Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

大幅リメイク RCM化計画!(その11)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

兵庫県在住 T・I さんから お預かりし、RCM化するべく スタートした

RCM-429でしたが、ここ一月ほど 幾つかパーツ入荷待ちとなり

作業が止まっておりました・・・

 

30033101 (2).JPG

車体廻りの作業が 多少はあり、そちらをコツコツ進めてはいたものの

 

どうにも・・・            地味と言うか・・・ (^_^;)

 

まぁ~  でも、 何でもいいからお見せしようと思い、溜めてた画像にて

ブログ更新しました・・・

 

30033101 (3).JPG

インナーフェンダーと小物入れが、表面処理 仕上がって来ました。

研磨後に ヘアーライン加工をしてあり、なかなか質感がいいです ♪

 

地味なネタですが・・・ (苦笑)

 

 

さて この後どうするかなと 考えていたら、タイミングよく・・・

 

30033101 (4).JPG

スイングアームのポリッシュも 仕上がりました!

 

うん!   これは大物部品ですねっ!           早速 取り付けましょう!

 

30033101 (5).JPG

大物パーツで 唯一、取り付けできていなかったスイングアームが

組み付けされますので、これで車体廻りは ほぼ9割方 完成?・・・

 

30033101 (6).JPG

ちなみにこれで、O・Zレーシング GASS RS‐A リアホイールの

取り付けにも入れます・・・♪

 

30033101 (7).JPG

その前に 小ネタを一つ・・・

 

元々取り付けされていた、クリアーのテールランプレンズを・・・

 

30033101 (8).JPG

スモークレンズに 交換・・・

 

小ネタでした・・・ <(_ _)>

 

 

30033101 (11).JPG

満を持して、待機していたGASS RS‐Aの リアが登場。

 

この1か月間 パッとした進展がなかったんで、大した画像が撮れず・・・

スイングアームやら O・Zホイールやらの登場に、久々何故か?

こっちが嬉しくなってます・・・ (^_^;)

 

30033101 (12).JPG

早速タイヤを 組み付けまして・・・

 

30033101 (1).JPG

リアホイール 左右ディスタンスカラーの、ハイト測定に移行・・・

 

気が付けば この日、かなりの進展がありました!

 

それにしても 来ません・・・             6速 エヴォKIT・・・

 

コウガ店 立入も

「すんません!  来たら一番優先 しますんでっ!」   と、陳謝・・・

 

春は来たけど、 エヴォ6は来ず・・・

いやいや!     訪れし春に、待てど エヴォ6は来ず・・・     かな?

 

え?・・・             どうでもいい?

 

す、すみません・・・ <(_ _)> 

 

 

T・I さ~んっ!

ここは辛抱 強く、 お待ち下さいね~っ!!!

 

 

RCM-462 MK‐Ⅱ、製作中です!

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

春の陽気は過ごしやすくて、気分も大変 心地良いんですが

いかんせん・・・          同時に繁忙期、突入の時期でもありまして

毎日目まぐるしく 過ごしております・・・

 

そんな最中、本日・・・

 

30032901 (2).JPG

香川県在住 R・T さんからご依頼頂いた、RCM-462 MK‐Ⅱの

フレーム粉黛塗装が仕上がって来ました・・・

 

早速、車体の立ち上げを行う事に・・・

 

30032901 (3).JPG

今も数十台の車輌があり、朝晩大汗をかきながら 毎日出し入れを

してるんですが、このRCM-462の車体を いつまでも立ち上げないで

いる訳には行きません・・・

 

30032901 (4).JPG

竣工の儀式でもある、魂の注入・・・

RCM-462のシリアルプレートを、ますは打ち付け!

 

いやいや、それにしても・・・

RCM-462 ですから・・・         あたり前ですが、462台目・・・

 

随分遠くまで、来たもんですね~・・・  (^_^;)

 

30032901 (6).JPG

スイングアームのピボット、左右ディスタンスカラーを削り出して・・・

 

30032901 (8).JPG

リアサスマウント位置が決まったところで、溶接・・・

 

30032901 (9).JPG

リアブレーキのトルクロッドマウントまで 取り付けて、このRCM-462は

スイングアームスタビなしですから、この後 表面処理工程へと移行・・・

 

車体の方はしばらく、仮組みスイングアームで ガマンです・・・

 

30032901 (5).JPG

ササッ と、フロント廻りを組み付けて行きたいトコなんですが

このステアリングロックの加工を、飛ばす訳には行きません・・・

 

30032901 (7).JPG

失敗すると シリンダーが上手く入らなかったり、入っても やたらガタが

あったりとか・・・

位置も間違えれば 一度シャフトを抜いて ズラさなければなりませんから

ここは一発で 仕留めたいところっ!

 

30032901 (10).JPG

ビシッ!・・・          い~いですねぇ~・・・

 

実に気持ちよく、決まりましたよ~っ! (^_-)-☆

 

30032901 (1).JPG

当初は、倒立フォークで話が進んでいた R・T さんでしたが、乗り易さ

扱い易さの点から 正立フォークにメニュー変更しました・・・

 

ちょい乗りも含めた 街乗り・・・

ワインディングや高速巡行のある、ツーリング・・・

どんなステージでも 気軽に乗れるマシンが、一番でしょうからね・・・♪

 

R・T さ~んっ!・・・

 

これより約 2~3ヵ月の間 お付き合い、よろしくお願いしますね~っ!

 

 

 

= お知らせ・・・   いや、お願い? =

現在製作中、または納車までカウントダウン RCMオーナーの皆さま

只今本店は 大変な込み合い具合でして、中村も必死に画像を撮って

懸命にブログ更新しております・・・ (;^_^A

 

「俺のなかなか 出ないな~!」  と、感じておられる皆さん・・・

日々進められるべき作業は、きちんと進行しておりますんで

しばし ご猶予を・・・  <(_ _)> ペコリ

 

 

RCM-451 Z1‐R です!(その2)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

千葉県在住 T・N さんの、RCM-451 Z1‐R (その2)です!

 

30032502 (6).JPG

遅ればせながら、エンジンセクションが進行・・・

 

芯出しされたクランクシャフトを アッパーケースにセットし、中央の

メインベアリングホルダーを 規定トルクで固定・・・

 

真円ウエイトのクランクは ベアリングにオイルを含ませて回すと

グルーンっ と 重みを伴った回転で、ジャイロを感じさせられます。

 

30032502 (8).JPG

もっともそれは、クランクシャフトのコンディション 良い事が前提・・・

基本的にパーツコンディションが悪いと、お話になりません。

 

クラッチハウジングは 後期型コンバートで新品に出来るけど・・・

 

30032502 (7).JPG

トランスミッションは 困りますねぇ・・・

 

このRCM-451のミッションは 幸運にも、非常に良い状態でしたが

アウトプットシャフト本体がやせて細くなってたり、スライドギヤの噛みあい

ドックが大きく摩耗してたりするのが 中にはあって、殆どがメーカー欠品に

なってるミッションは、とにかく パーツ入手から苦労する・・・ (-"-;A

 

30032502 (9).JPG

開き直って 6速クロスとか組めれば、全て解決しちゃうんでしょうけど

さすがに予算が違いすぎ・・・

 

あるもので 何とかする・・・

メカニックの技量はもちろんですが、最大の決め手は 何と言っても

在庫ストックパーツの豊富さです!

