Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

このあと福岡へ!RCM-496 MK-Ⅱ!

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

2018年の夏に始めてご相談頂き、その年の秋から製作を開始・・・

 

ご予算を用意する関係もあって、最初から1年以上かけて製作を!と

希望された 福岡県在住のオーナー T・Mさんでしたが、途中なんと

福岡から車自走、しかも下道でご来店と言う 強者・・・  (^^;) 

 

それでも気が付けば、製作開始から早や 1年半近くが経過しまして

ようやく完成を迎えました。

 

 

それではご紹介しましょう。

 

 

 

32011601 (2).JPG

RCM-496 KZ1000MK-Ⅱです。

 

 

32011601 (11).JPG

デイトナ製セパレートハンドルに SCULPTURE製ステム タイプⅢを

組み合わせた、ロードスポーツモデル志向・・・

 

32011601 (6).JPG

ナイトロレーシング製のカーボンアンダーカウルにペイントされた

SANCTUARYロゴは、オーナー T・Mさんからのリクエストで

「結構 いいね!」と、回りからは上々の評価でしたね ♪

 

 

32011601 (16).JPG

エンジンには T・Mさん 拘りのメニューにて、力を入れてます。

 

32011601 (15).JPG

定評あるDM社製 6速クロスミッションに、サンクチュアリーコウガ

オリジナル EVOシステムのコンビネーションで、高強度・高剛性な

デュアルベアリング構造のホールド効果も含めて ギヤ抜け知らず・・・

シフトフィールも 軽くて確実と言う、Zレーサー3号機にも採用した

サンクチュアリー推奨のKITを組み込みました。

 

 

32011601 (8).JPG

足回りも RCMは最高峰。

 

32011601 (5).JPG

イタリアから、O・Zレーシング製ホイールに Brembo製ブレーキ

スウェーデンは OHLINS製サスに、日本のSUNSTAR製ディスクと

クオリティー世界最高水準、高級レーシングメーカー品だけで厳選。

 

Moto-GPマシンと同じメーカーパーツである事・・・

この独特のオーラも、RCMを成り立たす上では大事な要因なんです。

 

 

 

32011601 (4).JPG

今回のこの RCM-496・・・

これまでのRCMとは 何となく雰囲気が違うの、わかりますか?

 

32011601 (9).JPG

RCMでは少数派であるラップ塗装に オイルクーラーホ-スに

追加されたサーモスタットなど、このRCM-496 MK-Ⅱには

オーナーリクエストが加わって、何となく違って見えるんです。

 

32011601 (18).JPG

それでも ブラック重視の色使いなせいか、全体的に引き締まって

リッターカスタムマシンの高級感を失う事なく、カッコいい (^^)/

 

 

32011601 (7).JPG

MK-Ⅱの魅力を上手く引き出してる カスタムだと感じましたね ♪

 

 

32011601 (3).JPG

もう本当に・・・       めっきり入手が厳しくなった 空冷Z・・・

 

オーナー T・Mさんも それをとても気にしており 「どのみち先々

買うなら 今の内に」 と、考えられた様でした・・・

 

結果、長期製作コースとなりましたが、それでもこうして納車が

近くづいてくると、ワクワク感はマックスなんだと思います (^^)

 

夢の実現を お手伝いさせて頂き、自分達も良かった!

 

 

 

 

T・M さ~んっ!

 

昨年すでに登録を完了してますから、この後は最後の作業を施して

ロードテストの運びとなります。

 

まだもう少し時間を頂きますが、この春 いよいよ納車になるので

楽しみにお待ち下さいねーっ!!!

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.