Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

シリアルナンバー RCM-400 (その4)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・・

 

シリアルナンバー RCM-400  (その4) です!

 

28073101 (2).JPG

 

やたらと 間が空いていた RCM-400 でしたが、前回ブログでも お話したように

フレームは ダイヤモンドコーティングされて、戻って来ておりました・・・

 

28073101 (4).JPG

 

オーナー Y・O さんからは 「いや~  たっぷり 時間かけて、やってね~!・・」  なんて

言われていたものの、実は ここからの工程こそが 大変で 時間がかかる 部分・・・

このままじゃ~ たっぷり どころじゃ 済まなくなる! との事で、ピッチを 上げ始めました。

 

28073101 (3).JPG

 

レーシング レイダウン加工 シートレールが、このマシンの 一目で見てわかる 特徴・・・

スポーツバイクとして 走りに徹した コンセプト、でも 個性的なビジュアルも 追求する!

 

よくばりな オーナーさんです・・・ (^_^;)

 

28073101 (6).JPG

 

でも、いいですね!・・・        フレーム単体で 見て 迫力あるマシンは、好きです・・♪

中村は こういう 中途半端感のない 思いっきりのいい 仕様のマシンは、大好き!

どうせなら より個性的で、自分が 惚れ込めるマシンを 所有したいですもんね・・・。

 

28073101 (7).JPG

 

RCM-400・・・        キリ番だけ あって、メニューは てんこ盛り・・・        しかも 複雑。

担当小針と 時々こうして 見積書を見とかんと、うっかり 間違えるなんて事も、あり!・・・

 

28073101 (8).JPG

 

まだ 組み上げ工程が 始まったばかりの 序の口ですが、どのパーツを どのタイミングで 

フィッティング して行くか・・・              それらを 連想しながら、進めて行きます・・・

 

28073101 (5).JPG

 

フレーム外側は きれいに 塗り上がっていても、未塗装の部分は ご覧の通り・・・

 

28073101 (10).JPG

 

寸法に 問題が出ない ギリギリのレベルで、再生研磨してから 組み付け始めます・・・ 

ちょっとした ひと手間を 惜しまない・・・      RCM製作に おいては、基本中の 基本です。

 

28073101 (11).JPG

 

待機する 足回りパーツ達・・・

O・Z GASS RS-A ホイールに、ブレーキシステムは ERAの コンビネーション・・・

どちらも 熱狂的な モータースポーツ大国、イタリアの ブランドですね。

 

28073101 (9).JPG

 

各部 フィッティングに必要な、カラーなどの製作が 始まりました・・・

まだ一部 揃っていない部品も ありますが、お盆明け位には 立ち上がった姿が

見れる事でしょう・・・

 

RCM-400、 来春 完成?・・・         (いや~・・  ムリじゃ ないっスかね~・・(苦笑)

 

宮城県の Y・O さ~んっ!・・         時間 できたら、また打ち合わせ  しましょうねーっ!

RCM-002 再生計画 (その4)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です

 

少し ご無沙汰に なっておりました、RCM-002 再生計画・・・

 

今から 22年前・・・      A・C サンクチュアリー 創業期に 製作された、シリアルナンバー

RCM-002 ~ 005番までの RCM達は、改めて 今見ると、良く言えば (発展途上中)

悪く言えば (今では考えられない様な チープな仕事・・(笑)   と、言った具合の 車輌が

目立っておりました・・・。

 

28072901 (2).JPG

 

中村とは 30年来の友人 菊池の カタナでもある、このRCM-002も 言うに及ばず・・

随分と長い間 乗られていない マシンでしたが、一念発起して 再生に 挑戦!・・・

良い機会なので 今現在の 技術を駆使し、センスも より現代的に する事に!

 

ですが・・・         中村の パートナ-メカとして 担当していた 倭が、今は もう おらず・・・

少しの間 作業が 止まっておりまして、最近になり ようやく 再開・・・

 

28072901 (3).JPG

 

倭が 最後に フィニッシュして行った リアスイングアームが、西村コーティングさんから

ダイヤモンドコーティングされて、戻って来ていました・・・

 

28072901 (4).JPG

 

ブロックピース TYPEの、スタビ・・・         5分ツヤ ブラックに 仕上がってます・・・

倭が 最後まで 想い込めて 対峙していた、RCM-002  カタナ・・・

 

28072901 (1).JPG

 

その想い・・・                     小針が  引き継ぎました!!

 

28072901 (5).JPG

 

何を どこに 置いたのか、まずは その辺りからの スタートでしたが、幸いにも 丁寧な

保管が 成されていたので、順調な再開が できた様です・・・

 

28072902 (1).JPG

 

たかが スイングアームと、バカには 出来ません・・・

フレーム側との擦り合わせは、一品 一品 合わせており、場合によっては機械加工も

部分的に 施行・・・          チェーン引き部 精度・・・      チェーンスライダーの位置や

形状など、意外に 神経質なフィッティングを 施しているんです。

 

28072903 (2).JPG

 

下準備が完了し、ようやく フレーム側に 取り付けできました・・・

 

28072903 (1).JPG

 

今回は リアショックも 交換・・・            先日 発表されたばかりの、ブラックライン!

 

遠い記憶・・・        そういえば 菊池   まだ20歳 そこそこだった頃、当時 集まっていた

コンビニに カタナを乗り付けて  「どうこれ! OHLINSって メーカーの サスなんだけど

買っちゃったよ!」  なんて・・・        まだ OHLINSが あまり 世に知られていない頃に

いち早く 取り付けてたのを、これ見て 思い出しました・・・

 

そうそう! 最初の頃の OHLINS・・・          茶色  だったな~・・ (^_^;)

 

 

28072903.JPG

 

RCM-002  GSX1100S カタナ、再生計画・・・

小針の手により  この秋の完成 目指して、ふたたび作業が 再開しましたっ!

 

倭~っ!・・・               しっかり  見てろよぉーっ!!

 

 

本店の 近況報告です!(7月27日編)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・

 

8月7日、静岡県にある (株)デイトナさん本社にて、KBM祭りが 開催されます。

サンクチュアリー本店も ブース出展を 予定しており、RCM オーナーズクラブ ROCも

当日、イベントを兼ねた ツーリングが 行われます・・・

昨日より ROC掲示板でも 書き込みが始まっておりますが、何にせよ 暑いでしょうから

皆さん道中は くれぐれも バテないように、マイペースで 来て頂ければと思います・・・。

 

 

それでは 本店の 近況報告シリーズ、(7月27日編) ですっ!

 

28072701 (5).JPG

 

トップバッターは、佐賀県 在住 M・K さんから お預かりして、作業中の Z-1・・・

お預かりした 当初、各部の故障・傷みが 数多く見られ、思いきって RCM化を 前提に

大幅モディファイ&レストアを 敢行・・・            すでに車体は、ほぼ 完成しています。

 

28072701 (7).JPG

 

待望のタンクが、到着・・・                    これを 待って おりました~!・・・♪

 

28072701 (6).JPG

 

実は タンク内が ハンパじゃ~ ない サビで、サビ取りに時間を 取られていたんですが

最初とは まるで違う タンク内部の輝きに、思わず 感動・・ (^▽^;)

これでキャブに 微細なゴミが 落ちて行ったり、オーバーフローを 起こしたりする事は

ないでしょう・・・              あとは タンクを載せて、ロードテストを 施すのみっ!・・・

 

M・K さ~んっ!・・          あと 一週間位で、全て 完了すると 思いますからね~っ!