 

どちらも万全の体制であると 自負してますが、在庫ストックに関しては

まぁ~   いつかは枯渇 するでしょうねぇ・・・ (苦笑)

 

そうこうしてたら・・・

 

30032502 (11).JPG

エンジン腰下が組み上がった所で、スイングアームが到着・・・

 

30032502 (10).JPG

早速車体に 取り付ける事に・・・

 

リアホイールがまだ 転がし用の暫定ですが、概ねローリングシャシーが

完成です・・・♪

 

そして 数日後・・・

 

30032502 (12).JPG

タイミングよく、オーナーの T・N さんが ご来店!

 

「おおぉぉ~っ!」  っと ばかり、撮りだしました・・・

 

30032502 (13).JPG

こんな状態でも、充分イメージ 沸くらしいです・・・ (-ω-)/

 

30032502 (14).JPG

エンジン作業室に移動し、少し前に組み上がった 腰下を見学・・・

 

更に、ご自分のピストンを手にして 感激のご様子・・・

 

30032502 (15).JPG

Wossner製ピストンは、単体での軽さも 魅力の一つ・・・

実際に手にして 他との比較をして頂けなかったのが、残念でした。

 

30032502 (16).JPG

でも ご本人は、最高の笑顔・・・

 

こんだけご満悦して頂けると、ちょっと くすぐったいスけど・・・ (;^_^A

 

 

T・N さ~んっ!

ブログでマメに お見せ出来てませんが、今後の展開・・・

ぜひ、 楽しんで下さいね~っ!!

本店の近況報告、番外編です

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

いや~  ここ数日、 暖かい日が続いてますねぇ・・・ (-ω-)/

 

まだ日によって 寒暖差はありますが、桜も開花したし・・・

いよいよ春本番突入!  って、ところでしょうか ♪

 

30032501 (2).JPG

春といえば、毎年シンドイ この行事・・・

 

そうです・・・             東京モーターサイクルショー・・・

 

毎日ドタバタ な中、今週はいつにも増して 忙しさ 悪化・・・(苦笑)

 

30032501 (3).JPG

NOBLESTブログでも 紹介されてますが、今年はロードライダー誌の

エリアを間借りして、サンクチュアリーのブースが出展されております。

 

RCM-400 Z1‐R & 412 Z‐1の2台に加え、今回大勢の人の前で

初公開となる RCM USA A16-007。

もちろんまだ未完成ですが、月岡編集長のイチオシで 展示が決定!

 

パッと見は白ゲルコート外装で おとなし目に見えるでしょうが、中身は

RCM USA A16ですから、沢山の人に実車を見て頂きたいと思います。

 

30032501 (4).JPG

翌日、搬入の為の積み込み開始・・・

 

昨晩から降っていた雨も、朝方からタイミングよくやんでくれました。

 

30032501 (5).JPG

吾希人が来ましたが 今回は忙しくて、搬入手伝えないとの事・・・

相羽も、吾希人不在の大幅戦力ダウンに 思わず   (/・ω・)/・・・

 

吾希人と言えば、今月発売されてる この2誌・・・ 

 

30032501 (1).JPG

ロードライダー & ミスターバイクBG・・・

 

30032501 (8).JPG

ロードライダーの方は すんごいデカく、4ページもの特集・・・

 

30032501 (9).JPG

すんごく 嬉しそう・・・ (^_^;)

 

30032501 (6).JPG

こちらは ミスターバイクBG・・・

 

中村も RCMー001で参加した、チーム KRCランブルフィッシュの

30周年ツーリングの記事が 掲載されてました・・・

 

30032501 (7).JPG

ゲゲッ!!!

 

今更ですが、何か・・・         ちょい、 恥ずかしいかも・・・ (;'∀')

 

30032501 (12).JPG

ランブルが誌面をにぎわしてたのは、今から26~27年も前の事・・・

「TRCはどうしたのかな?」  って、BG編集の方も よく自分達の特徴

憶えてるもんです・・・ (苦笑)

 

 

そして 昨晩・・・

 

30032501 (10).JPG

どっかで見た事ある人が、BGを・・・

 

実はこの人・・・

 

 

30032501 (11).JPG

たま~に 遊びに来る、TRCの人でした~っ!

 

正体はその昔 本店でメカとして勤務していた、懐かしの小南です。

東京モーターサイクルショーの帰り道に 寄ったとの事。

彼は元々 TRCランブルフィッシュと言って、中村のチーム KRCの

東北にある兄弟チームのメンバーだったんです・・・

 

あ、いや!

 

どうでも いい話で、すみません!・・・ <(_ _)> 

 

 

それにしても バイク雑誌を見てても感じるんですが、バイク業界・・・

高齢化 しましたよねぇ~・・・

 

いや何も、バイク業界に限らずか・・・(苦笑)

 

 

この先 日本・・・           どうなっちゃうんでしょう・・・ (;^_^A

 

 

またまたRCM スタジオ撮影です!

こんにちは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

30032201 (10).JPG

この日は朝、6時に起床・・・

 

6時起床でも、会社に着いたのは 7時45分頃でしたが・・・ (^_^;)

 

30032201 (11).JPG

連チャンになりますが、本日も都内 某スタジオにて車輌撮影があり

いつもより更に 早く集まっておりました・・・

 

今日のスタジオ撮影は、RCMザ・グレイテストシリアルⅢ絡みの撮影が

てんこ盛りな為、いつにも増して タイムスケジュールがハードな状況。

 

そんな訳で早々に出発したんですが・・・

 

30032201 (12).JPG

出てすぐ、いきなり 渋滞の洗礼・・・ (-_-;)

 

「あ~  柏って道路インフラ、絶対悪いよな~っ!」   なんて、ブツブツ

つぶやいてたら・・・

 

30032201 (13).JPG

365日 常に慢性的大渋滞な 6号三郷線は、もちろん大渋滞で

首都高環状線に入って ようやく流れたんですが・・・

 

遅刻、 決定・・・ (;^_^A

 

30032201 (14).JPG

ようやく スタジオに到着!

