Blog

SANCTUARY公式ブログ "Engineering&Passion"

沖縄から里帰り!RCM-265 MK‐Ⅱ(その6)

こんばんは、サンクチュアリー本店の中村です。

 

およそ6年ぶりに里帰りをしました、沖縄県在住 M・Hさんの

RCM-265 MK‐Ⅱ(その6)です!

 

 

32021501 (2).JPG

DK社製 6速クロスミッションに、オフセットスプロケ要らずの

EVOシステムを加えた ”EVO6” を組み込み、他にも 今回大きく

リメイク施されたエンジンが搭載・・・

 

エンジンが搭載されれば、周辺装備を次々取り付けて行けるので

ここからは大きな進展が見込めます ♪

 

32021501 (3).JPG

ナイトロレーシング手曲げチタンEXと 外装を取り付けてみました。

 

この後 フロントフェンダーや、Z1-Rのアッパーカウルを装備する

予定なんですが、シングルシートの形状とカラーリングがマッチして

いて、かなり中村好み! (^ -)-☆ 

 

見る角度により様々な造形美を感じられますから、すごくいいです!

 

32021501 (5).JPG

と言う訳で、ワンオフしたシートレールや各ブラケットの表面処理を

ここらで進める事に・・・

 

32021501 (6).JPG

また再使用するパーツ達(結構年期入ってたな~・・ (^^;)  も

点検と洗浄を施して、どんどん車体側に取り付けて行きます。

 

ちなみにキャブは M・Hさんからのリクエストで、TMR MJN

デュアルスタックファンネル仕様にアップグレードが決まっており

現在はそのショートパーツ系がアルマイト処理中・・・

キャブレターのコーディネートカラーはブラック/グリーンなので

似合いそうですねぇ  (^^)

 

32021501 (4).JPG

単品製作した各部のマウンティングに問題ない事が確認できたら

さみしいですが、外装はしばらくの間 お蔵入り・・・

 

32021501 (7).JPG

今回ワンオフしたパーツ群・・・

 

シートレールのリブ角パイプだけが 7N01で、その他は概ね

A5052材を使用し、一部構造上 ステンレスを用いています。

 

32021501 (8).JPG

リアフレールのレイアウトを大きく変更し、シングルシート化を

伴わせる事で これだけのワンオフ物を造る必要性があったんです。

 

数ももちろんですが、一つひとつ 高い寸法精度で出来上がっていて

さながらボルトオンのKITパーツの如し・・・

 

32021501 (9).JPG

ちなみに仁科自身は、この包丁みたいな形をした側面プレートが

お気に入りとの事で。

 

・・・・・・・・・・・。

 

中村とは価値観違うなと思いましたね・・・ ( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

その後、しばらくして・・・

 

 

 

32021501 (1).JPG

アルマイト&電着の各表面処理ものが仕上がり、本組み!

 

全てボルトオンで 連結させる事で箱剛性は飛躍的にアップ!

 

こうして改めて見たら、シングルシート内に設けた小物入れも

結構な収納空間で便利そうです ♪

 

 

32021501 (10).JPG

残す作業は、スピードメーターのボディ修理&内部フルリビルド。

Z1‐Rのアッパーカウル取り付け&Fウインカーの固定位置変更。

TMR MJN DSFキャブへ交換し、ブレーキホースを仕様変更。

メーカーロゴ入りカーボンアンダーカウルと ドライブチェーンを

取り付ければ、ほぼ完成!!

 

 

M・Hさ~ん!

 

この分であれば3月完成は、間違いなく行けますからね~!!

 

 

 

 

ふ~~~っ

 

沖縄に遊び行きたいわ・・・  (^^;)

Copyright© AC SANCTUARY. All rights reserved.