定が 出来たので、後は 任せる事に・・

It is temporarily fixed, so I decided to leave the rest of the work to him…

 

CIMG8728.JPG

 

この段階で メーターの視認性 左右の位置関係 など、再チェック

At this stage, check the meter visibility and balanced positioning again.

 

CIMG8736.JPG

 

ここで、型から押し出した ガセットプレート補強材を、造ります

Here, we make gusset plate reinforcement material extruded from die.

 

CIMG8752.JPG

 

メーター取り付け部に、ガセットプレートを 溶接してやり、 補強完了・・

Weld the gusset plate at the meter installation area, and the reinforcement

is complete…

 

CIMG8753.JPG

 

アッパーカウルブラケット、完成です~!

この後、このブラケットも 粉黛塗装を 施します。  塗り上がれば 本組み付けし

周辺部品を どんどん 取り付けて 行くだけ!  正に ラストスパートです。

オランダCMS社の Mikeさ~んっ!

RCM-282 CB1100RC、完成近し!ですよ~っ ♪

 

Upper cowl brackets are now completed!  Later, these brackets will also be

powder coated.  Once the coating is finished, it will be mounted for good,

and peripheral parts will just be attached one after another!  We are really in

the homestretch. Mike at CMS of the Netherlands!  RCM-282 CB1100RC is

near completion!

 

To Be Continued

ZZ‐Rの RCM、登場です!(その5)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

フッ・・   家族も すっかり 寝静まりました・・ 中村 深夜劇場の 始まりです・・

今日も かなり 忙しい一日 でしたので、案の定 かなり 眠たいんですが、

今 やらんと、勤務時間中には とても 書けないので、執念で 更新しております

 

丑三つ時は 恐いので、それまでには 終わらせますよ・・ (笑)

 

北海道 T・M さんの ZZ‐R1100 RCM-290 (その5)で、ございます!

 

CIMG9193.JPG

 

トライ&エラーを 繰り返しましたが、無事 スピードメーターは クリアー!・・

左は 単品製作した スピードメーターの 速度を 拾う、ピックアップローター

右は それを取り付ける 為に 製作した、ドライブスプロケットの 固定ナット

どちらも 防触対策と して、クロームメッキ処理を 施しました・・

 

CIMG9201.JPG

 

続いては タコメーター・・  ピクッ!・・ ピクッ!・・ と、 誤作動が 止まらない

電気式 タコメーターを、何とか しない事には どうにも ならないと 言う事で

製作した ブラックボックスを、再び チェック・・

とにかく 走っている 不良なノイズを、やっつけなければ 始まりません・・

 

CIMG9394.JPG

 

四苦八苦した 挙句、RCフィルターを ハーネス間に かませて、対策完了!

大地メカと 共に 「これなら どうだーっ!・・」 と ばかりの、一球入魂!

これで タコメーターの 誤作動も、きっちり 直るハズっ!・・

 

CIMG9148.JPG

 

続いて こちらは、単品製作した マフラーステー・・

T・M さんからの リクエストで、マフラー テールパイプの 軌道を 上下に

アジャスト出来る 構造に、いたしました・・

 

CIMG9194.JPG

 

きちんと アルマイト処理し、こんな感じに 取り付けされます・・

 

CIMG9202.JPG

 

曲げ合わせ 加工された、チタンの サイレンサーステー部・・

とっても 3Dな こいつを、溶接してやれば・・

 

CIMG9389.JPG

 

NITRO製 特注 メガホンテールの ステー部が、出来上がり!・・

 

CIMG9391.JPG

 

お~し!・・    早速、取り付けて 見ましょーっ・・♪

 

CIMG9393.JPG

 

これが テールパイプ 軌道を、一番 下げた 状態・・

 

CIMG9392.JPG

こちらが アップさせた 状態・・    何か、いい感じに 出来ました・・ (^ ^♪

 

CIMG9206.JPG

 

気が 向いた時に ハンドルバーを 高く 出来る、アップポジション クランプ・・

もちろん これも マフラーステー 同様、T・M さん用に 単品製作した、逸品です

 

CIMG9396.JPG

 

難しい作業の 殆どが 終り、久しぶりに ヘッドライトや ラムエアー パーツが

アッパーカウルに 取り付けされました・・

 

CIMG9397.JPG

 

さぁ~っ    外装部品の 本組みに、入りましょう!

 

この RCM-290 も、いよいよ 完成直前!・・

来週 車検を取って、細かな部分の 仕上げを 行えば、ついに ロードテスト編です!

T・M さん・・  大変 お待たせ致しまして、申し訳ありませんでした・・ <(_ _)>

 

ZZ‐R1100 初となる RCM・・

最終工程に 向けて、ラストスパートですっ!

