Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

革新 RCMプロジェクト 1STステージ 終結!

我が愛機 RCM-001と、それに纏わるプロジェクト・・・

かれこれ数年間・・・           よもや これほど時間が掛かるとは思わず・・・

 

道のり中場・・・       アメリカ カリフォルニア州 サンディエゴでの修羅場・・・

異国での難関を乗り越えたと 喜ぶや、再び眼前に立ちはだかる 高き壁・・・

 

最後の頂きこそは 徹して臨むべし・・・

今年 初夏から、プロジェクトはフィニッシュに向けて再稼働し出しました。

 

29103001 (6).JPG

RCM-001は、アメリカ カリフォルニア州の モーターサイクルメーカー

Radical Construction Manufacture USA Inc の、モデルA16・・・

 

アメリカでは登録できても 日本で登録するには、国土交通省が定める

3つの試験に合格する必要性があった・・・

 

29103001 (3).JPG

その3つの試験は当然の事ながら厳しく、中でも最も懸念していたのが

自動車排出ガス項目であった・・・

RCM A16は 2016年度生産車で、2016年度基準に該当する試験を

越えねば、日本では絶対に登録が出来ない・・・

 

排気ガス成分 CO(一酸化炭素)・HC(炭化水素)・NOx(窒素酸化物)を

バランス良く 定められた基準値内に収める必要があり、ここの難易度が

非常に高い壁となって立ち塞がっていた訳である。

 

29103001 (4).JPG

空冷エンジンと言う悪条件下で合格値を目指すなら、二次空気導入装置を

採用する必要性があると 判断・・・

 

燃焼した排気ガスに外気を取り込んで、排気に含まれる未燃焼炭化水素を

再燃焼させる為、最も高熱な排気ポート内にバイパスさせるのがベストだが

A16では排気ポート直後のエキパイに、ホースエンドを繋げる構造とした。

 

29103001 (7).JPG

ゴムホースをエキパイに繋げれば、如何に耐熱性に優れるシリコン系でも

持たない為、ホースには 内径4.5mmのアルミチューブを使用する事とし

ホースエンドアダプターを取り付ける為の M12ボスを各気筒に溶接・・・

 

29103001 (5).JPG

ところが肝心のアダプターを探すも、アルミ製のものしか入手出来ず・・・

 

アルミの融点は600°からで、300°付近から材質変化も始まると聞くから

500°を越える排気ガスにさらすとなると、座金のクラッシュワッシャーごと

融解する懸念が頭をよぎった・・・

 

29103001 (8).JPG

そこで融点が1400°と耐熱性に優れる、ステンレス製のアダプターを

探すが、残念ながら日本国内では見つからず・・・

 

アメリカにはあるとの情報から 急遽 ロスに在る RCM USA Incに依頼し

エアー便で送って貰い、即入手を実現・・・

 

29103001 (9).JPG

使用するクラッシュワッシャーも銅製で、こちらも同じく融点は1000°と

高温な部位向きなので 都合が良い・・・

 

29103001 (10).JPG

ホースエンド本体はアルミだが、アダプターをワンクッション介している上に

リードバルブを経由した外気は 一方通行で流れる為、通過した外気による

空冷の効果で 問題ないと判断・・・

 

この後実際にエンジンを始動し、ホースエンドと そこに鉸まったチューブに

触れたが やや熱いかなと感じる程度であり、これにて二次空気導入装置は

機能する事となった・・・

 

29103001 (3).jpg

こうして完成した RCM-001を、サンクチュアリーリアライズへと持ち込み

ECUのセットアップへと 移行・・・

 

29103001 (4).jpg

ここはこの分野で、最も頼りになる道岡に託すのが 一番良いと判断し

集中したマッピング作業が繰り返される・・・

 

従来 私達は、環境分野におけるノウハウを 多く持ち合わせてはいない・・・

そりゃあ~ そうである・・・(笑)

 

いつも思わされるのだが、自分が決して望んでいない出来事に巻き込まれ

渦中で苦しい思いをした後、なぜかその経験が サンクチュアリーの先々に

おいて大いに役立ったりするから、不思議である・・・

 

願わくば苦しい思いなど、したくはないのだが・・・

正に今回も例外なく、そんな日々だった様に感じる・・・

今回のこの経緯に、この先何か 大きな意味が待っているのかも知れない。

 

そして後日・・・                   試験終了・・・

 

ここ数か月間は、この試験への挑戦で 気の重くなる日々が続いたが

無事  合格を果たす・・・

 

やがて・・・

 

 

29103003.JPG

これまでの道のりは 形となり、終結を迎えた・・・

 

29103001 (2).JPG

プロジェクトの終結は、ある日突然 唐突の如き・・・

 

自分はこの瞬間を、さぞかし喜ぶんだろうな・・・  と 想像していたのだが

正直 嬉しいと言うより、精魂疲れ果てたと言うのが ホンネである・・・(笑)

 

未だ、ファーストステージの終わりを 迎えたに過ぎないのだが・・・

 

サンクチュアリー史における クライマックス編への突入を宣言してから

しばらく経つが、この騒々しい日々は まだもう少し続くのでしょう・・・

 

更なる詳しい情報などは、当ブログや ロードライダー誌面上において

今後 ご紹介して行く予定ですが、先ずはここまで ご協力を頂きました

関係者の皆様に この場をお借りし、感謝の意をお伝えしたいと思います。

 

本当に ありがとうございました。

 

そしてこれからの展開に、是非また ご期待下さい。

 

革新 RCMプロジェクト ファーストステージ 終結。

大幅リメイク RCM化計画!(その1)

こんにちは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

つい先日の事、 色々訳あって ここ本店に送られて来た Z‐1が一台・・・

 

29102701 (3).JPG

兵庫県在住 T・I さんの、Z‐1です・・・

 

このマシン・・・    ご覧の様に 既に多数カスタムが施されておりますが

少し前 右に転倒したとの事で、これを機に以前から真剣に考えていた

RCM化プロジェクトを 実行に移されました・・・

 

29102701 (2).JPG

ですが訳あって、ここに至るまで 紆余曲折あり・・・

遠回りさせてしまいましたが、その分責任持って取り組みさせて頂く 所存!

 

数か月後・・・         最高の仕上がりにて、お返ししたいと思います・・・

 

29102701 (4).JPG

まずはこのマシンの、現状チェックから・・・

転倒のダメージは、思ったより 大きなものではない模様・・・

 

むしろ気になるのは、カスタム内容の方・・・

 

29102701 (5).JPG

う~~~ ん・・・

足回りのアライメント精度・・・           車体の総体的ディメンション・・・

 

まだきっちり 採寸測定をした訳ではないので、何とも言えませんが

機能面で悪影響しそうなカスタム箇所が、肉眼でもはっきり見えます。

もちろん見た目にも、もう少し纏めてあげたいと感じる部分が 多数・・・

 

これはかなり  強敵かも・・・ (;^ ^A

 

29102701 (7).JPG

飯田と仁科 二人がかりで、エンジンクランキング・・・

 

事前リサーチで、エンジンは異音など 特にないと言われてたんですが

念のため始動させて 確認する事になったんです・・・          が!?

 

29102701 (8).JPG

スターターワンウェイクラッチが滑りまくってて、なかなか始動せず・・・

スターターモーターを細かく回し、上手く合わせて やっと火が入りました・・・

 

29102701 (9).JPG

ゴゴ  ガガシャシャガー  ゴガガシャー

 

・・・・・・・・・・・・・(汗)。                    4気筒 実動しているものの・・・

 

29102701 (10).JPG

メカノイズ・・・            たぶん シリンダーから上・・・

ハンパじゃ~ ありません・・・ (^_^;)

 

「なんか起こってるっ!  なんかっ!・・・」

 

ハイカムに変更されているとの事でしたが、そこのノイズだけでなく

あきらかに何か大きな問題が、発生している音・・・

 

29102701 (1).JPG

当初 車体にばかり意識が行ってたんですが、エンジンも難あり!

