Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

2018年度 イタリア ミラノ 出張(その2)

イタリア ミラノ出張 (その2)です。

 

30070301 (3).JPG

翌朝・・・

時差ボケのせいか、早朝4時頃に パッ!と目が覚めました・・・

 

アメリカやヨーロッパに行かれる方なら、おわかりでしょうけど

まさに【覚醒】と言う言葉が ピッタリな起床でした(笑)

 

30070301 (2).JPG

昨晩はいつ寝たのか、自分でも驚くほど 全く記憶がありません。

もうこれ以上は 無理だわ・・・   と、泣きが入ってたんですが

今朝は至って 快調! (^ ^)v

 

気合い入れて 行きたいと思います。

 

30070301 (6).JPG

サンクチュアリーの母体である NOBLESTが、イタリアと

直接取引きをしているメーカーは、現在4社・・・

 

30070301 (7).JPG

最初の訪問先は ここ、ミラノ郊外にある・・・

 

30070301 (9).JPG

ブレーキホース等、ありとあらゆるホース系 製造メーカーの

Allegri(アレーグリ)社です。

 

今まではフワフワと お見せしていましたが、もうそろそろ この

Allegriも きちんとご紹介しなければ行けませんね・・・

 

 

30070305 (2).jpg

まず特徴としては 2輪・4輪を問わず、世界中の大手メーカーが

ここAllegri社のホースを、数多く採用している事・・・

 

メッシュホースも 多様な種類のホースを、独自に生産しています。

 

30070304 (2).jpg

完全社内生産で、オフィスに隣接したその工場は 画像を全て

お見せしきれないほど、巨大・・・       いや、超巨大工場・・・

 

30070303 (5).jpg

エアーで稼働する 専用の鉸め機 【フィッティングクランパー】を

駆使して、その場で簡単に ホースを組み立てられます。

純正ホース同様 信頼高い鉸め式だから、フルードリークの心配もなし。

 

何でこんなに便利で楽なの!?と、使えば使うほど 笑ってしまう位で

既成の組み立てられたホースではなく、個々の車体にあわせてベストな

ホースワークに拘るサンクチュアリーでは、もうこのAllegriの

存在は 欠かせないものになりました・・・

 

30070303 (1).jpg

大手メーカー 純正OEMもさながら、イタリアお得意の選手権分野に

おいても、その採用率はトップシェア・・・

 

30070304 (1).jpg

エイクマでおなじみ、ミラノMCショーでも 老舗のベテラン企業で

皆さん あまりご存知ないかもしれませんが、レーシングマシンの

多くが  「えっ! これもっ!?   あれもっ!?」   って言うほど

実はAllegiriなんです。


30070301 (13).JPG

メーカーOEMと コンペティションの、両立・・・

この会社の存在を強く勧めてきたのは、MotoGPの関係者達で

「とにかく 行ってみろ!」の 一点張りでした・・・ (;^_^A

 

私達サンクチュアリーのRCMが、いわゆる カスタム屋さんが作る

単なる改造車ではなく、アメリカでマニュファクチュアー認証を得た

Radical Construction Manufactueで

RCMが 本物のオートバイシャシーメーカー車である事を 彼らに

伝えてましたから、自分達の様な小さなメーカーでも 友好に取引き

してくれたんです。

 

30070303 (3).jpg

そして 今回・・・

 

30070303 (6).jpg

ようやく 以前から知っていた、この製品・・・

Allegriの【特許】である、世界に誇るこの製品が、いよいよ

始まる事になります・・・

 

実はこの時を、ず~っと  待っていたんです。

 

いやぁ~、ほんと・・・            今からワクワク しますわ! 

 

30070301 (1).JPG

海外のメーカー・・・    特に有力メーカーとの取引きというものは

メールのやり取りだけでは 必ずどこかで つまずくよと・・・

かつて道を切り開いて来た 同業の先輩達から、さんざん言われて来た

言葉でした・・・

 

先駆者達の格言通り・・・

3年以上通い詰めて、ようやく  認められましたかね?(笑)

 

根詰めて 頑張ってきた甲斐が、あったと言うものです ♪

 

 

(その3)に続く

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.