 

「そら!遅刻だ 遅刻だーっ!」   っと、  遅刻したこっちが悪いのに

どいた どいたーっ! 的に、スタジオ入りしました・・・ (苦笑)

 

30032201 (1).JPG

いやぁ~  最近 富樫さんと、3日に一回はいますな~・・・ (苦笑)

 

そんな過密撮影も、今日でおしまい・・・

 

ホント・・・      皆 通常業務の合間をぬって、大変だった事でしょう・・・

 

それでは RCMザ・グレイテストシリアルⅢ 絡み・・・

長かった撮影の大トリを務めますは、この車輌・・・

 

RCMザ・グレイテストシリアルⅢに先がけ、お見せしたいと思います。

 

 

30032201 (5).JPG

RCM-449  Z‐1 です。

 

RCMクラフトマンシップですので、もちろんオーナーは まだおりません。

 

30032201 (8).JPG

RCMクラフトマンシップなら 本来この後、ホームページで販売の紹介が

されるのですが、残念ながらこのRCM-449は ご紹介されません・・・

 

30032201 (6).JPG

実はこの RCM-449・・・

この夏、アメリカ カリフォルニア州 ロサンゼルスの大型バイクショップで

展示・販売される予定になっております。

 

30032201 (9).JPG

しかも同じく今年、11月に開催される ロングビ-チのMCショーにて

RCM USA Incのブースが 出展される予定なんですが、そこにこの

RCM-449は 展示される事になっているんです。

 

30032201 (2).JPG

アメリカの人達は とにかく、煌びやかなビジュアル好き・・・

なるべくウケる様にと、派手になる様 一生懸命務めたんですが

 

う~~~ん         何か、 辿りつけないんですよねぇ・・・ (;・∀・)

 

どうしても キラキラ コテコテに、する事が出来ない・・・ (苦笑)

 

30032201 (7).JPG

いかにも派手にと 努力奮闘?(笑)   しましたが

やっぱり この辺まででないと、RCMとは言えなくなっちゃうでしょうね。

 

あくまでも自分達らしさ、RCMらしさで アメリカに挑みたいと思います。

 

30032201 (4).JPG

一緒に担当した 佐々木です・・・

 

この後車輌は 日本で一旦登録をし、徹底的にロードテストをしてから

木枠梱包され、海運会社に持込んで 通関・・・

 

4月の上旬から中旬にかけて、相当 忙しくなる事でしょう。

 

30032201 (3).JPG

RCM-449  Z‐1・・・

 

RCMクラフトマンシップが海外に行くのは、これが初めての例ですから

“切り込み隊長” と、言ったところでしょうかね?

 

ガンバれ RCM-449!

 

11月のロングビーチMCショーには、皆で駈けつけ 応援するから

それまで孤軍奮闘、 頼んだぞぉ~~~っ!

 

 

US RCM A16‐007 (その12)

アメリカ カリフォルニア州 ロスアンゼルスのモーターサイクルメーカー

Radical Construction Manufacture USA Inc。

 

17インチホイールに適合させた、自社製オリジナルフレームのマシン

三重県在住 H・K さんの、RCM USA A16-007 (その12)です!

 

30032001 (7).JPG

未塗装状態の外装が 白&黒ゲルのミックスだった為、白で統一・・・

 

取り付けられた外装パーツ 各々の位置関係を見るのに、明るい同色で

揃っていた方が全体のバランスを見やすいので、一旦 揃えた訳でした。

 

30032001 (11).JPG

何回かやり直した テールランプブラケットも、すでに完成済み・・・

ようやく 納得できるものになりましたよ ♪

 

30032001 (12).JPG

ワンピースに拘ったアルミインナーフェンダーも、位置・角度 共に良し。

この後 ちょっとした小物入れ機能を 追加する予定です。

 

30032001 (2).JPG

フロントブレーキホースを中継する スリーウェイジョイントを固定。

 

30032001 (3).JPG

同時に共締めで ホーンも取り付けました。

 

30032001 (9).JPG

OHINS製 FGRT200 倒立フロントフォークに、ナイトロレーシング製の

倒立フォーク用 Fフェンダーを、取りつけ出来るステーも完成・・・

 

30032001 (5).JPG

このステーKIT・・・

ちんまい部品なんですが、結構 大変でした・・・

 

今 レッドイーグル裕也からも、コレ 頼まれてます・・・

やばいな~           早く 送ってやらんと・・・ (苦笑)

 

30032001 (10).JPG

フロントフェンダーが3Dな形状だった為、測定や試作と言った工程に

時間がかかりましたが、こちらも納得いく 仕上がり!

 

いやぁ~   何となく・・・            ホッとした   (;^_^A

 

30032001 (4).JPG

フロントマスター 左右リザーバータンクのステーも、H・K さんからの

リクエストがあり、単品製作・・・

 

ミラーと共締めのステーが良いとの事で、絶妙な位置にタンクが来る様

配慮しました・・・

 

やがて・・・

 

30032001 (8).JPG

荷物が一つ・・・       サンクチュアリーコウガからです・・・

 

う~ん・・・          ようやく 来たかな~!?

 

30032001 (1).JPG

モトガジェット電気式メーターを内蔵した、砲弾メーター!

 

30032101 (2).JPG

今回このA16-007は、OHLINS倒立フォークへ変更した事による

様々な弊害が発生しており、メーターもそれにより 仕様変更を余儀なく

されたもの・・・

 

スピードメーターケーブルのドライブ駆動を、フロントホイールから

取り出せなかったので、電気式になったんですわ・・・ (;・∀・)

 

そして・・・

 

30032101 (1).JPG

待望のフューエルインジェクション、装着・・・

 

 

3月23日からビッグサイトにて開催される 東京モーターサイクルショー。

今回 ロードライダーブースの一角をお借りして サンクチュアリー本店の

ブースが出展されます。

 

このRCM USA A16-007、まだ未完成ですが 展示されますので

ご興味ある方は是非、当ブースまで お越しくださいね!

 

 

ところで・・・            H・K さんは、来るんかな?・・・ (^_^;)

CB900-F 台湾へ!RCM‐456 (Part-9)

こんにちは、サンクチュアリー本店 代表の中村です。

台湾 CHMOTOの陳さんからオーダー頂いた、CB900-F

RCM-456 (Part-9)です!

Hello, this is Nakamura, the representative of Sanctuary head office. This is CB900F and RCM-456 Part-9 for which we received an order from CHMOTO in Taiwan!

您好,我是SANCTUARY總公司的負責人中村。

承蒙台灣的CHMOTO訂購的CB900F、RCM-456 Part‐9!

 

30031901 (4).JPG

遅れ気味になっていた エンジンセクションを着手。

Starting working on the engine section which is a little behind schedule.

著手處理略有耽誤的引擎部分。

 

30031901 (2).JPG

CB-Fのエンジンも、生産されてから30年以上 経過してるんで

当然の事ながら 消耗箇所は多々あり。

The CB-F engine also has many depleted parts since more than 30 years have past since it was produced.

CB-F的引擎從生產至今已經經過了超過30年了,有許多磨損之處。

 

30031901 (3).JPG

トランスミッションやセカンダリーシャフトと言った部品の ベアリングや

ダンパー等、入手できる部品は全て交換します。

We are changing all parts that we could get on our end, like bearings and dampers of the transmission and secondary shaft.