早速エンジンを フレームから降ろしました・・・

 

29102702.JPG

過去 フレームの測定歴がないとの事でしたので、今回レーザー測定し

問題あれば ストレッチして修正する予定・・・

 

まぁ~・・・     エンジンも気掛かりですが、この補強を全て取り除かねば

始まりませんので、まずはフレームから着手いたします・・・

 

シリアルナンバー RCM-429!

 

兵庫県の T・I さん!・・       これからしばらく、お付き合い下さいね~っ!

 

本店の近況報告です!(10月26日編)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

寒さも増しましたが、加えて 晴れ間が少ないこの頃・・・

 

数日ぶりに 夜遅く・・・         自宅にてブログを書いております・・・

 

29102601 (10).JPG

今日はまた、結構しっかりな 雨でした・・・

 

何ですかね・・・                また今週末も 天気悪いとか・・・

 

もう一発 台風が近づいて来てるってんですから、困ったもんですわ・・・

 

29102601 (8).JPG

作業が終って 納車待ちになっているマシン達が、目立って来てます・・・

 

ここ柏本店は バイクの収納空間が広いので、問題なく過ごせてますが

江戸川区時代だったら 完全に、パンクでしたねぇ・・・ (^_^;)

 

いや~   いい加減、 スカーッと 晴れ続きに なって欲しいな~っ!・・・

 

29102601 (9).JPG

納車は伸びても、やる事は満載・・・

とにかく ひたすら業務に追われる、相変わらずの本店ファクトリーです。

 

それでは久々に、本店の近況報告シリーズ (10月25日編)・・・

 

まずは トップバッター

 

29102601 (2).JPG

R・F さんの、RCM-423 Ninja フォーミュラーパッケージです!

 

29102601 (3).JPG

やっと晴れた 昨日・・・       ここぞとばかりに走り込み 各部をチェック・・・

 

100km走行して 最初の“あたり”が出た所で、キリ良いオイル交換中・・・

 

29102601 (4).JPG

やっぱり 各部ブラックのパーツで固めた車輌は、独特の迫力がある・・・

ロードテストで走る姿は まるで、黒い恐竜の如きでした・・・

 

ブラックって・・・               男色 ですよねぇ・・・

 

R・F さ~んっ!・・・           週末納車、配達 行きますからねーっ!!

 

 

続いては・・・

 

29102601 (5).JPG

東京都在住 M・I さんの、RCM-228 Ninja TYPE‐R リメイク・・・

 

29102601 (6).JPG

旧TYPE‐Rだった中古車を 購入され、New TYPE‐Rへと進化中・・・

 

旧と Newとでは まるで内容が違う為、かなり時間が掛かっております。

 

29102601 (7).JPG

おまけにメーターは 個性化を追求・・・

 

でも・・・      なかなかメーターが 上がって来ないみたいで・・・ (^ ^;)

 

M・I さ~んっ!・・・           近日中に 明細作って、送りますね~っ!!

 

 

最後は・・・

 

29102601 (1).JPG

岡山県在住 N・T さんの、RCM-278 CB1100Rです・・・

 

この度いろいろ 訳あって、当本店にて幾つか作業する事になりました・・・

少し時間も頂きますが、きちんと仕上げて お渡ししたいと思います・・・。

 

N・T さ~んっ!・・・              もう早速、初めてますからねーっ!!

 

 

 

ダメだ~・・・              ブログパワー、てんで出てこね~・・・ (;^_^A

 

寝るっス~~~・・・

Mr.Diazの、ダエグです!(その6)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

アメリカ ネバダ州のラスベガスに在住されている、Mr.Diaz・・・

その カワサキDAEG (その6)です・・・

 

29102301 (4).JPG

このダエグ・・・       フルコンプリート RCMのメニューではありませんが

Mr.Diazからのリクエストで 作業を進行・・・

 

29102301 (2).JPG

アンダーカウルにロゴステッカーを貼って、上からクリアーコートしました。

飯田いわく  「今回の作業で 最も難易度が高かった」  との事・・・(苦笑)

 

29102301 (3).JPG

ミラーもマジカルレーシングさんの、カーボンに変更・・・

少し前の事ですが、依頼された作業は ほとんど完了しておりました。

 

そんな折り・・・

 

29102301 (5).JPG

ふと、ショールームに・・・        誰か・・・?

 

日本人ばなれした いかつい肩幅の方・・・???

 

29102301 (8).JPG

前振りなしで来店された、Mr.Diazでしたっ!・・・

 

アポなしで 突然ショールームにいたんで、少しビックリ・・・ (;^_^A

 

29102301 (6).JPG

例によって Mr.Diazの大好きな工場に行き、担当飯田と意気投合?・・・

 

いきなりだったんで、飯田も ひいてます・・・ (^ ^;)

 

29102301 (7).JPG

金属加工室での作業が、気になっている ご様子・・・

 

Mr.Diazは本当に、ウチの工場が大好きなんでしょう・・・♪

 

29102301 (9).JPG

インジェクションのセットアップは、既にリアライズにて 仕上がり済み!

 

ワンオフした NITROスチールメガホンのサウンドを、まだ聞いてないと

言う事で、エンジンを掛けるべく 外に出します・・・

 

29102301 (10).JPG

当然 イッパツ始動!・・・           気持ちよいレスポンス!・・・

 

29102301 (11).JPG

Mr.Diazも、気に入ってくれた模様・・・ (^^♪

 

Mr.Diazは 日本にも自分の会社があり、いつもその会社の通訳さんを

連れて来てくれるんですが、やはり言葉の壁があると 何かと不便な事が

あり、ここまで結構 時間が掛かってしましました・・・

 

これで、ようやく 納車~っ!・・・                と、思ったんですが・・・

 

29102301 (1).JPG

ホイールをペイントしたいとの事で、ふたたび 納車延期です・・・(苦笑)

 

まぁ でも・・・         Mr.Diazとはこの先、長いお付き合いになりそうだし

ここ柏新本店は 江戸川区時代とは断然違って、バイクを預かれる空間が

広いですから、全然 いいでしょうっ!

 

Mr.Diaz~!・・・        金曜のご来店、またお待ちしておりますね~っ!

オーダーメイドで進行中!RCM-431!(その5)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

いや~    案の定・・・           雨が、すごいっスねぇ~・・・ (^▽^;)

 

淡路島バイクフェスタは延期になりましたが、主催者であるPMCさんの

判断は、正解だったと思います・・・

今は11月26日の順延に期待し、待機しましょう・・・

 

それまでは一台でも多く、RCMの完成を 待っておられる人達の期待に

応えたいと思いますっ!!

 

栃木県在住 F・M さんの、RCM-431 Z-1 (その5)です!

