Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

CB‐Fで RCM、製作中です!(その3)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

出張あけ・・・    「さぁ~ バリバリ ブログを、書くぞぉーっ!!・・・」  っと

今、気合い入れて 向かい合っております・・・。

 

たぶん今 どんな状況なのか、気になっておられる方も 多い事かと・・・

 

ちょくちょくお店に来られる方は、その都度 見てるでしょうから、そうでも

ないでしょうが、遠方の方は そうも行かないだろうし、そんな訳でこれから

なるべく ご紹介出来る様、仕切り直して行きたいと思いますっ!

 

気力、 続く限り・・・ (^ ^;) 

 

 

K・I さんから お預かりした、CB750‐F RCM-404 (その3)です!

 

29071501 (3).JPG

先日のイタリア出張でも訪問した、ヴォスナー社製 ピストンを組み込んだ

シリンダー・・・        ヴォスナー本社の在るドイツは、ヨーロッパの中でも

製品クォリテイーの追求に 関しては、日本人と同様 繊細さのある民族で

そこはさすが!と ばかり、信頼感ある造りをした ピストンです・・・

 

29071501 (5).JPG

今回は更に、ピストンをWPC処理・・・

高温過酷な燃焼室での ピストントップ溶解に対し、有効なコーティング・・・

 

最近では このWPC処理以外にも、コーティング手法が増えて来ており

NOBLESTでは、サンクチュアリーリアライズでの ピストントップコートを

ヴォスナーピストンKITの オプションメニューとして、ご紹介しています・・・。

 

29071501 (4).JPG

ピストンKITに付属されている、スプリングスティール製 ヘッドガスケット・・・

もちろん、CB750‐F用のヴォスナーピストンに 合わせたボアサイズで

とにかく これが、いいっ!

 

スプリングスティール製ならではの信頼性の高さが、ありがたいですね・・♪

 

29071501 (6).JPG

シリンダーヘッドが仕上がったので、組み込みします。

 

29071501 (7).JPG

2本のカムチェーンをスプロケットに掛けて、カムシャフトを組み込み・・・

タペットクリアランス調整後、本来ならここで ヘッドカバーまで取り付けるん

ですが、一部 タペットシムの取り寄せが必要になり、ここでストップ・・・

 

29071501 (8).JPG

でも ここまで来れば エンジン搭載が可能なので、載せる事になりました。

 

29071501 (9).JPG

ヘッドカバーが取り付けられていない分、搭載も幾分か 楽な模様・・・

 

楽しそうにエンジンを 積んでおりました・・・ (^_^;)

 

29071501 (10).JPG

エンジンが搭載された事で、共締め構造である スイングアームピボットや

ステップのマウントボルト等が 本固定でき、一気に作業が進み出します。

 

そして・・・

 

29071501 (2).JPG

K・I さん オリジナル指定のカラーリングが、完成っ!

たぶん コレを、心待ちにして おられた事かと思います!・・♪

 

29071501 (1).JPG

RCMを製作する上でのアイテムが、随分 揃いだしました・・・

なので ここからは、いよいよ最終ステージに 突入! と言う 感じです。

 

K・I さんっ!・・・    ここまで だいぶ時間掛かりまして、すみませんでした!

 

まだ少し先ですが ゴールが見えて来たんで、楽しみにしてて下さいね~っ!

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.