Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

US RCM A16-002と 003(その9)

スチール製パイプで繋がれた、完全オリジナルフレーム・・・

 

1970年台に生産された 一世代前のオートバイに、もしも

現代の思想や設計で造られたシャシーが 奢られたのならば・・・

スポーツバイクとしての運動性能を、より 追求して行った時

どうしても超えられなかった一線を いとも容易く超える・・・

 

コンパクトな そのフレームは 各部の設計剛性もハイスペックな

17インチタイヤに完全適合し、搭載された空冷Z系エンジンとの

組み合わせは これまでにない異質のハンドリング特性となって

マッチングする、17インチホイールの為の 専用フレーム。

 

世界で完全限定生産 30台、 RCM USA A16。

 

M・Tさんの A16-002 & S・Kさんの A16-003

2台のA16 同時進行(その9)です!

 

30080201 (2).JPG

A16は スタートエディションと呼ばれる、最もスタンダードな

仕様車をベースに、オーナーリクエストによるアップグレードを

加えて製作されるマシン・・・

 

スタートエディションとて、丸々一台 バイクを創作するのだから

決して容易ではありません・・

 

にも拘わらず このA16 002 & 003は、スタートエディション

からのアップグレードが非常に多く、相当な時間を費やすであろう事は

当初から想定されておりました。

 

30080201 (8).JPG

スタック製 ステッピングモーター駆動の、タコ&スピード・・・

A16 003のメーターが、到着。

 

既にA16 002の 純正デジタルメーターは納品されていた為

これで2台の材料が揃った事から、まずはここから着手します。

 

30080201 (4).JPG

早速 メーターパネルをワンオフするべく、キャドを駆使して

図面を作成・・・

 

30080201 (5).JPG

こちらはA16 002の 単品製作メーターパネル・・・

 

普段ちょっと 見慣れない特殊な形状で、これだけ見てると

カエル?・・・               ロボット?・・・ (;^_^A

 

30080201 (3).JPG

こちらはA16 003のメーターパネルで、オーソドックスが故

違和感 ありませんね・・・

 

30080201 (6).JPG

ご自分のメーターパネルを、S・K さん 自らチェック・・・

 

図面段階でオーナーが確認できるのは、オーダーメイドならではの

極みと言えるでしょう・・

 

30080201 (7).JPG

どうやら、納得いかれた ご様子・・・

 

この場合、納得できなかったら どうなるのか・・・

それは私にも  わからない   (-ω-)/

 

30080201 (9).JPG

A16 002オーナー M・T さんも加わり、談義へ・・・

 

二人共 普段乗る事が出来るRCMが、それぞれ手元にあるんで

A16の完成を 強く催促して来ません。

むしろ オーダーメイドならではの工程を、たっぷり楽しみたいと

言った感が強いです。

 

そして・・・

 

30080201 (11).JPG

A16 002のメーターブラケットが出来上がったので、パーツを

組み込みました・・・

 

先ほどの図面で ロボットアームの様な部分には、スタック製の

フューエルメーターが収納。

 

30080201 (1).JPG

こちらが その、A16 002 コックピット・・・

 

オールインワンのデジタルメーターは、ZX-10R純正品で

液晶 美しいのが特徴・・・      その液晶パネルの発光を 残念ながら

今はまだ見れませんが、後半にでも改めて ご紹介したいと思います。

 

30080201 (12).JPG

こちらが A16 003のコックピット・・・

ガッツリ! スタック製で固めた仕様で、どうだと言わんばかり・・・

 

右下のインジケーターランプは ZXR純正品をアッセンブリーで流用。

全てボルトオンにて 上手纏まってます。

 

30080201 (10).JPG

A16は、各部に採用されてるパーツのグレードが 全て高いですが

「ここのパーツは 〇Xで、これが X〇で・・・」 と言った

様な、いわゆる 部品の凄さを売りにしたマシンじゃ~ ありません。

 

RCMの代名詞でもある 【造り込み】

A16の場合、それが通常のRCMよりも 更に激しく・・・

いや!・・・            激しいなんてレベルじゃ~  ない!(笑)

 

とにかくオリジナルフレームで、丸々一台 造ってるんですから

その内容たるや、比較できる対象がないのかも・・・

 

パーツの凄さだけでなく、造り込みで勝負するマシン・・・

これこそが A16ならではの、醍醐味と言えるでしょう・・・

 

 

M・T さんっ!  S・K さんっ!

そろそろ外装パーツの形状とカラーリング、イメージ 具体的に

進めて行きたいんで、よろしくお願いしますねーっ!!

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.