 

29102101 (8).JPG

Z-1 RCMとしては過去例がない、フェアリングを纏った RCM-431・・・

 

当初 アップハンドルとの組み合わせがどうなのか、心配しておりましたが

まずまずなバランスで仕上がり、中々良いなと思いました・・・

 

29102101 (11).JPG

カウル側面にも、左右ブラケットを単品製作・・・

こういうとこは きちんと押さえておかないと、走行中にビビリが出るでしょう。

ファイバーとの固定部は ちゃんとラバーマウントにしてあります・・♪

 

29102201 (5).JPG

やり直したミラーブラケットも 出来上がっておりました・・・

いくらカッコ良くても、さすがに見えないと 笑えないですからね・・・(^_^;)

 

29102201 (3).JPG

念の為、後方確認・・・

 

よく見えるとまでは言えないものの、実用範囲での視認性は 確保。

スタイルも大切な要素ですから、この辺りが良い着地点なんでしょう・・♪

 

29102201 (7).JPG

ボディパーツは あと残す所、このインナーフェンダーを取り付けるだけ・・・

タイラップ等を使った 簡易的な止め方ではなく、専用ステーを製作して

しっかり固定したいと思います。

 

29102201 (4).JPG

そしてまだ 手付かずとなっていた、メーターのパート・・・

 

29102201 (2).JPG

純正流用でのオールインワン デジタルメーターの結線に入ります・・・

 

29102202 (2).JPG

スモーク状のレンズ内に、うっすら文字盤が見えます。

 

この状態だと、何となく さえない感じなんですが・・・

 

29102202 (1).JPG

メインスイッチオンで起動させると、中央 横型モニターに デジタル表記が

突然現れて、いきなり鮮やかになります!・・・

 

いや~~~~          これは、カッコいいわ~~~・・・ (^^♪

 

29102201 (6).JPG

完成率 90%・・・                 迫力のリアビューですね・・・

まだ残す課題はありますが、姿形は ほぼコンプリートしました。

 

カスタムバイクは一歩踏み違えると、ガチャガチャと派手に装飾したてた

足し算的 デコレーションバイクになりがち・・・

でもこのRCM-431には、重厚なビッグバイクカスタム車の貫禄と言うか

ステータス感が在り、高級感を放っていて とても印象良く見えます・・・

 

 

栃木の F・M さ~んっ!・・      今月末には 完成するかと思いますんで

登録用の住民票、早目に送って下さいね~っ!!

 

 

淡路島バイクフェスタ、延期です・・・

こんにちは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

PMCさんが開催する、淡路島バイクフェスタ・・・

 

遠方地でのイベントではありますが 非常に盛り上がってる事から、今年も

本店・コウガ店・リアライズ店の 延べ3店舗が、参加の準備をしていました。

 

29102101 (6).JPG

二日ほど前の 夜・・・

 

29102101 (4).JPG

淡路島行きチームで、ROC関東ブロックリーダー 吾希人のハイエースに

事前積み込み中・・・

 

店のハイエースだけでは、とてもじゃ~ないですが 積みきれず・・・

毎回 吾希人に頼んで、同行して貰っているんです・・・

 

29102101 (5).JPG

こう言った車の積み込みに関しては、かつて ランブルフィッシュ時代に

皆で散々遠征に行った際のノウハウがあり、今も変わらず頼もしい存在・・・

とにかく 限界を超えた積み込みをするのが、ポイントです・・・(笑)

 

こうして無事 積み込みを済ませはしたんでたが、この時点で兵庫県の

降水確率は70%・・・

 

台風が停滞しており  う~~~・・・ん (-_-;)   と、心配していたら・・・

 

29102101 (9).JPG

やっぱり中止に・・・ (苦笑)

 

そんな訳で本日、一生懸命積み込んだ荷物を 降ろす事に・・・

 

29102101 (7).JPG

かなりの荷物ではありましたが、人数が多いので サクサク進みます・・・

 

29102101 (1).JPG

アッと言う間に 終了!・・・

こういう機動力だけは、相変わらず 凄い・・・ (^ ^;)

 

淡路島バイクフェスタは今の所唯一、年に一度 RCM関西メンバー達と

顔合わせできる貴重な機会ですが、台風が来てるんじゃ 致し方なし・・・

 

残念だった様な、ホッとした様な・・・

 

でも PMCさんの計らいで、11月26日に再度 延期開催される可能性が

出て来ました!

 

開催が決定しましたら、またHPのROCバナー内にて 告知致しますんで

皆さんよろしく お願い致します!・・・ <(_ _)>

 

 

それにしても ホント・・・            雨、 やまないな~・・・

 

ロードテスト出来ないと、作業 進まないんスよね~  (;^_^A アセアセ・・・

陳さんとの打ち合わせ、無事終わりました!

こんばんは、サンクチュアリー本店 代表の中村です。

少し前の事になりますが、台湾 CHMOTOの代表 陳さんが来日・・・。

 

Good day to you. This is the President of Sanctuary HQ Mr. Nakamura. Quite recently Mr. Chen the President of Taiwan CHMOTO came to Japan.

 

大家好,我是SANCTUARY本社的代表中村。

不久前, 台灣的CHMOTO的代表陳先生來日本了。

 

29101901 (4).JPG

今現在 台湾からオーダーを頂いている、RCMー375 ・456 ・458 の

延べ3台について 打ち合わせを行っておりました。

 

Having a meeting about the total of three machines RCM 375/456/458 for which we have currently received orders from Taiwan.

 

目前進行的台灣訂購的RCM、375・456・458等共3台的商討。

 

29101901 (2).JPG

再び工場に行き、CB900F RCM-456のエンジン部品を見ております。

「これこれ~っ!・・」 と、オイルクーラーホースが取り付けられる構造の

オイルパンを手にして 喜んでおられました!

 

We again went to the plant and are looking at engines parts for CB900FRCM-456. He was delighted to see the oil pan structure furnished with the oil cooler, saying “This one, this one!”

 

再一次去了工廠查看CB900F RCM-456的引擎零件 「這個這個~」看到組裝油箱構造的機油箱非常的開心!

 

29101901 (3).JPG

担当の佐々木と一緒に、ツーショットです!

A photograph taken together with Mr. Sasaki who is in charge of this!

與負責的佐佐木合照!

 

29101901 (5).JPG

またまたショールームに戻って、今度は仁科と一緒に RCM-375の

打ち合わせ・・・             やっぱり忙しい 一日でした・・・(笑)

 

We return to the showroom and this time also have an RCM-375 meeting with Mr. Nishina. It was certainly a busy day… (haha).

 

又回到了展示屋,

這次是和仁科一起進行關於RCM-375的會議 果然是忙碌的一天・・・(笑)

 

29101901 (7).JPG

更に 続いては、石田です・・・

Next up, and this time it is Mr. Ishida.

接下來是石田・・・

 

29101901 (8).JPG

台湾でも人気のある イタリア O・Zレーシングホイールについて

色々と話をしておりました。

 

We had various discussions about the Italian OZ racing wheel which is also popular in Taiwan.

 

聊了許多有關在台灣也很有人氣的義大利O・Z賽車輪胎的事情

 

 

29101901 (9).JPG

夜・・・          ようやく打ち合わせも 終わり JR柏駅に移動。

Night-time….   Finally meetings conclude and we transfer to JR Kashiwa Station.

晚上・・・       終於完成會議,移動到JR柏站

 

29101901 (10).JPG

いや~   お疲れ様でした~ ♪

Truly, you worked hard!

真是辛苦了~ ♪

 

29101901 (11).JPG

陳さんは日本食 何でも来い!な人なので、大盛りの刺身をオーダー!

Mr. Chen likes all Japanese food so we order a large serving of sushi!

陳先生對日式料理什麼的毫無抗拒,所以先點了大盤的生魚片!

 

29101901 (12).JPG

途中から 冷凍みかんが丸ごと入ったチューハイを、飲み干してました・・・(笑)

During this a shochu high-ball containing an entire frozen mikan mandarin was drained in one…haha.