 

 

続いては・・・

28072701 (4).JPG

 

こちらも お預かりして、大幅リメイク&エンジン フルオーバーホールを 行っている

神奈川県 在住 T・O さんの、ZEPHYR1100 です・・・

エンジンが 組み上がり、搭載・・・       フロントホイールのみ 残して、順調に進行・・・

 

28072701 (8).JPG

 

まだ少し 作業はあるものの・・     ここまで 来れば、完成は近しっ!・・・

 

T・O さ~んっ!・・         お盆前は ダメでも、8月末には お渡し できそうですよーっ!

 

 

3番手は・・・

28072301 (2).JPG

 

東京都 在住 H・A さんの、RCM-377 Ninja スポーツパッケージ New TYPE-R・・

ここ 数ヶ月の間 何台かの New TYPE-Rが製作され、最近 納車されて 行きましたが

このRCM-377 だけが、今も唯一 残されて作業が 進んでおります・・・

 

28071501 (6).JPG

 

とは言え、既に 検査登録は完了・・・          残す作業は ロードテストのみ!・・・

ところが関東は ここまで 梅雨開けしておらず、走行テストが 思うように 進みません・・

最も 明日以降・・・      天気に恵まれそうなので、この後 一気に 進む事でしょう。

 

H・A さ~んっ!・・                   8月上旬、納車  行けると思いますよ~っ!

New TYPE-Rは、全くの 別もの・・・          たっぷり 堪能  して下さいね~っ!!

 

 

最後は・・・

28072701 (2).JPG

 

先日、沖縄在住 M・M さんから オーダー頂いた、RCM-388  KZ1000MK-Ⅱの

フレーム・・・          レーザー測定と 修正を施し、オリジナルフレーム補強 ST-Ⅱで

仕上られ、この後 西村コーティングさんで、ダイヤモンドコーティングを 施されます・・・

 

RCM MK-Ⅱは この先 あと何台、 製作できるのか・・・

もう 冗談抜きで、あと 数台でしょう・・ (-_-;)

M・M さんも 散々 悩んだ挙句、どうしても 念願だったMK-Ⅱに 拘り、決断されました・・

 

28072701 (3).JPG

 

M・M さ~んっ!・・          これから 時々 お見せしますんで、見て下さいねーっ!

 

 

ホント・・・           MK-Ⅱ・ Z-1 ・ Z1-Rの 3機種に 関しては、困ったもんです・・・

とにかく 数が減ったせいで、値段が 高くなりすぎ・・・

3~4年前に 決断して 買った人達・・・     超ラッキー! だったと 思いますよ・・(苦笑)

 

最も 今 RCMは 新たな方向性を 開拓中でして、仮に 空冷Z系車輌が 枯渇したとて

道が 断ち切れる 訳ではありません・・・

 

28072701 (1).JPG

 

来た・・          来た 来たっ!・・・              来ましたぁーっ!!

 

革新する RCM プロジェクト・・・

何せ 既に 先行予約、 入っちゃってますからね・・ (^_^;)

 

8月後半・・     アメリカ  カリフォルニア州 ロスアンゼルス 行き、 決定です・・・

 

サンクチュアリー クライマックス章、 ひとつ目の扉・・・           開いてきますよ~っ!

 

 

= お知らせ =

誠に勝手ながら 明日 28日(木曜日)  私 中村は、お休みを頂きます。

29日(金曜日)以降は 通常通り 出勤しておりますので、よろしくお願いします。

革新 RCM プロジェクト (その11)

革新する RCM プロジェクト・・・

 

このフレームが 何を 目指し、そして 意味するものなのか・・・

解り易く、 いずれ 理解して貰える・・・                  そんな日は、近い事だろう・・・

 

28072501 (3).JPG

 

大よそ フレームを構成する 主要パイプが 擦り合わされ、点付け溶接まで 到着・・・

 

28072501 (2).JPG

 

溶接後の 冷却収縮は 意外に手強く、予想以上に 各部の引き合いが 起こる・・・

前後 ・ 左右 ・ 上下と、溶接工程に 順序を設けながら 丁寧に 溶接を進めるのだが

結局は 手練れた作業者による 作業こそが、最も 良い仕上がりになると いうもの・・・

 

Zレーサー 2号機、そして  RCM-001・・・        これまで 積み上げて来た 経験が

今回の オリジナルフレーム造りに 大きく 貢献しているのは、言うまでもない・・・

 

28072501 (5).JPG

 

右ダウンチューブの フロント側 ジョイントも、完全に溶接済み・・・

 

28072501 (6).JPG

 

同じく ダウンチューブ、リア側も 完了・・・

フロント&リア 共に フィレット加工の お蔭で、パイプとの連結部に 違和感は ない・・・

 

28072501 (4).JPG

 

脱着式 ダウンチューブ、単体 完成・・・     

出来上がってみれば・・・      当初 イメージしていたよりも、ずっと 軽く感じる・・・

また 溶接後の精度も バツグンで、すんなりと 脱着が出来る 出来栄えである・・・ 

 

28072502.JPG

 

RCM オリジナルフレームの 削りものを担当している、アルカディア代表 高野氏が

来店・・・             これまでも こうして 時折、打ち合わせを 繰り返して来ていた・・・

 

28072501 (1).JPG

 

SS400の インゴット・・・

この鉄塊から、次々 RCM オリジナルフレームの 重要部位が 誕生している・・・

 

28072501 (13).JPG

 

アルカディアの技術 なくして、今 プロジェクトの 成り立ちは 難しい・・・

何故なら、高野氏 自身・・・      プロジェクトに 掛ける想いは、我々同様に 強いからだ・・・

 

28072501 (7).JPG

 

Tスロットテーブル上に 展開されている 各治具の機能があって 初めて、オリジナルの

フレームは 精度高く 組み立てられて行くが、削り出し部位の 精度が、そこに 大きく

加わり、初めて 納得行く仕事が 進んでいる・・・      同じ 志を持つ パートナーの存在が

オリジナルフレームの 完成度にも、繋がっている訳である・・・。

 

28072501 (11).JPG

 

ダウンチューブ 下部に設けた、M12ボルトの エンジンマウント・・・

このマウント部の 必要性に 多少の議論は あったものの、ハンガープレートを 介さず

リジット構造にする事で、解決・・・      バンク角まで 考慮したものに、仕上がっている。

 

28072501 (8).JPG

 

順調に 溶接進む フレームではあったが、手を止め  熟考する事も しばしば・・・

妥協する事で 早い完成に 至る事・・・      それは充分 わかった上での 熟考・・・

気になる部位が あるのなら、今回は 歩みを止めてまで、再度臨む 姿勢である・・・

 

28072501 (10).JPG

 

結果・・・         メインフレーム 下側、側面 パイプワークが 変更されて、溶接された・・・

直感とて 重要視する・・        磨かれた 感覚の方こそ、時には ものを言う事も ある・・・

これでは ダメだ!・・      そう 感じたなら、せっかく進めた 部位でも、ためらわず 捨てる。

今 プロジェクトに おいては、この姿勢を 貫くつもりだ・・・

 

実はこの 最初のフレーム・・・           このあと 見事、廃棄処分  行きとなっている・・・

満身創痍で臨んだ 一本目の フレームだったが、誠太郎の気持ちは、理解できた・・・

 

時間やコストを 考えれば、そんな 無謀な愚行・・・            とんでもない事・・・

だが、 廃棄と 決めたなら  廃棄!・・・

 

そうだ・・・            自らに 「これでもかっ!」  と、 そう 思えるものだけ、造る!・・・

 

妥協なき プロジェクトで、 あるべきだから・・・

 

 

本店の 近況報告です!(7月23日編)

こんにちは、サンクチュアリー本店の 中村です・・・

 

関東が なかなか梅雨開けしません・・・

何台か 盆前納車したい 車輌があるのに、上手く進まず 結構 困っております・・ (苦笑)

この夏が終わると 連チャンで 沢山のイベントが 控えてますから、何とか 好スタートを

切っておきたい所・・・            全員 一丸となって、この場を 乗り切るしかありません・・・

 

28072301 (1).JPG

 

てな訳で、 本店の 近況報告シリーズ (7月23日編) ですっ!

