Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

ゼッケン39 最後の挑戦 (その15)

ゼッケン39 最後の挑戦(その15)

 

タイトルにある 最後の挑戦・・・

 

時々だが「これが最後のレースなんですか?」と 聞かれる事がある。

 

 

「最後の挑戦」と 決めて臨んだレースだから、これを最後にと言う

想いは本当であり、2002年から始まった サンクチュアリー本店

歴代 Zレーサー 1号機 → 2号機 → New1号機の 空冷Zにおける

一連の活動に終止符を打つべき Zレーサー3号機が 空冷Zレーサー

最終走者である事に間違いはない。

 

 

空冷Zでのレースと言う点においてであるから 「じゃあ いつの日か

水冷マシンでやるんですか?」 と言う問いに対しても、現時点では

白紙と言うのが本音。

 

 

31100201 (118).JPG

今は 空冷Zと言うキ-ワードに、全てがある事は確かである。

 

 

 

普段のブログで 相変わらずZ系RCMの問い合わせが切れない、と

お伝えしてますが、実際今年の1月から9月だけでも 20台以上の

Z系RCMオーダーが入っており、その半数の方が50歳以上・・・

 

皆さん何故か 口を揃えた様に語る

「10年経てば60歳すぎだし、その頃さすがに元気に乗れるか

自信がないから、今の内にやりたい事を実現するんだ」 と・・・

 

31100501 (46).JPG

そんな言葉を耳にしすぎた訳ではないが、空冷Zでのレースは

これが最後なんだろうな・・・       と、感じていた。

 

31100801 (2).JPG

時代背景を考えたなら、当然の事ながら ガソリンエンジンでの

レース自体が、今よりもっと衰退して行くだろうし・・・

 

近い将来、否応にも避ける事ができない そんな時代を直前に迎えて

これで やリ残した事はない・・・           後悔もないと。

 

そんな想いを込めて名付けた、最後の挑戦と言うタイトルでした。

 

 

 

 

31100501 (15).JPG

國川浩道とは、数年前に一度会った事がある・・・

 

イタリア O・Zレーシングホイールの総輸入元と言う立ち位置から

鈴鹿8時間耐久レースに絡んで、確か7~8年前に サポートしてる

某チームのライダーとしていたのを よく覚えていた。

 

31100501 (25).JPG

実は彼 本来のゼッケンナンバーは〝92” なのだが・・・

 

31100501 (66).JPG

サンクチュアリー本店レーシングチームで走る事が決まってからは

伝統のゼッケン〝39” をつけて走る事を、快く承諾してくれた。 

 

31100501 (96).JPG

そんな好青年である 國川浩道をライダーに迎え、延べ3度目となる

今回の練習走行で初めて 彼の焦燥感が表に出て来た。

 

31100501 (72).JPG

イラついたかの如く 軽く火がついた様な印象で、最後の走行を

迎えた時、残された時間がない緊迫した状況に ついに隠していた

資質を見せている・・・

 

溢れんばかりの闘志を隠しているのが よくわかる乗り手なだけに

紳士に振る舞う好青年な彼ではなく、もう一つの彼の姿・・・

ベタな言い回しだが、野獣の様な彼本来の闘志を ほんの少しだけ

垣間見れたのだ。

 

31100501 (10).JPG

むき出しの闘志

 

國川のそんな姿を目の当たりにし、まるで子供が楽しみにしていた

格闘技のタイトルマッチを見るかの如く、胸が高まってしまった。

 

31100501 (141).JPG

いかん、いかん

 

彼の闘志に火をつけた原因が、そもそもレーサーのセットアップに

予想以上の遅れが出ている事なのだから、ここは喜んで良い所では

ないと すぐに反省。

 

31100501 (108).JPG

この日はやっとサスまで辿り着けたのだから、成果もあったが・・・

 

未だ発展途上が続いている事に変わりはなく、至って厳しい状況に

希望的な進展は見えない。

 

31100201 (41).JPG

何と言ってもエンジンを 計画していた仕様に持って行きたいのだが

これが予想以上に険しい道のりで・・・

 

31100501 (59).JPG

スペアのノーマルシリンダーヘッドから脱却できないジレンマに

腹立たしさを感じていた。

 

31100201 (46).JPG

車体のセットを進めなければならないから、攻めのセッティングに

持って行きたいのだが・・・

ツインプラグ化していない フルノーマルのシリンダーヘッドが故に

点火時期はこれでもかとばかり遅らせ、加えて燃調も空燃比ベースで

相当濃い状態にしてあるから、臨んだパワーには ほど遠かった。

 

31100201 (39).JPG

PAMSの竹部さんも、居ても経ってもいられなかったのか

わざわざ時間を作ってまで アドバイスに駆けつけてくれる・・・

 

貴重な時間をさいて応援してくれる姿勢に、感謝の言葉もない。

 

31100501 (16).JPG

様々な角度から検証したマップを、更に実走行で磨く・・・

 

メカニックの考えにライダーの感性が加わって 徐々に仕上がって

行くのだが、気がかりなのは ここまで時間と尽力を費やしても

結局今はノーマルシリンダーヘッドでの燃調だから 最後にはまた

大きく変わってしまうのではないかと言う、虚しさがあった。

 

 

31100501 (149).JPG

よもやこの時点で、未だパワーユニットが決まっていないとは・・・

 

 

混走レースなのだから、水冷最速クラス ハーキュリーズマシンとの

勝負を意識する事はないのでは・・・ とも言われたが、見ている者に

とっては一緒に走っているのだから 空冷と水冷の 隔たりはないはず。

 

同じレースとして 見ているのだろうから。

 

 

 

 

31101401 (3).JPG

だが そんな矢先、本番用のシリンダーヘッドに絶望する。

 

 

31101401 (4).JPG

どこか 焦っているのだろう・・・

 

 

31101401 (1).JPG

ダメだ・・・          一つ止めても、また一つ 出て来る。

 

 

このヘッドへの執着を 捨てよう・・・

 

 

11月10の決勝まで25日程しかないが、新たに3個目のシリンダー

ヘッドを 今からでも用意すべきと判断。

 

それが間に合うかは、わからない。

 

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.