途中居然把有一整顆冷凍橘子的燒酒給喝光了・・・(笑)

 

29101901 (1).JPG

何だかんだ言っても、陳さんとは長い付き合いになって来ました・・・

いつの日か台湾のサーキットに、筑波TOTのチームやライダーを何名か招いて

レースを開催したい!・・・           そんな話で盛り上がりましたねぇ・・・

陳さん、やるなら中村も 微力ながら協力しますからねっ!

 

Between one thing and the other it has been a long time since we first met Mr. Chen. I would love to someday invite Tsukuba TOT team and a number of riders to the Taiwan circuit and have a race. We got excited as we spoke about this. If Mr. Chen is doing this please make sure and let Mr. Nakamura collaborate in any little way they can!

 

不知不覺,和陳先生已經認識了很久了 我們希望有一天,

可以招待幾名筑波TOT團隊和賽車手們在台灣的賽車場進行比賽! 聊到好開心。

陳先生,如果真的要實行的話,雖然力量可能微不足道,中村也會提供幫助的!

 

 

台湾 CHMOTOの陳さん!カレンさ~ん!

そして RCM-375&456のオーナーさ~ん! 今後の展開 見て下さいね~!

 

Mr. Chen of Taiwan CHMOTO. Ms. Karen! And all the RCM375&456 owners! Please come and see ongoing developments!

 

台灣CHMOTO的陳先生!Karen小姐!還有RCM-375&456的車主!

也請繼續關注今後的發展喔!

 

 

To Be Continued

 

シリアルナンバー RCM-400 (その14)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

シリアルナンバー RCM-400 (その14)です!

 

29101801 (2).JPG

キリ番シリアル RCM-400も、いよいよ完成が近づいております。

 

車体各部のカラーなどは、中村も基本的に 色々提案をして来ましたが

作業中盤頃からを境に、宮城県在住のオーナー Y・O さんの指定にて

ここまで仕上がりました・・・

 

29101801 (4).JPG

点火系ユニットは、ツインプラグ専用のASウオタニ SP-Ⅱ・・・

今回はPAMSさんの オリジナルマップパッケージを用いております。

 

29101801 (5).JPG

外装カラーリングも もちろん、Y・O さんのオリジナル指定・・・

深みのある、紫がかったキャンディのコバルトブルーと 言った印象・・・

 

早く取り付けして、見てみたいですねぇ・・・ (^^)/

 

29101801 (10).JPG

単品製作したアッパーカウルブラケットは、ミラーと共締めの構造・・・

ブラックに表面処理し、いつでもカウルを組み付けられます!

 

29101801 (3).JPG

RCMシリアルプレートは、ホルダーを介してメーターすぐ下に固定・・・

メーターブラケットも含めて周辺部品、こちらも全て表面処理済み!

 

29101801 (1).JPG

アッパーカウルロアー部の固定ブラケットは、 フロントウインカーステーを

兼用させた構造・・・

 

面倒だとつい、埋め込みウインカーで済ましたくなる所でしょうが、せっかく

ここまで造り込んだものを そんな雑な妥協で 終わらせたくはないですから

しっかり単品製作を致しました。

 

29101801 (6).JPG

NITRON製フロントフォークですが、ナイトロレーシングのOHLINS用

フォークブレースを用いて、天吊りフェンダーKITを取りつけました・・・

 

29101801 (8).JPG

クイックファスナーで脱着できるサイドカバーには、ペイントで入れた

KZ1000 Z1-Rのサイドカバーマーク・・・

 

さり気なく グラデーションの掛かったロゴが、なかなかカッコいいです!

 

29101801 (9).JPG

外装パーツ全てが取り付けられた所で、ワンオフしたシートを取り付け

ここでシートスポンジ形状を、もう一度 確認・・・

 

RCMはシルエットのバランスを 大事にしているので、時間は掛かりますが

こうしてイチイチ確認するまで、レザー張りはガマンしてるんです・・・

 

29101801 (7).JPG

シートは案の定・・・     追加工で もう少しだけ、形状をいじる事に・・・

 

いやいや 見といて良かった~・・・    って、感じでしたよ・・・ (;^_^A

 

更にタンクのペイントも、一部 やり直す事に!・・・

せっかく ここまで綺麗に塗り上がってるものを やり直す・・・???

 

確かに もったいないですが、やり直すったら やり直します・・・ (^^ゞ

 

ホントに細かいとこなんですが、RCM製作において ちょっとした細部に

拘るのは、昨日今日 始まった事じゃ~  ないですからねっ!・・・

 

Y・O さ~んっ!・・・       11月には ほぼ完成となる見通しですよ~っ!

 

 

= お知らせ =

 

私中村は、今月22日(日)に開催される 淡路島バイクフェスタ 参加の為

前日の21日(土)から二日間、不在となります。

現在お見積りや作業の件で ご相談されているお客様には、ご迷惑お掛け

致しますが、23日は通常通り出勤しておりますので よろしくお願致します。

 

う~~~ん  でも・・・            天気が、心配ですねぇ・・・

さすがに 台風だけはなぁ~・・・ (^ ^;)

CB900F 台湾へ!RCM-456 (Part-2)

こんにちは、サンクチュアリー本店 代表の中村です。

台湾のCHMOTOからオーダー頂いた CB900F、RCM-456 Part‐2です!

 

Hello, this is Nakamura, the representative of Sanctuary head office. This is CB900F and RCM-456 Part-2 for which we received an order from CHMOTO in Taiwan!

 

您好,我是SANCTUARY總公司的負責人中村。

承蒙台灣的CHMOTO訂購的CB900F、RCM-456 Part‐2!

 

 

少し前に 遡って・・・

From the place a little traced back …

回到之前的地方開始・・・

 

29090601 (1).JPG

エンジンを分解し、交換したい部品をチェックしました。

First of all, we disassembled the engine and checked the parts we would like to replace.

首先拆解引擎,檢查想更換的零件

 

29101601 (2).JPG

早速 HONDA純正部品を、注文します。

We place an order for HONDA genuine parts.

訂購HONDA純正的零件

 

29101601 (3).JPG

CB‐Fの純正部品はメーカー在庫がほとんどなく、壊滅的とも言える状況・・・

欲しい部品がどの位手に入るのか、とても不安です・・・ (汗)

 

Regarding CB-F genuine parts, because there are very few manufacturer's inventories, the situation is almost devastated … How many parts which we want can we obtain? I’m very worried about it.

 

CB‐F的純正零件,製造商幾乎已經沒有庫存,可以說是完全毀滅的狀態・・・

非常擔心能夠取得多少想要的零件・・・ (汗)

 

29101601 (4).JPG

部品注文が終った後は、いよいよフレーム作業に 着手!

After finishing placing orders, we finally start working on the frame!

訂購零件完畢後,終於要開始著手框架的作業!

 

29101601 (6).JPG

新たな足回り部品に負ける事のない様、フレーム補強を施して行きます。

We enforce the frame in order to make it no less strong than undercarriage parts which are newly installed.

針對框架實施補強,以確保不會比新安裝的底盤零件遜色

 

29101601 (12).JPG

そして後日・・・    台湾から来日した 陳さんとの打ち合わせ・・・

And later …  we will have a meeting with Mr.Chen from Taiwan.

接著幾天後・・・    與從台灣前來日本的陳先生商談・・・

 

29101601 (11).JPG

この日 最も時間を費やしたのが、このRCM-456の打ち合わせでした。

On this day, we spent time the most on the meeting of RCM-456.

這天花最多時間的,是有關這台RCM-456的討論

 

29101601 (16).JPG

メールのやり取りだけだと 何かと時間が掛かったりするので

こうして陳さんと、直接話し合える機会は 大変貴重な時間・・・

 

Because somehow it takes long time to understand each other when exchanging only emails, it is very valuable to directly talk with Mr.Chen like this.