 

28072301 (3).JPG

 

トップバッターは 川崎市 在住 T・S さんの、RCM-379  Z1-R・・・

つい先日まで RCMクラフトマンシップと して、製作していた RCM-379 でしたが

製作途中にも 拘わらず、T・S さんに 先行で ご成約頂いた車輌でした・・・

 

28072301 (4).JPG

 

スタート仕様として コストを気に掛け 製作していたのですが、T・S さんの リクエストで

各部を アップグレード中・・・     また 外装もまだ 未塗装だった事から、好きなカラーを

ご指定して頂き、現在は ペイントが上がって来るのを、待機しております・・・

 

T・S さ~んっ!・・             少~しずつ ですが、 進んでますからね~っ!!

 

 

続いては・・・

28072301 (5).JPG

 

お預かりし、エンジン&シャシーを 大幅 モディフアイ中、T・O さんの ZEP1100・・

ライナーの パルフォスM処理が 仕上がった為、シリンダーまで 組み込みました・・・

ピストンは今回、Annysさんの 鍛造 ハイコンプ仕様に しています・・・

 

28072301 (7).JPG

 

バルブガイドやシートなど、内燃機加工済み シリンダーヘッドも、搭載完了・・・

この後 カムシャフト 組み込み、現在 はエンジン コンプリートしており、2~3日中に

エンジンが フレームに、搭載される予定・・・               作業は 7割方、完了!・・・

 

T・O さ~んっ!・・・                      もう少し ですからね~っ!!

 

 

3番手は・・・

28072301 (8).JPG

 

先月 宮崎県から 送られて来た、N・F さんの KZ1000MK-Ⅱ・・・

数年前 まだ本店が 東京 江戸川区だった頃に、フレームや エンジン作業を 施された

車輌なんですが、何でも最近 譲り受けたらしく、オーナーチェンジして 改めて 残した

作業を 完了させる為に、今回 お預かりした 次第でした・・・

 

28072301 (9).JPG

 

残した課題を 満たした事から 今回、 晴れて RCM!・・・

RCMー387と して、無事  シリアルプレート装着を 行いました・・ ♪

 

宮崎県の N・F さ~んっ!・・       進展しましたら また お見せ致しますね~っ!!

 

 

最後は 昨晩の模様です・・・

28072301 (10).JPG

 

おなじみ、JR本八幡駅前  南口・・・

 

28072301 (11).JPG

 

RCM オーナーズクラブ  ROC関東の、ブロックリーダー ミーティングでした!

 

8月7日に 静岡県の(株)デイトナさん 本社で開催される 【KBM祭り】の 打ち合わせで

本日 事前ミーティングを、開いております・・・

 

28072301 (12).JPG

 

新たに ROC関東 ブロックリーダーを就任した、小林 エイジ です!

 

今から 27年前・・・       中村がまだ バイクショップ 勤務時代だった頃に、彼に新車の

ZEP750を 販売した頃からの 付き合いで、彼はまだ ピチピチの 10代でした・・ (笑)

 

車輌販売後も 数年に渡り、中村自身の手で カスタムを施して来た ZEP750 でしたが

10年程前に手放し、最近 またそれを 買い戻した! と言う 経緯・・・

 

吾希人の RCM-000や 我が愛機 RCM-001も そうですが、菊池の RCM-002

そしてこの エイジの RCM-003なんかは、中村がまだ メカニックとして 発展途上

だった頃に 手掛けたマシン・・・      今では思わず 赤面してしまう様な 部分も見られる

RCM-003 でしたが、無事 買い戻した事から ROCに 復活したと言う 訳です・・

 

28072301 (14).JPG

 

ROC関東 ブロックリーダーとして、8月7日 デビューが 決定!・・・

 

つか、  去年の忘年会・・・         いたよね・・・

 

28072301 (13).JPG

 

そして、寝ました・・・(汗)

 

こんな感じですが・・(苦笑)              皆さん今後共、 よろしく お願いしま~す!!

 

25日(月曜)から 8月7日 KBM祭りの トピック、掲示板に上がりますので

ROCメンバーは また入って、チェックよろしくですっ!!

 

 

= お知らせ =

誠に勝手ながら 私 中村は、明日 24日(日曜) お休みを頂きます。

25日(月曜)~ いつも通り 出勤しておりますので、よろしくお願い致します。

たまには、RCM-001の お話でも・・(その7)

昨日に 引き続き、連続にて 我が愛機の お話です・・・

 

ひと昔前・・・       今から 28年も前は、Z1-Rと言う 車輌自体が、あまり認知されて

なく、しかも 今日ほど 車輌が沢山 逆輸入されていないから、とにかく 探しました・・・。

 

28072003.JPG

 

それでも、何とか見つけて 手に入れた  Z1-R・・・        65万円で買った、Ⅱ型・・・

自分で登録し、楽しくて 楽しくて  そりゃ~  もう・・・           四六時中  走りまくり!

どこに行っても  「このバイク  何っ!?・・」  って、いつも 聞かれてましたね・・ (笑)

 

28072001 (3).JPG

 

ホントはⅠ型が 好きだったんで、すぐに カラーリングを 変更したんですが・・・

でも・・・       直線で フル加速すると、車体が大きく 横揺れする ヨーイングに 悩まされ

乗り手として 常に フラストレーション 抱えてた・・・      色替えてる、場合じゃねぇ!(笑)

 

この頃からかな・・・           「バイクは シャシーが しっかりしてねーと、走らねぇっ!」

そう 強く思い・・   フレームや 足回りに対して、すごく関心を 持つ様になったんです・・・。

 

28072001 (4).JPG

 

これは 今で言う  RCM-001 と RCM-002、 当時のツーショット・・・

とにかく  フロント19インチ、リア18インチホイールの 組み合わせが、大好き!で

2台共 チューブ入り ホイールのせいで、いつもパンクに ビクついてました・・ (笑)

 

28071901 (5).JPG

 

初めて買った、マグネシウム ホイール・・・             もちろん、フルローン!・・ (笑)

ドイツ PVM社製の 前後18インチで、とにかく 感動!・・・        実は当時、 中村には

Z系や カタナ乗りの 先輩達がいて、常々 その先輩達から 「中村ぁ~、ホイール交換は

目から鱗が 落ちるぞっ!」 などと 言われてたんですが、正に  目から鱗が落ちる程の

驚きでした・・・

 

28072001 (6).JPG

 

旅先で トラブルなんてのは、しょっちゅう・・・(苦笑)

 

先輩達から 「空冷4発 乗りはな、オイル漏れだとか トラブルを 細かく 気にしちゃ~

いけね~んだよっ!・・・        気になるヤツはよ、 Zに乗る 資格なんて ねぇっ!!」

 

年中 こんな風に 言われてたんで、トラブルに 慣れっこに なってたかも?・・・

 

すみません 今 自分は・・・     ノントラブルな Zに、一生懸命 取り組んでます・・(苦笑)

 

28072001 (5).JPG

 

テイスト オブ フリーランス  Round-6・・・              筑波での レース、初参戦・・・

吾希人が 当時 新設されたばかりの、Fゼロクラスに 自分のNinjaで エントリーしたんで

当然 中村は、メカニックとして グリッドに立つ事に・・・

 

これを機に、永きに渡る 【テイスト】 との付き合いが、始まります・・・

そして ここで・・・     17インチホイールを 装備し、もの凄いタイムで 走る レーサーを

垣間見ます・・・             自分の中に在る 何かを、根底から 覆された 瞬間でした・・・

 