 

あくまで中村流で、RCM (その8)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です

 

サンクチュアリー 本店は、相変わらずの 忙しさに 追われる日々・・

今日も 横浜大和店の お客さんが 「色々 見て行って、いいですか?」 って

来てくれたんですが 「どうぞ どうぞ~!」 と しか、言えず・・

せっかく お見えになって 頂いたのに、大した おもて成しも 出来ずに

ホントに 申し訳ありませんでした・・ (-_-;)

 

何せ 朝、開店直後から 休憩 ぶっとばして、追われる様に 事務仕事・・

やっとこさ 片付いたら、今度は 工場に走り あくせくと 終日 肉体労働・・

勤務時間中に ブログなんて 書けず・・    深夜 自宅にて 更新・・

 

これが、どこまで続くのかと 思うと・・   ゾッ と しますな・・ (^_^;)

 

さかのぼる事 20年前・・   好きで始めた サンクチュアリー ですから

どんなに 忙しくても、バイクの いじり方だけは、自分流で 行きたいですねぇ・・

あくまで中村流で、RCM  その8で 御座いますっ!

 

 CIMG9209.JPG

 

遠い南の方に 住んでらっしゃる Y さんの、RCM-307 Z1‐R

前回より 継続して、リアスイングアームの 作業中・・

 

CIMG9208.JPG

チェーンスライダーと スイングアームの 間に 入れる、アルミの シムプレート・・

ドライブチェーンの テンションを 調整する シム兼、 強度メンバーと しても 使用

スライダー面の ハイト調整を しながら、本体の しなりを防ぐ 機能を 設けました

 

CIMG9220.JPG

 

スライダーが 取り付けされる オフセット部に、ナッターを 打ち込んで・・

 

CIMG9223.JPG

 

先程の シムプレートと 共締めにて、固定いたします・・

 

CIMG9228.JPG

 

構想と理屈は、頭の中に イメージ 出来てるんですが、こういうのは 得てして

実際に 取り付けて見ないと、何とも言えない 所があります・・

地味ですが、何度も脱着し 確認して行く事が 大事・・   急がば 回れです・・

 

CIMG9231.JPG

 

きれいに 真っ直ぐ、取り付けられた チェーンスライダー・・

もしもこれが 曲がってたりしたら・・   今晩は 眠れぬ夜に なった事でしょう・・

 

CIMG9232.JPG

 

既に、ホイールセンター 出しが 完了している、リアホイールを 組み付けて・・

 

CIMG9233.JPG

 

ドライブチェーンも、実際に 這わせて 確認・・

スイングアームを 上下に 動かし、チェーンスライダーに 掛かる テンションと

スイングした 際の チェーンの張り方や 周辺部位との 接触など、まるで バイクが

あたかも 運動しているかの 様相を、イメージして 全てを チェックします・・

 

CIMG9238.JPG

 

リアサス 伸び切りから フルボトムまで、ドライブチェーンと 言う 動力を伝達する、

リア廻り運動に 大きな影響を 及ぼす 位置関係は、どうやら 良さげな 感じ・ ♪

17インチホイール化には 欠かせない、必要となる 良質な アンチスクワット性・・

リアタイヤに ばっちり トラクション、 掛けられるんじゃ~ ないかな と、思います

 

CIMG9239.JPG

 

最後の仕上げは、こちら!・・    #6 ホースエンド用 ウェルドアダプター

 

CIMG9242.JPG

 

キャッチタンク機能を スイングアームに 設けるのは、Y さん直々の リクエスト・・ 

これも KZ系の 低重心バッテリケース位置を 考慮し、この段階まで 位置決めが

出来ずじまいでしたが、ようやく作業が 進められます・・

 

CIMG9248.JPG

 

また 外します・・      何度も脱着、複数回 脱着です・・

 

CIMG9251.JPG

 

ウェルドアダプターを、溶接して・・

 

CIMG9261.JPG

 

周辺部品を かわす、角度バッチリで 出来ました!・・

メッシュホース繋ぎの オイルキャッチタンクを 造るのは、かなり 久しぶりかも・・

最近 こういう カスタム、 ご無沙汰だった 気がしますね・・ (^ ^♪

 

CIMG9257.JPG

 

フッ・・   やっと、 スイングアーム・・   完成です!・・

いやいや・・     何か、 長かったかも?・・ (笑)

やっぱり こういう 特別な ワンオフ加工は、時間 掛かりますね~・・

 

20年前なら、便利なパーツなんて 全然 なかったから、いちいち 造ってたけど

最近は この手の作業が めっきり 減ったせいか、勘が 鈍ったのかも・・ (苦笑)

 

いや・・     歳かな・・ (^_^;)

 

 

寝ます!・・    たぶん明日も、 忙しいだろ~な~・・

最近の 近況報告です!(9月2日)

こんばんは! サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

最近の近況報告 シリーズ 9月2日編、 3台の RCMを お見せ致します!・・

CIMG9188.JPG

 