 

透過電子郵件討論非常耗費時間,

所以能直接與陳先生商談的機會是十分寶貴的時間

 

29101601 (14).JPG

台湾 CHMOTOの陳さん!カレンさん!RCM-456のオーナーさ~ん!

メーターをどうするか、返事 下さいね~っ!

 

Mr.Chen of CHMOTO in Taiwan! Karen-san! The owner of RCM-456! Please give us your reply regarding what to do with the meter!

 

台灣CHMOTO的陳先生!凱倫女士!RCM-456的車主!

請回信告知儀表板要怎麼處理喔!

 

 

To Be Continued

イベント近づく、この秋です・・・

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

秋もめっきり深まったのか、ここ数日 随分と寒くなって来ました・・・

しかも昨日から雨ばっか降ってて、毎日 どよ~ん・・・  と しております。

 

笹賀のブログじゃ まだ夏のセミが鳴いてましたが、自分はここ数日間で

「あぁ~ もう夏、終わったな~・・・」  って、 今更やっと 感じれました・・・

 

でも秋は、バイクに乗るには むしろ気持ち良い季節・・・

 

10月~11月に掛けて行われるイベントが、日に日に近づいて来ており

少し 緊張気味・・・

 

そんな秋深まる、数日前の事・・・

 

29101401 (5).JPG

秋の夜長に、虫の声が そこかしこから聞こえる中・・・

 

29101401 (6).JPG

何か います?・・・

 

29101401 (7).JPG

これは!・・・        あぶらゼミでした!・・・

 

さすがに いないだろ~・・・  と 思ってたら、元気なヤツがいたんで

少し驚きました・・・

 

29101401 (8).JPG

あけて翌日・・・

 

ふと 外へ出ようとしたら・・・

 

29101401 (9).JPG

何か います?・・・

 

29101401 (10).JPG

これは!・・・              ハラビロカマキリでした!・・・

 

店内にいるって事は、この中・・・      虫が豊富って 事ですかね・・・

 

29101401 (13).JPG

そして この数日の、雨降る中・・・

 

29101401 (14).JPG

何か います?・・・

 

カメラのズームで 寄ってみたら・・・

 

29101401 (1).JPG

こ、 これはっ!?・・・ (;゚Д゚)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

え~っと   これは、 あれだ・・・         あの、かみつくヤツ・・・ (^ ^;)

 

もう秋だってのに、虫も 頑張ってるんですねぇ・・・

 

29101401 (2).JPG

こちらも少し前の事ですが、デイトナさんからヘルメットが送られて来ました。

この秋のイベントにイタリア製のヘルメット、X‐Liteを使用する為です・・・

 

29101401 (4).JPG

10月22日 淡路島バイクフェスタでの、デモ車走行・・・

デモランなんて程の距離じゃないですが、たぶん中村が走らせます・・・

 

更に何と!・・・    10月末から11月頭に掛け、北海道へ行く事になりそう!

もちろん現地で 走りますっ! (^^ゞ

実は遠回しに  「う~ん  気が乗らないないなぁ~・・・」 と、伝えたんですが

連行されるハメに・・・(苦笑)

 

まぁ~ とにかく色々ありまして・・・    この後の展開いかんではありますが

淡路島の後には はっきりしてる事でしょう・・・

 

そして来たる11月5日は、我がバイクチーム rumble FISHの 30周年

記念ツーリング・・・

およそ18年ぶりの参加となる 我がチームのツーリングには、Araiは温存

X‐Liteで 出動したいと思います!

 

更にその後!・・・

 

いやいや・・・                今日の所は この位で・・・ (;^_^A

陳さんのRCM-458です! (Part-2)

こんにちは、サンクチュアリー本店 代表の中村です。

台湾 CHMOTOの代表 陳さんご自身のバイク、RCM-458 (Part₋2)です!

 

Hello, this is Nakamura, the representative of Sanctuary head office. This is the second installment of the series for RCM-458.

 

大家好,我是SANCTUARY本社 的社長中村。車主委託製造的RCM-458(之2)!

 

29101201 (6).JPG

来日された陳さん、現在 台湾からの依頼で製作している 3台のRCMの

状況を見に来られました。

 

Mr. Chin came to Japan, and visited us currently working on the production, to see how it was going with the 3 RCMs.

 

前來日本的陳先生,來參觀目前正在製作的3台RCM的情形

 

29101201 (7).JPG

陳さんのRCM-458を 担当しているメカニックは、飯田です!

The mechanic in charge of Mr. Chin's RCM-458 is Iida!

負責陳先生的RCM-458的技師是飯田!

 

29101201 (8).JPG

RCMー458は、台湾から送られて来たエンジンに かなり問題があって

それを見て頂く事に・・・

 

Regarding RCM-458, we had Mr. Chin take a look at the engine that was shipped from Taiwan since there was a considerable issue with it...

 

RCMー458從台灣送來的引擎問題蠻嚴重的,所以請陳先生來看一看・・・

 

29101201 (9).JPG

クランクシャフトの組み立て部が捻じれた挙句、位相ずれを起こしており

それをきちんと修正するのが大変だったんです。

 

The assembly part of the crankshaft was twisted, causing a time lag in the phase and correcting it required a lot of work

 

曲軸組裝的部分歪曲,產生了相位差 要修正它非常不容易

 

29101201 (3).JPG

クランクシャフトが原因で、ホルダー部にクラックが入ってしまったケースを

溶接して修正・・・    難しい加工でしたが 何とか直せる範囲のものでした。

 

The crankcase got cracked from the time lag in the phase of the crankshaft so we welded it and proceeded to the repair... It was a difficult process but we could fix it somehow

 

由於曲軸出現了相位差,所以將有裂縫的曲軸箱熔接後修改・・・

雖然加工相當困難,但總算還能修改好

 

29101201 (2).JPG

エンジンの方に時間が掛かりましたが、ようやく足回りの作業を着手・・・

The engine took a lot of time, but we finally started working on the undercarriage...

引擎的部分花費了很長的時間,終於可以著手車身底座的作業・・・

 

29101201 (4).JPG

外装ペイントも 仕上がりましたっ!

We've also finished painting the exterior!

外裝的塗裝也完工了!

 

29101201 (5).JPG

揃った部品を どんどん取り付けて行きます・・・      少し前の事でした・・・

Going ahead by installing all the parts now all here... this was when we were working a little while ago...

將開始逐一安裝備妥的零件・・・        這是之前的作業景象・・・

 

29101201 (1).JPG

現在エンジンは耐熱塗装工程に行っており まだ時間が掛かりそうですが

車体の方はそこそこ進行していたので、陳さんにお見せ出来て よかった!

 

The engine is currently in the heat-resistant coating process and will certainly take a little more time but we were fairly progressing on the body so it was great we could show it to Mr. Chin!

 

現在引擎正在進行耐熱塗裝工程,雖然看來還需要一段時間,但車體部分的進度不錯,能讓陳先生看到真是太好了!

 

 

 

台湾の陳さん! カレンさ~ん! またメールするんで返信下さいね~っ!

Mr. Chin from Taiwan!  Ms. Karen!  We will email you again and will be glad to read your reply!

台灣的陳先生! 凱倫女士! 會再發郵件給兩位,記得回信喔!

 

To Be Continued

RCM-424 Z1‐R、只今絶賛 奮闘中!(最終回)

こんにちは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

RCMー402 Z‐1のオーナー M・O さんのご紹介で、このRCM-424を

製作する事となった、茨城県在住 S・N さんの RCM-424 (最終回)です!

