Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

オーダーメイドで RCM-467!(その5)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

K・A さんのオーダーメイド、RCM-467(その5)です!

 

30082301 (6).JPG

これから造る ワンオフシートレールのマウントボスを、延べ4か所

メインフレーム側に取り付けました。

 

30082301 (2).JPG

おなじみ 7N01材の引き抜きパイプ、外リブ付き角パイプを

2本 油圧プレスに固定し、これよりシートレールを構成する材料を

曲げ加工します。

 

30082301 (3).JPG

ハンドトーチでは火力が足りないので、アセチレンで加熱・・・

逆に火力が強いので、漫勉なく炙ってやらないと材質が変質したり

下手すると穴が開いてしまうので、注意が必要です。

 

30082301 (4).JPG

ポイントは2本あわせた中の面と、伸びる上側に熱を集中させて

ググッと曲がり出した時に、ちじむ下側も わずかに加熱してやると

曲がる際のふくらみを最小限に抑えられるのが コツ・・・

 

また曲がる箇所全体が 一つのRになる様、熱の伝え加減を上手に

コントロールしてあげれば、きれいなRで仕上げられます。

 

30082301 (5).JPG

出来ました ♪

 

このリブ付き角パイプ・・・

SCULPTUREスイングアームに スタビライザーを溶接する

際の材料と同じものなんですが、軽量であるにも拘わらず とても

剛性の高い 優秀な材料で、常日頃とても重宝しているもの・・・

 

もはや この手のパイプワークにおいて、欠かせない存在です (^ ^♪

 

30082301 (7).JPG

ここでシングルシート側にも、ひと手間・・・

 

気のせいか ここ最近、このTOMO‐FRP製シングルシートを

加工する機会が やたら多くなった気がします・・・ 

 

30082301 (8).JPG

リブ角パイプを コンターで、適度な長さに切断・・・

 

30082301 (9).JPG

シートレールを 仮で点付け溶接し、シングルシートを被せては

位置や角度を確認・・・

 

手間は掛かりますが、現物合わせにて擦り合わせをして行きます。

 

30082301 (10).JPG

どうやら、良い感じな模様・・・ ♪

 

30082301 (11).JPG

後はアルミの定盤上に固定し、上下&左右からの数値を測定して

上下&左右対称になっているか確認し、わずかに数値がずれてたら

長さなど合わせる為の 擦り合わせをしてあげます・・・

 

上下左右、やっぱりピシッと同じが  い~いですよねっ!

 

30082301 (1).JPG

定盤上で ある程度溶接をして、部材の各部が 動かなくなる位の

段階になったら 定盤は熱を奪って行くので、今度は部品単体にして

残りの溶接を仕上げて行きます・・・

 

K・A さん         このRCM-467・・・

 

予想してた通り、まだまだ相当な加工メニューがありますんで

只今心して 取り組んでおります・・・

 

RCM レス生活・・・

ど~か こらえて、下さいね~っ!!!  (;^_^A

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.