傳動裝置與副軸等零件的軸承與減震器等可以取得的零件全部都將交換。

 

30031901 (5).JPG

心臓部、クランクシャフトも クランクケースにセット。

Also setting the central crank shaft to the crank case.

心臟部分的 曲軸也安裝上曲軸箱。

 

30031901 (6).JPG

カムチェーンやセカンダリーチェーン等は、再販新品ものが入手できるので

大変 助かっております ♪

The cam chain and secondary chain are available as resale new products so it is very helpful ♪

同步帶與副鍊等可取得重新銷售的新品,真是幫了大忙 ♪

 

が、ここでチェーンテンショナーの消耗が 酷く 交換すべきと言う判断に・・・

But as the chain tensioner is depleted too much, we had to decide here it should be changed...

但此處鍊帶張拉器的磨損很嚴重,研判應該更換・・・

 

ところがこのテンショナー、メーカー欠品にて手に入らず

やむなく中古の良品を探す事になりました。

またエンジンが 少しの間組み立てられないです (泣)

And since the manufacturer is out of stock for this tensioner, we have no other choice than looking for a second-hand product in good condition So here again we cannot assemble the engine for a little white :_

可是這個張拉器因為業者缺貨無法取得,

無可奈何之下只好尋找中古良品 引擎暫時還是無法組裝完成 (泣)

 

30031901 (7).JPG

そんな折り 荷物が到着・・・

That is when a package arrived...

此時包裹送達・・・

 

30031901 (8).JPG

スイングアームが 表面処理されて来ました!

The swing arm came back with its surface treated!

懸臂已經完成表面處理送來了!

 

30031901 (9).JPG

早速 取り付ける事に

We are installing it right away.

立刻進行安裝

 

30031901 (10).JPG

これでリア廻りが 大よそ形になります ♪

Here it is roughly taking form around the rear ♪

這麼一來,後輪也大致成形 ♪

 

30031901 (1).JPG

オールブラックのOHLINS製リアサスペンションも 組み付け完了!

We also finished to assemble the all-black OHLINS rear suspension!

全黑的OHLINS製造後懸吊系統也組裝完畢!

 

台北の陳さん カレンさん、そしてRCM-456のオーナーさ~ん!

CB-Fは部品探しとの戦いなので、もう少しお時間が掛かる事

ご承知おき下さいね~っ!

Mr. Chin in Taipei, Ms. Karen, and dear owner of RCM-456~! Finding parts for CB-F is a real struggle so please note that it will take a little more time~!

台北的陳先生,凱倫,以及RCM-456的車主!

CB-F是一場尋找零件的戰爭,所以還要再花一點時間喔!請多包涵!

 

 

To Be Continued

US RCM A16-002と 003 (その5)

2台の RCM USA

千葉県在住 M・T さんの A16-002と、S・K さんの A16-003・・・

 

(その5)です!

 

30031601 (2).JPG

フレームマウント固定式 アッパーカウルブラケットのマウント部を

ヘッドパイプに溶接するべく、ハンドルを切った際の位置関係等を

実際に見ながら 位置決め・・・

 

まだ このA16-002 & 003分のアッパーカウルが、来てない為

やむなく A16-001カウルを使ってるんですが、傷でもつけんじゃ

ないかと、ヒヤヒヤしてます・・・ (;^_^A

 

30031601 (3).JPG

マウント部の高さ 位置が決まったら、いよいよ溶接に・・・

 

30031601 (4).JPG

溶接は、行った箇所の方向に引っ張られる習性がある為、点づけしては

角度を確認すると言う反復で、わずか これだけの作業にもかかわらず

意外に時間が掛かります・・・

 

30031601 (5).JPG

2台 あるしね~・・・ (;・∀・)

 

30031601 (10).JPG

この後 作業を進めて行く中で、万が一 数mmレベルで移動を余儀なく

された場合、一度引きはがして 再溶接で位置変更をする事ができる様

ひとまず点づけのみにて 様子を見る事に・・・

 

30031601 (9).JPG

他の作業を進めたかった事もあり、エンジンを再び搭載。

ですが クランクシャフトやミッションなど、ケース内は空の状態・・・

このA16ー002 & 003では、エンジンメニューにも力を入れています。

 

例えば クランクシャフトのフルリビルド・・・

そして オフセットスプロケットいらずの エヴォシステム・・・

 

どちらも A16スタート仕様では標準採用ではなく、アップグレードと

なっており、それらはもちろん 有料メニューになってしまうんですが

M・T さん、 S・K さん、 お二人からの強い要望もあって 妥協なき

グレードコースへと なった次第でした・・・

 

30031601 (6).JPG

で  これがその、エヴォシステムのデュアルベアリングホルダー・・・

こちらはM・T さんの、002の方ですね!

 

S・K さんの 002のアルマイトカラーは、もうご想像 つくかと思います ♪

 

30031601 (1).JPG

遅れていた 002の、オーダーメイドリムステッカーも出来上がりました。

003の方が やや先行気味? だったので、これで足並み揃った感じ・・・

 

う~~~ん、それにしても・・・      こうして見ると カラーセレクトだけでも

ずいぶん個性的に 見えるもんなんですね~・・・

 

いや、勉強になりました・・・ <(_ _)>

 

30031601 (7).JPG

まだ一部 そろわないパーツがありますが、それでもだいぶ形が

成り立ちつつあります・・・

 

削り出しの逸品 ワンオフパーツと、狙って 対称的コーディネートをした

アルマイトカラーのコントラストが、普段あまり見慣れない メカニカルな

ビジュアルで カッコいい!

 

いいですねぇ~・・・           中村 好みです・・・ (^_-)-☆

 

30031602 (9).JPG

S・K さんの 003の方も、進めます・・・

 

それにしても、ほぼ同じと呼べるメニューを 同時進行させるのは

実は中々、大変な作業な もんなんですね・・・(苦笑)

 

M・T さ~んっ!    S・K さ~んっ!

 

引き続き 進展、楽しみにして下さいね~っ!!

 

シリアルナンバー RCM-446です!(その4)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

香川県在住 Y・O さんの、シリアルナンバー RCM-446 (その4)です!

 

30031501 (3).JPG

重作業はほぼ終わり、細部パーツ 組み付けの段階に入りました・・・

細部と言えば 簡単そうに聞こえるかも知れませんが、細かい箇所こそ

よりテクニカルに・・・         気を使って 進めねばなりません・・・

 

30031501 (2).JPG

最後の加工・・・      マスターシリンダー リザーバータンクステーの

曲げ加工も終わりました・・・

 

30031501 (4).JPG

サイレンサーは Y・O さんからのリクエストで、ナイトロ レーシング製

コニカルチタン V‐Ⅲをチョイス・・・

 

30031501 (5).JPG

Φ36口径 ミクニ TMRキャブレターも装備して、いよいよエンジン

始動を試みます・・・

 

30031501 (6).JPG

フロートチャンバーに 燃料が落ち切ったかなと言うタイミングで

スターターモーターを駆動・・・

 

30031501 (7).JPG

数回のクランキングで、スパッ! と 一発始動!

