Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

コウガ店へ!RCM-512 Z1‐R!(最終回)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

 

サンクチュアリーコウガ店を窓口に 本店へとオーダーが入った RCM。

 

本店で製作し コウガ店で納車になると言う、滋賀県在住 M・Oさんの

RCM-512 Z1‐Rを お見せ致しましょう。

 

 

それではご紹介します。

 

 

 

 

32011902 (2).JPG

RCM-512 Z1-Rです。

 

 

 

32011902 (8).JPG

最も印象的である外装のペイントは、オーナー M・O さんからの

リクエストで、4輪車の純正色を用いたもの・・・

 

4輪の純正色は 中村も「この色 いいなぁ~」と 魅きつけられる色を

見る事があります!

 

でも過去、それを実際にやって見ると 思ったイメージになってない

事もあったりしまして、バイクの外装形状に4輪の外装色は、実際に

やってみないと何とも言えない所があるんです・・・

 

それでもRCM-512は 光のあたり方により色んな顔を見せており

個性的で 美しいカラーリングに仕上がってますね!  (^^)v

 

32011902 (9).JPG

型の消耗から量産が難しくなってしまった ナイトロレーシング製

Z1-R用 RCMコンセプトシート・・・

 

着座部の幅が狭くなっている事から 足つき性が良く、シャープな

スタイリングが Z1-Rによく似合うシートです ♪

 

 

32011902 (3).JPG

以前にも書きましたが、このRCM-512は 現在ホームページの

RCMクラフトマンシップ欄にて販売している、RCM-504を

モチーフに製作したマシン・・・

 

最初に地元の、サンクチュアリーコウガ店に行かれた M・Oさんが

本店クラフトマンシップにあるRCM-504を購入したいと言う

事でしたが 聞けば「アップハンドルにリメイクしたい」と ご希望で

「それなら504と同じ仕様 同じ金額でアップハンドル車を新たに

造りますよ!」となって、このRCM-512は 誕生を致しました。

 

 

32011902 (7).JPG

セパレートハンドルとアップハンドルの違いこそあれ、メーター

回りは モチーフとなった504と全く同じ仕様・・・

 

純正流用 液晶デジタルメーターは メインスイッチをONにすると

かなり心躍るものがあり、元々装備されてる油温計や燃料計なども

きちんと繋げ機能する様にしてますからオールインワンで全て表示

されると言う、皆さん 非常に喜んでくれるメーターです (^^♪

 

32011902 (12).JPG

SUNSTAR RCMコンセプトディスクの、フローティングピンのみ

ゴールドアルマイト仕様に変更・・・

 

その他は Brmbo製 CNCラジアルマウントキャリパーまで含めて

全てRCM-504と 同じスペック。

 

32011902 (10).JPG

SCULPTURE製リアスイングアームに ブロックピースタイプの

スタビライザーを溶接し、ブラックコート仕上げしてあるのも

RCM-504と同じ仕様ですね。

 

32011902 (6).JPG

異なる部分としては リアショックを OHLINS製ブラックラインに

変更し、リアマスターシリンダーとクラッチレリーズシリンダーの

ボディを分解し ブラックコートしている点・・・

 

この辺りの仕様変更は基本、最初に予定していたパーツ代の差額や

若干の工賃プラスだけでアップグレード対応しています。

 

32011902 (11).JPG

最近リクエストの多い、TMR MJN DSFキャブレターのアルマイト。

 

RCM-504と同じコーディネートですが、外装のカラーリングが

違う事で、こんなにもイメージが変わって来るんですね~  (>_<)

 

 

 

 

32011902 (1).JPG

立ち姿、どうです・・・                    カッコいいでしょ ♪(笑)

 

中村はどのZ系RCMも、全部カッコいいな~と 思ってるんですが

見て良いなと感じる要素の一つに バランス良い立ち姿があります。

 

それは 空車1G状態でのキャスター角やスイングアーム垂れ角など

シャシーのバランス像であり、すなわち よく走るディメンションで

仕上げられてると言う事が 見て良いと感じる立ち姿の条件・・・

 

結局のところ機能美こそが、実はカッコ良さなんですよね  (^_-)-☆

 

 

 

32011902 (5).JPG

Zをモチーフにしたバイクは 数多くありますが、真にZと呼べる

個性は やはりこの空冷エンジン・・・

 

何と言っても この、空冷4発2バルブエンジンにあると思います。

 

チューニング許容幅の広いエンジンは手を掛けて行く事が面白く

やらせではない 本物の空冷フィンが装備され、見た目の美しさと

独特の音は、この空冷Zのエンジンでしか得られない趣でしょう。

 

32011902 (4).JPG

そりゃ~ 今のよく出来たバイクに比べたら、乗りにくいですよ (^^;)

 

でもですね・・・

 

Zは本当に

 

本当にあきないバイクなんです。

 

 

 

 

 

滋賀の M・Oさ~んっ!

 

本日配送の段取り 終わらせましたので、サンクチュアリーコウガ店に

27日には到着するかと思います!

 

あと一週間と ちょっと、楽しみにお待ち下さいね~!!!

 

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.