Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

ゼッケン39 最後の挑戦 (その1)

空冷4気筒エンジンが少しづつ 見放され始めてる気がする・・・

 

確かに今どき 空冷なんて、能率が悪いなんてもんじゃあ~ない。

 

今始まった事ではないが 時代は水冷あたり前で、ストリートなら

まだしも レースとなれば圧倒的パフォーマンスの違いが出るし

事実、筑波サーキットで開催されているレース T・O・T での

ハーキュリーズ&スーパーモンスターエヴォ混走クラスを見てれば

それは はっきりと実感できるものだ。

 

31041701 (16).JPG

水冷車と空冷車が混走で走ると言う定義に いささか疑問は感じるが

主催側がそうしてくれと言ってるのだから 致し方ない。

スーパーモンエヴォが ハーキュリーズの引き立て役と呼ばれても

好きで不利な空冷を選んでいるのだから、文句は言えないだろう。

 

 

でも、本当は わかっているんです。

 

エンジンの重量は軽く、その性質は 良く回ってパワーが出て・・・

にも拘わらず、壊れにくい水冷エンジン。

 

 

本気で最速を目指すのならば、迷う事など ないはずなのに・・・

 

なぜか・・・

 

燃えないんです。

 

 

31041901.JPG

どうしても 空冷エンジンでやりたい・・・

 

それも 空冷の中でも最も構造的に劣るであろう、Zのエンジンで

やり切りたいんです・・・

 

 

31042001 (26).JPG

「なぜ空冷?」   例えそう ささやかれても、空冷で行く。

 

「無理でしょ」  と いなされても、空冷Zのエンジンに賭ける。  

 

31042001 (16).JPG

この想いは何も、昨日今日 思いついた気持ちではない・・・

 

サンクチュアリー本店レーシングの歴史、そのものであった。

 

ハンデの大きい空冷Zエンジンで、かの最強・最速クラスに臨むのは

何もレースをなめているからではない・・・

今日までレース活動して来た全てのショップ・コンストラクターに

対し、敬意と尊敬の意を払いながらも、あえて・・・

 

31041701 (6).JPG

尚も 空冷2バルブ4気筒、Zのエンジンで戦う。

 

力 つきるまで・・・

 

 

31042002 (1).JPG

この10数年間に渡る 激闘のレース活動の終幕を見極めるため

最終走者 Zレーサー3号機が 成し得なかった頂きを超えるべく

ここに最強のフレームを得て 最後の挑戦に挑もう。

 

 

 

31041701 (1).png

 

サンクチュアリー本店レーシング

 

2019年の今年、 ふたたび・・・

 

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.