28071901 (7).JPG

 

AC・サンクチュアリーを 創業して、間もなく・・・        もう 心は  17インチホイールに

占領されており、只 ひたすら そのイメージだけが 頭の中で グルグル グルグル・・(笑)

 

(くそぉぉ~っ!・・        何て 速くて、 カッコ いいんだぁぁぁ~~~っ!!・・) (◎_◎;)

 

16歳の時 乗っていた、Z400FX・・・     20歳で Z750FX・・・      そして Z1-RⅡと

これまで自分の中に 熱く 存在していた 19&18インチの シルエットが、完全に崩壊・・・

 

想えばこれが、 我が愛機  RCM-001  誕生への 布石・・・

 

28072002.JPG

 

結局 テストベッドマシンとして、17インチホイール化を 試された 我が愛機・・・

初めて履き 走った、最新のハイスペック ラジアルタイヤ・・・     フォークや アームも

同時に変更し、フレームも イチから やり直しました・・・         この頃の 仕様になると

悩んでた ヨーイングも なくなり、筑波サーキットに 通って 自ら ライディングする様に

なります・・・     何せ バックストレート、 思いっきり 開けても 大丈夫だったんで・・(笑)

 

28072001 (1).JPG

 

向かって上段 右から2番目が 自分で、右となりが ヒデオ、左で 手を上げてるのは

現 ARA-BULL店 代表、まだ二十歳 そこそこの 笹賀です・・・

 

とにかく 年がら年中 サーキットに通い、晴れだろうが 雨だろうが、転倒しようが(苦笑)

お構いなしに コースを、走っていました・・・       我が愛機 そして、  仲間達と 共にね・・・

 

 

28071901 (17).JPG

 

再生計画は まだ少しだけ 続きますが、ほぼ 完成形となった 我が愛機が・・・

RCM-001が、ここに 在ります・・・ 

 

28071901 (1).JPG

 

99% 完成と言う、少々 中途半端さは 否めませんが、それでも気持ちは 昂ります・・

忘れていた こんな気持ち・・・             いや~      10数年 ぶりですわ~・・ (^ ^♪

 

では 最後に ちょっとだけ、ご紹介 致しましょう。

 

 

 

_TOG3748.JPG

 

RCM-001   A16R  プロトタイプ・・・          我が愛機  今現在の 姿です・・・

 

中村個人の テストベッドマシンから、サンクチュアリーの テストベッドマシンと して

今 ここに、99%完成に 至りました・・・

 

_TOG3929.JPG

 

この後 まだ、吸気系の変更が 課題としてありますが、ここまで 辿り着ければ

何とか ゴールラインが 見えて来ますので、あと ひと頑張りっ!

 

この RCM-001を 基本スペックに、更なる進化を 促した A16フレーム達も

現在 続々と、製作が進んでいます・・・

 

まだまだ、 情熱  続く限り・・・          トライ&エラーへの 試みは 終わりません

だいぶ歳を 取ってしまったけど、 また あの頃の続きを  どこかで再開 したい・・・

そんな 気持ちでいます・・・

 

 

あ、 そうそう!・・

今月発売 ロードライダー誌でも 登場 しますんで、是非 そっちも 見てやって下さいね!

 

たまには、RCM-001の お話でも・・(その6)

革新 RCM プロジェクトと 並走する様に 進む、我が愛機  RCM-001・・・

 

現在 月刊ロードライダー誌で 【再生計画】と 名付けた連載を 掲載しておりますが

改めて ここに至るまでの 経緯を、ご説明 させて頂きますと・・・

 

バイクショップ メカニック 勤務時代  22歳の頃、念願だった Z1-Rを 手に入れる・・・

 

28071901 (2).JPG

 

チーム KRC rumble Fishの 仲間達と共に、カスタムしては 走る毎日の 繰り返し・・・

当時は 今の様に、情報社会じゃ なかったたんで、独学で一杯  失敗しました・・(苦笑)

 

28071901 (8).JPG

 

1995年 9月  28歳の秋、 千葉県 松戸市で AC・サンクチュアリーを 創業・・・

rumble Fishの 仲間達が手伝ってくれ、共に 立ち上げた、うさぎ小屋と 呼ばれる

最初の サンクチュアリーです・・・

 

そして、1999年・・・

rumble Fishの仲間達と ツーリング中、宿泊先の旅館で 夜中に 我が愛機  盗難・・・

残念ながら、盗難当時の写真は ありません・・ <(_ _)>

 

すぐに見つかったは 良いものの、その後 サンクチュアリーの多忙業務に追われ・・・

 

28071902.JPG

 

愛機の部品は 当時の 弟子達の手で、次々と Zレーサー 旧1号機に 転用・・・

 

サイてー・・ (-_-;)

 

 

その後も、復活の機会を 失ったまま 10年以上が 経過・・・       そして、5年ほど前に

ロードライダー編集部 協力の基、RCM-001 再生計画が スタートした 訳ですが・・・

 

その再生にも 5年もの年月を 費やしてしまい、今現在に 至った次第でした・・(苦笑)

 

 

28071901 (19).JPG

 

少し前の事・・・           都内 某スタジオ・・・

 

28071901 (18).JPG

 

我が愛機 RCM-001  99%完成! との事から、この日 撮影を行いました・・・

 

既に ロードライダーフェスタや 別冊カスタムマシン誌、また 本店の HP上なんかでも

お見せしましたんで、今更 もったいぶっても 仕方ないんですけど、 とにかく ここに

至るまでが 大変だったもんですから、改めて その経緯を ご紹介したいと思います・・・

 

28071901 (9).JPG

 

ダイヤモンドコーティングされて、戻って来た フレーム・・・

脱着式 ダウンチューブが 外されている為、いつもより 小型の箱で 梱包されて来ました。

 

28071901 (11).JPG

 

当初、 赤?・・・     ガンメタ?・・・           フレームを 何色にするか、迷ったんですが

こいつは サンクチュアリーの 歴史の中で、常に テストベッド車輌として リードして来た

マシンですから、ここは やはり、硬派にブラックで 仕上る事に したんです・・・

 

ちなみに 中村は ブラックを硬派系と、勝手に 決めております・・・

 

28071901 (12).JPG

 

もう 加工は、ありません・・・

グリスアップしながら、正しく 組み付けて行く・・・        1分の1 プラモデルでした・・・

 

28071901 (13).JPG

 

これは 恐らく 使わないんだろうな・・    と、 思いながら 組み付けた キャブレター・・・

 

28071901 (14).JPG

 

これで火を入れる 可能性も ありますので、一応 きちんと 組み付けてやります・・

 

28071901 (16).JPG

 

YFデザイン 深澤さんの 協力もあり、 外装ペイントも 完成・・・

外装の カラーリングが 仕上がると言うのは、カスタムマシンを 製作する上で、今も

フィニッシュが 近い段階の出来事 だと、認識しています・・・

 

我が愛機  RCM-001・・・

サンクチュアリー クライマックスの章  始まりの年に、 99% 完成まで 辿り着く・・・

 

想えば 色々、あったなぁ~・・・ (^_^;)

 

革新 RCM プロジェクト (その10)

17インチホイールに 最適化した オリジナルフレームを 製作する、今 プロジェクト・・・

 

Zレーサー 2号機と 我が愛機、RCM-001の オリジナルフレームを 製作して来た

経験に、更なるノウハウを 追加して、一本目のフレーム製作が スタートした・・・

 

28071801 (2).JPG

 

STKM13C ベンディングパイプで、メインチューブに 該当する部位を 形成・・・

左右の曲げ込みに わずかな バラつきがあるだけで、その対象精度は 落ちてしまう。

 