 

点火系こそポイント式ですが、圧縮比アップから来る レスポンスは

トルク感を伴った フィーリング・・・

 

Y・O さんっ・・・      くれぐれもガソリンは、ハイオクをお願いしますね!

 

30031501 (8).JPG

次の日に検査登録を控えてますので、夜遅くまで 最後のチェック・・・

ブレーキフルードのエアー抜きなど、基本的な作業も改めて見直します。

 

 

そして 後日・・・

 

 

30031501 (9).JPG

香川県の陸運局から、無事 ナンバープレートが到着!

 

各部 増し締め点検を行い、最後の作業 ロードテストへと移行します!

 

30031501 (10).JPG

いや~~~           随分、あったかくなったもんですね~・・・ ♪

 

ぶっちゃけ、この ロードテスト・・・

100kmほど走行した所で、サービスでのオイル&フィルター交換をし

そこから更に乗り込んで行きながら、各部点検を 進めると言うもの・・・

 

実は最も シンドい作業なんで、季節は重要なんですわ・・・ (苦笑)

 

30031501 (1).JPG

RCM-446 Z-1、ロードテスト開始!

 

ちなみに仁科は このあと、一発 はたかれる事をやらかしましたが

その話は・・・               やめときます・・・ (;^_^A

 

さぁ!     順調に行けば、18日には 完了する事でしょう!

 

Y・O さ~んっ!

 

いよいよ リーチ、ですからね~っ!!

RCM-448 New TYPE‐R (その3)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

大分県在住 K・S さんの、RCM-448 Ninjaスポパケ New TYPE-R

(その3)です!

 

30031301 (3).JPG

まぁ~  今さら語るのも 何ですが、とにかく加工や 造り物だらけ・・・

造りの工程が 終ったとしても、最後にセットアップが待ってますから

長い 長~い 旅路です・・・

 

30031301 (2).JPG

エキゾーストマフラーを取り付けし、冷却系部品など ボルトオンで

構成している ナイトロレーシング製パーツを組み付けて行きます・・・

 

加工ではなく ボルトオンである事って、ホント ありがたい・・・ (^_^;)

 

ですが・・・

 

30031301 (4).JPG

ふたたび 加工へ・・・ (苦笑)

 

SCULPTURE製スイングアームに、TYPE-Cスタビを溶接するんですが

今回はめずらしく 下スタビのリクエストです・・・

 

 

そして 数日後・・・

 

30031301 (6).JPG

見慣れたお二人が ショ-ルームに・・・

 

30031301 (7).JPG

やっぱりっ!!!

遠く 大分県からお越し頂きました、K・S さんでしたっ!

 

先日無事納車となった RCM-441 MK-Ⅱ、御子息の U・S君

共々でのご来店です!

 

ちなみに二人共、花粉にやられてるそうです・・・ (苦笑)

 

30031301 (8).JPG

では早速 工場にて、K・Sさん ご自身のRCMを見て頂きましょう・・・

 

30031301 (10).JPG

今だ 前後ホイールが、転がし用の純正 仮り組みではありますが

前回はフレームに、かろうじて足回りが取り付けされてただけなので

たぶん 驚かれた事かと思います・・・

 

30031301 (9).JPG

先程のスイングアーム補強が完成し O・Zレーシングホイール共々

取り付けされ、オリジナルの3連メーター廻りが出来上がれば

ほぼ 車輌完成と言っても良いレベル・・・

 

う~~~む・・・              問題は、外装だな~・・・ (ーー;)

 

30031301 (11).JPG

この春、アメリカ ロサンゼルスの大型バイクショップにて 展示販売される

RCM-449 Z-1を見て、二人共 見入っておりました・・・

 

聞けば御友人が バリッと手の入った Z₋1の購入を 検討してるとか?・・・

 

確かにこの RCM-449は クラフトマンシップ車なんで、実は欲しい人に

販売できるんですが、今回ばかりは アメリカでの販売のみが対象だから

さすがに厳しい・・・ (;^_^A

 

既に今、また新たなクラフトのアップグレード車を 数台造ってますんで

どしどし遠慮なく ご相談頂ければと思います!

 

30031301 (1).JPG

RCM-448 Ninja スポーツパッケージ New TYPE-R・・・

 

ここからはパーツ待ちなど あって、ちょっとインターバルに入りそう・・・

 

K・S さ~んっ!

 

だいぶ陽気が 良くなって来ちゃったけど、もう少し・・・

お持ちくださいね~っ!

 

RCM スタジオ撮影です!(後編)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

30031201 (10).JPG

引き続き、スタジオ撮影の後編を お届けしましょう・・・

 

前半ラウンド終了後、普段はあまり食べれない 店屋物での昼食を

とるんですが、その後 もの凄い睡魔との戦いになります・・・

 

30031201 (12).JPG

眠気覚ましの 一杯・・・

このスタジオでは コーヒー 紅茶、飲み放題なのが嬉しい・・・♪

 

したがって・・・

 

30031201 (11).JPG

しょっちゅう、飲むっ!

いや~~~            飲む  飲む・・・ (苦笑)

 

 

飲み過ぎだよ・・・ (^_^;)

 

30031201 (13).JPG

気を取り直して、再開しましょう!

 

New TYPE-R 2018年バージョン RCM-438に続いて、もう一台

Z1-Rの撮影に 入りましょう・・・

 

 

30031201 (3).JPG

RCM-443 Z1-R です。

 

30031201 (4).JPG

この RCM-443は、私達サンクチュアリー 主導の基で造られる

RCMクラフトマンシップ車輌として 製作されました・・・

故に オーナーはおりませんが、デモンストレーション車輌として

製作された為、相当なアップグレード仕様のメニューで構成されてます。

 

30031201 (6).JPG

本来であれば この後、ホームページのRCMクラフトマンシップ欄にて

販売のご紹介をと言う流れなんですが 実はつい先日、既にお一人様

ご商談を頂いてまして、今のところ残念ながら ホームページでご紹介

する事なく 早くも決まりそうな見通しです・・・ (;^_^A

 

30031201 (9).JPG

メーター廻りは Z1000純正、デジタルタイプのオールインワン・・・

メインスイッチオン時の モニター灯火は、そそられるものがあります。

 

SCULPTURE TYPE-Ⅲ ステムKITで、セパレートハンドルと言う

ロードスポーツ性を前面に出した コンセプトにて製作・・・

 

30031201 (8).JPG

一緒に製作担当した 佐々木・・・

顔は引きつってますが、板金溶接の類 工作系は かなりセンスあり!

 

このまま 数こなせる環境が毎日続けば、相当な腕前になるでしょう。

間違いないですね!

