メナカイトチタンボルト・・!

NOBLEST BLOGMENACHITEメナカイトチタンボルト・・!

メナカイトチタンボルト・・!

2018年9月7日 MENACHITE

皆様こんばんわ、石田です。

9月に入ってうだるような熱さも、もうそろそろ終わりかなといった気候になってきました。

さて本日ご紹介しますのは、お久しぶりの Ti-6AI-4V チタンボルト『メナカイト』

メナカイトはチタン素材部品において、日本トップシェアの実績を持つ株式会社ofaさんがプロデュースする『TITANIUM POWER』を基に、二輪車専用設計にて特別に生産されたチタン製品です。

まず特筆すべきは、なんと言っても軽さ!
↓↓こちらメーカー純正のリアサスペンションマウントスチールボルト・・!
IMG_2821

↓↓ こちらメナカイト製64チタンボルト、同寸の物で なんとその差 “-27g”・・1本辺りの差は大きくありませんが
オートバイには、何百本のボルトが使用されている事を考えると馬鹿に出来ない軽量化ですね_| ̄| Σ・∴=≡(っ’ヮ’c)ウゥッヒョオアアァ

IMG_2820

一般的に 64チタンを採用するメリットとして、ぱっと出てくるのが

『軽い』・『腐食しにくい』・『強い』の3点が思い浮かぶと思いますが

異種金属接触による腐食、いわゆる『かじりつき』やすいという側面も持っています。

その側面を解消する画期的な技術が ㈱Ofaが持っている特殊なチタン表面処理技術である・・゜◦〇Ξ ~ヾ(*´▽`*)〇ソレッ

FGチタンこそは、知覧の表面処理技術に革命をもたらした技術。陽極酸化処理では難しかった、ネジ山のかじり防止に対し、飛躍的な効果を発揮する。
この表面改質処理技術は一般的な表面処理とは異なり、基材チタン合金の表面に酸化と炭化を同時に進めるもので、炭素ドープ酸化チタン皮膜を形成する技術です。
他の処理(ガス窒化・溶射)より、はるかに耐摩耗性に優れ「高硬度・耐摩耗性・耐食性・耐酸化性」において、非常に優れた効果を発揮する処理です。
このFGチタンは、㈱オーファにより特許登録された革新技術であり、メナカイトにもフィードバックされています。

 

上記のFGチタン処理により、より安心、より長くご愛用いただけると思います‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››

 IMG_3506-840x630

処理を施したボルトは、黒っぽくカバーボルト類に使用した場合の一体感は心くすぐられる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そして、64チタンボルト装着をより感じたい。。愛でたい方は定番のこちら↓゜◦〇Ξ ~ヾ(*´▽`*)〇ソレッ

電解液の中で通電を施す事により、表面に酸化被膜を発生させる手法。チタン部品では良く見かけられるポピュラーな処理で、青や紫などの様々な色に仕上げられる。メナカイトでは、鮮やかなブルーを標準仕様としています。

 

img_0798

鮮やかなブルーで、装着されているが一目で視認出来ますね。

軽量化の他に、ドレスアップとしても使える64チタンボルト・・!愛車のお洒落に一考してみては・・?

それでは、よしなに~(ノ*´_●`)ノ