Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

大阪 M・Oさんの RCM-543(その2)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

昨年からの作業に追われ 早くも全開走行のサンクチュアリー本店。

 

お問い合わせも含めて、朝から晩まで引っ切り無しの日々が 既に

始まっております(苦笑)

 

特に空冷Z系RCMに関する問い合わせは、まるで色あせる事なく

「いつかは!」と 心に決めていたものが 爆発してる感じ?・・・

 

空冷Z系は「買いにくい」から 「買えない」の時代に入りつつあり

その辺り皆さんも 実感されてるんでしょうね・・・

 

 

 

 

大阪府在住 M・Oさんも、すっごい悩んで決意された お一人 (^^;)

 

 

RCM-543 MK-Ⅱ(その2)です!

 

 

32010701 (4).JPG

昨年後半に戻って来ていた、パウダーコートフレームを開梱し

これより車体の立ち上げに入りたいと思います。

 

32010701 (5).JPG

全てのネジ穴にタップを通して、前後足回りパーツをスタンバイ。

 

ステムや スイングアームすり合わせに入る前に・・・

 

32010701 (6).JPG

シリアルナンバープレートに ポンチで番号を打ち込んで・・・

 

32010701 (7).JPG

20年に渡り繋がって来た連番、シリアルナンバープレートを

フレームに固定しました!

 

正真正銘、RCMの証ですね。

 

 

32010701 (2).JPG

一方でエンジン鋳造部品も サンクチュアリーレッドイーグルから

納品されています。

 

レッドイーグルでは昨年から ガンコートを設備導入したんですが

仕上がりがとても良いし、エンジンをよく理解してくれているから

ブラストのあて方や 塗り分け等に、配慮あるのが見て取れる ♪

 

見落としてたクラックや その他 気になった部分などが見つかると

一端手を止めて連絡してくれるのも ありがたいんです  (^^)/

 

32010701 (3).JPG

大丈夫なのが確認できた所で、ここからは精密内燃機工程へ・・・

 

クランクシャフトは既に芯出しが完了してますから シリンダーの

ボーリング&上面研に、ヘッドはオーバーサイズのバルブガイド

入れ替えとシートリングカットに 下面研を施します。

 

32010701 (10).JPG

精密内燃機加工が仕上がるまで 少し時間が掛かる間、車体の方を

サクサクと進めて行きましょう ♪

 

前後ホイールは ひと先ず転がし用の仮り組みにて、SCULPTURE製

ステムKITに OHLINSブラックフォーク エクスモードパッケージを

取り付けます。

 

32010701 (1).JPG

こちらも同じく SCULPTURE製、17インチワイドホイール専用

スイングアーム・・・

 

ニードル&ボールベアリング 二重構造ピボットの左右ディスタンス

センターを出したら、リアサスマウント溶接の工程へ・・・

 

32010702.JPG

トルクロッドマウントの溶接まで終えたら、ブラックコーティング

工程へと 一端旅立ちます。

 

32010701 (9).JPG

そして、こちらもペイントされて来た O・Zレーシングホイール

アルミ6本スポーク GASS RS-A!

 

ゴールドにペイントされた GASS RS-Aは、初めて見たかな~?

 

いわゆる金ピカではない、ノスタルジックなゴールド!でと言う

リクエストでペイントしましたが、外装のカラーリングもノーマル

ネイビー系となる為、ストライプラインの金と 色合いが似ていて

上手くマッチングしそう  (^^)v

 

 

 

大阪の M・O さ~んっ!

 

2月中旬完成目指して、これからバリバリ 進めますからね~っ!!

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.