Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

シリアルナンバー RCM-400 (その5)

こんばんは、 サンクチュアリー本店の 中村です・・・

 

シリアルナンバー  RCM-400 (その5) です!

 

28082001 (3).JPG

SCULPTURE製 ステアリングステムを 仮り組みし、左に 目いっぱい 切った所で

ステアリングロックシリンダーが 挿入される 穴位置を、ステムシャフトに 罫書きます。

 

28082001 (4).JPG

7.5mmの キリで 穴あけ加工し、穴には軽く 面取りを 施しておきます・・・

開けた穴に 差し込まれる キーシリンダーのクリアランスは、ビシビシに!・・

ハンドルロックを 掛けた際、あの  ガタが大きいのは イヤですからねぇ~・・ (^_^;)

 

28082001 (5).JPG

ビシビシに ロック、OK!・・・

部品の性能差 ではなく、作業するメカニックの 性格と テクニックが ものを言います・・♪

 

28082001 (6).JPG

ステアリングステムが 決まった所で、フロントフォークを セット・・・

この RCM-400に 採用するのは、NITRON フロントフォーク!・・・

 

28082001 (8).JPG

トップブリッジは、RCM-001 仕様の スペシャル!・・・          カッコ いいです・・♪

 

と   まぁ、  フロント廻りの立ち上げが 順調に 進んでるんで、そろそろ リア廻りも・・・

 

28082001 (10).JPG

こちらは 一品製作された、SCULPTURE製  RCM専用  スペシャル・・・

実は 細かい課題があり、本組みまで まだ 色んな加工が 残っておりました・・・

 

28082001 (9).JPG

機能的な チェーンスライダーを 取り付けるべく、これより部材を 製作します・・・

 

28082001 (12).JPG

フロントディスクローターは、イタリア ERA社 製・・・

ERA ブレーキシステムの 性能は?・・・         もちろん、  サイコー ですよ・・ (^^♪

 

マウンティングボルトは メナカイト チタンボルトの、陽極酸化処理仕様 でした・・・

 

28082001 (11).JPG

スイングアームを除いて 足廻りが ほぼ、フィッティング 完了 致しました・・・♪

 

と    まぁ、  車体がグッ! っと 進んだんで、ぼちぼち エンジンも やる事に・・・

 

28082001 (13).JPG

ツインプラグ加工された、RCM-400 の シリンダーヘッド・・・

吸排気ポートの拡大・研磨・・・     他にも色々 手が加えられた シリンダーヘッドです。

 

28082001 (14).JPG

バルブは 5.5mm ステムで、 インテーク φ37.5   エキゾーストが φ31・・・

バルブの単体重量は かなり 軽く なっており、バルブスプリングの レートにも 大きく

影響 していますから、軽く回る エンジンレスポンスが 魅力!・・・

 

28082001 (16).JPG

まぁ  さすがに、  エンジンは サクサクッ・・・       とは   行かず・・ (苦笑)

ましてや パワーソースに直接 影響する 腰上ですから、地道な工程が 始まります・・・

 

東北 宮城県の Y・O さ~んっ!・・       時間できたら 打ち合わせ、しましょうねーっ!

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.