Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

年内納車目指して!RCM-506 MK‐Ⅱ!

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

お父さんが RCM-295 Z‐1のオーナー でもある、秦野市在住

H・Aさんからオーダーを頂いた、RCMー506 MK‐Ⅱ・・・

 

31110101 (2).JPG

少し前に車体を立ち上げまして 現在はだいぶ形になっております。

 

実は 今年の春から秋にかけて、RCM MK‐Ⅱの問い合わせが

やたらと多く、かなりの台数 オーダーが入りました・・・

 

オーダー入るのは とてもありがたい事なんですが、安価な価格で

ご提供できる MK‐Ⅱのベース車が もうほとんど無くなってしまい

正直この後 MK‐ⅡのRCMに関しては、どうしたもんかなと 言う

状況になっております  (-_-;)

 

31110101 (3).JPG

H・Aさんも お父さんに相談し、随分 悩まれたご様子でしたが

どうしても妥協できなかったみたいで 一念発起されてオーダー。

 

なれば! と 最高のマシンに仕上げるべく、担当メカの佐々木も

頑張っておりましたが 3号機レーサーのピット作業に従事してる

時間が長くなって来た事から、遅れを取り戻すべく 合間に集中!

 

31110101 (4).JPG

まだ足回りパーツが全部そろってない事から、手始めに電装系を

コンプリートさせてしまうやり方を取りました。

 

31110101 (5).JPG

自分がZレーサー3号機のエンジンを作業している すぐ右隣で

わき目もふらず せっせと組んでおります。

 

横で、鼻息フンフン言わせながら 集中しておりましたが・・・

 

うぅ~~~~む

 

何か  やだな・・・   (--〆)

 

31110101 (6).JPG

でもお陰で、画像の撮り損ねは 防げましたね ♪

 

こっちも油まみれで作業してますから、付きっ切りでパシャパシャ

撮れはしませんが それでも要所要所の画像は撮れました!

 

31110101 (7).JPG

ピストンには イタリア流通ヴォスナーの、1mmオーバーサイズ

φ71をチョイス・・・

 

1mmオーバーと言うと いわゆる、オーバーホール用のイメージが

強いですが、圧縮比が 10.8:1と ハイコンプ系のスペックな事から

予想以上のトルクアップ&ハイレスポンス化を実現しています。

 

31110101 (8).JPG

要のシリンダーヘッドは、もちろんキッチリ 精密内燃機加工を

施してあります。

 

31110101 (10).JPG

サンクチュアリーメカブランド EK強化カムチェーンは、リンク

本体の強度を上げつつも フリクションを低減させた優れもの・・・

 

タイミングパーツ アイドラーオールワンパッケージは、画像では

見えませんが テンショナーにノーマルのゴムローラーと同等の外径

サイズ15Tを採用しており、組み付け時 カムチェーンが最初から

張ってしまう様な事がない 寸法になっております ♪

 

31110101 (11).JPG

今回カムはノーマルですが 非常に状態がよく、ヘッドの構成を

ベストコンディションにしてありますので 扱いやすく、調子の

良いフィーリングに仕上がる事でしょう  (^_-)-☆

 

31110101 (1).JPG

ヘッドカバーを取り付けて、エンジン コンプリート!

 

この後 佐々木は、早速エンジンを搭載すべく フレームに養生を

張っておりました・・・

 

佐々木がいなくなった エンジン作業室は・・・

 

う~~~~~ん

 

広い   ( ̄▽ ̄)スッキシ

 

 

 

H・A さ~んっ!

 

12月半ば 過ぎるとは思いますが、年内納車いたしますんで

楽しみにお待ち下さいね~~~っ! (^^)/

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.