Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

RCM-494 Z1‐R 間もなくです!

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

少し前にホームページで「製作中」のご紹介をしていた Z1‐R

RCM-494ですが、福岡県在住 Y・Tさんの元へと嫁ぐ事が

決まり、それからずっと 製作が続いていたんですが・・・

 

31091201 (2).JPG

その製作模様を 中々ブログでお見せする事が出来なかったので

今回少しだけ ご紹介をさせて頂きます!

 

ちなみに皆さんのマシンを なるべく沢山お見せしたいと、日夜

がんばっているんですが、私中村  だいぶ限界も近く  (;^ ^A

 

出来れば 足しげくご来店できない 遠方の方を優先して、ブログ

更新しておりますので、何卒 ご理解を頂ければと思います。

 

31091201 (3).JPG

さて、話はRCM-494の方に戻りますが、パウダーコート

されたフレームに前後足回りを装備し、電気系統など各装備の

取り付けをしていたのは 2ヵ月程前の事・・・ 

 

この段階で、Y・Tさんの 目にとまり・・・

 

31091201 (10).JPG

エンジンの組み立て  取り損ねたっ!  Σ( ̄□ ̄|||) ウッ     と

青ざめたのが、2週間ほど前の事・・・

 

スペックをご説明しますと、イタリア流通ヴォスナーピストンを

用いて 1mmオーバーサイズでのボーリングを敢行・・・

シリンダーヘッドは焼結合金製 オーバーサイズバルブガイドを

用いて交換し、シートリングカット加工で燃焼気密性を健全化。

クランク芯出し、クラッチハウジング交換、ミッションドック

クリアランスのシム調整など、精密内燃機作業オールのコースで

更にサンクチュアリーオリジナルの クロモリシリンダースタッド

ナットや アイドラーオールワンパッケージと言った、いわゆる

対策パ-ツを組み込みした ライフパッケージとなっております ♪

 

1画像に説明を全て集約しまして、恐縮な限り  <(_ _)>

 

31091201 (1).JPG

マスターシリンダーは定番 「もうコレ 絶対必要でしょ!」 の

Brembo製 ラジアルポンプ!

 

ブレーキ側も当然 Brembo製ラジアルで、ロングツーリングや

ワインディング走行において 最良の効果を発揮してくれるのは

間違いありません (^_-)-☆

 

31091201 (5).JPG

ホイールもこれまた 今や世界最高性能を誇る イタリア O・Z!

 

世界選手権 Moto‐GPや ワールドスーパーバイクマシンが採用する

ホイールですから、名前や見た目ではなく あくまでも走行性能を

重視したチョイスです。

 

31091201 (9).JPG

メーターには カワサキ純正のデジタルタイプを流用しました!

液晶の美しさもさながら メーター本体の軽さが素晴らしい逸品で

同じZ1‐R同士で乗り比べしたら 全然違う そのハンドリングに

驚く事でしょう!

 

最後にメーター内に装備されている 油温計機能を作動させるべく

別売りのセンサーを取り寄せて 配線を結線しております。

 

31091201 (6).JPG

油圧クラッチプレートは、ナイトロレーシング製の Z用新型!

 

このクラッチレリーズプレートが 中々の便利ものでして・・・

 

31091201 (7).JPG

覗き込んで行くと、サンクチュアリーメカブランド製の23mm

オフセットスプロケットがあるんですが・・・

 

31091201 (8).JPG

見ずらいですが 画像の中央ちょい左、わかります?・・・

先ほどの 液晶スピードメーターを作動させる 速度センサーが

コンパクトな別売りステーで ボルトオン固定されているんです。

 

オプションで簡単に取り付けられて すぐ作動させられますから

本当に助かっております ♪

 

31091201 (4).JPG

本日の時点で 検査登録も完了し、いよいよ明日は公園撮影!

車検証とナンバープレートが来たら ETCを取り付けし、最後の

ロードテストへと移行します。

 

このところ Z1‐Rもめっきり減ってしまって、入手への厳しさは

ますます加速して行くと思いますけど、1台でも多く Z系RCMを

造りたいと思ってますんで、皆さん引き続き ご注目して頂ければと

思います。

 

 

Y・Tさ~んっ!

 

カウントダウンに入りましたんで、あと少し お待ち下さいね~!!

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.