Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

RCM-504 Z1-Rです!

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

32010801 (18).JPG

昨年末に訪れたスタジオにて、RCM-442 Z-1を撮影しましたが

その時もう一台撮影したマシンがありまして、少し時間が開きましたが

遅ればせながら お見せ致します。

 

32010801 (1).JPG

カメラマンはおなじみの 富樫さん。

 

 

 

それでは ご紹介しましょう。

 

 

 

 

32010801 (2).JPG

RCM-504 Z1-Rです。

 

32010801 (11).JPG

既にサンクチュアリー本店のホームページでも 同画像が掲載されて

いる このRCM-504は、自分達サンクチュアリーのスタッフ

主導の元に製作された RCM・・・

 

一部パーツに新古品を用い、通常よりも安い価格で販売しているのが

最大の魅力で、現在 ¥4,650,000(税別)にて ご紹介しております。

 

 

32010801 (3).JPG

エンジンは扱い易さと耐久性に重点を置いた、ライフパッケージ。

 

それでも ナイトロレーシング チタン手曲げフルEXと、TMR-MJN

キャブレター、ASウオタニ SP-Ⅱの組み合わせで、トルク&パワー

共に 充分なフィーリングを実現。

 

32010801 (13).JPG

オイルク-ラーKITは、フルフローティングラバーマウント固定式で

EARLSラウンドコアを固定する、ナイトロレーシング製。

ステーのクラック対策を施してある逸品で、画像では見えませんが

オイルライン取り出し口のブロックも 削り出しの物を採用しており

現行企画のオイルプレッシャースイッチと 油温センサーを取り付け

できる 隠れた優れものなんです。

 

32010801 (10).JPG

SCULPTURE製 タイプⅢトップブリッジに、デイトナ製 セパレート

ハンドルの組み合わせで、スポーツライディング志向の視界エリア。

 

メーターは純正流用 液晶デジタルオールインワンで、薄い樹脂製の

ボディは 持ってみれば思わず驚く その軽さ・・・

 

Z1-R最大の泣き所である マスク回り重量を徹底的に軽くする・・・

動性能を本当に追求するなら 確実に効果のあるメニューですよ。

 

32010801 (6).JPG

タンクはビーター製 エアープレーンキャップ式 アルミタンク・・・

 

タンクエンブレム等は、中村自ら 位置を見て貼っているんですが

こう言っては何なんですけど、世の中 何となく曲がって貼ってある

マシンが多く、それが ど~~~しても許せず 自ら貼ってます・・・

 

1mm・・・      1度・・・        エンブレムの位置は 絶対に大事。

こう言うのって実は【絵心】の才が必要でして、本店のRCMは全部

中村のOKがなければ 納車してないんです!  (^^;)

 

32010801 (14).JPG

シートは廃番になってしまった、RCMコンセプトシート・・・

 

これ 今だに時々問合せを頂くんですが、何分にもベースの型がへたり

現車合わせで 擦り合わせしないとならない為、販売中止にしています。

 

幅がスリムで足つき性がとても良く 人気のあるシートでしたが、今は

RCM専用にワンオフで用意している事、ご理解頂ければと思います。

 

32010801 (12).JPG

足回りは いつもご説明しております、世界のトップメーカーだけに

拘った 最高峰品の組み合わせ。

 

OHLINS製 前後サスペンション & O・Zレーシング製ホイールと

世界選手権 Moto-GPマシンに採用されている メーカー品で構成。

 

トップレーシングマシンに採用されるパーツと言うのは 名前ではなく

当然ながら その性能を評価されての採用ですから、パーツグレードは

月並みなものではありません。

 

32010801 (8).JPG

リアスイングアームは自社製オリジナル SCULPTURE製・・・

 

自社製オリジナルと言う位ですから サンクチュアリーで図面作成し

Z5X(7N01と同じ規格)材の 目の字断面アーム本体角パイプも

自分達の本体ノーブレストが自社で型を用意し 押出しから製鋼して

組み立てのみ 古い知人の職人に頼んでいると言う逸品・・・

 

お陰様で こちらも人気の製品なんですが、何せ製造が追いつかず

常に在庫薄でして、納期でご迷惑をお掛けし申し訳ありません。

 

32010801 (15).JPG

ちなみにブレーキキャリパー&マスターも、先ほど同様 世界選手権で

採用されている Brembo製・・・

 

アレーグリブレーキホースも そうですね、これも世界基準ものだから

どこに行っても胸を張れる、そんな仕様のマシンになってます ♪

 

 

32010801 (7).JPG

実際 ¥4,650,000と言う価格が、安くない事はわかっておりますが

細かく見積もりを算出すると 本当は ¥5,000,000以上の車両価格に

なるんです。

 

たぶん、理解してくれてる方も沢山いると思いますので 言いますが

高いけど 本当はすごく安いはず・・・

 

32010801 (17).JPG

空冷Z系マシンが とにかく枯渇してしまい、ベース車価格が以前の

様な値段だったらだいぶ違うんですけど、こればかりは むしろ逆に

まだ値上がりして行ってる感があるんで、今はこれが精一杯・・・

 

お得かどうか、皆さんのご判断にお任せ致します  <(_ _)>

 

 

 

32010801 (4).JPG

製作担当は 中村&湯浅のコンビ!

 

でも マシン全体の仕様は、ほぼ全部 中村の趣味です  (^^;)

 

32010801 (16).JPG

ちなみに現在 サンクチュアリーコウガ店からオーダーが入っている

RCM-512 Z1-Rは、このRCM-504のアップハン仕様で

製作したいと ご依頼を頂いたもの・・・

となればイチから製作する事になるので、各部パーツの色や 外装の

カラーリングなど お好きなのを指定できるし、価格もこの504に

若干のプラスで出来ますから、そんなパターンもお得だと思います。

 

 

 

 

32010801 (9).JPG

見た目はもちろん、ロードバイクとしての動性能だって 乗ればわかる

かなりのもの。

 

これも毎回言っておりますが、バイクは何と言ってもバランス・・・

 

バランス良いかは そのバイクの立ち姿を見ただけで意外にわかるもの。

 

そして17インチホイールマシンを製作する上で レース活動は欠かす

事のできない とても大事な要因・・・

 

レースでのノウハウって、本当に大きいんですよねぇ・・・

 

 

 

 

クラフトマンシップ RCM-504 Z1-R。

 

現在 本店のショールームにて展示中ですので、ご興味ある方は ぜひ

見て頂ければと思います。

 

現車は画像よりも グッと来ますよ ♪

 

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.