Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

US RCM A16‐002と 003 (その14)

25mm バック・35mm ダウンされた ステアリングヘッドに

大径化されたステムシャフトと 大型の上下ステムベアリング・・・

僅かな数値と思うだろうが ステムヘッドがこれだけエンジン側に

近づけば、マシンの性格は全く異なった性質へと変貌する・・・

 

10mm ダウンされた スイングアームピボットにより、アンチ

スクワットは適正化。同時にシャフト径も φ16からφ20へと

大きく大径化し、中空構造に・・・

 

良質なSTKM13Cシームレス菅で構築されたフレーム形状は

補強など不要な高剛性 ツインスパーレイアウト・・・

ワイドタイヤ前提の寸法で 余裕ある足回りアライメントを実現。

 

これが空冷Zの為の 17インチホイール 専用フレーム・・・

 

空冷Zが 最後の領域へと踏み込んだ、完全限定30台!

 

シリアルナンバー A16-002と 003 (その14)です。

 

31010801 (2).JPG

今回2台のペイントを担当してくれるのは、YFデザインさん。

コンピューターグラフィックで イメージ画像を出してくれるのが

何よりも嬉しい事・・・

 

31010801 (3).JPG

エンブレムロゴや モデルロゴなど、全てペイントでやる事となり

そのロゴデザインまで 事前に見る事が出来ました。

 

こうして 完全フルオーダーメイド、世界に30台しか存在しない

RCM USA A16の、内2台のデザインが完成!

 

31010802 (2).jpeg

こちらは M・Tさんの、A16-002・・・

 

ベースの車体の画像が、中村のA16-001の以前のものを

使用している為、外装パーツの取り付け位置や角度が 微妙に

ズレてたりしますけど、イメージは十分にわかるもの・・・

 

31010802 (1).jpeg

こちらが S・Kさんの、A16-003・・・

 

2台共 前後サスの色やスイングアーム等が それぞれ違うので

とにかく 外装カラーリングのイメージだけを確認・・・

でも 事前にこれだけ見る事ができれば、本当に十分でしょう。

 

31010801 (5).JPG

お二人共、オートバイをほぼ丸々一台 オーダーメイドする様な

特殊な内容に 何度も頭をひねってましたが、このプロセスこそ

A16と言う特別なマシンを オーダーメイドする醍醐味であり

誰にでも経験できると言う 類のものではありません・・・

故にもちろん、このとんでもなく贅沢な趣向を 楽しんでいます。

 

毎日マシンの事ばかり考えてて、お仕事に影響が出てない事を

祈るばかりです・・・ (^ ^;)

 

31010801 (9).JPG

さぁ!    殆ど全ての仕様が決まったから、あとは進めるのみ!

 

誠太郎と仁科、それぞれの担当パートを打ち合わせしてました。

 

31010801 (10).JPG

ペイントを前に、仁科はフロントカウルとシングルシートの

加工を担当・・・

カウルビスの穴開けなど、わざわざ冶具を作って加工してました。

 

31010801 (6).JPG

誠太郎は 完全オリジナル、ワンオフアルミタンク製作を担当。

 

画像のパーツはタンク側面 ニーグリップする部分のプレートで

現在ここ本店に装備されてる 板金加工の専用器、3本ローラー

イングリッシュホイール、ブラシニングハンマー等を駆使して

最後は、誠太郎自ら 板金ハンマーで叩き出したもの・・・

 

31010801 (7).JPG

タンク製作の専門業者さんの様に、ちゃんと抜型を作ってやれば

もう少し順調に行くんでしょうけど、何てったってタンクですら

たった一個だけの完全オリジナル フルオーダーメイドですから

型を作って何個も作ると言う話ではありません・・・

 

ちなみに 002と003で、微妙にタンク形状は違います。

全てがオーナー好みの 本当のオーダーメイドと言う訳で・・・

すんごい 贅沢な話でしょ・・・ (;^_^A

 

31010801 (8).JPG

今作業しているタンクは 002の方・・・

タンクのアッパーボディが 概ね完成し、研磨仕上げしています。

 

31010801 (1).JPG

ここに総削り出しの タンクキャップハウジングを溶接する為

位置出し中・・・

 

いいね!       タンク形状やRの部分も 絶妙にきれいだし!

2連装、耐久仕様なのが カッコいいですねぇ~!  (^^)/♪

 

簡単そうに見えてますが、このアルミタンクを造るって作業は

本当に大変な事・・・

出来ても歪で 不格好だったりするのは、もちろんNGだから

経験・才能・設備と、3つ揃ってなければ出来ないでしょう。

 

でも ここはどうしても、社内で製作するしかなかった所で

外注さんに頼む訳には 行かなかったんです・・・

 

誠太郎の本領発揮でした!

 

 

M・Tさ~ん!     S・Kさ~ん!

か~ な~ り~   いい感じ! ・・・      でしたよ~っ!!

 

 

でも残念ながら今週末には YFさんに行っちゃいますから

画像でガマンして下さい   <(_ _)>

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.