また 当然の事ながら、溶接部 合い口形状に 大きく 隙間があれば、これも溶接後の

歪み原因となる為、合い口の 擦り合わせ作業は 手が抜けない所だ・・・。

 

28071801 (4).JPG

 

溶接棒の マテリアル シリアルにも 拘る・・・             実は 重要・・・

 

高価で万能な 52を用いれる事に 越した事はないが、年間 少量限定生産 とは言え

量産を前提と した フレームなのだから、コストパフォーマンスに 優れる 310を 採用。

 

28071801 (5).JPG

 

異種金属を溶接する上で 強度を 必要とするのなら、溶接棒 マテリアルへの配慮は

心掛けたい・・・        フレーム本体材質 ・ 曲げ精度 ・ そして 溶接部 合い口形状と

一見しただけでは 判別出来ない部分への 拘りが 積み重なって、イメージしていた

フレームに 辿り着く・・・               こういった考え方は、昔から 変わる事がない・・・

 

28071801 (6).JPG

 

この後 工程は、リアサスペンションマウントと シートレールセクションに、移行・・・

治具はまだ 簡易的なものだが、今後 より利便性を上げた物へと、変更される予定。

 

28071801 (8).JPG

 

正直 ここまで見て来て、製作している フレーム精度の信頼性は、かなりハイレベルで

あると 感じている・・・      各種 製作治具の 存在は、非常に大きいと 言えるだろう・・・

 

28071801 (7).JPG

 

もちろん 削り出しピボットに 接続される パイプも、勘合部の合わせを きつくしており

これらも 高い精度に繋がっている、要因である・・・

 

28071801 (9).JPG

 

それでも、ハイトゲージで コンマ台の数値を 追求しながらの、溶接となる・・・

これは、Zレーサー2号機 しかり・・・         RCM-001 しかり だった・・・

 

28071801 (10).JPG

 

いわゆる レイダウン位置で 設定された リアサスマウントを、囲む様に シートレールの

パイプワークが 進む・・・                  ここまで来ると、かなりフレームらしい 姿だ・・・

 

28071801 (11).JPG

 

右ダウンチューブの、連結部位が 完成・・・

エンジンマウントも 兼ねた構造で、この段階で ダウンチューブと エンジンハンガーの

角度が 設定されており、便利でありながら  連結剛性面でも 優位性がある・・・

 

28071801 (12).JPG

 

作業速度アップにも、貢献する・・・           当然の事ながら、精度とて 同様・・・

 

28071801 (1).JPG

 

まだ 点付け溶接の 段階だが、具合よく 収まっているのが、よくわかる・・・

 

基本レイアウトは RCM-001と 同じ、連結部上下に エンジンハンガー ボルトを

固定するもので、こういった 強度・剛性面に対する 配慮は、RCM-001と 全く

同じだ・・・             いや むしろ 001より、 あらゆる部分で 勝っている・・・

そう 感じる部分の方が、圧倒的に 多い・・・

 

革新する RCM プロジェクト、一本目のフレーム  大よその姿が 見え始めた・・・

シリアルナンバー RCM-400 (その3)

サンクチュアリー本店の 中村です・・・

 

やばいです・・・        シリアルナンバー RCM-400、 ようやく  (その3)・・ (-_-;)

 

宮城県 在住 オーナーの、Y・O さんっ!・・・

ブログ更新 とびとびで、ホントー に・・・         申し訳ありませんです~っ!!(謝)

 

でも、マシンは水面下で 進んでおりますんで、ご安心下さいね・・ (苦笑)

 

28052001 (11).JPG

 

あれから だいぶ 日が経ちましたが、前回 フルリビルド クランクを組んで、腰下が

無事完成・・・       エンジンの パワーソースを 決定する、腰上作業に 移ります・・・。

 

28052001 (13).JPG

 

ヴォスナー製 ピストンを、ちょいと 加工・・・      同時に、重量を あわせてやります。

 

28071601 (2).JPG

 

続いては おなじみ、燃焼室容積の 測定・・・

 

28071601 (4).JPG

 

専用の測定オイルを 溢さない様、慎重に 燃焼室に 注いで行きます・・・

ステム径 φ5.5 仕様の バルブは、インテーク φ37  エキゾースト φ31.5 の

スペシャル ビッグバルブで、フェイス面が 肉抜きされている 軽量タイプ・・・

 

吸排気ポートサイズも 拡大化し、燃焼ガスの 充填効率は、全くの 別モンです・・。

 

28071601 (6).JPG

 

バルブ本体の 軽量化で、バルブスプリングレートを その分上げずに 済むんですが

フェイス面 肉抜きの影響は その分、圧縮の低下に 繋がり、それを 取り戻す為の

ヘッド面研値を 算出するのに、この 燃焼室容積の測定は、必須科目なんです・・。

 

28071601 (9).JPG

 

全ての 測定を終え、ピストンと シリンダーを 組み付けました・・・

シリンダーライナーは PAMS製の EST・・・         吉岡さんトコの 製品ですね・・♪

 

この後 シリンダーヘッドが 面研工程に 移った為、エンジンは ひとまず お休み・・・

 

28071601 (11).JPG

 

フレーム作業で 唯一 残されていた、アンダーカウルステーの 取り付けに 移りました。

 

28071601 (13).JPG

 

せっかくですから ダイヤモンドコート かける前に、ステーを溶接で 設けます・・・ 

位置や長さ 角度など、結構 シビアな作業で 慎重に進めます・・・。

 

28071601 (12).JPG

 

微妙に 上手く行ってない 所はないか?・・・     今の段階なら まだ やり直せるので

カウルを合わせつつ、不具合箇所の 確認をして行く と言う、実に 地味な工程・・(苦笑)

 

28071601 (1).JPG

 

こうして フレームは、全ての作業を 終えました・・・

完全 一名乗車仕様の、フレーム・・・           中村は こういうの、  好きです・・ (^^♪

 

28071601 (14).JPG

 

この後は ダイヤモンドコーティングで 塗装され、いよいよ 車体立ち上げ 工程へと

移ります・・・                   実は 今現在、もう フレームは 塗り上がっておりまして

近日中に 前後足回りパーツの フィッテイングに、入る予定・・・

 

宮城の Y・O さ~んっ!・・            (その4)は 早目に、更新しますからねーっ!!

 

 

本店の 近況報告です!(7月15日編)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・・

 

公私共に 大切な者との 別れがあって、少しの間 ブログに、封印を しておりました・・

正直・・・           色々な意味で こたえた・・・      と  言うのが、ホンネでありましたが

残された者が いつまでも後ろを 向いていたら、去った者の 心に 応えられません・・・

 

これよりは ただ・・・      逝ってしまった 魂が 求めていたものを、具現化 するのみ・・

ひたすら 闘志を持って 望んで参りたいと、今更ながら 自らに 誓った次第です・・・。

 

 

さて そんな訳で、少しご無沙汰に なっておりましたが、また再開 したいと思います!

 

本店の 近況報告シリーズ  (7月15日編) ですっ!

 

28071501 (2).JPG

 

トップバッターは 石川県在住 K・A さんの、RCM-391  Z-1です。

 

28071501 (9).JPG

 

検査登録を行うのに 最後の作業 エンジン始動をすべく、SHORAI製 バッテリーと

PAMS製 MOSFET型 レギュレーターを 採用・・・    バッテリーの小型化に 伴って

バッテリートレイに サイズを 合わすべく、スポンジプレートを カットしてました・・・

 

28071501 (10).JPG

 

バッテリー搭載、エンジ始動  OK!・・・              細部 仕上げを見直し、現在は

ナンバー登録の為、K・A さんの地元 陸運局に 登録用書類が 送られております!