 

30031201 (5).JPG

RCM-443 Z1-R・・・

 

側面ボリュ-ムある TOMO FRPシングルシートと、ブラック中心で

コーディネートされたボディカラーが、予想したよりも マッチング良く

かなり自分好みの一台に 仕上がりました・・・

 

このRCM-443の様に、RCMクラフトマンシップ アップグレードは

今後も随時 製作して行きたいと思います。

 

次回作 RCMも、ご期待下さいね!

 

RCM スタジオ撮影です!(前編)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

30031001 (11).JPG

つい先日の朝・・・

 

いつもより早く出勤して、これより都内に向かいます。

 

30031001 (12).JPG

すっかり馴染みとなった 柏インターチェンジから、高速へ・・・

 

30031001 (13).JPG

本日ドライバーを務めるは、湯浅メカ・・・

 

カメラ顔 です・・・

 

30031001 (14).JPG

後部座席は 佐々木メカ・・・

 

カメラ 顔・・・? (笑)

 

本日はRCM-438と 443の2台、スタジオにて撮影をするべく

首都高速を走っております・・・

 

30031001 (16).JPG

いつもの東京ベイサイド 佃島に渡れば、スタジオは目の前・・・

 

いや~   今日は遅刻せずに、到着しそうですわ・・・ (^^♪

 

30031001 (18).JPG

某スタジオに 到着・・・

 

例に寄って、長い長~い 一日の始まりです!

 

30031001 (23).JPG

カメラマンも おなじみ富樫さん・・・

 

4月10日に全国書店発売が決まった、RCMザ・グレイテストシリアルⅢ

製作委員会チームのデザイナーも到着し、撮影開始・・・

 

 

それでは最初の車輌を ご紹介しましょう・・・

 

 

30031001 (2).JPG

シリアルナンバー RCM-438です。

 

Ninja スポーツパッケージ New TYPE‐R 2018年バージョンの

いわゆる スタートエディション仕様車・・・

 

30031001 (7).JPG

2年ほど前に発表させて頂いた Ninja スポパケ New TYPE‐R・・・

 

旧TYPE‐Rでは エンジン&電装に、手をつけておりませんでしたが

New TYPE‐Rになって それら 残す全てを網羅するメニューとなり

落ち度のない、完璧なコンプリート仕様へと 至りました・・・

 

30031001 (4).JPG

ところが 少し前・・・

 

標準採用していた OHLINSフロントフォークが新型になり、フォーク価格も

変更・・・      更に、カワサキ純正 コンマ5mm オーバーサイズピストンが

メーカー廃版となって、ドイツ Wossner社製 0.5mmオーバーサイズの

ピストンに代わるなど、いくつかの仕様変更が行われていたんです。

 

30031001 (9).JPG

実は電装系も 何と・・・          ZRX1100純正が 廃版に・・・ (-"-;A

 

これはイカんと、高年式モデルのもので スワップに向いた電装部品を

探して対応・・・

 

見た目は New TYPE‐Rが発表された、2016年仕様にそっくりですけど

実はかなり モディファイされております・・・

 

それも只 変わるだけじゃ~ あまりにも芸がないので、わすか少しですが

スペックポテンシャルも 進化を遂げてるんですよっ ♪

 

30031001 (3).JPG

一緒に担当した 湯浅メカ・・・

 

まだ駆け出しですが、まじめに ひたすら一生懸命 取り組みました・・・

 

30031001 (6).JPG

RCM Ninja スポーツパッケージ New TYPE‐R 2018年バージョン

 

このRCM-438は New TYPE‐Rのスタートエディション車輌として

現在 ショールーム展示されております。

 

もちろん販売車輌ですので、ご興味のある方は 本店ホームページの

RCMクラフトマンシップのコーナーを 是非、ご覧になって見て下さいね!

 

ここからのアップグレードも ご相談のりますので、気軽にお問い合わせ

頂ければと思います。

 

 

(後編)に 続く・・・

US RCM A16‐007 (その11)

前後17インチホイール化に、最適合したジオメトリーのフレーム・・・

三重県在住 H・K さんの、RCM USA A16-007 (その11)です!

 

30030302 (10).JPG

テールカウルとランプの取り付けパーツを 幾つか製作したのですが

市販のフェンダーレスKITでは もちろん 全く合わないので、白紙から

単品製作しています・・・

 

30030302 (11).JPG

前回造ったものが、位置・角度 共に 納得の行くものではなかった為

一部のパーツを 造り直してトライ・・・

 

30030302 (3).JPG

う~~~ん・・・       どうやら改良タイプは、中々いい感じですよ・・・♪

 

30030302 (1).JPG

何と言っても車体の末端部ですから、バイブレーションによるクラック発生が

懸念される場所だけに、一部 負担の少ない部分はアルミを使用しましたが

その他の部分は 粘りのある材質、ステンレス薄板にて製作・・・

 

部位や構造、使用用途などにより材質を使い分けるのは、もう絶対・・・

常に配慮しなければ ならない事でしょう。

 

30030302 (7).JPG

専用メーターブラケットも 完成・・・

こちらは材質ジュラルミンA2017Sで、この後 アルマイト処理されます。

 

30030302 (2).JPG

インナーフェンダーも 進行・・・

 

当初 容易なツーピース構造にするつもりでしたが、どうせならと 欲が出て

ワンピースで製作する事に・・・

 

30030302 (4).JPG

オイルクーラーも入荷して来ました!

H・K さんからのリクエストで、EARLS製 ラウンドコアを採用です。

 

30030302 (5).JPG

ステムヘッドパイプが低いフレーム 故、クラーコア本体も 自ずと低い

位置に下がらざる得ないんですが、今度はエキパイとフィッティングの

クリアランスが厳しい条件になって来るので、絶妙な位置に取り付けを

したいと思います・・・

 

30030302 (6).JPG

SS400のむく棒から スリーブ状のナットを削り出す事に・・・

 

湯浅が ひと言・・・

「オートバイを 丸々一台造ってるみたいで、ホントに大変です・・・」

 

う~~~む・・・

 

カニをゲット出来なかった余韻が、まだ ある様だ・・・ (;^_^A

 

30030302 (8).JPG

簡易的な治具を造り、削り出したスリーブ状のナットを 固定・・・

これよりフレーム側に 溶接します・・・

 

 

H・K さ~んっ!

 

いくつか確認したい点がありますんで、またご連絡 致しますね~っ!!

大幅リメイク RCM化計画!(その10)

こんにちは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

現在、兵庫県在住 T・I さんから お預かりしている Z-1を、大幅な

リメイクにて RCM化するべく、作業が進行中・・・

 

そんなある日・・・       つい 先日の事・・・

 

30030501 (2).JPG

T・I さんから荷物が 送られて来ました?・・・

 

中身はかなり ズッシリしたもの?・・・

 

30030501 (3).JPG

おおおおおぉ~~~・・・ (◎_◎;)

 

紅ズワイガニ だよーっ!!!

