Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

RCM-494 Z1‐R カウントダウンです!

こんばんは、サンクチュアリー中村です。

 

ここ数ヵ月間 新しいRCMのオーダーが多く、4月から半年間で

数えたら18台ものオーダーを頂いておりました・・・ (;^_^A

 

凄いのはその18台が全部、空冷Z系RCMであると言う事で

皆さんが如何に Z系RCMに強く興味を持って頂けているのかと

言うのがわかります。

 

そして 春にオーダーを頂いたZ系RCMが、ここに来て何台か

完成して来ており・・・

 

しばらくの間 納車ラッシュが続くと思いますが、今回ご紹介する

RCMー494は 福岡県在住 Y・T さんの元へと嫁ぐ Z1‐R。

 

 

ご紹介しましょう。

 

 

31091801 (2).JPG

RCM-494 Z1‐Rです。

 

31091801 (13).JPG

空冷Z系の中でも そのスタイルが異端の存在、Z1‐R・・・

 

中村自身 フルノーマルZ1‐Rを購入して 長年手を加えて来た

経緯があり、ノーマルの動性能が如何に厳しい車両かと言うのを

痛~いほど よく知ってますから、RCMオーナーさん達には

今更あの 苦い経験をして頂きたくないと思ってます  (^▽^;)

 

31091801 (9).JPG

Z1‐Rらしさでもある、これぞⅠ型と言う13リッタータンクは

ビーター製アルミタンク。

 

31091801 (8).JPG

シートは RCM Z1‐Rに多く採用されている、幅狭タイプの

NITROレーシング製 シートをチョイス。

 

Z1‐Rらしいシルエットを崩さず 足つき性を改善しています。

 

31091801 (11).JPG

エンジンはフルブラックで ノーマルとはひと味違う雰囲気・・・

耐久性に配慮をしたライフパッケージですが、ハイコンプ仕様の

イタリア流通ヴォスナーピストンを始め、ASウオタニSP‐Ⅱと

NITROレーシング製 チタン手曲げフルEXとのマッチング効果で

扱い易いトルク特性を実現しており、ステージを選ばない 十分な

走破性を発揮!

 

31091801 (10).JPG

メーターも軽量なオールインワン、純正流用の液晶デジタル式を

採用し、ノーマル4連メーター車両と乗り比べたら もう劇的に

違いを体感できる ハンドリング!

 

この軽い ナチュラルなステアリングの世界観だけは、体感して

頂かないと、ど~しても わからないんですよね~・・・ (^^;)

 

31091801 (12).JPG

前後17インチホイールシャシーは、見た目よりもノウハウを

必要とします。

 

31091801 (1).JPG

20年も前なら ただ取り付けただけでも評価された時代でしたが

今はキッチリよく走る性能が ついて来ないとダメな時代・・・

 

17インチホイールシャシーは、車体ディメンション設定が命で

フロントなら ステアリングステムとフロントフォークの寸法&性質。

リアはスイングアームの長さと リアサスのレイダウン角度が重要で

 

31091801 (5).JPG

構成パーツの性質と フレームジオメトリのバランスが整っていて

始めてよく走るもの・・・

 

只17インチホイールにしただけと言うのは とにかく癖があって

もの凄く乗りにくいものなんです・・・

 

31091801 (3).JPG

簡単そうに見えるかも知れませんが、RCMは沢山のノウハウを

積み上げて 造られているマシン。

ましてやZ1‐Rの場合、Z‐1やMK‐Ⅱより ネガな面を持った

素材ですから、シャシーバランスを追求する事は 必須課題・・・

 

もちろん、きちんと製作された17インチシャシーZ系RCMが

如何によく走るかは、もうご説明の必要もない事かと思います。

 

31091801 (4).JPG

ここ最近Z1‐Rも いよいよ数が減って来ましたから、これから

増々手に入りにくくなる事は 間違いありません・・・

 

せっかく手に入れた 空冷Zなんですから、しっかり造り込まれ

元気に走るマシンにしてあげたいですよね  (^^ゞ

 

 

Y・T さ~ん!

 

来週 BASにお持ち込みしますので、納車までカウントダウン

あと少しだけ お待ち下さいね~!!!

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.