 

K・A さ~んっ!・・・             予定より 少し遅れてしまい、すみませんでした~っ!

いよいよ 来週から ロードテストに、入りますからねーっ!!

 

 

続いては・・・

 

28071502 (2).JPG

 

千葉県 在住 S・K さんの、RCM-370  KZ1000MK-Ⅱです。

 

本店でも ついに KZ1000MK-Ⅱの RCMは、ベース車を ご用意した上での 製作が

不可能に なりつつあります・・・      車輌 お持ち込みでなら、今まで通り 変りませんが

ベース車からの製作は、いよいよ カウントダウンに 入って来ました・・・

 

28071502 (3).JPG

 

S・K さん、この RCM-370の 製作にあたり、ポリッシュと クロムメッキを 中心とした

独特の カラーチョイスを 設定・・・        リアマスターシリンダーまで、ご覧の通りです・・。

 

28071502 (1).JPG

 

ナイトロ レーシング製 チタン手曲げ ヒートポリッシュ EXが、取り付けられました・・

只今 ご友人の M・T さんも、RCM-346  Z-1の アップグレード作業を 行っており

そちらが来週以降 納車になるんですが、たぶん その時までに また一歩、作業が

進んでいるかと 思います・・・

 

S・K さ~んっ!・・               また ご来店 チェック、 お待ちしてますねーっ!

 

 

3番手は・・・

 

28071501 (4).JPG

 

遠く 秋田県より ご来店頂きました、RCM-380の オーナー、T・O さんです!

手前は ご友人の I・T さんで、実は RCM-251 ZEP1100の オーナーでもあります。

 

28071501 (5).JPG

 

RCMー380  Ninja スポーツパッケージ New TYPE-R・・・

Brembo製 左右 ラジアルマスターシリンダーや、ヒートポリッシュ チタン フルEX など

スタートEDITIONに、T・O さんからの リクエストを加えた アップグレード バージョンです。

 

28071501 (3).JPG

 

既に 登録も終わり、 ほぼ・・・         完成してるんですけどね~・・・

こう毎日 雨続きだと、ロードテストが なかなか進まず、結構 困っております・・(苦笑)

 

T・O さ~んっ!・・              今月末 納車、 何とか目指して ますからねーっ!!

 

 

最後です・・・

 

28071501 (13).JPG

 

長期製作コースにて、現在 大変ゆっくりと 作業が進む、静岡県在住 T・K さんの

RCM-374  Z-1です・・・

 

28071501 (1).JPG

 

重セクションは 既に ひと通り 完成しており、ここからは 細部に向かって 仕上て行く

工程・・・     実は こういう所からの工程の方が、意外に時間が 掛かったりするんです。

 

28071501 (14).JPG

 

RCM-374・・・             マシンの仕様は、かなりの硬派系・・・

 

納車は年明け 来年あたりの予定ですが、徐々に 組み上がって行く その工程を

これからも時々、お見せしたいと思います・・・。

 

T・K さ~んっ!・・・              着々と進行、 しておりますからねーっ!!

 

 

共に・・・

土曜の午後から 日曜にかけて、九州は大分県に 行っておりました・・・

イタリア出張から 戻り、二日後に 不在に なりました事、ご不便 お掛けしたかと思います。

どうしても 赴かねばならぬ 事情だった故に、お許し頂ければと 思います・・・。

 

本来なら スタッフ全員で 見送りたかったんですが、中々 ままならず・・・

 

それでも前日の夜・・・           雄一が 突然、小針を連れ 中村の自宅を 訪れました・・・

 

「連れてって くれませんか・・・」

 

急遽、小針も連れて・・          翌日、羽田から フライト・・・

 

 

28071201 (10).JPG

 

そして 今日から・・・             戻って また、いつもの日常が 始まりました・・・

 

28071201 (8).JPG

 

同じユニフォームを 来たやつが、一人  いない 空間・・・

 

28071201 (11).JPG

 

見送れなかった者に とっては、にわかに ピンと来ない 事でもあるだろう・・・

 

 

同じ 志で、入門して来た事・・・

ファースト世代達が 切り開き、セカンド世代達が 受け止めて来た、あの 戦い・・

 

0001 (2).JPG

 

ゼッケン39の 挑戦・・・

 

0001 (3).JPG

 

あいつは 沢山、見て来ていた・・・

これまでいた 先輩達の名前、  しっかり 知っていたもんな・・・

 

そして 当然の事ながら・・・

空冷 最速を掛けて、 あのパドックで・・・            共に 戦いたかったん だろう・・・

 

28071202.JPG

 

それはね・・・             その想いは 皆、同じだよ・・・

 

28071201 (3).JPG

 

徐々に 形に なりつつある、 同じ サード世代の メンバーだった・・・

 

28071201 (13).JPG

 

唯一の ファースト世代  誠太郎も、  いつも あいつを 気に掛けていた・・・

 

誠太郎  たった一人 だけだったが、それでも あいつと 触れ合えさせられた事・・・

今は 良かったと、 心から 想う・・・

 

28071201 (1).JPG

 

だが、 忽然と いなくなってしまった、事実・・・

 

28071201 (9).JPG

 

例え わずかな 期間であっても・・・          充分 想いは残る・・・

 

28071201 (6).JPG

 

戻る事は 出来ないのだから・・・            静かに、 前に 進むしかない・・・

 

だが・・・

 

28071201 (5).JPG

 

志は 共に・・・              これから 始まる、挑戦に 向け・・      共に いる・・・

 

同じ サンクチュアリー ブルーを、身に纏って・・・

 

0001 (1).jpg

 

記録に 挑もう・・・                  記憶に 残そう・・・

 

0001 (4).JPG

 

サンクチュアリー クライマックス章の、幕は上がった・・・

数年間 続くであろう・・・             この20年間 積み上げて来た 道の ドラマ・・・

 

これから始まる 挑戦は、何も レースだけじゃあ ないんだが・・・

 

でも まずは、 ゼッケン39    なんだろ?・・・

 

サード ジェネレーションの 一員として、 共に・・・

 

だからな・・・

 

 

 

 

28071201 (2).JPG

 

一時だけ、 つき合えやっ!

 

お前が 憧れていた、 あの パドックにな・・・

 

 

 

 

 

= お知らせ =

現在 作業進行中の お客様には、ご迷惑を お掛け致しますが、2~3日の間だけ

ブログを お休み致します。    またすぐに 再開しますので、少しだけ お待ち下さい。

よろしく お願い致します。

 

サンクチュアリー 本店        株式会社 ノーブレスト    代表取締役  中村 博行

無題

サンクチュアリー本店の 中村です・・・

 

イタリア訪問中は、ハードな毎日に 疲れながらも 嬉しい事の連続で、日本に帰ったら

食べたいもの 食べて 「よし!また ガンバるぞっ!・・」  っと、 意気揚々 帰国しました。

 

でも・・・                いつだって いい事ばかりが、 続くわけではありません。

 

追い打ちをかける  と 言う言葉が ありますが、正しく・・・

つい この前、 味わったばかりの 想い・・・                       また、    ガマンか・・・

 

少しだけ この場を お借りして、綴ります。

 

 

28070902.JPG

 

入社 初日の、朝礼・・・

「このツナギに 恥じる事ないよう、 ガンバりますっ!・・」

 

(へぇ・・・)                 思わず 笑みが  こぼれていました。

 

28070901 (2).JPG

 

たぶん、その場にいた 複数の人間達の中で、ひと握りの者だけが・・・

胸の中に込み上げてくる、何かを・・・            感じたかと 思います・・・。

 

28070901 (1).JPG

 