 

29101001 (4).JPG

いつかはと 夢に抱いていた RCM Z1‐Rの製作を頼むにあたり、相当

悩まれた様でしたが、結果・・・      今こうして 具現化しつつあります・・・

 

29101001 (5).JPG

それにしても空冷Z系車輌は、最近また 高騰してる気がします・・・

Z‐1・MK‐Ⅱ・Z1‐Rの御三家は ほぼ全滅で、手に入れたくとも値段が

尋常じゃ~ ありません・・・

 

RCMクラフトマンシップも 今まで何とか堪えてギリギリの価格設定に

して来ましたが・・・           どうやらここらで 本当にギブアップ・・・

Z系 RCMクラフトマンシップは 今後、どうしても価格を上げざる得ない

状況なので、この場をお借りして お伝えさせて頂きます・・・ <(_ _)>

 

29101001 (6).JPG

完成を間近にした ある日・・・         S・N さんと M・O さんが、ご来店・・・

担当メカの石塚が 何やら資料を見せておりました・・・

 

29101001 (7).JPG

どうやら最後の最後に、ヘッドライトのLED化をされた様です・・・

 

RCMはオーダー頂いてからも、こんな風にオーナーと 担当メカとの間で

細かな仕様変更が行われて行く事は、多々あります・・・

オーナーにとって製作中プロセスは、もう一つの楽しみでもありますから

依頼頂いたら それっきり・・・      と、言う訳ではないんですね・・・♪

 

 

そして数日後・・・             RCM-424 Z1‐Rが、晴れて完成!

 

29101001 (2).JPG

17インチホイールシャシーで新生した、シリアルナンバー RCM-424・・・

 

かなりフル装備仕様の一台に なったと言えるでしょう・・・

 

29101001 (3).JPG

走らせても軽快な このマシン・・・

ブラックを基調にしたカラーコディネートで、かなり渋く 仕上がりました・・・

 

S・N さんにとっては 一生物のマシンに・・・          なる事でしょうね・・・

 

そして つい先日・・・

 

29101001 (9).JPG

残念ながら 先日のROCツーリングには、間に合わなかったものの

晴天に恵まれた納車日を 無事、迎える事が出来ました・・・♪

 

29101001 (10).JPG

納車にあたり、いくつか説明を受けております・・・

 

これからも長いお付き合いに なるでしょうから、よく 聞いといて下さいねっ!

 

29101001 (11).JPG

S・N さんが最初に ご成約をされた時の、封筒・・・

 

29101001 (12).JPG

叶いましたねっ・・・                 夢!・・・ (^^ゞ

 

メチャメチャ 嬉しそうで、自分達も嬉しくなりましたわ・・・ 

 

29101001 (1).JPG

大変長らく、お待たせを致しました~っ!

 

今日からこの RCM-424は、S・N さんの愛機・・・

どうぞM・O さんと一緒に、どこへでも 走りに行って下さいねっ!

 

あ!・・・          でも 慣らし運転ですから、そこはしっかり・・・

 

次のROCツーリングは 是非参加、 お待ちしておりますよ~っ!!

 

 

台湾から再び RCM-375 MK‐Ⅱ (Part-10)

こんにちは、サンクチュアリー本店 代表の中村です。

台湾のRCM-275 Z-1オーナーから 製作を依頼された

RCM-375 MK-Ⅱ (その10)です!

 

Hi. This is Nakamura, president of the Sanctuary headquarters. This is the 10th installment of the series for RCM-375 Mk-II, an order from the owner of RCM-275 Z-1 in Taiwan.

 

大家好,我是SANCTUARY總公司董事長中村。

這是台灣的RCM-275 Z-1車主委託製造的RCM-375 MK-Ⅱ(之10)!

 

29100901 (2).JPG

前後サスの長さがわずかに短い RCM-375・・・

ほんの少し短いだけでも 車体の操作性に大きく悪影響が出るので

このままと言う訳にはいきません。

 

The length of the front and rear suspensions of RCM-375 is slightly shorter and cannot be left as is, since just a slight difference in length could have a negative impact when maneuvering the body

 

RCM-375的前後懸吊系統的長度稍短 雖然只短那麼一點,

但會給車體操作帶來不良影響,因此不能這樣不了了之。

 

29100901 (3).JPG

トップブリッジを加工して、フロントフォークのセット位置を下げる事に・・・

So we decided to process the top bridge and lower the position of the front suspension

通過加工上支架,向下調低了懸吊系統的位置。

 

29100901 (4).JPG

まずは旋盤加工から・・・

First, processing with a lathe...

首先從車床加工開始・・・

 

29100901 (5).JPG

シャフトの入る穴形状を 変更します。

Changing the shape of the hole to insert the shaft

更改插軸的洞口形狀

 

29100901 (6).JPG

続いてはフライス盤に固定し、裏面の切削加工・・・

Next, firmly attaching it to a miller, processing the back side...

接下來固定在銑床上,加工背面・・・

 

29100901 (7).JPG

フライス盤でトップブリッジを ヘッド角を変えて切削して行きます。

Cutting the top bridge with the miller

在銑床上切削上支架

 

29100901 (8).JPG

更に トップブリッジが下がる事で、タンクに干渉してしまう部分も削ります。

Scraping off any parts that would interfere with the tank due to the lower position of the top bridge

因為上支架降低,所以削去干擾到油箱的部分

 

29100901 (9).JPG

そして、つい先日の事・・・

Then just a few days ago...

然後不知不覺地將前幾天的事情・・・

 

29100901 (10).JPG

台湾から陳さんが お見えになりました~!

We had the pleasure of the visit of Mr. Chin who came from Taiwan!

台灣的陳先生大駕光臨!

 

29100901 (1).JPG

完成が近づきつつある、RCM-375と ご対面です!

Now face-to-face with the soon to be completed RCM-375!

見到了與漸趨完成的RCM-375!

 

 

 

今回の来日では このRCM-375以外にも、陳さんの愛機 RCM-458や

少し前から始まった、CB900F RCM-456の打ち合わせも 行う予定!

さぁ~  忙しい一日の始まりですっ!

 

During his visit to Japan this time, other than showing him this RCM-375, we are also planning to meet on his own RCM-458 and CB900F RCM-456!  This is the beginning of a very busy day!

 

本次來日,除了這RCM-375以外,陳先生還計劃開會討論他自己的RCM-458、

CB900F RCM-456! 這就是忙碌的一天的開始!

 

 

To Be Continued

沖縄から、RCM-410 MK‐Ⅱ!(その8)

こんにちは、サンクチュアリー本店の中村です・・・

 

沖縄県在住 T・T さんからお預かりし、現在 RCM化するべく製作中の

RCM-410 MK-Ⅱ (その8)ですっ!

 

29100701 (2).JPG

気が付けば このRCM-410も、沖縄から送られて来たのが 昨年の

9月の事なんで、ここまで一年と言う 長い時間が経ってしまいました・・・

 

RCMは通常、製作に3~4か月間の期間を要しますが、数ある中には

このマシンの様に、一年越しと言う例も 全くない訳ではありません・・・

 

まぁ~ 一年と言う かなり長い時間は掛かったものの、それでもここに来て

ようやく 完成のメドが立って来ました・・・

 

29100701 (3).JPG

ツインプラグ化に伴って追加された 2つのイグニッションコイルの固定を

するべく、専用ブラケットを単品製作致します・・・

 

厚紙で一旦 暫定モデルを作り、検証したら図面化・・・

振動からのクラックに強いステンレスプレートで、切り出して 曲げて・・・

 

29100701 (12).JPG

ボルトオン固定で、こんな感じになりました・・・♪

 

29100701 (1).JPG

脱着は容易で整備性もよく、シート下の空間は 結構まだ広いです・・・♪

 

コイルブラケットは ステンレスの地金そのままだと、まだ途中みたいな

感じに見えるので、この後ブラックに表面処理したいと思います・・・

 

そして  つい先日・・・

 

29100701 (4).JPG

沖縄から、T・T さんが ご来店っ!・・・

 

ブログを見てくれてる様で、飯田と早速 握手を交わしておりました!

