もう一度おさらいExMパッケージ!

NOBLEST BLOGOHLIN'S "E×M"PACKAGEもう一度おさらいExMパッケージ!

もう一度おさらいExMパッケージ!

2018年5月23日 OHLIN'S "E×M"PACKAGE

皆様こんばんわ、石田です。

さて本日ご紹介?ご説明の製品は発売から、ず~っとご好評いただいてます『OHLINS ExMパッケージ』です。

相変わらずお問合せのお電話を多くいただけて、大変嬉しいのですがお電話でお聞きすると、まだまだ製品のご紹介が足りない・・と思い立って本日のブログネタに・・

そもそもExMパッケージとは、ZやGSX1100S KATANAなどの旧車に『OHLINSフォーク』を装着する為に必要な部品のパッケージとなります。

上記3車種は、210mmスパンのステムKITが別途必要となりますが Φ320フロントディスク+Brembo等の40mmピッチキャリパーを採用される場合に必要な

『フォーク』
+
『天吊りフェンダーKIT』
+
『キャリパーサポート』
+
『車種別アクスルカラー』がアッセンブリーとなっております。

上記に上げた、2車種は別途アクスルカラー設定のある車種のフロントホイールが必要となりますが、基本的には純正のフロントホイールがボルトオンとなります。

2016-10-6639

ExMパッケージの良い点として、ご用意している車種別アクスルカラー【ZRX1100/1200/DAEG・ZEPHYR1100・GPZ900R・XJR1200/1300】の分だけご選択いただける事です。

例えばGPZ900Rに装着する際に、車輌はGPZ900R・・でもホイールはアクスル径の太いZRX用にしたい場合などに有利です。

フォークは、全長800mmのXJRベースフォークにして、アクスルカラーとキャリパーサポートはZRXでなどのプチオーダーが可能です。
IMG_2622

また中古で違う車種の社外ホイールが手に入った(`・ω・´)・・場合も、アクスルカラーの変更と

IMG_2623

キャリパーとキャリパーサポートの間に入っている、スペーサーの厚みを変更する事で対応が可能です。

現在は、ラジアルマウントキャリパーの採用率がメーカーでも多くなって来ておりカスタムシーンでも、以前のサイドマウントからラジアルマウントが多く採用され始めている背景から

IMG_2621

昨年9月?に108mmラジアルマウントキャリパー対応の『ExMパッケージ』もご販売開始しております。
キャリパーサポートは、フォークのボトムケースを違和感無い様に同色で仕上げてます。

こちらをご注文時は、ご使用される ディスク外径及びキャリパーの種類をお伝えください。
付属するキャリパーマウント凸カラーの寸法が変わります・・基本的にBremboキャリパーでしかデーター取れておりませんので組み合わせるキャリパーは
Bremboでお願いします・・ ちょいちょいお問合せいただく純正ラジアルキャリパー使用の際のデーターは取れていないので付属する凸カラーを加工、または
新規で製作いただく必要があります・・

サイドマウント時代にご購入いただいてました、ラジアル用が後から出るなんてずるい!!なお客様のために・・ではないですがラジアルマウントキャリパーのみの販売もしてます。
RADIAL

また昨年、OHLINS製品総輸入元 ㈱ラボ・カロッツェリア社様より、OHLINSフォークのみのベーシックモデルが発売された事もあり結果ExMパッケージの価格も以前と比較してお求め易くなっております。

価格ご確認の際に、旧価格でお問い合わせいただく事も多いので 貼っておきます.._〆(Θωθ*)

ExM

どうぞこれからもご愛顧の程、よしなに~(๑ÒωÓ๑)