 

 

30030501 (4).JPG

ちょ ちょ ちょ ちょ!   なに、 お前らっ!・・・

 

集まってくんじゃねーよっ!  (;・∀・)

 

30030501 (5).JPG

中のカニは 5杯・・・

 

足の部分を切って 皆で分けようか・・・    と 言う意見も出ましたが

「いやいやいや、男なら勝負しょ!」   って、事になり・・・

 

30030501 (6).JPG

始まりました          絶対に負けられない、壮絶な戦い・・・

 

そして・・・

 

30030501 (9).JPG

勝負は時の運・・・           瞬時に 決まるもの・・・

 

勝てば官軍です・・・ !(^^)!

 

30030501 (7).JPG

もう一方で、敗残兵同士の戦いが・・・

 

一番負けたヤツが カニの箱をかたずけると言う、情け無用の勝負・・・

ここで勝っても カニは手に入らず・・・

 

ひたすら カニ臭くなったテーブルを、拭き続ける事に・・・

 

30030501 (10).JPG

ふぅ~っ・・・              勝った~・・・♪

 

カニ食えないから 取りあえず、お菓子 食っとこ・・・

 

30030501 (11).JPG

勝者には笑顔が・・・

 

T・I さん、本当にありがとうございましたっ!・・・ <(_ _)>

 

30030501 (8).JPG

そして最下位の者よ、チャッチャ かたずけとくんだぞっ!・・・

 

30030501 (1).JPG

さぁ~  ご褒美貰った所で、みんな明日から またガンバるよ~っ!!!

 

 

T・I さ~んっ!・・・

こんなオチで、すみませーん!  (;^_^A

 

次回こそ まっとうなネタで、更新しますからね~っ!!

US RCM A16-002と 003 (その4)

アメリカ カリフォルニア州 ロスアンゼルスのモーターサイクルメーカー

Radical Construction Manufacture USA Inc。

 

17インチホイールに適合させた、自社製オリジナルフレームのマシン

現在 2台同時にて進行する、RCM USA A16 (その4)・・・

 

前回からの続きです!

 

30030502 (7).JPG

RCM-346 Z-1と、RCM-370 MK-Ⅱ・・・

M・T さんと S・K さん、各々のファーストRCMで ご来店されました。

 

目的はもちろん・・・

 

30030502 (4).JPG

お二人 同時にオーダーされた、RCM USA A16  002&003の

打ち合わせの為です!

 

30030502 (3).JPG

ローリングシャシーが取り付けられ、立ち上がってる姿を見るのは

初めての事・・・

 

お二人共 自分の頭の中で、イメージを巡らせてはいたんでしょうけど

こうして実際に 現車と対面するのは、言うなれば自分が想い描いた

オリジナルの乗り物が、目の前に本物として 具現化されてる状態・・・

 

嬉しくないはず、 ありませんよねぇ・・・

 

30030502 (2).JPG

まだ骨格レベルの段階ですが、A16は その製作プロセスそのものも

存分に楽しんで 貰えるマシン・・・

 

30030502 (5).JPG

2年 3年なんて、そんな とんでもなく長~い納期は 論外ですが

たっぷり1年は費やして、完成に至るまでの工程を 楽しんで貰いたい・・・♪

 

30030502 (6).JPG

て  ゆーか          もう 嬉しそうですね・・・ ♪

 

ようやく形になって来た 2台のA16・・・        夢は膨らむ事でしょう・・・

 

いいなぁ・・・      中村も001、もう一回 やり直したいな~・・・ (^_^;)

 

30030502 (8).JPG

二人  「ところでさ・・・   同じA16の 007に、大差で負けてね!?」

仁科  「す、 すんません・・・」

二人  「確かオレ達の方が、早かったよね~」

仁科  「あ、いや・・・       鈴木さんが・・・」

二人  「鈴木さん、 カンケーなくねっ!? (;・∀・)」

仁科  「す、 すみませんっ!」

 

なんて会話を、もちろん してる訳ではありません・・・ (-ω-)/

 

30030502 (9).JPG

これから装備する、シングルシートのモディファイの相談をしてました・・・

 

RCMのシングルシートは基本、昔から TOMO FRP製を用いてますが

今回はそれを 更にオリジナルにするべく、フォルムを検証中・・・

 

これはさすがに、中村も 出来上がりが楽しみ!

 

お二人が帰ったあとも、作業は続きます・・・

 

30030502 (10).JPG

細かい所ですが お二人のリクエストで、Brembo製 ラジアルマスターの

レバーを ZETA製に交換・・・

 

30030502 (11).JPG

その後、加工室に移動しました・・・

 

これから何を するかと言うと・・・

 

30030502 (1).JPG

そうです!

ジュラルミン総削り出しのアッパーカウルブラケットが 出来上がったので

これより取り付ける事に!・・・

 

A16 002&003は、中村の001同様 Z1-Rをモチーフにしており

アッパーカウルをステムではなく、フレームにマウントするコース・・・

 

ワンオフした、軽量でかつ高剛性なブラケットを フレームヘッド側に

取り付ける為のステーを 溶接します・・・

 

M・T さ~んっ!   S・K さ~んっ!

 

いや~     少しずつ 面白さ、増して来てますからね~っ!!!

土日の近況報告です!

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

いよいよ春到来?・・・    と、言った感の日が 続いております・・・

天気予報では また寒の戻りになると言ってますが、小春日和が続いた

せいか、この土日は 久々来店者でいっぱいに・・・

集中する午前中から 午後の2時頃にかけて、ず~~~っと  ドタバタ

アタフタ しておりました・・・ (;・∀・)

 

そんな土日、ひとまず目立った出来事だけ ご報告しますと・・・

 

30030401 (2).JPG

2台の空冷 RCM角Z・・・             晴れて納車を迎えました・・・

 

30030401 (3).JPG

左が RCM-436 Z1-R 大阪府在住の S・S さん・・・

右が RCM-434 MK-Ⅱ 兵庫県在住 H・H さん・・・

 

30030401 (4).JPG

お二人共 最近ではすっかり少数派となった強者で、これから大阪まで

慣らしを兼ねながら 自走で帰るとの事・・・

 

いやぁ~・・・    10年位前までは そういう方達、沢山いたんですけど

最近は便利な時代になった事もあり、久々の展開でした・・・

 

30030401 (5).JPG

最も今晩は 伊豆の温泉に一泊されて、明日帰路に着くとの事・・・

 

何となく・・・              安心・・・ (;^_^A

 

H・H さ~んっ!   S・S さ~んっ!

次回 初回点検に持って来るって、軽~く 言ってましたが・・・ (苦笑)

くれぐれも お気を付けて、ご来店されて下さいねーっ!!

 

 

と、 お二人が旅立ったのち 数分後・・・

 

 

30030401 (6).JPG

オイル交換に来た K・H さんの、RCM-306 Z-1に横づけする

RCM-000と 吾希人・・・

 

30030401 (8).JPG

実は!・・・

ロードライダー誌による取材で、富樫カメラマンまで 出動!

