Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

クラフトマンシップ RCM-464 Z1-R!

本日も引き続き、某スタジオでの撮影です・・・

 

30110801 (1).JPG

おなじみ 富樫カメラマン・・・

 

ほんと、今年はしゅっちゅう富樫さんと 一緒にいる事が多かった。

しかも過去形じゃなく、年内 まだまだある・・・ (;^ω^)

 

そんな富樫カメラマンの睨んだ先には、今日2台目の被写体が・・・

昨日のRCM-467と 同じく、もう一台もZ1-RのRCM。

 

既にサンクチュアリーのHP、待ち受け画面で「ドバーン!」 と

ご紹介されてますが、改めて語りを加え お見せしたいと思います。

 

 

30110801 (19).JPG

RCM-464  Z1‐R です。

 

30110801 (16).JPG

この464・・・     私達サンクチュアリーのスタッフ主導の元

オーナー不在で製作された RCMクラフトマンシップ車両・・・

 

早い話が 好き勝手させて貰って造ったマシンで、スタッフ主導と

言いつつ、ほとんど中村の趣味・・・ (^^;)

 

もちろん予算もあるので やりたい放題と言う訳には行きませんが

楽しませてもらいながら 造ったマシンでもあります。

 

30110801 (23).JPG

セパレートハンドル仕様車は 誰にでも受け入れられるって訳じゃ

ないですから、この464は RCMクラフトマンシップの中でも

デモ車的な要素が強いと言えます・・・

 

ベースマシンの価格が ¥78万円で、その他に掛かった製作費が

フレームセクション ¥517,000      前後足回り ¥1,880,560

ボディー その他 ¥390,700     吸排気&電装系 ¥1,008,500

エンジンセクション ¥795,990

 

全合計で ¥5,372,750 の所を RCMクラフトマンシップなので

¥792,750 値引きして、¥4,580,000 にて販売。

 

高いけど、本当はすごく安い?・・・       と 思っております。

 

30110801 (20).JPG

エンジンはもちろん Z1-Rの正規型式である KZT00DE。

ラウンドタイプのオイルクーラーKITは 本邦初公開の新製品で

“ナイトロレーシング ERALS”  の フルKIT!

 

このオリジナルのオイルクーラーKIT、実は非常に機能的でして

しかも サンクチュアリー拘りのホースワークによる KIT・・・

近日発表になりますんで、ぜひ 楽しみにして頂きたいと思います。

 

30110801 (17).JPG

足回りは 昨日の467同様、世界最高峰メーカー品で統一・・・

ホイールは先日ツインリンク茂木で開催された 世界選手権 Moto-GP

日本GPで沢山見かけたかと思います、O・Zレーシングホイール。

 

今までも語って来ましたが、RCMは その「造り込み」はもちろん

使用するパーツアイテムのレベルにも拘っています・・・

 

30110801 (15).JPG

スポーツバイクとしての性能を 高いレベルで追求してるんですから

使用するパーツも世界最高峰であるトップレーシングの場で 数多く

採用されてる逸品に拘るのは 至って普通の感覚・・・

 

せっかく高価なバイクを購入するんだから 使用されてるパーツも

どうせなら 一番良いメーカーのもので構成してあげたい・・・

オーナー心理でもあり、 自分達 造り手側の心理でもあるんです。

 

30110801 (21).JPG

2名乗車の車両として製作された、RCM-464・・・

もちろん、タンデムステップも 取り付けされております。

 

30110801 (22).JPG

カラーリングはシンプルな単色ベースに メーカー純正と同じ様な

ラインを入れています。

 

これは中村の個人的な意見なんですが、Z1-Rの様な 角Z系は

ツートン系カラーではなく 単色ベースの方が似合う様に思います。

ついつい二色にしたくなる気持ちは わかるんですが、バランスは

単色の方が良いと思いますね。

 

最近よく使う言葉で「バイクのカッコ良さは 足し算にあらず」と

言うのをよく引用するんですが、案外 シンプル化する選択の方が

勇気が必要だったりするもの・・・

 

ぜひ「引き算」のカッコ良さに 気が付いて頂きたいですね  (^^)/

 

30110801 (18).JPG

こちらも “一つ目” メーターを採用・・・

先程の ナイトロレーシンングERALS オイルクーラーKITを

使用する事で オプションですが油温計を作動させる事ができます。

 

30110801 (14).JPG

担当した・・・    いや、前任者から引き継いだと言うのが正確?

仁科メカです。

 

本人はいやに ニコニコしてますが、この後やって来るであろう

A16 002 & 003 地獄・・・

さぞかし 男を磨くハメになるでしょうな・・・  (^^;)

 

30110802.jpg

RCM-464  Z1‐R・・・

 

もうご存知かとは思いますが このマシン、既にHPにて販売の

ご紹介をさせて頂いてます。

具体的なスペックが表記されてますんで、興味のある方は ぜひ

HPのRCMクラフトマンシップをチェックしてみて下さいね!

 

 

 

= お知らせ =

私中村と 鈴木誠太郎は、今月15日~22日までの 8日間

アメリカ カリフォルニア州 Long Beach MCショー出展の為

出張不在となります。

ご不便・ご迷惑をお掛けします事、大変申し訳ありませんが

よろしくお願い致します。  <(_ _)>

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.