Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

南の遠方より! RCM-465(その2)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

南の遠方より!     〇Xさんの RCM-465 (その2)です!

 

30082901 (5).JPG

少しご無沙汰になっていた、RCMー465 Z1‐R・・・

 

スイングアームを始めとする 幾つかのパーツが、なかなか揃わず

セクションに拘らず、やれる部分をと 進めておりました・・・

 

30082901 (7).JPG

ホイール & ブレーキパーツは、全て組み込み 完了!

 

この辺りが決まると、何気に絵になってくるから 不思議です。

 

30082901 (2).JPG

メーターは コンパクトで軽量な、Z1000の純正を流用・・・

 

薄くて小さいから、マスク回り空間の狭い Z1‐Rに使い易いし

メーターボディが樹脂製で軽いから、Z1‐Rの最大の弱点たる

ママチャリ かご満載ハンドリングが 改善される・・・♪

 

もちろん純正パーツならではの 信頼感、大ですしね!

 

30082901 (8).JPG

それでも取り付けには、ひと手間 かかるもの・・・ 

 

スピードはドライブスプロケットを締め付けてる、これまた同じく

Z1000純正のセンターナットを用い、ナイトロレーシング製の

New油圧クラッチKITに備わってる機能で、スピードセンサーを

固定して、そこで信号を拾います・・・

 

メーターケーブルでの駆動ではないので、ワイヤー切れトラブルも

心配なし・・・♪

ここ最近 RCM Z1‐Rでの装着率、高いのが理解できます (^ ^)v

 

30082901 (6).JPG

シートベースは現在 廃番になっている、ナイトロレーシング製

RCMコンセプトシートの ベースで、毎回ワンオフにて用意・・・

 

セパレートハンドルでも切れ角を確保できる様、タンクを5mm程

セットバックしている為、シートベースの前側 タンクとのラインを

少し加工してからスポンジ成型へと移行します。

 

30082901 (3).JPG

しばらくブログでご紹介してなかったですが、エンジンは腰下が

既に組み上がっておりました・・・

 

忙しいと つい・・・      こんな風に うっかり撮りそびれるので

常に油断できない 職場です・・・ (^ ^;)

 

30082901 (4).JPG

只今シリンダーの 精密ボーリングが進んでおり、来週あたりには

腰上作業に 入れる見通し・・・

 

エンジンが完成して搭載されると 各装備を 一斉に取り付けできます。

〇Xさんに 早く、見せてあげたいですねぇ・・・ ( ̄▽ ̄)/

 

30082901 (9).JPG

そうこうしてたら、スイングアームが!

 

SCULPTURE製スイングアームは、近年のバイクと同様に

ボールベアリングとニードルベアリングの 2種ベアリング構造を

材用してます。

ニードルベアリングだけだと ピボットシャフトの締め付けいかんで

取り付け後 左右ガタが出ますが、ボールベアリングを追加する事で

ラジアル・スラスト 両方向のガタを抑えられますから、RCMを

製作する上では切り離せない スイングアームなんです・・・♪

 

30082901 (1).JPG

そんな優れもの スイングアームに、ひと手間追加・・・

 

7N01リブ角パイプをつなげる、削り出しブロックピースです。

 

30082901 (10).JPG

スイングアームにTYPE-Cスタビライザーを つけましょう!

 

ここも材料の擦り合わせが重要で、合い口の隙間を 極力作らず

ひとつ一つ 丁寧に加工してあげます・・・

 

 

南の遠方の 〇Xさ~んっ!

ちょっとご無沙汰してましたが、順調に進んでますからね~っ!

 

 

も~ ぼちぼち、カラーリング  決まりましたかね~?  (;^_^A

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.