シンゴが 作業してるのは、宮城県 Y・O さんの RCM-304 KZ1000Mk‐Ⅱ・・

この RCM-304・・  RCMクラフトマンシップ として、中村&シンゴの コンビで

勝手に 造った 一台でしたが、Y・O さんの 目に留まり、現在 アップグレードを

進行中・・  果たして どんなマシンに 化けるか・・  今から 楽しみな 一台です・・

 

CIMG9191.JPG

 

おもむろに 取り出したる、Z1‐Rの アッパーカウル・・・

 

CIMG9190.JPG

 

ジュラルミン材で、パイプワークの ステーを 単品製作 しております・・・

 

CIMG9189.JPG

 

普段は MK‐Ⅱですが、いざと言う 走りでは、アッパーカウルを 装備出来る

仕様に してる 訳なんですが、これが 簡単そうに見えて、意外に 大変・・

実は、アッパーカウルを パッと 簡単に外して、すぐに MK‐Ⅱに 戻せると言う

なかなかの 難題に、立ち向かっております・・

 

CIMG9205.JPG

 

最も 即席と ならないのが、この フロントウインカー 取り付け部・・

こんな感じで、独立した TYPEの ウインカーステーを、製作してみました・・

こればかりは ど~しても、ある程度 組み換えが 必要になりますな~・・ (^_^;)

Y・O さ~んっ!   だいぶ お待たせを 致しましたが、頃合いを見て 時々

ブログで お見せしたいと 思いますんで、よろしく お願いしますね~っ!

 

 

続いては、Ninjaです・・

CIMG9256.JPG

 

東京都 H・N さんの、RCM-305 Ninja スポーツパッケージ TYPE‐R!

このマシンも、中村&シンゴの コンビで 製作している 一台です・・

 

最近では Z系同様、Ninjaも 程度の良い 手頃な個体が、すっかり減りました。

この RCM-305 TYPE‐Rの ベースになった 車輌は、そんな 厳しい

ご時世の 最中にあっても、かなり 良い状態の 車輌を ベースしたもの・・

すでに 重要なセクションは 大半 出来上がり、完成間近な状態に 来ています

 

CIMG9255.JPG

 

H・N さんっ!・・     待望の 外装ペイント、 仕上がって来ましたよ・・♪

 

CIMG9290.JPG

 

こんな感じ!・・    いかかですかっ!?・・

Ninjaの イメージは 壊したくないけど、オリジナルに こだわった、H・N さん

独自の カラーリングです!・・

 

CIMG9385.JPG

 

NITRO製 ウェルドクラフト フルEXに、グレネードチタン V‐Ⅲサイレンサー・・

これで車体は、ほぼ 完成・・  後は 納車までの、いつもの工程を 施すのみ。

 

H・N さ~んっ!・・  本日メール しましたんで、よろしく お願いしますね~っ!

 

 

3台目は、川崎市のJ・E さんが オーナーとなる、RCM-308 Z1‐R・・

CIMG9353.JPG

 

少しブログで ご紹介してない 内に、かなり 出来上がって 来ています・・

 

CIMG9351.JPG

 

実は この RCM-308も、シンゴが 担当しておりますっ!・・

今現在、中村&シンゴの コンビで 製作している RCMは、他にも 何台かあって

早くブログで お見せしたいんですが、何分にも 自分にも 限界が・・ (^_^;)

皆さん、もう少し お待ち下さいね・・

 

CIMG9382.JPG

 

エンジンが 組み上がり、キャブレターも 装備されました・・

オイルクーラーの ホースワークは、基本・・ 一本単位で 切り、組み立ててます

他の作業に おいても 同じなんですが、吊るしのKITは そのまま 使いません

ちょっとした フォルムへの こだわり・・    結構 大事だと 思います・・

 

CIMG9381.JPG

 

ドライブチェーンは、EK530 RCMコンセプト・・

やはり ストリートでは、520よりも 530を 使える方が、良いですよね・・

 

皆さん ご存知かどうか わかりませんが、実は このチェーン・・

ウチの製品では ありません・・    まぁ、 故に 知らなかったんですが

何か このチェーン・・   すんごい 売れてるみたいですね・・

 

CIMG9363.JPG

 

J・E さ~んっ!  たぶん、この RCM-308も 来週には 完成しますよ~っ!

住民票、お願いしますね~っ!・・

 

あ、 それと・・   ブログ なかなか 更新できず、 ホントに 申し訳ないです・・

忙しくて 出来ない・・  なんて、言いたくないんですが・・

実際・・   夜の更新は この先も、ずっと 続きそうだな~・・

何せ 眠たいんで・・   内容 薄くなりそうで、不安です・・ (笑)

 

それでは皆さん、 おやすみなさい・・ <(_ _)>

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.