正直・・・

これまで ここで戦って来た ファースト世代達に、 聞かせてやりたかった・・・

 

昨日 初めて知った事・・・            あいつ、 高校時代から 憧れていたと 言う・・・

 

28070901 (4).JPG

 

あいつは サンクチュアリー本店を、 見続けて来た・・・

 

「他の洗濯物と 一緒に、洗わないでよっ!」

親に そんな悪たれ付いてまで、大切に していた事・・・         知りませんでした・・・

 

 

なら もう     一緒に 持ってけ!      この 39番!・・・

 

28070901 (5).JPG

 

サード ジェネレーションズの、一員として・・・

この想い詰まった サンクチュアリー ブルーは、 永遠に お前のものだ・・・

 

 

サンクチュアリー  クライマックスの章、 幕開けの 年に・・・

より一層  力強く・・         振り向かずに 走らなければと、想う・・・

 

これから始まる 全ての ドラマを、捧げよう・・・

 

見ていろよ・・・

 

 

= お知らせ =

突然ですが 私 中村は、本日9日(土)の午後と 10日(日)の終日、不在となります。

出張不在あけ間もなくに、また ご不便を お掛け致しますが、よろしくお願い致します。

2016年度 イタリア出張 (最終回)

イタリア ミラノ 出張 (最終回) です・・・

 

O・Z MBでの ミーティングは 予想通り・・・          かなり シンドい ものでした・・(苦笑)

 

皆 基本 技術者達だから、ミーティングなんて そんなに ムキに ならんでしょう?・・・   と

思われるかも 知れませんが、 逆!・・・

とにかく真剣で、いわゆる会議で 意見や議論を 交わさないと 言う、消極派は ゼロ!・・

例えそこが、工場だろうが 会議室だろうが 関係なく、何事にも全力 なんです・・。

 

だから すごく、シンドいんです・・ (^_^;)

 

28070501 (18).JPG

 

O・Z MBの 図面担当者、フェリーチェ・パジネッティ・・・。

イタリア人には 働き者がいない・・   と 言う、そんなイメージが あるかも知れませんが

このフェリーチェは、別!・・・      それこそ毎晩、夜遅くまで 一生懸命 働いています・・。

 

もう一人、 アンドレア・ロッツアは・・・        交代の夏休みに 入ってましたが・・ (苦笑)

 

ハードなミーティングも 終わったので、この後は 会食・・・

 

28070501 (20).JPG

 

あの MVアグスタ本社が、目の前・・・          バレーゼ湖畔に やって来ました・・・

 

28070501 (21).JPG

 

サルーテっ! (乾杯っ!)・・・

中村は これにて、イタリアでの仕事は 全て 終わりましたから、何とも 気が楽!・・ ♪

 

ちなみに、ジュリオ&ボガーニの お二人は、明後日から アメリカ  カリフォルニア州に

ある ラグナセカに、サーキットサービスの為、出張だそうです・・・

Moto-GP・・    ワールドスーパーバイク・・    行く先々 全ての選手権で 使用されている

ホイールが 殆ど全部、O・Z 一色に なってしまいましたから、大事な仕事 なんでしょう・・。

 

ホント、 凄い 偉業だよなぁ・・・     と、 改めて 痛感させられました・・・

 

今年秋の 日本グランプリ・・    世界で トップとなる全チームが 採用している ホイールに

皆さん 是非、ご注目 して見て下さいね!・・・

 

28070501 (23).JPG

 

ここのレストランは 2回目なんですが、ティラミスが 美味しかったのを 憶えてたんで

また 頼みました・・・        生? と 言う 表現が ピッタシな感じで、美味かったです・・ ♪

 

イタリアでの仕事は、全て 完了しました・・・

 

28070501 (7).JPG

 

今回の訪伊では、連日 テロ事件の話題が 上がっており、行く先々で 人ごみの中に

軍隊の車や パトロール兵を、沢山 見かけました・・・

 

28070501 (4).JPG

 

テレビでも、それこそ毎日の様に テロ事件を報道しており、物騒さは 否めません・・・

 

28070501 (5).JPG

 

で、 朝7時の ニュース・・・                    凄い!・・ (苦笑)

 

メジャーな ニュース番組の オープニングが、ヴァレンティーノ・ロッシ だなんて・・(汗)

イタリアでは オートバイと 言う ジャンルが、全国民にとって 大変 興味深いもの・・・

日本は 世界に君臨する 偉大な4メーカーを 排出した 国なのに、 全然 ダメですよね・・

 

28700102 (15).JPG

 

実は イタリアに 限らず、欧米では もっとオートバイが 市民権を得て、スポットライトを

浴びています・・・         特に ロードレースには 熱い関心が 集まっていて、日本とは

まるで 違う・・・      このギャップを 実際に 知れば知るほど、悔しい気持ちに なります。

 

28070501 (2).JPG

 

ましてや今回 日本人の姿を、とんと 見かけませんでした・・・

今までは どこに行っても、必ずと 言っていいほど 沢山見かけて来た 日本人達・・・

仕事で来ている 日本人や、観光目的の日本人など、様々 見かけたんですけどね・・・。

 

毎年 少しずつ 減ってるかも?・・・    とは、薄々 感じていましたが、今回は とにかく

少なかった・・        かわりに 中国系の人達は、毎年 すごく増えてる様に 感じます・・・ 

 

28070501 (6).JPG

 

日本が 負け始めたのは、昨日・今日の 事ではない事・・       もちろん わかります・・

でも 日本人として、純粋に 悔しいと・・・              そう 感じずには、いられません・・・

 

まだまだ 力不足は 否めないながらも、自分が 得意とする分野・・・       すなわち

オートバイの世界だけでも、負けるわけには いかない!・・      そう 強く 思いました・・

 

28070601 (2).JPG

 

自分達が 今 生きている カスタムチューニング業界を、 更に 一歩 前進させる・・・

より、市民権を 得られる方向へ・・           今現在の 法令や規制に 準じた形態・・・

 

それは これまでとは 違った形であり、徐々に 海外にも普及して 行けるのなら・・・

自信を持って 仕事に携われる 未来を、築けるかも知れない・・・

 

失われた市民権は 自分の力では 取り戻せませんが、匹敵する 何かを 掴めたのなら・・

 

仮に 自分達の様な、弱小零細企業で あっても・・・

まだまだ バイク業界で、いくらかは役に 立てるかも 知れないですよね・・ (笑)

 

28070601 (1).JPG

 

2016年度 イタリア ミラノ 出張・・・

 

来るたびに 色々な感情と 想いが、自分の中に 交錯する、イタリア・・・

 

次回が いつになるかは わかりませんが、必要なら いつでも 訪れるつもりです・・・

 

 

さ~  いざ、日本へっ!・・・         帰りますよーっ!! (何だかんだ 嬉しい・・(笑)

 

2016年度 イタリア ミラノ 出張 (終わり)

 

2016年度 イタリア出張 (その6)

イタリア ミラノ 出張 (その6) です・・・

 

メーカーが就業しない 週末の2日間、貴重な休みを 頂いておりまして、その間 ブログも

ご無沙汰に なっておりましたが、本日より また 再開です・・・

 

28070501 (8).JPG

 

今回の訪伊で 最後に訪れたのは、おなじみ O・Z MB社・・・

自分達 NOBLESTが、海外製品を 扱う事になった 最初のメーカーでも あり、かれこれ

もう 10年近くに渡り、ここを 訪れております・・・

 

28070501 (9).JPG

 

変わらない 陽気さの マッシミリアーノ・ボガーニが、出迎えて くれました・・。

彼と初めて 出会ったのも、もう 10年前近く・・            ホント・・      早いもんです・・・

 

28070501 (14).JPG

 