 

29100701 (5).JPG

画像で進行状況は 確認されてたでしょうけど、実車とご対面するのは

だいぶ 久しぶりの事・・・

 

29100701 (6).JPG

完成率は大よそ 90%・・・

 

前回お見えになった時から 大きく 変貌遂げており、その変りように

T・T さん・・・                 固まっておりました・・・ (^_^;)

 

29100701 (7).JPG

現車を前に ご本人が来られたので、今までの経緯やポイントを説明・・・

この後 最後の仕上げ工程に向かう中での、諸々の確認をしております。

 

29100701 (8).JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

突然 笑いながら、握手しだしました・・・   (◎_◎;)?

 

29100701 (9).JPG

オーナーと担当メカとが 仲良いのは・・・        何よりですか・・・ (^^♪

 

RCMは納車後、オーナーにその走りを 存分に満喫して頂くと言うのが

何より一番の目的なんですが、製作途中のプロセスを楽しんで貰う事も

もう一つの醍醐味として 我々スタッフ全員が意識している事・・・

 

せっかく特別なマシンである RCMを、製作しているんですから・・・

色々沢山、味わって頂きたいんですよね・・・♪

 

29100701 (11).JPG

T・T さんからお土産に、沖縄のソーキそばを 頂きました!

 

これは2年前に 美々ビーチ糸満のイベントに行った際、同行したヒデオが

「沖縄来たのに ちゃんとしたソーキそば、食えなかったーっ!」 (# ゚Д゚)  と

悔しがっていた そばです・・・。

 

14名の本店スタッフ 全員にて、ありがたく頂いてます・・・ <(_ _)>

 

29100701 (10).JPG

残す作業は、もう本当にわずか!・・・

 

完成したら このRCM-410も、タイミングが合えば例のスタジオにて

撮影を敢行したいと 思いますっ!

 

T・T さ~んっ!・・・

 

ラストスパートまで ご紹介しますから、見てて下さいねーっ!!!

 

オーダーメイドで進行中!RCM-431!(その4)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です・・・

 

ROCツーリングに、 RCM スタジオ撮影編・・・

既に数日 経過しているネタが、やっと更新出来て ホッと一息ついてます・・・

 

まぁ~      そうは言ってもですね・・・

この間にも工場では、何台ものRCM群が 着々と作業進行してまして

(まずいーっ! 早いとこ 更新せにゃ~! (;゚Д゚))   と、焦っております・・・

 

もしかして この先も一生、ブログ地獄から抜け出せないんじゃ~ないかと

最近 真剣に、考え込む様になりました・・・ (^ ^;)

 

RCMが出来上がって行く、様・・・           ガンバって ご紹介しましょう!

 

栃木県在住 F・M さんの、RCM-431 (その4)ですっ!

 

29100501 (7).JPG

早々と仕上がった、外装・・・

 

中村のデジカメが今イチな性能な為、美しさをお伝え出来ないのが 残念・・・

 

29100501 (9).JPG

フロントフォークがOHLINSの倒立と 言うだけで、こんなにも雰囲気が

違うもんなんだと 思いました・・・

 

これより主役のアッパーカウルも、取り付けます・・・

 

29100501 (2).JPG

アッパーカウルを取り付けた後は、気掛かりだった ミラーの具合を確認・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・。   (-"-;A

 

ミラーのシャフトを これ以上あげると、カウルに干渉してしまいます。

う~~~ん・・・     カッコはいいんだけど、やはりこれだと 後ろが見えず。

 

もったいないですが ミラー固定用ブラケット・・・           造り直します!

 

29100501 (4).JPG

リアホイールの左右ディスタンスカラー製作が まだだったので、ここらで

やっておきましょう・・・

 

ホイールは きちんとした図面データーがあるんですが、わずかな個体差を

確認するべく、念の為各部を コンマ単位で採寸測定しておきます・・・

 

29100501 (5).JPG

実測値を簡易的な図面に記録し、ブレーキパーツやスイングアームなど

関連部品とのフィッティング作業を進めます・・・

 

カスタムバイクにおいて こういう足回りの精密なアライメントを、正確に

出せていないマシンは 未だに多いんです・・・

 

オーナーは自分のマシンの状態を、正しく測定なんて出来ないでしょうし

だからこそ こういう作業は、精密で完璧に仕上げてあげたい・・・

こう言った 細かな要素が積み重なって、RCMは造られて行きます・・・。

 

29100501 (6).JPG

フロント廻りは 倒立エクスモードパッケージのお蔭で、ボルトオン・・・♪

 

それにしても・・・

こうして改めて見ると、強烈な印象のパーツ構成  ですな・・・ (;^_^A

 

29100501 (16).JPG

オイルクーラー配管は いつもの如く、オリジナルでホースワークしました。

 

ミリ単位で ホースの長さや並行度に拘り、ヘッドとのクリアランスなども

絶妙な位置関係に してあるんです・・・

 

29100501 (13).JPG

マフラーは、ナイトロレーシング製 チタン手曲げEX  ヒートポリッシュ・・・

リアスイングアームのスタビボリュ-ムと相まって、かなり迫力があります。

 

29100501 (15).JPG

マフラー&オイルクーラーが装備された所で、点火系には ASウオタニ

SP-Ⅱを装備・・・

 

これにて エンジン始動の段取りが、全て整いました・・・

 

29100501 (1).JPG

一発 始動!

 

オイルがヘッドに回り切るのを待って、徐々にスロットルをあおると

ヴォスナーの 「12.5 :1」 ハイコンプピストン、特有のレスポンス・・・

あきらかに力強いレスポンスが はっきりと、伝わって来ます!

 

 

栃木県の F・M さ~んっ!・・・

少しご無沙汰してましたが、ちゃんと順調に 進んでおりますからねーっ!

 

 

 

フォーミュラーパッケージ、RCM-423 (最終回)

引き続き・・・            都内、某スタジオから・・・

 

29100301 (1).JPG

RCM-404 CB750Fの撮影後、店屋物の出前で昼食を取って

少しだけ休憩中・・・

さしもの仁科&飯田も、何となく グタ~ッ・・・    と しておりました・・・

 

スタジオは 普段の業務と違って、やる事なす事 全然リズムが違う為

意外に疲れる ものなんですよねぇ・・・

 

29100301 (11).JPG

こちらも白熱? して来ました、グレシリⅢ製作チーム!

