Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

2019年度 イタリア ミラノ 出張(その7)

2019年度 イタリア ミラノ出張(その7)

 

前回に引き続き ドイツ編、その最終回です。

 

31063001 (35).JPG

お話を再び ヴォスナー本社工場へ戻します・・・

 

31063001 (42).JPG

最後に案内されたのは、室温を常に20度に保っている検査室。

 

サンクチュアリー本店のエンジン専用ルームも室温を統一しており

24度キープで組み立てをしていますが、金属膨張率を常に同じに

して作業する事は 実はとても大切な事なんです。

 

31063001 (43).JPG

ピストンの直径や形状を超精密に検査する、専用測定器。

 

奥にはピストンリングの精度を検査する機械もあります。

 

31063001 (40).JPG

こちらは超音波による 透過センサー・・・

 

31063001 (41).JPG

表側だけでなく、内部の状態が健全かどうか しっかり検査して

出荷されているんです。

 

膨大な数のピストンがありますから 全部検査できる訳ではないと

言っておりましたが、それでも量産品なら3個の内 一個・・・

レース用は一つひとつ 全て検査してから出荷しているそうです。

 

31063001 (46).JPG

他にも 見た事のない機械設備や切削工程など、すごく面白い

場面が一杯あったんですが画像NGのものも多く、残念ですが

この辺で終わりにしたいと思います。

 

 

いやぁ~  かれこれ3時間は 工場案内されてましたかね~・・・

 

結構 つかれましたわ  (^^ゞ

 

 

 

31063001 (21).JPG

既に時刻は 夜の7時を回っているのに、ドイツもサマータイムで

まるで昼間のごとし・・・

 

トビアス自ら 車で一緒に案内してくれた建物は ペンション風の

きれいなホテルでした。

 

31063001 (2).JPG

ホテルの宿泊段取りまでしてくれて、大変感謝・・・♪

 

明日、ヴォスナー40周年パーティーが開かれる事は もちろん

事前に知らされていましたが、残念ながらすぐイタリアに戻って

新たにもう一つ訪問すべきメーカーがある為、一泊しか出来ず。

 

「それなら今晩だけでも 一緒に食事をしよう!」と、トビアスが

気配りをしてくれたんです。

 

31063001 (22).JPG

明日の40周年パーティーに出席するヴォスナーファミリー達が

先着で10人ほど既に到着しており、ちょっとした前夜祭に・・・

 

31063001 (23).JPG

ドイツらしく、みんな揃ってビールでスタート!

 

予定してなかった晩餐に招待され 飛び入りでの参加だったせいか

NOBLEST社はどんな会社?    会社は日本だけなのか?  と

質問攻めに・・・ (^^;)

 

31063001 (24).JPG

イギリスのエージェント、南アフリカのエージェント、そして

USAはもちろん、台湾やシンガポールのエージェント達もいて

場はにぎやかに・・・

 

明日はもっと大勢来るでしょうから、すごそう・・・ (;^ ^A

 

31063002 (21).JPG

和やかな晩餐でしたが、皆それぞれ 仕事を大切にしているのが

英語での会話でも十分伝わって来ましたね。

 

今は良くても この先どうなって行くのか・・・

それを気に掛けてない方は 一人もいなかった様に思います。

 

31063002 (22).JPG

ちなみに一番気があったのが、こちら 台湾の林さん。

 

彼はまだ40代前半と若いのに立派な経営者で、相当なやり手・・・

新しい時代の訪れと化石燃料エンジンの未来について、1時間以上

語り合ったんです(お互い 酔っぱらってましたが・・・)

 

しっかり現実を見ており 自分に都合よい解釈をされてないなぁ と

感心しまして 「こりゃ 気が合うわ ♪」と 思いました! (^_-)-☆

 

「林さん!  謝謝!  再见!」

 

 

31063002 (23).JPG

やっと陽が沈み、夜になりました・・・

 

明日は朝から高速で イタリアまで戻らねばならないのに

気が付けば いい時間。

 

でも、晩餐会は とても有意義な時間でしたよ・・・

唯一 心残りなのは、ソーセージを食べれなかった事かな  (^^;)

 

 

次回(最終回)です。

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.