Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

イギリスからの依頼! RCM‐513 Z1 (Part-2)

こんにちは、サンクチュアリー本店の中村です。

Hello Everyone! I am Nakamura, representative director of Sanctuary’s headquarters.

 

イギリスのTonyさんから製作依頼を頂いた RCM‐513 Z1

(Part-2)です!

This is RCM-513 Z1 (Part-2) requested by Tony in the UK!

 

 

32011001 (3).JPG

フレームへの補強開始!

まずは一つひとつ 丹念に材料を加工、この工程が重要です。

Start reinforcement of the frame!   We will begin by carefully processing each material.

 

32011001 (4).JPG

丁寧に溶接をして行きます。

We will weld carefully.

 

32011001 (6).JPG

油圧プレスで型押し製作したガセットプレートには、捲り穴加工

バーリングホールが施されています。

Drilled hole burring is applied to the gusset plate produced by stamping with a hydraulic press.

 

32011001 (5).JPG

溶接後にフレームが変形しない様、必ず専用治具を取り付けてから

溶接をします。

Weld with a special jig to prevent deforming of the frame caused by welding.

 

32011001 (8).JPG

こちらは先程のガセットプレートを 2枚向かい合わせた補強。

同様にバーリングホール加工がされていますね。

This is a reinforcement that combines two gusset plates. This is also processed by burring.

 

32011001 (10).JPG

続いては、リアサスペンションの取り付け位置を変更するレイダウン。

Next is a laydown to change the mounting position of the rear suspension.

 

32011001 (9).JPG

こちらも専用の治具を取り付けて 正確な穴あけ加工を施します。

A dedicated jig is attached to perform accurate drilling.

 

32011001 (11).JPG

サスマウントブッシュも、そのまま専用治具を用いて挿入固定し・・・

Suspension mounting parts are also inserted using a special jig ...

 

32011001 (1).JPG

治具で固定したまま 溶接して行く。

ここまでやらないと、まず正確な加工は 出来ていないものです。

and welding while fixing with a jig. Otherwise, it can not be processed accurately.

 

 

イギリスのTonyさん!   間もなくフレーム加工が終わりますので

次回はパウダーコートされたフレームとエンジン、お見せしますね~!

Tony from England!  The frame processing will soon be over, so next time we will show you the powder-coated frame and the engine before painting!

 

 

To Be Continued

 

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.