最近この3名、中村ブログへの登場頻度が やたら高い?・・・ (^_^;)

 

RCMザ・グレイテストシリアルⅢ・・・    実はここに来て 様々な要因から

年末の全国書店発売予定が、年明け 3月にスライドする事となりました。

 

「より素晴らしい本を、世に出したい・・・」  と 言う事からの判断ですので

皆さん何卒、ご了承頂ければと思います・・・ <(_ _)>

 

29100301 (10).JPG

富樫さんは 準備OK・・・

 

この日の撮影 大トリは、R・F さんのNinjaです・・・

 

それでは ご紹介しましょう・・・

 

29100301 (3).JPG

RCM-423  Ninja フォーミュラーパッケージ です。

 

29100301 (9).JPG

セパレートハンドル化に伴い、アッパーカウル側面を カット加工・・・

同時にカウルステーを加工して、全体に10mm ローダウンを施しました。

 

カウル側面を切り過ぎたりせず、カウルステーごと 10mm下げる事で

最終的なアッパーカウルのフォルムが、纏まり良く収まるんです。

 

29100301 (8).JPG

RCM フォーミュラーパッケージの定義となる、エンジン換装・・・

ドナーエンジンはGPZ1100のものを、オーバーホールして搭載しました。

 

この年式あたりですと まだメッキシリンダーが採用されてなく、普通に

ボーリングが可能で、ヴォスナーピストンを組み込む事が出来ました・・・

 

もちろん きちんと原動機の構造変更申請は、手続き済みです。

 

29100301 (6).JPG

サイレンサーは最近 問い合わせが多くなった、ナイトロ レーシング製

ヴァリアントチタン マットブラックの ショートTYPE・・・

 

容量を稼げたこのサイレンサー、乗り心地も良く 大変お勧め・・・♪

サイレンサー外径が細い上に パンチングパイプ径が大きすぎると

中低速域のトルクが犠牲になり易く、更に セッテイングも良い結果が

出しにくいので、適度な容量確保は重要な要素なんです。

 

29100301 (5).JPG

サスペンション ・ ホイール ・ ブレーキ廻りは、お馴染 世界選手権で

活躍しているメーカー製のみで、組み合わせました・・・

 

RCMはその造り込みの技法だけでなく、使用パーツも 正に【最高峰】の

メーカー製に拘っています・・・

何度も買い直し出来る様な部分ではないですし、最初から一発で 最も

良い物にしたいと言うのが、オーナー自身の考えでも ありました。

 

29100301 (2).JPG

単品製作したカーボンメーターパネルは、タコメーターのみスタック製を

使用して、他は全てデジタルメーターで フィニッシュ・・・

 

オーナーの R・F さんが 担当メカの飯田と一緒に、レイアウト等全て

オリジナル製作したものでした・・・

 

29100301 (7).JPG

ブラック基調で 統一されている事もあり、全体的にコンパクトな印象・・・

でも 実際に現車を目の前で見ると、何とも言えない迫力があります。

 

また 重厚感があるのに、軽快にも見える・・・

 

相反する印象が、このマシンをより一層 攻撃的に見せてると思いました。

 

29100301 (4).JPG

Ninja フォーミュラーパッケージ  RCM-423・・・

 

このマシンも この後、ロードテストが待っております・・・

 

乗り込みながら 各部をチェックし、複数のメカニックで検証し合いながら

テスト走行して行きますので、納車まではもう少し 時間が掛かるでしょう。

 

R・F さ~んっ!・・・

結局 製作期間、半年も掛かってしまって 申し訳ありませんでした~っ!

 

明日のご来店、お待ちしておりますね~っ!

 

 

CB‐Fで RCM、製作中です!(最終回)

ROCツーリングのブログで 一週間ほど伸びておりましたが

引き続き RCM スタジオ撮影編に戻りたいと思います・・・

 

以前までスタジオ撮影と言うものを、中村もよく 知らなかったんですが

環境の違いは普通の屋外撮影とは、まるで比べものにならないもの・・・

 

きれいなカスタムバイクが雑誌やインターネットなどの広告で、大きく

取り上げられてるのを見た事あると思いますが、実は画像に加工が

施されていて、それで美しく見えるものも多かったりするんです・・・

 

でも このスタジオ撮影で撮ったバイク画像だけは、そのまんま 実態。

そのマシンを ありのままに映し出した画像で、一切の化粧はなし・・・

故に 大変貴重な画像として残ると言う訳なんです・・・

 

29100201 (12).JPG

先日のROCツーリングにも、ロケ班として同行した 面々・・・

RCMザ・グレイテストシリアルⅢの製作スタッフ達も来ており、撮影の

最中で打ち合わせをしていました・・・

 

29100201 (1).JPG

カメラマン ・ デザイナー ・ ライター と、それぞれ異なる立場のスタッフが

一堂に集まる機会なだけに、大変 大切な時間でもあります・・・

 

とにかく・・・         大変な作業が 山積みですからね・・・ (;^_^A

 

29100201 (11).JPG

それでは車輌の方に、スポットをあてましょう・・・

 

2番手は、K・I さんの RCM・・・

 

29100201 (2).JPG

RCM-404  CB750-Fです・・・

 

今回、17インチホイールシャシー化で 大きく変貌を遂げました・・・

 

29100201 (9).JPG

前後輪タイヤの直径が、ノーマルとは全く異なる寸法になった事から

フレームから手を加え、シャシー全般 大きく造り替えています・・・

 

29100201 (6).JPG

SCULPTURE TYPE-Ⅲステムに、セパレートハンドル・・・

トップブリッジ下ハンドルポジションも、K・I さんからのリクエストでした。

 

29100201 (7).JPG

CBの特徴の一つでもある、大きなノーマルウインカーは 小型化・・・

 

ここを小型化するのに 抵抗ある方もおられると思いますが、やってみると

むしろ こちらの方が車体全体のバランスの中で 似合ったりするもの・・・

CBの車体ボリュームが より強調され、似合って見えるのかも知れません。

 

29100201 (5).JPG

エンジンはガンコートを施し、クランクシャフトの曲がり修正と ダイナミック

バランス処理後 ジャーナルラッピング・・・

ピストンはヴォスナー製を採用し、オーバーサイズバルブガイドを製作して

打ち替え後、シートカットして 燃焼室周辺コンディションをアップさせました。

 

29100201 (4).JPG

キャブレターはミクニTMR、マフラーはナイトロレーシング製のチタンで

スロットルレスポンスもオーナー自身 かなり驚くと思いますが、非常に

小気味よいピックアップで 吹け上がります・・・

 

以前とは格段に違う トルク感とパワーの伸びを 体感して貰えるでしょう。

 

29100201 (8).JPG

空冷ZやNinjaも そうなんですが、RCMは計画的に造り込まれます・・・

 

タイヤをワイド幅にする前提として、リアサスの取り付け位置を 左右共に

必要な数値範囲内にて、外にオフセットさせる加工を施しています・・・

また同時にタイヤ直径も小径化される為、前後アクスルシャフトの位置が

ノーマルより、わずかにタイヤ接地面側に下がっている必要性がある・・・

リアはレイダウン加工で、リアサス位置その事自体を うまく活用します。

 

前後サスのレングスや ステムのオフセットなども関係して来るんですが

これらディメンションは、最終的な仕様の車体各部寸法が見えていないと

掴む事が出来ないので、時には簡単な図面化をする事さえあるんです。

 

29100201 (10).JPG

CB-Fは個人的にも  「カッコいいなぁ~ ♪ 」  と、いつも思いますね・・・

 

自分達で造っておいて こんな事言うのも何ですが、RCMの CB-Fは

またこれが、カッコいいんですわ・・・ (^_^;)

 

もちろん先ほど計画的に造る話をした様に、全てきちんと 理にかなって

各部 完成度高いと言う事があって、始めて いいなって思える・・・

いいなと言うより ちゃんと出来た!と言う 喜びも、あるかも!・・・ (笑)

 

K・I さんの RCM-404は、現在ロードテストを進行中です・・・

この最後の工程を 疎かには出来ず、まだ少し時間が掛かりそうですが

上手く運べば 今月中旬頃には、お渡し出来る事でしょう・・・

 

K・I さ~んっ!・・・           も~ 少しだけ、お待ち下さいねーっ!!

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.