 

しかも今回は、吾希人個人への取材なんです!・・・ (^_^;)

 

30030401 (7).JPG

テーマは “ カスタム今昔 ” 的な内容で、30年間 いちユーザーとして

不変のスタイルを貫いて来た 吾希人に、白羽の矢が立った模様・・・

 

できれば昔の写真も 持参頂けますかの依頼に、チラッと除きこんだら

中村もいました・・・          別人が・・・ (/・ω・)/

 

まぁ~  でも

若かりし日に 沢山遊んだ画像を見て (歳 くったな~! オレ!) と

痛感させられる 自分・・・

ロードライダーも一風変わったネタ、取り上げる時代になったんですね・・・

 

取材は終始、編集小原さんと 盛り上がっておりましたよ!

 

 

あけて 翌日・・・

 

 

30030401 (10).JPG

日曜の午前中に、RCM-442 Z-1が納車となりました・・・

 

30030401 (9).JPG

オーナーの東京都在住 D・I さんは、何と 20年ぶりにバイク復活との事で

完全に中村の 18年ぶりを凌駕しておりますな・・・ (^_^;)

 

30030401 (11).JPG

「だ、大丈夫すかぁ~~・・・」

 

中村も つい先日の復帰デビューランは、緊張しましたから・・・ (ーー;)

 

30030401 (1).JPG

マイペースで 帰られるとの事です・・・

 

数時間後・・・

 

高速は空いてて 気持ちよく流れたし、マシンは絶好調! 音も最高!

匂いも 振動までもが サイコー!      Z-1 サイコー !(^^)!    との

メールが来ました・・・

 

D・I さ~んっ!

 

今年はRCMオーナーズ達のツーリング、ぜひ 来て下さいね~っ!!

 

 

 

 

RCM-451 Z1‐R です!

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

千葉県在住 T・N さんの、RCM-451 Z1‐Rです!

 

30030101 (2).JPG

着々と準備は進めていたものの、ここ1~2ヵ月続く 激務に追われ

なかなか車体を立ち上げずにいた、RCM-451 Z1-R・・・

 

30030101 (3).JPG

手順としては とにかく、スイングアームから始めておかんと この後の

スタビライザー溶接&表面処理に 時間が取られるので、何はともあれ

リアサスマウントの溶接から 開始・・・

 

30030101 (4).JPG

ひと先ずスイングアーム加工を おいておき、フレームに各装備を

どんどん取り付けて行きます・・・

 

30030101 (5).JPG

使用するステムは、SCULPTURE製 オフセット35mmの“SP”タイプ・・・

 

35mmと言う設定は、今となっては特別 ショートな数値に感じませんが

空冷Z系、特に角Zで セパレートハンドル化を予定してる場合、ハンドルと

タンクのクリアランス確保が厳しくなる為、事前にフレームのタンクマウント

ピンの位置を 5mmほど後方に移設してあります・・・

 

ちょっとした仕込みなんですが・・・      あとあと、モノ 言うんですよ~・・・

 

30030101 (6).JPG

RCMのアイデンティティー・・・         シリアルプレートもOK!

 

30030101 (7).JPG

補強済みリアフェンダーレスKITなど、事前準備が万端だったせいか・・・

 

ここまでやたら、早いな・・・ (^_^;)

 

30030101 (9).JPG

T・N さんから リクエスト頂いた、ラウンドオイルクーラーコア・・・

最近 このラウンドタイプを指定して来る人、増えた様な気がします・・・

 

フレーム装備取り付けが アッと言う間に 進んだところで・・・

 

30030101 (10).JPG

再びスイングアーム作業に、リターン・・・

 

スタビライザー補強は、これまた T・N さんご指定の ガセットモナカ

タイプBのコース・・・

 

30030101 (1).JPG

めくり穴加工バーリングを、サイズ違いで3ヵ所施した合わせモナカは

軽量なのに、剛性の高い部材・・・

部材をアームにあわせて擦り合わせ加工し、補強溶接 開始です・・・

 

T・N さ~んっ!

 

ブログでのご紹介 遅くなりましたが、こんな感じですからね~っ! (^ ^)/

 

 

シリアルナンバー RCM-446です!(その3)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

香川県在住 Y・O さんの、RCM-446 Z-1 (その3)です!

 

30030201 (7).JPG

やたら順調に進んだ RCM-446ですが、おかげで途中の画像が

全然撮れず・・・

 

スイングアームのヘアーライン加工が仕上がったので、久々 一枚だけ

画像を撮りました・・・

 

30030201 (2).JPG

いつの間にやら、エンジン クランクケースもコンプリートしており

(さて・・・   こりゃいよいよ どうするかな~・・・)  と、息詰まってたら

Y・O さんから  「中々ブログに出ないんで、どうしたのかな?」 との

メールが来て、思わず ドキッ! (;・∀・)

 

そうこうしてたら タイミング良く、精密内燃機加工が仕上がったので

ヨッシャー!とばかり、仁科に 「画像 撮るかんねーっ!( ゚Д゚)  と

やつあたり気味に 檄を飛ばしました・・・ (苦笑)

 

30030201 (3).JPG

PAMS製 ESTライナーに変更済み シリンダーには、ヴォスナー製

Φ67 ピストンKIT・・・

1mmオーバーサイズピストンな為、ライナー肉厚マージンが 多く残せ

熱的な安心感のあるサイズです。

 

30030201 (4).JPG

排気量の優位性は少ないものの、コンプレッションは一味違います。

10.8 :1の圧縮比は、小気味よいトルクとパンチを 実現・・・

 

今回 点火系はノーマルですが、これにASウオタニ等のデジタル点火が

加われば、かなり良いフィーリングになる事でしょう。

 

30030201 (6).JPG

オーバーサイズバルブガイド&シートカットの 内燃機加工を終えた

シリンダーヘッドを組み付け・・・

 

30030201 (8).JPG

IN&EXカムシャフトの組み込みと バルブクリアランス調整も完了し

ヘッドカバーを閉じて、エンジン完成!

 

しばらく作業が滞っていたせいか、何のストレスもなく 組み上がりました。

 

30030201 (9).JPG

この勢いのまま、エンジンを搭載する模様・・・

 

付き合わされる連中は、たまったモンじゃ~  ないな・・・ (^_^;)

 

30030201 (10).JPG

まぁ それでも 作業は手慣れたもんで、スルスルッと フレーム内に・・・♪

 

30030201 (1).JPG

無事、エンジン搭載 完了しましたっ!

 

現在 夕方の4時すぎ・・・

この日の内に マフラーと前後スプロケ、ドライブチェーンあたりまで

作業を進めるつもりな様です・・・

 

Y・O さ~んっ!

ブログ更新 ご無沙汰になってて、すみませんでした~っ!

 

RCM-446  Z-1、来週  完成しますよ~っ!

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.