Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

大幅リメイク RCM化計画!(その4)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

兵庫県在住 T・I さんの大幅リメイク、RCM-429  (その4)です!

 

IMG_1676.JPG

溶接されていた以前の補強を 全て取り除き、フレーム修正台に載せた

T・I さんの Z‐1フレーム・・・

 

アゴ下 ステアリングストッパーに、赤いレーザーがあたっているのが

わかると思いますが、まずは測定から入ります。

 

IMG_1672.JPG

ステアリングヘッドに装填された 測定シャフト、下の部分にあたっている

レーザー位置で、ヘッドパイプがマシンに跨って 左に捻じれているのが

わかります・・・

 

IMG_1675.JPG

クランクケースのセンターは、問題なし・・・

以前の補強を取り除いた事で、各部エンジンマウントが正しい位置関係に

戻ったと言う事・・・

 

他にもシートレールやリアウインカーブラケット部など 曲がりや捻じれを

点検し、微少な歪みがあった為 ストレッチで修正を施しました。

 

IMG_1677.JPG

一番ろこつに捻じれていたステアリングヘッドも、ストレッチ完了・・・

 

気持ちよく修正された所で、今度はここから新たに補強を開始です!

 

29120401 (2).JPG

今までとは比較にならない精度で 補強を行うには、各部治具の固定が

必要不可欠・・・

 

コンマ台の精度に拘った補強部材で、やり直してあげたいと思います。

 

29120401 (3).JPG

補強により 左右の距離が狂っていた、フロントエンジンハンガー間・・・

今回は治具をかまして部材を溶接しますから、大丈夫・・・♪

 

パイプの位置も治具からの距離を測定しながら、平行を確保してます。

 

29120401 (4).JPG

今回 T・I さんから依頼頂いたフレーム補強メニューは、ステージⅢ・・・

まずはステージⅡと互換性ある部分を、進めて行きます。

 

29120401 (5).JPG

プレート式の補強には、捲り穴加工 バーリングを施したガセットを使用。

ただ穴を開けるだけだと、補強材の捻じれ剛性は低下するだけですが

バーリングを追加するだけで 捻じれに強い材料になります・・・

 

穴を開けただけだと 見た目はカッコいいですが、強度低下を招くので

むしろ、やらない方がいいかも・・・ (^_^;)

 

29120401 (6).JPG

さて・・・          ステージⅡメニューまでの補強が完了したところで

手の掛かる部位、レイダウンのやり直し作業に移りたいと思います。

 

29120401 (7).JPG

まず そもそも今までの位置だと リアサス角度がつき過ぎだから

もう少し、あと7~8mmほど 取り付け位置を上に移動したい・・・

 

その上で 左右ブッシュ並行を保ちながら、それぞれ正しい角度にて

溶接したいんですが、今現在 どの程度の下穴が開けられているのか・・・

このあとの作業量が変わるんで  「頼むぞ~」 って感じです (;^_^A

 

 

T・I さ~んっ!                    少~し インターバル入りましたが

ちゃ~んと やってますんで、ご安心下さいね~っ!!

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.