元々 F-1やラリーなど、4輪 コンペティションの世界では 長年に渡り 活躍してきた

O・Zレーシングでしたが、唯一  2輪用ホイールでは 遅れをとっており、10年ほど前

オートバイホイール専門の 技術者チームを、編成・・      それが、O・Z MBでした・・・

 

28070501 (10).JPG

 

彼らが イノベーションを掲げて 造り出した レーシングホイールは、瞬く間に 世界中に

普及・・・            世界選手権 Moto-GP & ワールドスーパバイク 選手権を、筆頭に

アメリカ選手権 AMAを 始めとする 国別選手権においても、O・Zレーシングホイールは

現在、世界一 使用されている バイクホイールメーカーにまで、成りました・・・。

 

28070501 (11).JPG

ブレーキや サスペンション等も 含めて、足回り部品の 性能と言うものは、マシンの

走行性能に 大きく 影響します・・。     たかだか車輪・・   などと、軽視は 出来ません・・

実は ホイール性能と 言うものは、マシンの ラップタイムに、大きく 直結します・・・。

 

28070501 (12).JPG

バネ下重量の 軽減はもちろん・・      ホイール中央 ハブ剛性と、制動力の因果関係や

スポーク形状が生み出す、コーナリング中の タイヤ トラクションへの、優位性・・・

また、2万トンプレスと言う 世界最大級の 鍛造工程でしか 得られない、靭性と 剛性は

まさに、O・Zレーシング ならではの 特徴でしょう・・・。

 

28070501 (13).JPG

 

O・Zの、オットー   (8本 スポーク)・・・

 

最高峰クラス Moto-GPでの、レプソルホンダ  HRCマシンにも 採用されています・・

 

マルケス選手は 今シーズン、全戦 O・Zで エントリー・・

ペドロザ選手も 現在テストを 繰り返している様で、今後 大いに、期待したいですね・・・

 

28070501 (15).JPG

 

レーシングホイールの 採用率・・         その シェア 世界一と なった、O・Z MB 代表

ジュリオ・アルゼンツィアーノ・・・

彼とも 何だかんだ、 長い お付き合いに なって来ました・・・

 

28070501 (16).JPG

 

2016年度 イタリア ミラノ 出張・・・

いよいよ 最終訪問先と なる O・Z MBにて、ミーティング 開始です!・・・

 

たぶん・・・               ハードです・・ (苦笑)

 

(最終回)に 続く・・・

 

2016年度 イタリア出張 (その5)

イタリア ミラノ 出張 (その5) です・・・

 

前回からの 続き・・・

C社を 訪問するべく、フランスを目前にした 国境の町、スーザに 到着・・・

 

中世ヨーロッパを 彷彿させる 荘厳な街並みに、果たして ここで 間違いないのか? と

不安に かられながらも、散策すると・・・

 

28070101 (14).JPG

 

見つけました!・・・

 

あるには 在ったけど、やっぱり すごいトコで やってる・・・(汗)

 

早速、訪ねてみると・・・

 

28070101 (15).JPG

 

外観とは裏腹に、 中は意外と ポッピーでした・・ (^_^;)

 

本日の訪問、C社・・・

ここも かなりレアな 会社で、ホント・・・       つくずく 色んな会社が、あるもんだと

毎回、感心させられます・・。

 

 

280701012(16).JPG

 

彼が お父さんが、天才肌キャラで 創業者・・・      彼自身は ここの マネージャーです。

今後 各部品の図面など 作成し 「まずは やってみよう!」  と、 言う事になりました・・・

 

この C社も、いずれ 展開して行きましたら、きちんと ご紹介 させて頂きますね!

 

C社を 後に・・・        遥々 来た道のりを、戻って・・・

 

28070101 (17).JPG

 

明るいから 錯覚しますが、夜8時に ホテルに到着・・・

 

やれやれ・・・               いや~     ここまで だいぶ、 疲れましたね~ (苦笑)

 

28700102 (2).JPG

 

翌日、 ミラノ中央駅・・・

 

週末は、各メーカーが お休みと言う事で、自分も 2日程、休暇を取る事に・・・。

 

28700102 (3).JPG

 

おなじみ、ユーロスター・・・

 

何か、 ワンパターン化 してるのが、自分でも わかるな・・ (-_-;)

 

28700102 (5).JPG

 

ふ~~~・・            それでも  ひとまず、息抜きは 出来ます・・ ♪

急にひまに なったので、覚えたての LINEでも!・・・

石田・・・         誠太郎・・・             あ!   そうそう、笹賀にも・・・

 

明日からの 2日間、休暇を 取ってますので、少しブログも お休みいたします。

週あけ、最後の 訪問メーカー O・Z MBを 訪れましたら、また再開しますので

よろしく お願いします。

 

ちなみに、今現在 製作中車輌 オーナーの 皆さん、中村が不在でも 各担当メカが

各々 対応してますので、何か ご質問 ・ ご相談など ありましたら、担当メカまで

お問い合わせ下さいね!  メールだと 時間差がありますから、お電話で ご連絡を

頂くのが 良いかと思います。

中村が 帰ってからですと、もしかしたら それが 遅れに繋がるかも 知れませんので

も~~~  全然  遠慮なく、ご連絡して下さいね!

 

それでは よろしく お願いします。

 

(その6)に 続く・・・

2016年度 イタリア出張 (その4)

イタリア ミラノ 出張 (その4)です・・・

 

この日も 新しい会社を 訪問するべく、午前中から 高速で移動・・・

 

28070101 1(2).JPG

 

本日は イタリア北西部にある、トリノを 目指します・・・

 

トリノと言う町は、FIAT社を中心に 栄えた地域で、車産業が 盛んな町・・・

今は イタリアの道路公団が 管轄していますが、元々は この高速道路も、FIAT社が

開通させた道だと 聞いています。   (FIAT社って すごいんだな・・(汗)

 

28070101 (4).JPG

 

ミラノからは 結構 離れており、移動距離も かなりあり・・・

 

あのアクラボヴィッチや フェロード、また 懐かしい所では ハンドルバーの トマゼリ

なんかも、これから行く地域に あるみたい・・・

 

とにかく ひたすら、走りました・・・

 

28070101 (6).JPG

 

途中、パーキングエリアで、休憩・・・

 

28070101 (5).JPG

 

イタリアに 通う様になって、早や 10年・・・

初めて 袋アイスを 食べました・・・                  ふつーに、 美味かったです・・・

 

のんびりして られないので、再び高速へ・・(笑)

 

28070101 (7).JPG

 

画像では わかりにくいですが、右手に 見えて来たのは アルプス山脈・・・

あの モンブランも、この 山脈帯に あるとの事・・・

 

アルプスを 右に、車は更に 先へ  先へ・・・

 

28070101 (9).JPG

 

突然のスコールで、急に外気温が 下がり出しました・・・

ミラノとは かなり雰囲気が、変って来てます・・                更に、先へ  先へ・・・

 

28070101 (10).JPG

 

実は あと30kmほど 走ると、フランスに 入るトコまで 来ました・・・

ようやく この先にある出口で、降りる事に・・・

 

28070101 (11).JPG

 

ナビに 指示されるまま、国境の町・・・              スーザに 到着・・・

 

 

28070101 (12).JPG

 

事前調査では、確かに ここらに 工業地帯が あるようなのですが・・・

うぅ~~む・・     何か・・・          中世の 荘厳さと言うか・・ (-_-;)

 

つか!        ここ、 あってんのっ!?・・

 

28070101 (13).JPG

 

何だ・・       これ・・

 

とにかく 車を停めて、目指す C社を 探すしかありません・・・

 

あ~       不安だ・・ (苦笑)

 

 

(その5)に 続く・・・

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.