Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

RCM-448 New TYPE‐R (その5)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

大分県在住 K・S さんの、RCM-448 Ninja New TYPE-R

(その5)です!

 

30061001 (2).JPG

RCM Ninja New TYPE‐Rは 通常、スタートエディションと言う

最初の仕様車が設定されていて、そこにオーナー好みのリクエストが

組み込まれる アップグレード式になっているんですが、K・S さんの

このRCM-448のアップグレードは、すさまじく・・・

いつもより製作に時間が掛かっております。

 

30061001 (3).JPG

フロントホイール、左右 ディスタンスセット・・・

削り出したカラーは Rを掛けた、凝った仕上にしております。

 

30061001 (4).JPG

トーチランプで加熱し 曲げているのは、マスターシリンダーのリザーバー

タンクステー・・・

 

これも昔は アルミのムク材から削り出して、一つひとつ 溶接して

造ってたんですが、今はブランク材があるんで 大変楽になりました・・・

 

30061001 (5).JPG

楽になった分、それなら更に より良い仕事を・・・

左右のタンク位置 水平、対称度合いを重視して組み付けてやります。

 

30061001 (6).JPG

Brembo CNC ニッケルコーティングキャリパーに、O・Zレーシング

GASS RS‐Aホイールの組み合わせ・・・

 

この絵だけで、一枚のパネルになりそうです・・・ (^ ^)/

 

30061001 (7).JPG

New TYPE‐R専用、リアフェンダーレスと ナンバーステーのKIT・・・

 

細かい所ですが実は こだわったものを採用しており、それら細部の

積み重ねが、全体の雰囲気やルックスを 成り立たせているんです。

 

30061001 (8).JPG

Ninjaのレンジに合わせて加工した、3連メーターが仕上がりました・・・

 

大きなアッパーカウルを持つ マシンの場合、メーターもボリュームある

ものの方が 空間のバランスが良く、似合う傾向があります。

 

30061001 (9).JPG

更に 拘りのタコメーター・・・              “倭” の一文字

 

この RCM-448の中で、いつまでも・・・

 

 

そして 数日後・・・

 

 

DSC_3163.JPG

オーナー K・S さんが 息子さんの U・S さんを連れて、ご来店!

 

遠く大分県から 東京に用事がある度に、必ずと言っていいほど

お見えになります・・・

 

もはや東京に用事があるついで と言うより・・・

どっちかって言うと、こっちがメイン?・・・ (;^_^A

 

K・S さ~んっ!

 

たまには東京観光も、ちゃんとした方が いいですよ~っ!(笑)

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.